「小暮写眞館T」宮部みゆき

2017年02月23日(木) 23時38分
「小暮写眞館T」宮部みゆき

両親の趣味で、寂れた商店街の
写真館に引っ越してきた英一は、
不審な女子高生から、一枚の写真を渡される
それは心霊写真で。。。

その写真が気になる英一は、
隠された物語と謎を追うことにする




なんとなく手にとったら、
これって”書き下ろし100冊”のやつで、
しかも、分けて4冊にしたってことを、、、後で知る。

久々の宮部さんだけれども、
なんとなくイメージにある重たさよりも
軽い読み味で、スラスラと読み進められるのがいい
それでも、
らしい”堅さ”(宮部さんの好きなところ)
があって、楽しめるかな〜と

でも、ちょっと、乗り切れなかったかな〜と
ああいう写真を手にして、ここまでするかーー
なんて、すごくつまらない感想を

T〜Wまであるというなら、
全部読まないとだな



★★★☆☆ 815


今は、「初恋ソムリエ」初野晴  を読み終わり、
「光秀の定理」垣根涼介。




「淋しい狩人」宮部みゆき

2009年10月01日(木) 17時56分
「淋しい狩人」宮部みゆき

東京の下町にある古書店「田辺書店」。
その店主イワさんが抱える
様々な事件やら孫問題。

六月は名ばかりの月/黙って逝った/
詫びない年月/うそつき喇叭/
歪んだ鏡/淋しい狩人

6編の連作短編集。



イワさんと稔の話を軸に進む連作短編。
軸は微笑ましいけど、
それぞれの話は薄ら暗いものばかり。。
どれがオモシロかったかと言えば、、、
やっぱ「淋しい狩人」かな〜

未完である小説の解決編を
その犯罪とともに創作するって展開。
オモシロかった!

が、それよりも、
イワさんと稔のやりとりだとか、
2人の関係を変化させる”事件”とその顛末だとか、、
ところどころにある、
”本バナシ”(「歪んだ鏡」での、ある本の一文で。。とか)
のほうが印象に残ってるな。

いやいや、さすが宮部さん。
コレはブックオフで100円ゲット!
他のも探して読もうかな〜



★★★★☆ 436

今は、「殺気!」雫井脩介 を読み終わり、
「ターン」北村薫<再読>。

「人質カノン」宮部みゆき

2009年05月26日(火) 9時05分
「人質カノン」宮部みゆき

人質カノン/十年計画/
過去のない手帳/八月の雪
/過ぎたこと/生者の特権
/漏れる心

の7編の短編集。






短編もさすがにオモシロイ。
好きなのをいくつか。

「過去のない手帳」

 電車の中で女性誌を拾うと、その中には手帳があったが。。
 ある日、手帳に書かれている人物が失踪中だとのニュースが。。
 
 手帳の主とその謎と。
 なんとなく、?な感じと行き着く流れと、
 よかったような印象あります。 

「八月の雪」

 事故から、生きる力を失いつつある少年。
 祖父の遺書らしきものの意味を探りだすのだが。。

 ある歴史的な事件と絡めたお話。
 短編だけに、なんだか物足りない感はあるけども、
 なんだかよかったな。

「生者の特権」

 人生に絶望して死のうとしていた女は、
 学校に忍び込もうとしてた少年と出会い・・・

 少年と冒険をするうちに女は、、
 というシンプルでわかりやすい展開だけども、
 その辺が、逆にキモチよかったな〜
 冒険と約束と。
 


★★★★☆ 413

今は、「ダナエ」藤原伊織 を読み終わり、
「ニッポン硬貨の謎」北村薫。

「地下街の雨」宮部みゆき

2008年09月06日(土) 12時35分
「地下街の雨」宮部みゆき

ちょっと不思議なような怖いような
?がありながら進んでいく、

地下街の雨/決して見えない/不文律
混線/勝ち逃げ/ムクロバラ/
さよなら、キリハラさん

の7編の短編集




ミステリー的なものやら、ホラー的なものまで、
いろんなタイプの短編集。

どれも短く小気味よい感じで楽しんで読める。
でもやっぱ、宮部さんは長いのがいいかな〜と思う。
ひたすらにじわじわとタタミかけてくる展開が好きだな〜
でも、
充分楽しめました。
「決してみえない」とか「混線だとか」のホラー的なのが
オモシロかったかな〜

よかったのいくつか。

「決してみえない」

 終電後のタクシー乗り場で待たされる二人。
 しばらくして歩きながら語られる内容は。。。

 ホラー的な感じ。
 結末は。。。だけどもなんかよかった。 

「不文律」

 一家四人が無理心中とみられる死をとげる。
 一家に関して、様々なひとが語る死の真実とは。。。

 いろんなヒトの話から真実がわかっていく流れで、
 じわじわ真実に近づいてって、、、うん。オモシロかった。

宮部さん、まだまだ他のも読みたいな〜
 


★★★☆☆ 355

次は、「野球の国のアリス」北村薫 の予定。

「長い長い殺人」宮部みゆき

2008年07月24日(木) 21時23分
「長い長い殺人」宮部みゆき

あるひき逃げ事件から始まる、
2つの保険金殺人事件??
容疑者はいるものの、証拠はなく。。

全て、事件に巻き込まれるヒト達の
”財布”が語り手。






いやーおもしろかった〜
なにせ、語り手は”財布”!!

財布だからこその制限だとか、
財布だからこそ知りうることだとか、
そういう部分をうまく使って話を濁したり進めたり。
それぞれの話で少しずつ関係していたり。
さすが、うまいなーって感じ。

肝心の保険金殺人の流れもおもしろい
本当に欲しいのは、、とちょっと目先を変えた真相だとか、
最後にいたる流れだとか。
でも、
読みきると、犯罪としてはちょっと。。。だよな。
あれだと、、、”完全”にはほど遠いし、、
もっとスゴイ結末を期待してしまってた(笑)

宮部さんフェアーもちょっと休憩かな。
最近少し読書力が落ちてきてる。。
暑いせいかな〜??



★★★★☆ 342

今は、「のぼうの城」和田竜 
「春期限定いちごタルト事件」米澤穂信 を読み終わり、
「トリップ」角田光代。
Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)