逃げてぇな

December 08 [Sat], 2007, 0:36

、と呟いたらさも同然の様に手が取られて
以前泊まらせろって言った時よりももっと迅速な早さで部屋を連れ出された
冬が深まる頃のしかも夜中の二時に薄着で外かよ
俺は後ろで文句言うタイミング逃して、ヤツは黙りこくって手を握って唯ひたすら歩く
何か言え、コラと足を小突くとようやく止まる、遅いんだよ

「何」
「ってなんでお前が機嫌悪いんだよ」
「せっかく一緒だったのに逃げたいとか言うから」

そりゃ悪かった
悪かったけどそんなに目くじら立てる事か?と言えたら楽だろうな本当
思いの外怒ってる(というより拗ねてる)様で、こういう面は余り見ないからたじろいだ
車も人も居ないから俺らが黙れば本当に無音
沈黙がこれ程キツいと思ったのは餓鬼の絵を踏んづけた時以来だ

「だから、逃がして上げようと思った」
「…は?」
「逃げたいんでしょ逃げたら良いじゃない僕は出来るだけの事して上げたいって思ってるんだしでもね僕無駄に行動範囲広いし捕まえる自信目茶苦茶有るんだよね頭の出来とか違うから」
「おいコラ…」
「だから、困ってんの…困ってるんだよ」

駄々を捏ねる子供の様に言い連ねた後にまた黙りこくる
握られた手は今は指が一二本触れている程度
お前は一体どうしたいのか、分からずに解かれかけた手を握る

「つーか、お前酔ってんだろ」
「別にぃ」
「お前が早口なのは酔ってる時だろ」
「切羽詰まってる時もだよ」
「…あーもう何でも良い!帰るぞ!」
「帰るの?」
「寒ぃんだよ!お前ん家の暖房全部クライマックスにしてやるからなッ」
「本当に帰るの?」
「しつけぇよ」

延々と問い直すばかりで動きやしない、馬鹿だコイツ
仕方無いから今度は俺から手を引いて、元来た道を逆戻り
後ろからやっとあは、と一度笑い声がした後蹴りが一発入る
痛ぇなこの野郎!と振り向くと近所迷惑だよ、と窘められた
尤もだ
尤もだけど蹴りだけは入れておいた




「ていうか何から逃げたかったの」
「卒論、と、バイト」
「わ〜馬鹿らしいも一発蹴らして!」

沸いてんのは私の頭(´∀`)



振り向き様に見えた緩み切った顔についてはとうとう聞けなかった
  • URL:https://yaplog.jp/disciplin/archive/446
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ひお
» 触りたがりと猫 (2008年01月07日)
アイコン画像月下
» 思い付きの2 (2007年11月25日)
アイコン画像月下
» 思い付き (2007年11月24日)
アイコン画像月下
» 生きてます (2007年11月08日)
アイコン画像月下
» 負けたよ… (2007年07月01日)
アイコン画像霽月
» あつい (2007年06月28日)
アイコン画像高瀬昴
» あつい (2007年06月27日)
アイコン画像月下
» あつい (2007年06月27日)
アイコン画像高瀬昴
» きみのこえがききたい (2007年05月03日)
アイコン画像高瀬昴
» 抜け殻 (2007年04月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:disciplin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる