「殺し屋、やってます。」石持浅海

2018年11月12日(月) 22時30分
「殺し屋、やってます。」石持浅海

ビジネスとして、殺し屋を営む(副業)男
ターゲットは謎を抱えていて。。。

黒い水筒の女/紙おむつを買う男/同伴者
/優柔不断な依頼人/吸血鬼が狙っている
/標的はどっち?/狙われた殺し屋

の7編の連作短編集



殺人の依頼には、決まり事あったり、
ビジネスとして成り立っていてという設定。、
なので、殺人自体が重苦しかったり、トリックがあったり、
なんてことはないところとか、おもしろい。
石持さんらしい、”設定モノ”だな

ターゲットがする謎の行動とは??
同伴者を伴う怪しい依頼者。。
依頼を何度も取り下げる依頼者
奇妙なオプション などなど、、
設定ありきの謎をあれやこれやと探る感じがおもしろいし
後半に男が殺し屋を続けられる、
なるほどなシメもあって、、、なんだか充実感がある(笑)

この中では、「吸血鬼が狙っている」がいい

吸血鬼的な殺人方法の指定。
恋人に相談したりしながらのあれこれとか、
顧客満足度あげまくったり、
キレイな仮説と、現実的な仮説。。
恋人の問いかけに対する、スキのない返し。おもしろい!

やっぱ、石持さんはいいな
次は、「鎮憎師」



★★★★☆ 883

今は、「月夜に溺れる」長沢樹。




「パレードの明暗」石持浅海

2018年04月14日(土) 11時10分
「パレードの明暗」石持浅海

座間味くんが活躍?する

女性警察官の嗅覚/少女のために
/パレードの明暗/アトリエのある家
/お見合い大作戦/キルト地のバッグ 
/F1に乗ったレミング

の7編の短編集

座間味くんシリーズ その4


久々のこのシリーズ
前作の感想をみていて、、、
あー同じ構成だったのかと気づくくらい忘れていた。。。

今回は、血気盛んな女性警官、南谷結月がゲスト。

事件の導入が語られ、、
結月、大迫警視長、座間味くん の飲み会が開かれ、、
大迫さんが事件の顛末を語り、、、
座間味くんが違う視点の真相を明かす
と、いう流れ。

大きい軸として、、少々危なっかしい結月を
警視長となった大迫さんが、
実際の事件をもとに、諭し導いていくような、、
やさしい雰囲気がある
それに絡む座間味くんの”推理”もオモシロイ。

石持さんに感じる、ちょっとした疑問も、
短編というシンプルな構成の中で、、
自分の中で消化しやすくなっているので、、、
とても楽しく読めた

長編よりも短編がいいな〜という、
今の自分の状況にもマッチしてたかな
よかった!

次は、「殺し屋、やってます」か!
って、碓氷優佳シリーズ最新作がいつのまにかに!!!
読もう。



★★★★☆ 855

今は、「房総グランオテル」越谷オサム
「真実の10メートル手前」米澤穂信 を読み終わり、
「青空と逃げる」辻村深月。


□座間味くんシリーズ

1 月の扉    
2 心臓と左手  
3 玩具店の英雄 
4 パレードの明暗




「罪人よやすらかに眠れ」石持浅海

2017年10月28日(土) 17時19分
「罪人よやすらかに眠れ」石持浅海

札幌、中島公園の傍に、
”業を抱えた人が来る”という館がある
そこを訪れる、

友人と、その恋人/はじめての一人旅
/徘徊と彷徨/懐かしい友だち
/待ち人来たらず/今度こそ、さよなら
の6編、6人のひとたち




ひさびさに石持さん
ちょっと休憩気味になってた

札幌のある大きな館に、
いろいろな理由で導かれ、訪れるひとたち
そこにいる北良によって
解き明かされる訪問者たちの業とは。。。

訪問者目線で語られる、館の住人達と、
切れ味鋭すぎる北良の推理

正直、ちょっとなーと思ってた部分が、、
短編と設定でうまく処理されていて、
ひさびさに安心できる石持さんだった(って失礼)

お決まりの流れと、
全て語られない短編ならではの鋭さ。
読みやすくて、よかったかな〜と

シリーズ化されるのかな?
北良の謎もあるしな〜


次は、「パレードの明暗」。
座間味くんものか〜
って、ひさびさ過ぎて覚えてない!!



★★★★☆ 836


今は、「肉小説」坂木司 を読み終わり、
「St.ルーピーズ」長沢樹。




「凪の司祭」石持浅海

2016年10月16日(日) 23時07分
「凪の司祭」石持浅海

ゲリラ豪雨で地下にいた若者が亡くなる。。

ある喫茶店のバイトの看板娘は、
ショッピングモールに
無差別テロを仕掛けようと立ち上がる

それに密かに協力する者たち





石持さんのテロものか〜
と躊躇してたら、、、図書館で発見する

ショッピングモールで無差別テロが行われる
その計画には、5人の知人が密かに関わりアドバイスを行っていた
しかし決行当日ハプニングがあり。。。

テロ計画自体は、
かなり練られた上に行われるって感じで、
行動心理学的?なことなのだろうけど、、、
その辺はちょっと軽い感じ。

相変わらずの、動機も軽い感じ。
テロに対する動機も、5人が協力する動機も
石持さんは、もはやその辺をつっこんでもしょうがいないけども、
やはりこれだけの殺戮を行うなら、
もう少し、いやもっともっと強いストーリーが欲しいな〜

まあ、たとえ動機を置いといたとしても、
個人的には、あまり読みどころがなかったかな〜と



次は、「罪人よやすらかに眠れ」。
そして、座間味くんシリーズもでるのか??
って、もはやどういう雰囲気だったかも忘れつつある。。



★★☆☆☆ 803


今は、「きのうの影踏み」辻村深月 を読み終わり、
「武蔵野アンダーワールド・セブン ―意地悪な幽霊―」長沢樹。




「身代わり島」石持浅海

2016年08月03日(水) 1時25分
「身代わり島」石持浅海

アニメ「鹿子の夏」の舞台になった本郷島で
アニメイベントを企画しようと
発起人たちが集まった

そこで、まず主人公のフィギュアが
首がとられた状態で見つかり、、、、






どこかで売ってるだろうと、
なんとなく買わずにいたら全然出会わず、、
やっとネットで購入。
前作でちょっとやられていたのもある(笑)


状況から、フィギュアの件もその後の殺人事件も
大ヒットアニメである「鹿子の夏」が背景にあって、
明らかに犯人ぽい登場人物もいたり

そこで複雑な推理合戦とか、
大どんでん返しがあるというわではなく、
石持さんとしてはスッキリと読める感じがいいかな〜?
いや、少し物足りないような気もする。

でも、やっぱり真相については、、、
いつもの石持さんらしい感じだったな
と、
前作があったから、どうしてもいつもの石持さんか?
という、変な読み方をしてしまったかもしれない(笑)

次は、「凪の司祭」



★★★★☆ 794


今は、「プリティが多すぎる」大崎梢
「大事なことほど小声でささやく」森沢明夫 を読み終わり、
「夏美のホタル」森沢明夫。



Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)