「グロテスク」桐野夏生

2006年10月06日(金) 18時37分

「わたし」の妹は殺され、ほどなく、同級生だった女性も殺される。。
2人とも娼婦として街に立ち客をとっていた。
「わたし」の独白と関係者の日記や手記という形で、
それぞれの「闇」が語られる。。。

「東電OL殺人事件」「東電OL症候群」という、
ノンフィクション2作を読んでずっと文庫化を待っていた作品。


上にあげた「東電OL殺人事件」を元に書かれたもの。

まず、読むのに時間がかかった。。
先の展開が気になるような話じゃないし、
何より、それぞれの主観と都合のイイ嘘ばかりな話なので、
なんともつかみにくく、入りこめなくて苦戦した。
それに、オレ的には、
それぞれの主張は何も響いてくるところはなかったし、
共感なんて全然しない。
つまんない生き方してんね。って感じ(笑)

読み終わっても、
全体として何も伝わってこなかったのでイマイチです。

上の2作を読んでいたので、この事件に対して思うとこもあり
余計にそう感じるのかもしれない。
桐野さんならこの事件をどう切るんだ?と期待した部分が大きい。
そういう面では
話を複雑にして、面白がってるんじゃないか?って感じた。
なんか、失礼な感想かな。
ごめんなさい。
でも、そう感じました。



★☆☆☆☆ 194

今は、「東京タワー」リリー・フランキー
会社の後輩からレンタル。


■■ トラックバック先 ■■

よっちゃんさん  「日記風雑読書きなぐり」

「ダーク」桐野夏生

2006年04月27日(木) 17時07分
「ダーク」桐野夏生



40歳になったら死のうと決めているミロは、
ある日、出所を待っていた「男」がすでに獄中で自殺していたことを知る。
義父が、その事実を隠していた事実を聞き、隠居先を訪れるのだが。。。

ミロシリーズ最新文庫。

んーなんとも言いあらわしにくい。
とりあえず、今までのキャラが当然出てくるけども、
ミロもトモさんも、今までの印象をガラッと変えて、
それぞれの汚い部分をさらけ出してる。
それもオモシロイんだけども、
シリーズ的な流れがもう少しあったほうがよかったかな〜

あと、がっつりと語り手(何人か変わっていく)
の心情を語ってるんだけど、
オレには、心情と行動への流れが不自然に感じてしまって、
なんでそーする?
んじゃ、今までの前置きは?
と、首をかしげる部分があったかな〜

これだけのぶっ飛びな展開なら、
とうとうと心情を語る部分を少なくして、
突然!!なほうが、リアルで恐ろしさが出る気がするな〜
なんて、生意気なコメント(笑)

けども、
日本と韓国を舞台に、逃げる・追う展開、
落ちていくミロ、トモさん。。
結構楽しめた〜
続きあるといいな〜あるのかな??



★★★☆☆ 144

今は、「ワイルド・ソウル(下)」垣根涼介。
さすが!オモシロイ!!

OUT

2005年08月11日(木) 10時41分


「OUT」桐野夏生

日本推理作家協会賞受賞、MWA最優秀長編賞にノミネート

深夜の弁当工場で働く4人の女性。
昼と夜の逆転した生活をしながら、それぞれに問題を抱えていて。
とある日、そのうちの一人が夫を絞殺してしまうのだが。。。

やっと読んだ
ずっと読みたかったんだけど、いきなり上下巻は。。。
で、ミロシリーズを読んでみてた(笑)

ポイントを絞って、この話を説明したら、
誰もがそんな話あるかよーと思うだろうけど、
読み進めると、
これがそんな不自然なことじゃない気がしてくるのがすごい。
いろんな状況とか思い、それぞれのキャラの色付けが、
それぞれの行動をそっかーって思わせてるよな。

ま、それでも現実離れしてるんだけど、
それは、「本の中の世界」として
辻褄のあったリアルというかなんというか(笑)

メインと思ってた話が全然序盤だったのが驚いた。
そこまでの過程が長いのかとおもったら、
過程よりも、その後のほうがメイン。

映像になってるんだよな。コレ。
レンタルあるんかな??
観てみたいな。



評価 4/5
★★★★☆
71

今は、「時生」東野圭吾。
文庫化!待ってましたー本日発売。

ローズガーデン

2005年06月18日(土) 16時28分
「ローズガーデン」桐野夏生

ミロシリーズ3
短編集。
 ローズガーデン
 漂う魂
 独りにしないで
 愛のトンネル
「水の眠り灰の夢」
もミロシリーズみたいだけど、
そっちは、親父の話みたいなので
飛ばして、これ。


毎度回想される旦那が初登場。
トモさんも引き続き登場するし、
シリーズものだからこそ楽しめる部分があったかなーと

短編だから、余計にクールでカッコヨカッタ。
高校時代の話「ローズガーデン」がよい。
それから先の続きはあるんだろーか?
「ダーク」はまだ文庫化されてないなー待ち!



評価 3/5
★★★☆☆
56

今は、「グレイヴディッガー」高野和明

天使に見捨てられた夜

2005年05月27日(金) 12時36分
「天使に見捨てられた夜」桐野夏生

ミロシリーズ2

企画物AVに出てる女性を探す話
企画が本人との合意ではなくて、人権にかかわるんじゃないか?ってことで本人探しを依頼される。
が、話はもっと複雑で。。。

ミロシリーズ1「顔に降りかかる雨」
の感じを思い出した。


謎状態でほとんど進められる感じとか、
最後のほうで、スラッと真相を出してくるとことか、
あーそーだったな〜って。
これがーー、なかなか読まされてしまうのだ

ミロのなんか人間くさいところとか、
なんでも来いのスーパーヒロインよりも親近感があってよいな〜
あとは、一本筋通ってるしなカッコイイ。

でも、やっぱり何かほしい気がするなー(笑)
ちょっと全体的にクール過ぎ?なんかなー?
しかし、オモロイ。



評価3.5/5
★★★☆☆
51

今は、文庫化待ってた「疾走」重松清
Untitled Document

 じゅん

 45/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像じゅん
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年05月13日)
アイコン画像苗坊
» 「本と鍵の季節」米澤穂信 (2019年04月05日)
アイコン画像じゅん
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月12日)
アイコン画像苗坊
» 「まれびとパレード」越谷オサム (2019年02月09日)
アイコン画像じゅん
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月08日)
アイコン画像苗坊
» 「わが心のジェニファー」浅田次郎 (2019年01月01日)
アイコン画像じゅん
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月18日)
アイコン画像苗坊
» 「殺し屋、やってます。」石持浅海 (2018年11月13日)
アイコン画像じゅん
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年09月07日)
アイコン画像苗坊
» 「スロウハイツの神様」辻村深月 (2018年08月28日)
最新トラックバック
アイコン画像「AXアックス」伊坂幸太郎 (2019年06月13日)
アイコン画像北条早雲 相模侵攻篇 (2018年06月27日)
アイコン画像『at Home』 (2018年06月09日)
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)