「ふれられるよ今は、君のことを」橋本紡

2013年08月12日(月) 23時44分
「ふれられるよ今は、君のことを」橋本紡

楓は、熱心ではない中学校教師。
熱心でないからこそ、仕事は続けられる
そんな楓には年下の彼氏がいて。。。

ある日、同僚の野崎から、相談を受け、
市田くんの面倒をみることになるのだが。。






ここ数作続いてて、やっと追いつく。

ほんわりとした楓の日常の中になんだか不思議な彼。
無気力な仕事の中に、問題児?な市田くんの存在。
橋本さんらしく料理描写が多かったり。

強く何かしらの主張があるわけではないけれども、
達観した楓が静かに”動く”感じとか、
こめられてるものは感じられるかなー

彼の存在も、なんじゃそれ?
な設定だけども、
田辺先生との絡みなんかもあって、面白くはあるなー

でも、やんわりとした話が続いてて
もの足りない感はあるけど、
そこがいい感じのとこでもあるしなー



★★★☆☆ 683


今は、「死神の浮力」伊坂幸太郎。




「ハチミツ」橋本紡

2013年06月02日(日) 14時51分
「ハチミツ」橋本紡

父が家出しつつも、
性格も違う、歳も離れた三姉妹は
平穏に暮らしていたのだが。。。







なんか、
イロイロと手にとりにくい雰囲気になってた橋本さん
おまけに訪れた本屋にことごとく、置かれてなかったりして。

母違いの三姉妹は、女癖の悪い?父親と4人暮らし。
三人それぞれの物語が交互に語られつつ、
そのうちの次女が。。。
と、話は展開していく。

けれども、終始平穏に過ぎて行く雰囲気。
橋本さんお得意の、”食”が家族をつなげてる感じ。

それでも、
言葉にしにくい部分で、やっぱり橋本さんは好きだなーと思えた。
どこら辺が?と言われると難しい。。
細かい記憶が残ってないくらい、前に読み終わってるのもある

考え方とか、
ちょっとした情景描写とか、
そういうとこなのかな〜
好きな雰囲気。

次は、「ふれられるよ今は、君のことを」。
読むぞー



★★★★☆ 673

今は、
「ストレイヤーズ・クロニクル ACT−3」本多孝好
「新月譚」貫井徳郎 を読み終わり、
「届け物はまだ手の中に」石持浅海。


「今日のごちそう」橋本紡

2012年09月10日(月) 17時37分
「今日のごちそう」橋本紡

1編に1つの”ごちそう”
それをめぐる物語

23編



HPアリ




まず、なかなか売ってなくて、こまった。
ふらっとよった紀伊国屋でゲット

23のいろんな状況のいろんな人たちが、
いろんな形で、そのごちそうに触れる。
でも、
ごちそうがガッツリメインってわけではなくて、
ひとつの要素として入ってるって感じかな〜

だいぶ前だし、ひとつひとつが短いので、
それぞれどうだったかっていう感想は難しいな〜
けど、
短い中のそれぞれの小さなドラマは、
さすが橋本さん!な感じで楽しめる。

でも、まあ、
やっぱり、少なくとも中篇くらいであってほしい。
いや、やっぱり橋本さんの長編読みたい!



★★★☆☆ 643

今は、「太陽の坐る場所」辻村深月
「輝く夜」百田尚樹 を読み終わり、
「途中の一歩」雫井脩介。




「イルミネーション・キス」橋本紡

2012年04月20日(金) 17時33分
「イルミネーション・キス」橋本紡

”キス”が絡んだ、

フレンズ・キス/ガールズ・キス
パストデイズ・キス/イルミネーション・キス
ハウスハズバンド・キス

の5編の短編集。





スタンバイさせといて読んでなかった橋本さん新刊!
イイおっさんがキスかよ。。と読んでなかった(笑)

想像どおりの雰囲気で、
最後以外は女子目線なので、、なんともかんとも。
オッサンがオモシロイ!というものではないかな〜(笑)

内容は、もちろんステキ雰囲気。
女の子が、幼馴染と、友達と、とか
OLさんが、飲み会で出会った男と、同僚と、とか。
女性なら共感とかそういうのがあるのかもな。

そんな中で、最後は男目線。
育休を大量にとった男の話。

そういう全体の流れの中で、
やっぱり橋本さんは好きだな〜って思える部分はあったかな
なんか、言葉の選び方が丁寧な気がするし、
直接的でない感じで、
大切なことを”仕込んでる”ように思えるというか。


新刊。と思ってたら、
「今日のごちそう」出てるんだよな〜
読もうかな〜



★★★☆☆ 617

今は、「草原からの使者」浅田次郎 を読み終わり、
「玩具店の英雄」石持浅海


■■トラックバック先■■

苗坊さん  「苗坊の徒然日記



「葉桜」橋本紡

2011年10月18日(火) 17時40分
「葉桜」橋本紡

高3の佳奈は、
小学生の時から書道教室に通っている。
書道が好きというより、先生に憧れて。。

そんな佳奈はある”伝説”から、
妹のことも心配だったり。。






橋本さん新刊。

つまらない言い方をしたら、、
少女の初恋をみずみずしい筆致で、、、とかなんとか。
って感じでしょう。
おもしろい言い方ができるわけではないけれど。

女子高生の初恋モノを、
イイオヤジがうまく受け入れられるはずもなく、
でも、なんとなく橋本さんは好きだな〜

割りと心理描写が多くて、
抑揚のない展開だけに、退屈な部分もあるけれど、、
ちょっとしたことを切り取る感じは、やっぱりイイな〜

あと、”書”に関する部分が楽しい。
小学生の時、書道教室に通ってたんで、
硯をスル楽しさだとか、
なんでかウマク書けちゃう感覚だとか、
わかるな〜ってものもあったな。
あとは、書の真髄?とか、和歌とか、
書に対するロマン的な部分も、なんだか楽しい。

けれども、やっぱり、入り込めないってとこで、
消化不良な感じだったーー



★★★☆☆ 582

今は、「子どもたちは夜と遊ぶ(上)」辻村深月。


■■トラックバック先■■

藍色さん 「粋な提案




Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)