「殺意は必ず三度ある」東川篤哉

2013年09月05日(木) 9時44分
「殺意は必ず三度ある」東川篤哉

ある日、野球部のベースが盗まれる。。
部長が真っ先に疑ったのは、悪名高き探偵部。
あの”3馬鹿トリオ”

隣の高校との交流戦で起きた事件により、
彼らも事件に巻きこま、、、
彼らは事件に首をつっこむことにする


鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ


まあ、文庫化されたら、、のスタンスで待っていたコレ。

野球のベースが盗まれる事件で始まり、
殺人事件に続いていく一連の事件。

トリックも事件の関連性も動機も、
どれもわかるし理に適っているんだけども、、、
自分として引きつけられるのは、
それを補強するような、サイドストーリーとかなので、、、
わかるんだけど、物足りないって感じてしまうのかも。

いつもの軽いタッチで進んでいくのも
読みやすいし、わかりやすいし、いいんだけれども、
やっぱり、ちょっと飽きつつあるかなー
そこが東川さんのイイところなんだろうけど。

読みやすいのは好きだけど、読みやす過ぎても物足りない。
なんとも、わがままな自分であります。


「私の嫌いな探偵」って、烏賊川市モノだったのか!
読もうかな〜



★★★☆☆ 685


今は、「昨夜のカレー、明日のパン」木皿泉。


■■トラックバック先■■

苗坊さん  「苗坊の徒然日記



□鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ

1 学ばない探偵たちの学園
2 殺意は必ず三度ある
3 放課後はミステリーとともに



「学ばない探偵たちの学園」東川篤哉

2012年10月30日(火) 17時35分
「学ばない探偵たちの学園」東川篤哉

転校早々赤坂は、文芸部の門をたたくが、、
何故か探偵部に入部することに。。。

部長の多摩川と八橋の3人で、
活動に励んでいると、、
校舎内で起こった殺人事件に巻き込まれる。。
そこは、、、密室!





久々の東川さん。

いつものユーモアミステリーな雰囲気

本格とは!とか、
なんだか楽しい議論もされたり、
ふむふむ。な部分もあったりして楽しめる。

非公認な探偵部の個性的なメンバーとか
警察側の変な名前のコンビとか
そのやりとりは楽しめるけども、、
ちょっと飽きつつあるかなー

校舎の事件の第2の事件も
真相は強引な感じだけど、楽しめる。

けれども、やっぱり、
同じ雰囲気が続く東川さん。
オモシロいんだけどなーという感じで、
やっぱり、
この雰囲気に慣れてきたのかなと。


次は、「殺意は必ず三度ある」。
なんだかんだ言っといて、読むなーたぶん



★★★☆☆ 651

今は、「ふがいない僕は空を見た」窪美澄、
「それもまたちいさな光」角田光代
「ストレイヤーズ・クロニクル ACT−2」本多孝好
を読み終わり、
「ふちなしのかがみ」辻村深月。





「中途半端な密室」東川篤哉

2012年07月07日(土) 12時51分
「中途半端な密室」東川篤哉

安楽椅子探偵モノ


中途半端な密室/南の島の殺人/竹と死体と
/十年の密室・十分の消失/有馬記念の冒険

の5編の短編集。





本がなくなったのでフラリとコレ
解説が、光原さんってのが決め手だったり

全体的に東川さんのユルイ雰囲気とみせといての
実は緻密だったり、
そのトリックはずるいだろーだったり、
とにかく楽しめるな〜

感想それぞれ


「中途半端な密室」

 鍵のかかった高いフェンスに囲まれたテニスコート
 その中央で見つかる思わぬ被害者。。。

 タイトルと、見方をずらす感じと
 いろんな前フリを一気にやっつける感じは楽しい!


以降、敏ちゃんとミキオコンビ

「南の島の殺人」

 南の島にバカンス中の友人から挑戦状。
 庭のパラソルの下で見つかった全裸死体?

 おもしろいけども、、って感じ

「竹と死体と」

 古い新聞に載っていた、
 竹林のはるか上部でみつかった死体とは?

 古い新聞がある意味とトリックの関係はオモシロイ!

「十年の密室・十分の消失」

 真相をつきとめようと10年ぶりに訪れたアトリエは、
 わずか10分の間に消えてしまった。。

 なんつートリックだ!(笑)
 けど、そうする理由はよかったな〜

「有馬記念の冒険」

 いかにも怪しい容疑者には、
 第3者によるアリバイが存在した

 第3者の偶然のアリバイってのがオモシロイ


やっぱ、楽しめるな〜
そろそろ、鯉ヶ窪学園探偵部シリーズいくかな〜



★★★★☆ 634

今は、「灰色の虹」貫井徳郎。


■■トラックバック先■■

苗坊さん  「苗坊の徒然日記




「はやく名探偵になりたい」東川篤哉

2012年02月28日(火) 12時10分
「はやく名探偵になりたい」東川篤哉

今回は、鵜飼と流平が活躍する、

 藤枝邸の完全なる密室
 時速四十キロの密室
 七つのビールケースの問題
 雀の森の異常な夜
 宝石泥棒と母の悲しみ
          の5編の短編集

烏賊川市シリーズ その6


安定感のあるこのシリーズ、初の短編集。

印象としては、、謎ディナーと同じで、
独特のふざけた軽快さが、
短編の中にちりばめられると、軽過ぎるかな〜と。
やっぱり長編の中にあるからこそイイ気がする

けれども、今回は鵜飼・流平が活躍。
ふざけちゃいるが、鵜飼はいがいとできるヤツなのかも?
とか、シリーズものの楽しさの部分が大きい
もち、
短編それぞれシンプルで楽しみどころはある!


藤枝邸の完全なる密室

 完全犯罪に挑む男は、名探偵鵜飼の突然の訪問に。。。

 なかなか楽しいオチ!
 完全犯罪なら、もっとちゃんとやらなきゃ〜(笑)

時速四十キロの密室

 タイトルの密室で行われた殺人。。。

 そんなバカな!なトリックは、本当である必要はない?
 てな雰囲気が楽しい。

七つのビールケースの問題

 とある住宅街で起こった数々の事件。。

 鋭い鵜飼がイイ感じ。
 目線の外し方とかまとめ方とか楽しかったな〜

雀の森の異常な夜

 深夜の密会中に流平が目撃したのは。。

 なるほどな推理と真犯人
 ただ、とつっこみたいところはある(笑)
 
宝石泥棒と母の悲しみ

 犯人は宝石をどこに隠したのか??

 語り手は、、東川さんとしては新鮮。
 そういうオチですかーと楽しめる


次は「学ばない〜」か〜
東川さんもあと数冊で追いつくな〜



★★★★☆ 604

今は、「ぼくのメジャースプーン」辻村深月。


■■トラックバック先■■

苗坊さん  「苗坊の徒然日記


□烏賊川市シリーズ

1 密室の鍵貸します
2 密室に向かって撃て    
3 完全犯罪に猫は何匹必要か?    
4 交換殺人には向かない夜    
5 ここに死体を捨てないでください! 
6 はやく名探偵になりたい




「謎解きはディナーのあとで2」東川篤哉

2012年01月11日(水) 12時27分
「謎解きはディナーのあとで2」東川篤哉

国立署の刑事は、御曹司とご令嬢
今回も奇妙な事件に遭遇し、迷走する二人

そして困った時の執事影山。
暴言にさらされ、
プライドを傷つけられることと引き換えに、
事件の真相を手にできるのだ


6編の連作短編集


会社の先輩からのレンタル。

基本は前作と変わらず、
刑事2人の楽しいやりとり+迷走する推理。
影山、暴言とともにズバッと解決!

重たくなりがちな推理モノを
軽快に楽しく読ませていく雰囲気は、充分に楽しい。
”あまりミステリーを読まない女性向け”
としては、
その役目を充分すぎるくらいに果たしてる!

けども、個人的には東川さんはやっぱり長編がいい。
この軽さで短編でっていうのは、
個人的な好みからは、ちょっと離れるなー

真相へ向かう感じも、そこからそれにいくのかー
と、負け惜しみながら、ずるいんじゃないかと思ったり(笑)

何よりもまずかったのは、
年をまたいでダラダラ読んだことだなー
集中してスパッと読むほうが楽しいはず

これだけ売れてたら、続編もじゃんじゃん出るんだろうなー
でも、この方向性でどこまでやるんだろう?



★★☆☆☆ 595

今は、「プラスチック・ラブ」樋口有介。



Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)