「エンド・ゲーム」恩田陸

2009年06月08日(月) 18時02分
「エンド・ゲーム」恩田陸

正体不明の”あれ”と戦い続ける母子。
数年前に父がいなくなり、
そして、母が倒れる。。。
残された娘は、
ある電話番号に連絡するのだが。。。


常野物語モノ。
「オセロ・ゲーム」の続編?



前半は、全てがよくわからなくて???ばかり。
「オセロ・ゲーム」から想像してた感じで、
”裏返す””裏返される”の攻防、
その一端がわかるのかと思いきや、
父の失踪と母の昏睡から孤独になった娘が、
その謎を追うって雰囲気。

この設定からどう転がるのかと期待していたら、
なんだか、別世界というか、精神世界というか、
なんだが、、突飛に感じてしまうような雰囲気が漂い始めて、
オレ的にはあまり乗り切れなかったな。
目的がつかみにくいというか。。

でも、恩田さんはスゴイな。
他のもいろいろ読もうとは思ってるんだけど、
なかなか手が出ないんだよな〜



★★☆☆☆ 417

今は、「刑事の墓場」首藤瓜於。

「蒲公英草紙」恩田陸

2008年09月25日(木) 17時55分
「蒲公英草紙」恩田陸

20世紀初頭、
主人公の女の子は、幼い頃から身体の弱い
大地主の娘の相手をするために
屋敷に通うことになる。
そこで出会う様々な人々のお話。
そして、
ある日「春田一家」がやってくる。

あの「光の帝国−常野物語」関連。



まず、「光の帝国〜」の詳細はあまり覚えてなかったな〜。。
けど、ちょっとした単語とか能力とか、だんだん思い出した。

大地主の家に寄りつく様々な人々。
”絵”の話が印象に残ってるな〜
他にも、今を批判するような語り部分もあって、
なかなかオモシロかった〜

何かしら起きたんだろうと感じさせながら、
最後までひっぱり、事件が起きて、、、。
常野の不思議な能力で、暖かーくシメル。
イイ感じだったな〜

「エンドゲーム」も早く文庫化しないかな〜
どっちかというと、
こっちのほうが、読みたいと思ってたし。



★★★☆☆ 358

今は、「GO」金城一紀 を読み終わり、
「ナイチンゲールの沈黙(上)」海堂尊。


■■トラックバック先■■

そらさん  「日だまりで読書」

「図書室の海」恩田陸

2006年11月20日(月) 19時31分
「図書室の海」恩田陸

「夜のピクニック」の前日のお話を含む

春よ、こい/茶色の小壜
イサオ・オサリヴァンを捜して/睡蓮
ある映画の記憶/ピクニックの準備
国境の南/オデュッセイア
図書室の海/ノスタルジア

の10編の短編集。



こう、それぞれ関連のない話を10編まとめられると
恩田さんは、スゴイ!!!と改めて思わされる。
いったいどうやって、こんだけの話が出てくるんだか。。

凡人で、なおかつリアリティがある方に惹かれるオレとしては、
恩田さんワールドの突き抜け方にイマイチついていけなかった。

この短編は、予告編・関連作品があるとのこと。
「夜のピクニック」と「六番目の小夜子」は読んでたので、
「ピクニックの準備」「図書室の海」はそっかーと。
で、他のは???。
やっぱり、それぞれの話は中途半端だし、
イマイチ乗り切れないしで微妙だった。

あえて、コレを読んで関連作品を探そう!と思えるほど、
ガッツリ惹かれる話はなかったけれども、
やっぱり、恩田さんは興味ある。
のんびり読みすすめる中で、
そのうち、関連作品に出会えるかな〜と。



★★☆☆☆ 206

今は、「真夜中のマーチ」奥田英朗


■■トラックバック先■■

そらさん  「日だまりで読書」
やぎっちょさん  「ベストブックde幸せ読書!!」

「夜のピクニック」恩田陸

2006年09月08日(金) 11時21分
「夜のピクニック」恩田陸

ある高校で、80キロを1日、夜通し歩く
「歩行祭」というイベントが行われる。
3年生は、卒業式を残して最後のイベント。
そんななか、
貴子は、ひとつの”賭け”をしようと決意。
そして、海の向こうの友達からは、
「おまじない」をかけた?と謎の手紙が。。

「図書室の海」”ピクニックの準備”も読む。
2005年 本屋大賞 。


ん〜心地よい、キモチのイイお話でした。

恩田さんは、読んでたのはわずか2冊。
あらすじだが帯だかに「奇跡」とか書いてあったから、
また、特殊能力なヒトが登場するのか!なんて構えてた(笑)
けど、
そんなことはなくって、驚きも意外性もない、
ある高校の行事がただただ、ゆった〜り語られてる。

非日常の中で誰もが思わぬことを語ったり、
仲間の気づかなかった面を見れたり。
そして、「歩行祭」が高校生活を凝縮してるみたいに、
盛り上がって、静かに終わってく。
その雰囲気がなんとも心地よい感じだったー

けれども、その感じがちょっと物足りなかったというか。。。
全然、全く否定できない代わりに、おおー!と感じる部分がない。

本屋大賞は、「博士の〜」に続いて2作目。
2位以降で読んだヤツも結構あるけど、大賞はなんとなく納得できる。
万人ウケしそうで、クセがあまりないかなーって。
オレ的には、クセある2位以下の作品たちのがイイな。

んー、好みの問題すっね。
ああでも、この話、ホントよかった〜〜って感じです。

映画やるみたいっすね。
モデルになった高校の実際のコースで撮影されたみたいだから、
なんかオモシロそうだし、観たいなー

あと、「ピクニックの準備」
昼休みにでも観よー

恩田さんまだまだ奥が深そう。。
他のものんびり読んでいこうかな。



★★★☆☆ 187

今は、「クローズド・ノート」雫井脩介


■■ トラックバック先 ■■

そらさん  「日だまりで読書」
苗坊さん  「苗坊の読書日記」
juneさん  「本のある生活」
ゆうきさん  「本を読んだら・・・」
ぱんどらさん  「ぱんどら日記」
エビノートさん  「まったり読書」
marin☆さん  「文庫の本棚」
よっちゃんさん  「日記風雑読書きなぐり」
たこやきさん  「たこの感想文」
mamyさん  「Nobody knows」
souiunogaiiさん  「そういうのがいいな、わたしは。」

「光の帝国−常野物語」恩田陸

2006年08月15日(火) 10時36分
「光の帝国−常野物語」恩田陸

特殊な能力を持った常野の一族は、
ふつうの人たちの中で
その能力を隠し暮らしていた。。

10編の連作短編集。

こんなもの発見→「常野だより」
恩田さんの話とかあってオモシロイ。
でも、「蒲公英草紙」「エンド・ゲーム」
今のところは、文庫待ちかな〜


いやーまず、、スゴイ!と思った。
「歴史の時間」あたりとか。
どうやったらこんな話が書けるんだーと。。

1編ずつ、常野一族の違う話かと思ってたら、
同じ登場人物だとか、キーワードでそれぞれがつながってる。
時間も行ったり来たりでバラバラだけれども、
全体としてひとつの流れを感じれるようになってるのがイイな。
なんとなく恩田さんの主張も感じれた気がするし。

それぞれの短編もいろんなタイプの話で
ぐっときたり、驚いたり飽きずに読み進められる。
印象に残ってるのは、「大きな引き出し」。
中盤以降は、他のとの関連とか流れとかも気にしつつ読んだけど、
コレはひとつめだし、何も考えてなかった(笑)
もちろんイイ話だった!

でも、続きは??と疑問が多くて
ちょっと全体的に中途半端なのが残念。。。
「蒲公英草紙」「エンド・ゲーム」
そして、さらにこれから続けていこうと思ってるらしいから、
プロローグ的でそう思えるのはしかたないんだろうけど。。
常野一族のむかう先、、気になります。

オレにとって、新たな気になるシリーズの登場かな。
オススメしてくれたホミさんに感謝。



★★★☆☆ 178

今は、「サウダージ」垣根涼介。


■■ トラックバック先 ■■

juneさん  「本のある生活」
エビノートさん  「まったり読書日記」
そらさん  「日だまりで読書」
苗坊さん  「苗坊の読書日記」

Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)