「dele3」本多孝好

2019年07月18日(木) 21時51分
「dele3」本多孝好

”依頼人の死に際し指定のデータを削除する”
それが、「dele.LIFE」の業務。

リターン・ジャーニー/スタンド・アローン

の2編



deledele2 続編


この前、映像化もされた、、、続編!
ドラマもしっかり作られてて、おもしろかった。

dele2の最後から、、、どうなったのかとか、、
気になってたので、満たされた〜
この2編は、
「ファントム・ガールズ」の少女が仲間になったり


「リターン・ジャーニー」

 圭司が事務所に手がかりを残して失踪
 祐太郎が呼ばれ、、居所を探す
 その裏には、ある男が。。。
 
 なんだかまどこっろしい方法でのコンタクトだな
 それより、自然に再開する2人の関係+1にほっとする

「スタンド・アローン」

 依頼人の少女が自殺するが、、そのデータの扱いは微妙
 祐太郎らが調べてみても、自殺の影さえないが。。。

 なんとも、、後味の悪い真相だな〜と
 

さて、このまま続きはあるのか?
楽しみ。


★★★☆☆ 913

今は、「かたつむりがやってくる」森沢明夫
「ラスト・ワルツ」柳広司
「ダンデライオン」中田永一 を読み終わり、
「クジラアタマの王様」伊坂幸太郎。




「dele2」本多孝好

2018年07月23日(月) 22時32分
「dele2」本多孝好

”依頼人の死に際し指定のデータを削除する”
それが、「dele.LIFE」の業務。

アンチェインド・メロディ
/ファントム・ガールズ
/チェイシング・シャドウズ

の3編の連作短編集




前作「dele」から、ドラマ化のためか速攻文庫
感想それぞれ


「アンチェインド・メロディ」

 有名人の兄/音楽ファイル

 ただの”ゴーストライター”な話じゃない感じで、
 やさしいラスト。いいな〜と


「ファントム・ガールズ」

 OL?/携帯のデータ

 謎の少女の登場と、、SNSでのもうひとりの自分と、、
 悲し気な真相からの圭司の推理と、よかった


「チェイシング・シャドウズ」

 美容クリニック理事/治験データ?

 いよいよ、ずっと細切れに語られてきた祐太郎に関するもろもろ。
 過去をさがのぼり、結構複雑で雑然としていたけども、、
 そもそもの原因、行きつく先が、、、
 続いて欲しいシリーズだけどな〜 
 
コレの映像化やっぱり楽しみ。
もちろん、予約済。



★★★★☆ 867

今は、「よるのふくらみ」窪美澄
「北条早雲―疾風怒涛篇」富樫倫太郎 を読み終わり
「スマホを落としただけなのに」志賀晃。




「dele」本多孝好

2018年06月09日(土) 0時21分
「dele」本多孝好

”依頼人の死に際し指定のデータを削除する”
それが、「dele.LIFE」の業務。

ファースト・ハグ/シークレット・ガーデン
/ストーカー・ブルース/ドールズ・ドリーム
/ロスト・メモリーズ
の5編の連作短編集

ドラマ化
金城さんが脚本で絡む!!

いつ読もうかな〜なんて思ってたら、、速攻文庫化!
単行本発売から、、1年。
ドラマになるからか〜
と、これも羽田で発見

あらすじだけだと、オモシロイ話になるのか?と思ったけど、、
削除にあたり、本人の死亡を確認するという、、
データ上だけじゃない設定があったり、、
ビジネスライクじゃない、祐太郎の存在が
ドラマをつくってるって感じがオモシロイ。

それぞれのキャラも立ってるし、
通しで出てくる人たちも、まだまだ気になる
特に祐太郎は、やっぱオモロイ。
ロクな人生歩んでなさそうだけど、、
すごく真っ当で、妙な機転と対応力をみせたりとか

話は、それぞれ結構複雑。
あまりシンプル過ぎちゃ、面白みに欠けるだろうけど、、
もうちょっとさらっとしてても、
いいんじゃないかな〜と思った(難しい!)


「ファースト・ハグ」

 殺された男/ある名簿

 もっとウマイやり方があったんじゃないかと思うが、
 そのスピリッツは、いいな〜と

「シークレット・ガーデン」

 ゼネコン取締役/白いワンピースの女性

 フェイントがあったりする楽しさはあるけれど、
 設定ありきの複雑な設定に思えるな〜

「ストーカー・ブルース」

 ストーカー/ターゲット

 ラストの祐太郎のやさしい解釈は、いいな
 

「ドールズ・ドリーム」

 病の女性/

 そういうことか〜のラストだけども、
 ちょっとこれはずるいな〜(笑)
 でも、女性の想いは伝わる。いい。

「ロスト・メモリーズ」

 塾長/ネット銀行口座 

 これも、そこまでひねるか!って感じ。


そして、「dele2」6/15発売!
岡山出張のお供にしようかな〜
ドラマも観ようかな〜
おもしろそう



★★★★☆ 864

今は、「よるのばけもの」住野よる




「Good old boys」本多孝好

2018年02月16日(金) 19時21分
「Good old boys」本多孝好

「牧原スワンズ」は弱小サッカーチームだが、
子どもたちは楽しそうにサッカーをし、
コーチたちもそれを見守っている



所属する8人8家族の連作短編集





あらすじで、なんとなく読まずにしていたけど、
逆に読みたい状況になってきたり。

「牧原スワンズ」は、
勝利するためのサッカーではなく、
子どもたちが楽しむことを大切にしていて、
実際、勝っても負けても、楽しそう

そんな弱小少年少女サッカーチームが、
仲間の転校を前に、一勝できるのか?というのが、
この話の大きな軸。

子どもたちの頑張りやらを
子ども目線ではなく、お父さんたちの目線で
家族の事情や自分の境遇、
子どもの育て方など、絡めながら語られていて、、、
おもしろい
”old boys”たちに共感したり

なんだかんだでやっぱり楽しい、本多さん
次の新刊も楽しみにしておこう



★★★★☆ 848

今は、「ダークナンバー」長沢樹、
「北条早雲−悪人覚醒篇」富樫倫太郎
「北条早雲−相模侵攻篇」富樫倫太郎 を読み終わり、
「鳩の撃退法(上)」佐藤正午。




「君の隣に」本多孝好

2015年09月29日(火) 10時33分
「君の隣に」本多孝好

大学で声をかけられて体験入店した風俗店。
声をかけてきた早瀬が気になるが、
質素なアパートで少女と暮らしていて。。

その店を利用する男たちの間で、
ある女性の話が語られ、
少女の担任は、
母親に不審な点を感じ。。。




本多さんの新刊。内容うんぬんよりもとりあえず手に取る。

謎の大学生早瀬と同居する少女進藤翼。
とにかく何もよくわからないまま、
何かしらの目的があって動いている早瀬。
失踪した女性が関係していそうで。。。

それを風俗業界の話を絡めてつつ、
周辺の人たちから状況が少しずつわかってきて。。


本多さん的だな〜と思った。
奥に潜んでる書かれないストーリーは重たいながら、
それを感じさせつつも、キレイにスッキリ話を流していく
読後の印象もズッシリ重たいものじゃない

いいのだけれども、
やっぱり、失踪した女性がそこまでさせる何かは、
もっと実感として欲しいな〜と思った。

いろいろ映像化されてる本多さん
そろそろレンタルとかできるのかな〜



★★★★☆ 766


今は、「家族シアター」辻村深月
「相互確証破壊」石持浅海 を読み終わり、
「王とサーカス」米澤穂信。




Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)