「わが心のジェニファー」浅田次郎

2018年12月29日(土) 23時34分
「わが心のジェニファー」浅田次郎

恋人のジェニファーが、結婚の条件にしたのは
日本へのひとり旅。
日本好きな彼女なのだからと、旅立つラリー

生粋のニューヨーカーな彼は、
ジェニファーからの情報と、
軍人の祖父から植え付けられた印象を持ち、
日本と直に触れることになるのだが。。




本屋でふらふらしていて、手にとる
ひさしぶりの浅田さん!は、、
とにかくよかった〜

初めて日本の文化に触れるラリー。
ジェニファーに送る手紙とか、
随所にみられるアメリカンな雰囲気?は楽しい!

旅先ゆえのいろんハプニングやら、
受取る日本観やら、
あらすじから想像していた読みどころは充分に楽しい
ただ、
やっぱり、最後に行きつく先と展開はいいな〜と
愉快な旅は、そもそも、、、って。
やられたな〜って感じ

浅田さん、他のも読もう



★★★★☆ 885

今は、「フーガはユーガ」伊坂幸太郎
「水やりはいつも深夜だけど」窪美澄
「ちょっと一杯のはずだったのに」志駕晃
「レプリカたちの夜」一條次郎 を読み終わり、
「アンと青春」坂木司。




「草原からの使者」浅田次郎

2012年04月20日(金) 17時35分
「草原からの使者」浅田次郎

各界の成功者たちが集まる”沙高樓”
そこで語られるのは、
他言無用のとっておきの物語。

宰相の器/終身名誉会員
草原からの使者/星条旗よ永遠なれ

の4編の短編集。

沙高樓綺譚」の続きもの


成功者たちが語る、誰にも言えないけど言いたい的な物語。
しかも、とっておきのという前提アリ。
そんな風に思いっきりハードルを上げておきながら語られるのは、、
どれも納得の物語。
浅田さん、さすが!

感想それぞれ。



宰相の器

 ある政治家はその見た目に反し、かなりの小心者だとか。
 その政治家の秘書は、ある指示を受けるのだが。。。

 なんだか、インチキくさい雰囲気を漂わせといて、、
 の総裁選の顛末は、オモシロイ。
 
終身名誉会員

 父親が財閥の莫大な財産を整理し、英国に滞在する御曹司。
 そこで、思わぬ形で祖父の足跡に触れ。。。

 徹底的に遺言通りのラストは。。。
 どんだけ忠実なんだよ(笑) 

草原からの使者

 競馬界に影響力を持つ血のつながらない父は、
 日本ダービーに後継者たちを集め。。。

 競馬のロマンとか、コネタが語られてて楽しい!
 そこからの、使者とラストと
 好きだな〜
 
星条旗よ永遠なれ

 男たちの間で脈々と受け継がれる伝説。
 退役軍人たちの仲間のひとりが。。。

 もう、完全にくだらない(笑)
 そこがとてつもなく楽しい!
 このネタを出すのに
 GHQやら歴史を絡めて、、ってとこが恐ろしい
 すげえな浅田さん。


浅田さん何か引き続き読もうかな〜



★★★★☆ 618

今は、「玩具店の英雄」石持浅海



「沙高樓綺譚」浅田次郎

2012年03月08日(木) 12時49分
「沙高樓綺譚」浅田次郎

各界の成功者たちが集まる”沙高樓”
そこで語られるのは、
他言無用のとっておきの物語。

小鍛治/糸電話/立花新兵衛只今罷越候
百年の庭/夏の夜の刺客

の5編の短編集。




会社の先輩から、「草原からの使者」をレンタル
これが続きモノと知り、とりあえず初めから
久々の浅田さん!

成功者たちが語る、誰にも言えないけど言いたい的な物語。
しかも、とっておきのという前提アリ。
そんな風に思いっきりハードルを上げておきながら語られるのは、、
どれも納得の物語。
浅田さん、さすが!

感想それぞれ。


小鍛治

 歴史ある刀剣鑑定の名家を揺るがす贋作。。。
 その作者は。。。。

 刀剣鑑定の奥深さ、能と絡めたドラマチックなラスト!
 興味深い。そして、ウマイ。 


糸電話

 奇妙な偶然から、時折であう幼馴染。。。

 このカラクリは、最後まで書かれていないけども、
 おそらく、彼女と医師は、、、、なんだろう(笑)
 女性がわかりやすいってのが、よくわからんけど。

 
立花新兵衛只今罷越候  

 名監督と名優。
 ある作品を最後に、コンビを組むことはなかった。。

 明らかに微妙な、立花新兵衛。
 それを成立させてしまう、当時の映画作りのアツさ。
 幕末って、実はさほど昔ではないんだ〜と感じさせられたり。
 おもしろかった!

  
百年の庭

 ガーデニングの女王と軽井沢にある名庭の番をする老女。
 父から受け継いだその役目は。。。

 名庭を守るその情熱は。。。
 んーー他言無用である。


夏の夜の刺客

 今や大親分の辰は、
 自分が登りつめたその”裏”を語る

 やくざモノなオモシロさあり。


いやいや、おもしろい。
次の「草原からの使者」も楽しみ〜



★★★★☆ 606

今は、「オイアウエ漂流記」荻原浩。



「天国までの百マイル」浅田次郎

2006年09月25日(月) 18時25分
「天国までの百マイル」浅田次郎

会社をつぶしてしまい、妻と離婚。。。
子供の養育費は、月給の全て。。。
そんな男の母は、心臓に病をもち、
その命はあとわずかだと告げられる。。
そんな中、男は百マイル離れた房総の港町に
天才外科医がいると知り。。。

前から読もうと思ってて、
ふらっと入った本屋でたまたま発見。



読みやすい、オモシロイ、軽快。
イイキャラ達が登場し、
メインのストーリーの背景に現代の様々な問題を重ねてて。。
いやーさすが浅田さん。

けれども、100マイルの道のり。
結構さらっとなんすよね。
タイトルとかあらすじからすると
その100マイルがメインなんかなーって思ってたので、
ちょっと物足りなかった。
読みやすさ、軽快さはスゴイと思う反面、
すらすら進んじゃうので、その点でも物足りなさがあったかなー

それに、100マイル=160キロ。
運転好きのオレからしたら超短距離。
「マイル」と聞いて、何故だかもっと長距離をイメージしてた。

でも、浅田さんスキ!
次に読もうと思ってるのは、「蒼穹の昴」。



★★★☆☆ 191

今は、「犯人に告ぐ」雫井脩介


■■ トラックバック先 ■■

ぱんどらさん  「ぱんどら日記」
藤森紀彦さん  「藤森紀彦商店」
ね〜やんさん  「本のある生活」
がんりょさん  「ご本といえば」
おうみさん  「触れ 色づきゆく」
じゅりんさん  「*precious memories*」

「日輪の遺産」浅田次郎

2006年08月07日(月) 9時50分
「日輪の遺産」浅田次郎

事業に失敗しかけて年の瀬に思い悩む男は、
競馬で最後の大賭けに出ようとする。
が、ある老人に邪魔され、
代わりにと手帳を渡されるのだが、
その直後発作で老人は死んでしまう。。。

その手帳は、終戦間際の日記。
開戦当初日本軍が奪いとっていたという
マッカーサーの財宝を戦後復興のために隠す
極秘任務の記録だった!


いやーオモシロかった!

あらすじを読んで、荒唐無稽な話かーと思っていたら、
マッカーサーの財宝の存在、それを奪った日本の意図、開戦の意味。
なんだかありそうな筋書きで、おおっ!だった。
まあ、この辺の歴史に疎いので何が史実か知らないのが幸いしたかも。

日本軍が混乱しているなかでの極秘任務の「終戦間際」、
手帳を読む男達の思いをめぐらす「今」
が交互に語られていて、終戦に向って話しが収束していく。
ちょっとウマクまとまり過ぎてる印象だけど、
その収束感は、イイ感じだった!!

最後の方の終わり方というか、
きっと浅田さんのメッセージと思われる部分が
隠しつつ?だったので、
もっとドカン!と直接的な言葉で欲しかったなーと。
まあ、アホなオレだから、、
直接的じゃないと感じたのかもしれんが。。(笑)

で終章。
その前で終わった〜と気を抜いてたので、
カナリやられた、ぐっときた!!

いやーしかし、終盤の小泉中尉はカッチョよかった。。

浅田さん、
こりゃあ「蒼穹の昴」も読むしかねーな!



★★★★☆ 176

今は、「明日の記憶」荻原浩。
Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)