旅の思い出3 

October 09 [Wed], 2019, 0:10
香港から飛行機で3時間。
東南アジアにあるブルネイに到着。

2日目夕方から、最終日の夕方まで丸1日観光してみました。


空港にあるモスクから、早速、大好きな"アザーン"が流れてくる。



ブルネイはかなりマイナーですが、三重県と同じ大きさに40万人が暮らし、王様が治める国です。

ビールがうまそうな蒸し暑さですが、イスラム教の国なのでお酒飲めません。。。その代わり、イスラム教だから治安はいい。


空港を出て夜の町を散策。




ナイトマーケット。
東南アジアらしさは少ないですが、おいしそうな屋台がたくさん並ぶ。
現地の人のマネをして、いろんな店で食材を買い、テーブルに広げて食べました。

果物の王様、ドリアンに久しぶりに挑戦。苦手感は克服されないな〜。おいしそうな予感はするけど匂いにやられる。



ブルネイ最大のショッピングモールへ。
前日訪れたマカオのモールの100分の1以下の規模ですが、まぁそれぞれに最適な大きさがあると思います。



ブルネイには世界に2つしかない?7つ星ホテルがあります。
だけど観光客が少ないせいか、2万円から泊まれます。もし7つ星なら破格の値段。

貧相な服とボロいリュックを背負いながら、7つ星ホテルに泊まってみました!

ロビーの吹き抜けには金と大理石を使った巨大な柱。それ以外にもゴルフ場や映画館やボーリング場があったり。確かにお金をふんだんに使った豪華なホテルです。でも、部屋は意外と普通。



調べてみると、7つ星は外部からの格付けでなく、自称しているわけでもなく、お客さんが豪華さを見て勝手に言っただけだそうです。。。
7つ星、ではないかもな。



で、最終日もブルネイをガツガツ観光。
したいところでしたが、町を移動するのが難しくて本当に困りました。


ブルネイは小さな国ですが、石油、天然ガスで儲かているお金持ちの国。国民1人当たりのGDPも日本より高く、その上、税金、学費、医療費が無料。


だから、みんな普通にいい車に乗っています。
生活にタクシーが必要ないので、国内にタクシーは45台しかいないそうです。町なかでも全く見かけません。

なので、空港とホテルから乗ったタクシーに電話番号を聞いて必死に呼びました。


それでも呼べない時は、歩いている人なんて居ない道をとぼとぼ歩く。。。蒸し暑さが厳しすぎる。





モスク内は撮影禁止。
でも、モスク好きなので美しい装飾に感動。



ブルネイの最中心部。他の東南アジアとは雰囲気が真逆です。




小さなボートに乗って川をクルージング。
走りだすとすぐに町からジャングルに変わる。



早朝と夕方はテングザルがたくさん出るそう。
でも昼なのでやっぱり見れず。。。遠くにはいるけど、特徴である天狗みたいな鼻は見えませんでした。



川沿いに世界最大の水上集落があります。
水上の人口4万人。首都の人口が14万人だそうなので、3分の1も川の上にいる!



家の外観は全く金持ちに見えません。
ブルネイにも格差があるのかなと思いきや、インフラは整い、部屋の中もエアコンは当然あるし豪華にしているそうです。





4千億円をかけたという世界最大級の王宮。一般開放はされていません。
王様は"世界一の富豪"でギネス記録に載った事もあるそうです。



王様の収入がGDPを押し上げてるんじゃない?と一瞬思ったり思わなかったり。。。



ブルネイの伝統食。
木の樹液から作るみたいですが、お餅みたいな感じ。味がないので、辛いタレにつけて食べます。



こんな感じでブルネイはおしまい。
お金持ちの国なので、東南アジアにあっても物価の安さは感じられませんでした。でも、人はとても親切。

お金も心も、猫も豊かなブルネイでした。





で、3日目19時前の便で羽田へ。

来た時のように香港経由の深夜便にすると、飛行時間が短すぎて寝る時間が取れない。翌日仕事なので、寝る時間が取れて、乗り継ぎのタイミングもよかったタイ経由で帰ることにしました。


ブルネイからバンコクまで飛行機で3時間。

大好きなタイを通過するだけ、なんて残念すぎる!
せめてもという事で、ビジネスクラスのラウンジ体験を捨てて、バンコク空港内のいつも行くレストランに行きました。

大好物の”カオニャオ・マムアン”をいただく。
マンゴーと甘いもち米を合わせたデザートです。

やっぱりおいしいな〜。タイ最高!行ってないけど。。。




2泊3日の旅、プラス帰国後そのまま仕事でちょっとハードすぎましたが、短くても楽しい旅ができました!

おしまい!


旅の思い出2 

September 29 [Sun], 2019, 23:29
初訪問のマカオ。
初日の昼から、2日目の昼まで丸1日観光してみました


元ポルトガルの植民地で、西洋風の素敵な建物がたくさん残っています。

世界遺産の歴史地区。





道を一歩はずれると、一気に生活感があふれだします。
西洋風より、ごちゃごちゃしたこういう雰囲気の方が大好き!






そして、文化が混じりだすとおもしろくなる。









香港にいた時は中国に対する抵抗を感じました。あちこちの壁に、香港警察と政府に向けた挑発的な言葉がスプレーで書かれている。その現場も目撃。

でも、マカオは逆に中国に対してウェルカムな感じでした。もうすぐ中国は建国70周年で、それを祝うための巨大な飾りが街のあちこちに置かれていました。もしかしたら、表面的に装っているだけかもしれませんが。

香港とマカオ、境遇は似ているけど、いろいろと違う事が多いんだな。



で、有名な観光地マカオタワーへ。

ここは世界第2位の高さのバンジージャンプがあります。
ついついテレビで見慣れて麻痺していますが、実際にその高さに立つと、イッテQの人達とかほんとすごいな〜。



床がガラスになっています。
来る前は、だから?という感じでしたが、実際立つと本気で足がすくみました。高いの苦手じゃないのに。。。
スカイツリーにも小さくて2重になった安心のガラス床がありますが、マカオは人が余裕で横になれる程の大きさで1枚きり。


バンジージャンプ以外にも、高さを味わういろんなアクティビティーがありましたが、怖くなって全部やめました。

橋の向こうはもう中国大陸。マカオの勢いに乗って?巨大な新しい街を造っています。




そしてマカオといえば街じゅうにカジノ。
ラスベガスより圧倒的に規模が大きいそうです。






大好きで影響を受けた小説、"深夜特急"。
ユーラシア大陸をバスで横断する旅小説ですが、そこでも1番最初にマカオのカジノが出てきます。

カジノに入るのは初めてでしたが、小説に登場する"大小"というゲームのテーブルに行ってみました。
しばらくテーブルの横で観察。何の躊躇もなく次々と大量のチップがテーブルに積まれていきます。なんだか初心者には敷居が高すぎる。。。


”大小”はあきらめ、簡単そうなスロットをやろうとしましたが、ボタンを押しても機械をスタートさせられない。そんなわけで、素人すぎて何1つギャンブルできませんでした。。。

他にもたくさんのゲームがありましたが、事前にルールとやり方を調べておけばよかったな。。。


カジノ内は撮影禁止。遠くから撮ってみる。
今回訪れたカジノは、東京ドームと同じくらいの広さに、テーブルやスロットが見渡す限り並んでいて圧巻でした。









次来る時は、絶対ビビらないっ!



こんな感じのマカオでした。
2日目の昼に1回香港へと戻り、15時の飛行機でブルネイへ。


旅の思い出1 

September 25 [Wed], 2019, 23:46
深夜1時の飛行機で羽田を出発。
飛行時間4時間。まずはマカオへの経由地、香港に向かいます。

仕事終わりだったので飛行機で少しでも寝たかったですが、めったに乗れないビジネスクラスで食事も食べてみたい。
欲望に負けて、お腹空いていないのに深夜の朝ごはんをいただきました。
おかげで睡眠時間たった1時間半。。。


香港到着は、時差で現地時間4時。
到着前に窓の外を見たらまだ真っ暗です。すぐにマカオへ向かう予定でしたが、初訪問の国なので暗くて人が少ないと不安。そして世界最長の橋を渡るのに景色が見れないのは残念すぎる。

そんなわけで、急な思いつきで、予定外の香港から観光スタートしてみる事にしました。

香港は4回目。最近ニュースでよく見る激しいデモは、実は週末しかやっていない事を調べて知っていました。


で、観光の下調べはしていませんでしたが、こういう時、旅番組が好きでよく見ているのが役立ちます。

最近リニューアルしたアベニュー・オブ・スターズという場所へ。





早朝に観光って治安は大丈夫か?と一瞬思いましたが、すでにランナーが走っていて平和な感じ。



気になっていた場所にも行ってみました。






トランスフォーマーの映画でも使われた、香港らしい場所です。
インスタ映え間違いなし。もし行きたいならこちら、地下鉄の太古駅のそば。





定番の場所にも行ってみました。








こんな感じで、早朝4時からお昼前まで長めの半日を香港観光。
で、いよいよ本来の目的地マカオへ。


昨年10月に開通したばかりの世界最長の橋。香港とマカオの海上を55キロもの長さで結んでいます。
空港みたいな巨大な建物で、香港の出国審査をしてバスに乗り込みます。




一般車は自由に通れないそうで、道路はガラガラ。費用対効果、大丈夫かな?


そういえば、建設中にコンクリートの強度偽装問題がニュースになっていましたが、その後どうなったんだろう。
場所の特定ができなかったみたいですが、そのまま開通させたのかな。。。中国らしいけど。
チベット鉄道もこの港珠澳大橋も行くなら早めが良いと思います。



とは言いつつ、こんな巨大な橋を短期間で作り上げるのはやっぱりすごいな〜。



結局、橋の移動は30分ちょっと。出入国の審査も含めると60分ちょっとで国境を通過できました。
次はマカオへ。

帰国 

September 23 [Mon], 2019, 23:23
ブルネイ、マカオの旅から無事に帰国しました。


海外を2泊3日という短い旅は初めてでしたが、やっぱりすごい!
国内を3日間旅するより、何倍も何十倍もおもしろかったです。
海外旅行って短くても刺激的だな〜と思いました。


そんな今回の旅。あまり予定を立てずに行きましたが、思いつきで最初から予定外の香港を観光してみました。
香港半日、マカオとブルネイを1日ずつ観光した感じ。

で、1日前の事が遠い昔に感じてしまうくらい忙しくまわったので、3日なのに疲れました。
帰国が朝で休む間もなく仕事だったので余計にぐったり。


そんなわけで、まだ疲れの後遺症が残っていますが、短い旅を振り返ってみようと思います。

準備 

September 15 [Sun], 2019, 19:07
今回の旅は2泊3日。
短い旅なので、どんなカバンで行くか迷ってしまいます。

いつもは50リットルのバックパックを使っていますが、2泊だと大きすぎる。

中身がスカスカだと、隙間ができて手を入れたら簡単に盗られてしまいます。前回の旅で、預け荷物の盗難にあっているので少し警戒。

で、スーツケースにしようかなと思いましたが、今回は忙しい旅でバックを持ったままの観光もありそう。そんな時はバックパックの方が楽です。

そんなわけで、今回は小さなボロいリュックで行くことにしました。
国際飛行場で小さなリュック1つで旅している人なんてほぼ見たことありませんが、旅慣れた感じ?というよりはクセのある旅人?な感じをだしながら行ってきます!

次の旅 

September 08 [Sun], 2019, 21:08
次の旅が決まりました。


って程でもないのですが、
今年はバタバタして休みが取れず。
海外旅行はあきらめていたのですが、3日間だけ休みがとれました。

短いですが、海外逃避したい欲求に勝てず行ってきます!


3日間だと旅先を迷ってしまいますが、
連休がしっかり取れた時は行かないだろうなという場所で、マカオと東南アジアの小国ブルネイにしてみました。

で、休みをフル活用するため、仕事終わりの深夜便で出発、帰国は深夜便からそのまま出勤。


ハードな日程だし、マイルも貯まっていたので、羽田の往復はビジネスクラスの無料航空券にしました。1回の買い物でポイントの3重取りをしたりで、お得にマイルを貯めたおかげ。お得というよりセコいけど。

日程は、
羽田→香港→マカオ→香港→ブルネイ→タイ→羽田


2泊3日で動きまくりですが、香港とタイは通過のみ。
香港からマカオは去年、世界最長の橋ができていて、バスで30分ほどで行けるみたいです。


とりあえず香港の情勢が心配ですが、だからこそ旅直前にビジネス無料航空券が取れたというのもあります。座席指定するときも席スカスカでした。
もし情勢がやばかったら飛行機飛ばないかもな。ただ逆にもし情勢が落ち着いていたら、ふらっと数時間、香港観光もしたいな。

そんな感じで、来週行ってきます!

旅の思い出8 

July 05 [Thu], 2018, 23:55
最後の思い出。
ボツワナから南アフリカ経由でドバイへ。


初の2階建て飛行機。2階建てなのに天井が高くてびっくり。



5年ぶり3回目の大好きなドバイに到着です。




そして空港で預け荷物を受け取ると、カバンが半分開いた状態になっていて中身がスッキリ無くなっていました。まさかの盗難被害に遭ってしまう。

バゲージクレームのカウンターに行くと、スタッフは申し訳なさそうにしてくれつつ、盗難証明書を出すからあとは保険会社と交渉してくれと、対応はあっさりです。こういう時、航空会社は何もしてくれないみたい。



そして後日、日本での話ですが、盗難証明書と購入証明のレシートを保険会社に提出し、一応お金は全額戻ってきました。ただ、お金よりは盗られたお土産が戻ってきてほしかったけど。。。


それにしても旅行保険入っていて良かった。毎回、旅行保険はセットになった値段が高いやつではなく、必要な物だけ自分で選んで安く加入しています。で、損害補償(盗難)の保険はたった50円なので一応加入していました。初めて役に立つ。




こんな感じで最後にハプニングにあいましたが、乗り継ぎで訪れたドバイ。滞在時間が22時間だけなので、すぐに観光へと出発。

まずは、無料シャトルバスでドバイからアブダビへ向かいます。
ドバイはアラブ首長国連邦にある街ですが、首都はアブダビになります。2つの街は120キロしか離れていないく、2時間ほどで行く事ができます。


で、アブダビで一番有名な観光スポットへ。




2007年に完成したばかりで。莫大な建設費をかけて造った世界一豪華といわれるモスク。モスク好きなのでずっと来たかった場所。



モスクの美しさといえば、繊細なモザイク模様。でも、ここは本来のモスクとは違い、インドとかヨーロッパの要素が多く入っている感じでした。外見以外はあまりモスクっぽくない。



世界一巨大なペルシャ絨毯がひかれています。
継ぎ目がなくてすごい。ただ、大きさ以外の繊細さとかデザインは普通な感じ。まぁ、巨大な上に細かい模様まで追求したら、一生完成しなくなるか。








世界一速いジェットコースターのあるフェラーリワールドへ。
入り口で入場料が1万円もする事を知らされる。滞在できるのが1〜2時間しかなかったので、目の前まで行って入るのやめました。




アブダビやドバイには変わった建物がたくさん。






で、ドバイへと戻り、大好きなシーシャ(水タバコ)を吸いながらのんびり。世界一豪華なホテルを眺めながら、ちょっとだけアラブの富豪気分。





世界一大きなショッピングセンターのドバイモールへ。5年ぶりのドバイですが、この街の5年はとても早いです。いろいろパワーアップしている。



世界中の観光客が集まって大混雑。遠い異国の陶酔した日常。日本から見たら完全に非日常ですが、こんな世界があるというのをぜひ体験して欲しいです。



世界一高いビルに新たな演出が加わっていました。プロジェクションマッピングかなと思いましたが、828mの最上階までプロジェクターの光は届かないか。
と思ってよく見たら、光る棒がビルの外面に無数に付いていました。










ドバイ滞在の22時間はあっという間に過ぎ、いよいよ帰国。
で、ドバイから成田への飛行機に乗ろうとしたら、アジアカップに優勝したばかりの、なでしこジャパンと同じ便になりました。

そもそも優勝したのに座席はエコノミー。それもハードな深夜3時発。男子とはえらい違いだな思ってしまいました。
隣の席に誰か座りましたが、正直1人も顔と名前がわからない。唯一、女性の監督だけは見た事ありました。

男子の移動はチャーター機だしビジネスだし。早く格差がなくなればいいけど。



こんな感じで今回も楽しい旅ができました。
アフリカの旅はおしまい。
アフリカ




*詳しくはホームページへ*

 旅と音楽とちょっとのお金
http://metde.gozaru.jp/

スマホ版 旅と音楽とちょっとのお金
http://metde.gozaru.jp/sp/tops.html

旅の思い出7 

June 27 [Wed], 2018, 1:18
ヴィクトリアの滝から車で1時間半。
ボツワナに入国しチョベ国立公園という場所にやって来ました。


こっちがボツワナ、あっちがジンバブエ。さようなら。





チョベ国立公園にはたくさんの野生動物が生息しています。
というわけで、ボートとジープを使ってサファリをしてみました。

まずは川をクルーズ。



ここは世界最大の象の密集地だそうです。何度も出会います。








カバもたくさんいる。



意外とかわいい。でも、見た目と違い、このエリアで1番人を殺す動物らしいです。巨体なのに走ると時速40キロ、絶対逃げ切れない。



YouTubeで見たことある映像が地味に再現される。縄張り意識が強いので、近づきすぎると水中から勢いよく飛び出して船に突っ込んできます。全速で逃げる。




初めて見る動物もたくさん。



動物より目を引く存在。望遠レンズで撮影しているのですが、なんか異様です。







アフリカ旅行最終日の早朝。
横がむき出しのオープンカーでサファリしてみました。



サファリって道なき道を進んで動物を探すのだと思っていましたが、国立公園なので道ははずれず道沿いにいる動物を観察します。他の国のサファリも多くがそうみたいです。





インパラは最初は感動して写真を撮っていましたが、そこら中に居るので感動なくなります。




アフリカ旅行中、街でもよく見かけたニワトリみたいな鳥。


鳥もたくさんいたのですが、圧倒的なお気に入り。





3時間のサファリでしたが、大物が見れないまま残り30分。
仕方ないなとあきらめつつ帰路についていたのですが、最後の最後で大物が連発する。









狩りの瞬間は見れませんでしたが、その直後から遭遇。テレビで見るのとは全く違い、残酷さと生々しさで衝撃を受ける。




最初は、まだバッファローも生きていて、1匹がのどをかみ続けています。すぐ近くには襲われたバッファローの群れがゆっくり歩いている。たぶん狩りが成功した後のライオンは襲ってこないと知っているんだと思います。








バッファローが動かなくなっても10分くらいは喉をかんでいる。もう1匹は食べる部位を丁寧になめ始めます。そして、顔を真っ赤に染めながら食べる。




最初来た時は2台だったサファリカーも、最後は20台くらい集まってライオンの周りを囲んでいました。その状況にライオンはイライラし始める。



結局1時間ほどサファリの時間を延長。ライオンの後もキリンとか見れました。






正直、動物園に興味が無いので、アフリカのサファリも期待していなかったのですが、やってみて本当に良かったです。別の国でもサファリしてみたい。








これでアフリカは終わり。
もうアフリカに対して抵抗感や怖さは無くなりました。ちょうどワールドカップのセネガル戦でしたが、アフリカ人と接している海外組も同じ事なんだろうなと勝手に思う。

とにかくアフリカが大好きになりました。



こんな感じで終わりですが、最後にもう1ヶ所。
乗り継ぎで訪れた、ドバイとアブダビへ。



*詳しくはホームページへ*

 旅と音楽とちょっとのお金
http://metde.gozaru.jp/

スマホ版 旅と音楽とちょっとのお金
http://metde.gozaru.jp/sp/tops.html

旅の思い出6 

June 17 [Sun], 2018, 23:58
ジンバブエ滞在中にお隣のザンビアにも行ってみました。


歩いて国境の橋を渡る。
こっちがジンバブエ、あっちがザンビア。



橋からのヴィクトリアの滝。1番奥に見えたり見えなかったり。


時々、傘をさしたいくらい雨粒が降ってきます。




で、2つの国にまたがるヴィクトリアの滝をザンビア側からも見てみました。正直、どっちから見ても違いは無いですが。。。




あいかわらず水しぶきがすごいです。場所によっては風も激しく台風っぽい。



ザンビア側は滝の下まで降りれます。でも滝つぼは見えません。








カメラがビショビショになるので焦って撮って下手ですが。



滝はこれで終わり。
がんばれば半日でも滝を全部観光できそうな感じでした。1日あれば余裕で見れます。



夢中で拾い食い。拾い飲み。





おしゃれなアフリカの衣装。





そして、前もって探して予約しておいた乗馬に挑戦してみました。
馬に乗りながら3時間のサファリ。


乗る前にライオンと遭遇した時の逃げ方を教わります。ただ、そんなの聞いても馬を操る技術ないし、もし遭遇したら死ぬなと頭をよぎる。

ガイドさんは銃ではなく、でかい音を鳴らすブブセラしか持っていないです。一応、自分たち2人だけなのにガイドさんが2人ついて、前後ではさんでくれました。






10頭くらいの野生の象に馬はビビッて後ずさり。確かに、木をバキバキ折りながら食事していて迫力あります。












結局、見れたのはかわいい草食動物だけでした。でも1度、ライオンの声が聞こえたらしくガイドさん警戒する。ライオンの声ってかなり音量が大きいらしく数キロ先まで届くそうです。




ザンビア側のリビングストンという町。
観光客が1人もいないお土産市場。なので買ってくれ攻撃がすごい。しつこくはないですが。


バオバブの木。








次はアフリカ最後のボツワナへ。



*詳しくはホームページへ*

 旅と音楽とちょっとのお金
http://metde.gozaru.jp/

スマホ版 旅と音楽とちょっとのお金
http://metde.gozaru.jp/sp/tops.html

旅の思い出5 

June 11 [Mon], 2018, 22:30
ナミビアの次は、ジンバブエのヴィクトリアフォールズという街にやってきました。
見どころはそのままですが、世界三大瀑布のヴィクトリアの滝。


遠くからでも、滝の水しぶきが見えます。




滝というと、山の上から地面に落ちるものを想像しますが、ここは地面から地下に落ちるイメージです。小さな穴に水が勢いよく落ちるので、行き場のない水しぶきは真上に吹き上がります。


で、訪れたのは雨期終わりで水量が1年で1番多い時期。だから、迫力ある景色が見れると思いきや、逆に水しぶきが多すぎてあまり見えませんでした。。。

完全な乾期になると、今度は水量が10分の1になってしまい全く迫力がないそうです。ベストの時期が難しい。






迫力がすごすぎる。以前行ったイグアスの滝よりすごいかも。音も全身に響いてきます。



滝はすぐ目の前ですが、白い壁しか見えない。そして大量の水しぶきが雨のように降っています。正直、カメラを出すのも大変なくらい。



唯一見れた滝の底。



何度かテレビで見たのですが、滝が落ちるギリギリの所に天然のプールができています。今回行きたかったけど、水の少ない乾期にしか行けないそうです。



そこら中がミストシャワーで、そこら中に虹が出てる。時々2重になったり。レインコートを着ても、帰る頃にはぐっしょりです。



ジンバブエとザンビアの国境の橋。



人生初のヘリコプターに乗ってみました。


シンプルな操縦桿。でも、難しそう。






結局、上から見ても水しぶきであんまり見えない。



クネクネは元滝があった場所です。崩落が起きる度に、滝の場所が1つずつ左側に移動してきたそうです。いずれは今の滝もなくなり、左側に新たな滝ができるそう。数万年単位の話ですが。





さすがアフリカ!
町に近いのに、野生のキリンがあちこちいました。



もちろん、町なかにもいろいろいます。


のんびりしたヴィクトリアフォールズの町。






で、ジンバブエはハイパーインフレで有名になった国。


植民地時代に白人に盗られた土地を、黒人に無償で返せという法律をつくりました。そうしたら、白人は国外に逃げだし、白人経営者の農業技術もすべて失われました。畑は手にしたけど生産能力が極端に落ちてしまう。

さらに、外資系企業が逃げ出すような法律も作り、自らで経済制裁を受けているような状態を作りあげてしまう。

そんなわけで食料や物資がどんどん不足し物価が上がり、その対応に大量のお金を印刷し、悪循環で爆発的にインフレが進んだみたいです。


今では定番のお土産になっているお札。10兆ジンバブエドル。



現在はジンバブエのお金は無くなり、米ドルが流通して経済も落ち着いているようです。
たった一人の大統領がここまで経済を悪くできる。やっぱり誰がトップになるかって大事だなと思いました。


次はザンビアへ。



*詳しくはホームページへ*

 旅と音楽とちょっとのお金
http://metde.gozaru.jp/

スマホ版 旅と音楽とちょっとのお金
http://metde.gozaru.jp/sp/tops.html


ホームページへ戻る




国別で日記を検索
相棒のブログ