「雪桜」福田栄一

2017年01月31日(火) 18時16分
「雪桜」福田栄一

刑事課に転属になったものの、
未解決事件の書類整理をする毎日の真衣。
偶然みつけたメモをたどっていくと、、
被害者所有のある古文書を手に入れることに

解読を要請したのは学生時代の恩師だったが、
若き準教授を紹介される


古文書は、事件の真相に結び付くものなのか?


福田さんの新刊は、文庫書下ろし!

まず、古文書”池戸日記”が事件とどう関係があるのかってとこ。
それを、江戸時代の事件を追うという形で
その頃にあった建物の跡地をめぐったりしながら、
話が進んで行く感じは、なんともオモシロイ。
ブラタモリ的?

すごく細い糸をたどっていって、、、
というと、そんなわけないだろーなんて思いそうなところを、、
後半たたみかけていくスピード間だとか、
しっかりとした前フリから真相に迫っていってるところで
すっかり楽しめる感じになってる!
福田さんの初期っぽいドタバタさと収束の仕方かな〜と

なんだかちょぴりとラブ的展開もあったりするので、、
副題が「牧之瀬准教授の江戸ミステリ」とあるわけだし、
シリーズ化されたらいいな〜なんて


途中ある、同心だとか岡っ引きだとか、
時代劇でなんとなく聞いたことのある、役職名の解説があったり。
そうしたら、
今現在自分の中で「雲霧仁左衛門3」を見ながら、
この本のおかげで楽しめてるのかな〜と思ったり

福田さん。やっぱ楽しい!



★★★★☆ 812


今は、「掟上今日子の備忘録」西尾維新、
「Story Seller annex」道尾秀介 他  を読み終わり、
「小暮写眞館T」宮部みゆき。




「森笠邸事件」福田栄一

2016年03月22日(火) 21時54分
「森笠邸事件」福田栄一

所長の嶋岡が入院中で記憶もあいまいな中、
所長代行である美奈子は、
森笠家に呼び出され、
過去に嶋岡が関わった?”監禁”をネタに
広大な屋敷内の捜索を依頼されるのだが。。

捜索を開始しながらも
嶋岡の名誉のため、監禁の過去も追う

探偵の流儀U


ずっととっておいた福田さんの続きモノ

嶋岡が監禁という犯罪に加担しているはずがないと、
過去の関連する事柄を調べつつ、
広大な屋敷内の捜索も同時進行させる。

誰かが匿っているのではと、
森笠邸内には様々な思惑が渦巻いて。。。

捜索の内容よりも、
監禁に至った流れを調べていく過程がおもしろい
大グループ会社の内情だとかも絡んでいたり
後半、
急激に進みだす展開も楽しく、
過去の事件も監禁も嶋岡の無実?も
キレイさっぱり回収されて、スッキリ!
やはり福田さんはおもしろいな〜と



★★★★☆ 782


今は、「年下のセンセイ」中村航
「横道世之介」吉田修一
「晴天の迷いクジラ」窪美澄 を読み終わり、
「バベル九朔」万城目学。


「探偵の流儀」福田栄一

2014年04月09日(水) 9時42分
「探偵の流儀」福田栄一

探偵事務所所長の嶋岡は、
調査中に階段から転落し意識不明になる。。

人格者である嶋岡を慕う所員たちは、
事務所を維持しながら、
転落に至る真相を突き止めようと奔走する






福田さんの新刊!!
いやーーホントうまい。鮮やか。

嶋岡の人格で、土地の有力者からの仕事やペット探しまで
様々な仕事を受ける嶋岡探偵事務所。
それをこなす間宮と松代。プラス新人の飯田。
それに所長代理を加え、転落の真相を追うと、、
その背後には大きな力が。。。。
って感じ

まず、一連の流れの中で鮮やかにそれぞれの話が処理される感じはイイ!
全く無駄の無い構成とその爽快さは、北村さん以来かも!!
いやーホントうまい。

そして、その中にある正義は勝つ!感がいい(笑)
所長代理決定の流れからの、
彼女の嶋岡から受け継いでる哲学の正しさとその行方、
松代の生真面目さが後に与える影響だとか、、
話の流れだけじゃなく、その辺りにも爽快さの要因はあるかなー

その他にもいろいろなことがイイ感じに、
オレが好きな強さで展開してってるかなーー
このよさ、説明できん

いやー福田さん、イイ。
熱烈、新刊待ち!!



★★★★★ 704


今は、「ようこそ授賞式の夕べに」大崎梢。



「春の駒」福田栄一

2013年08月12日(月) 23時41分
「春の駒」福田栄一

祖母、父、母、三兄弟+犬、猫
の鷺澤家に訪れる、謎を描いた、

春の駒/五月の神隠し
/ミートローフ・ア・ゴーゴー
/供養を終えて

の4編の連絡短編集




久々の福田さんは、日常の謎的なもの。

将棋部員の葉太郎(1人)は、
顧問の真琴先生に日常の?を相談すると、、
すばっとではなく、
鋭い切れ味でアドバイスをして、、、という流れ。

前フリ細かくあるけど、気づかないでしょー
というものが多いかな〜
でも、おもしろい!

感想それぞれ

「春の駒」

 部員勧誘のために、駒のかぶりもので新歓に挑もうとするが、
 駒は作成途中で何ものかに台無しにされ。。。

 軽く読んでいたら、、、何度か読み返すはめに。。。
 もうちょっと簡単さが欲しいな〜

「五月の神隠し」

 祖母はいるはずのない友人がいたといいだし。。。
 ある日、目を離すと祖母がいなくなってしまう。。。

 これもいろんな前ふりあるけど、気づかず。
 でも、他に読み進められる軸があるから、面白い!

「ミートローフ・ア・ゴーゴー」

 母のチームは、事故でレースに出られなくなる。。。
 その原因が自分にあると落ち込む母。。。

 なんだかまどろっこしい真相だなーと思ったり(笑)

「供養を終えて」

 犯人がわからないままの、落し物捜索事件。
 ペット供養に訪れたお寺でトイレに閉じ込められる。。
 
 それだけのために、大げさだなー(笑)
 細かい話がうまくつながっていく感じは楽しい!


どれもちょっと謎ありきな雰囲気だけど、
それでも、鷺澤家の話だとか
読む手を進ませる軸となる話があったりして面白い。
複雑で、おいおいって部分でも、
それにまつわる前段があるので、あまり違和感はないし。
うまいな〜と思ったり

福田さんは、やっぱオモシロイ!
じゃんじゃん書いてほしいなー



★★★★☆ 681


今は、「さよなら、手をつなごう」中村航、
「ふれられるよ今は、君のことを」橋本紡 を読み終わり、
「死神の浮力」伊坂幸太郎。



「夏色ジャンクション」福田栄一

2012年05月10日(木) 12時07分
「夏色ジャンクション」福田栄一

恋人と友人に裏切られ、どん底車生活の信之。
そこに、お人よしの老人・勇があらわれ、
謝礼と食費目当てで車に乗せたのだが、
なんだかんだで仙台に向け、旅に出ることに。

さらに途中で青森を目指す
ヒッチハイクのリサを乗せることになり、
旅は思わぬ方向へ。。。





やっぱり、福田さんはイイ。

話はシンプル。
勇が大金を所持してて、それを奪ってしまおうと思う信之と、
大食いのお人よし勇、陽気なアメリカ娘リサ。
3人の旅。

勇は過去の恩を返そうとし、
リサは祖母の願いを代わりに叶えようとする。
勇とリサの目的は果たされるのか?
信之は悪者になり切れるのか?
といったところ。

ウマク飽きさせないように、話を展開させたり、
ちょっと恋的なのを含んだり、
お互いを思いやる気持ちを持つ3人のやりとりとか、
なんてことのない流れのはずなのに、
とにかく楽しめた!

こういうやりとりをさせられる福田さんてのは、
やっぱり、イイヒトなんだろうな〜と想像してみたり。


これで福田さん制覇!新刊待ち!



★★★★☆ 621

今は、「スロウハイツの神様」辻村深月。



Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)