アメリカ事件簿その1<トークン事件>@アンゲラ

2008年10月31日(金) 14時15分
<読者のみなさん:アンゲラのアメリカ道中記番外編が、三雲日記で続いているのであります>

アメリカのホテルは難しい。
風呂に入るときにカーテンをバスタブの中に入れるとか、清掃係員さん用に、チップを枕元に置いてから出かけるとか(1ドル分の小銭を置いたら持っていかなかったことがあるよ。気位が高いのか)。
しかし、そんなことは「地球の歩き方」でも読めばわかる。
問題はホテルのローカルルール的なやり方だ。

まず第一番目に失敗したのは『トークン』であった。
トークンというのは、要するに、ゲームセンターで1000円札入れてコインを50枚出してゲームをするときのコインと考えてください。
硬貨代用物だ。

3日目あたりに同行者が
「私は洗濯がしたい。コインランドリーはないか」
といい出した。
この部屋にはアイロン台とアイロンが付いているのだから、
「Tシャツや下着なら風呂桶で洗って、部屋干ししてアイロンかけたらいかがか」
と提案したのだが、
「やだやだ、コインランドリーがいい」
という。
そこでフロントに尋ねると、3階に洗濯機も乾燥機もあるという。
二人で確認しにいくと少量洗剤の販売機まであった。

次の日の朝、学会にでかけようとしたら枕元に置くための小額ドル紙幣が全くない。
小銭は持っていかないし困った。20ドル札置いてもお釣りをくれるわけはなく、「サンキューサー」で終わりだろう。
そこで私は3階にいき、確かコインランドリー場にあった両替機で20ドル札を崩すことにした。

黒い両替機の札入れ口を探し、ジューッと20ドル札を飲み込ます。
だが、札を入れたらどんどんどんどん、硬貨が落ちてきていっこうに止まる気配がない。
「うひょー。壊れちゃったかなー」
と内心楽しく思いながら、硬貨受け場をみるとそこにはみたことがないメダルが山積みに。
「なんだこりゃー」
タララーン(冷汗)。
もしかして、洗濯専用のメダルなのかと内心思いつつ、そうではなくあって欲しいと、両手でたくさんつかんで部屋に戻る。
「大変だ、大変だ。20ドル札入れたらメダルたくさんになってしまった」
シーツにぶちまけ、数えると80枚もある!



「おいおい、そりゃトークンだよ。あれは両替機じゃないんだよ。ひっひっひっひ」
「なんだよ早くいってくれよ。えー、2000円もHさん洗濯しないよね」
「しない、しない。うひゃひゃひゃひゃ」
「普通、20ドル入れたら、5ドルとか10ドル分だけトークンだして、あとは硬貨のお釣りだすよなあ。あの機械はおかしいよ。2000円も洗濯するやつがいるのかよ!それならクリーニングに出すでしょ」
「アメリカの機械に日本的なことを求めても…うひゃひゃひゃひゃ」
「困ったなー。これをチップとして枕の下に入れたらどうなるかなあ」
「嫌がるだろ。けけっけけっけ」
「笑っている場合ではない。はやくフロントかコンシェルジェに電話して通貨に逆交換可能か聞いてくださいよ」
「わかったけどさ、うひゃひゃひゃひゃ」

…ということでフロントで交渉。
「彼がミスしてこうなった」と通訳してくれたところ、フロントの人は大笑い。
そしてフロント係は私に微笑んでこう言った。
「&%$#$%$#$」(よくあること。気にしないで)

しかし、次の日、また私はホテルの備品に対してとんでもない失態をしでかすのであった。

漢方の話@ヤヨイ

2008年10月29日(水) 12時14分
ツムラの漢方フォーラムで、順天堂大学教授の小林弘幸先生の講演を聞いて来ました

そもそも漢方とは、古代中国で誕生したものが日本に伝わり
独自に発展したものだそうです
その後、西洋医学におされて、東洋医学である漢方は影を潜めましたが
最近になってまた注目されるようになり、開業医で漢方を処方していない先生は
ほとんどいないそうです
患者さんでも「漢方=体にやさしい」と思っている人が多いんだとか

漢方ではひとつの薬が、本来なら全く関係ないと思われる
病気や症状にそれぞれ作用するそうです
たとえば、風邪のひきはじめに効く葛根湯は、肩こりにもすごくよく効くそうですよ
また、ひとつの病気でも、ひとりひとり効果の出る薬が違うこともあるそうで
「風邪にはこの薬」というような、ハッキリとした決まりがないんですって

最後に、小林先生にご挨拶させていただきましたが
潰瘍性大腸炎と漢方についてのご講演をされたこともあるらしく
本誌への協力も快くOKして下さいました。ありがとうございます

おまけ

もんじゃときなこ。別々の家で暮らしていながら
ファイティングポーズで寝る所は同じ

発掘?!@ナージャ

2008年10月28日(火) 11時00分
今日はなんだか寒いですね…少しずつ冬の足音を感じます
何てったってもうすぐ11月、あと2ヵ月で今年も終わってしまいます。
そんな昨日、なぜか三雲社ではちょっと早めの大掃除とばかりに、男性陣が倉庫の片付けをしてくれました

そんな中倉庫の奥から発掘されたものは…


大量のCCJAPAN Vol.12だー

他にもいろいろあんなものやこんなものも発掘されたんですが、いったい誰がこんなところに仕舞い込んだのでしょう
もちろん梱包はされていたものなので、状態はとても良いです

Vol.12は手術の特集です。
買い逃してしまっていたそこのアナタ
是非この機会に購入してみてはいかがですか

しかし、大掃除って掃除しながら発掘される懐かしい思い出の品や、古い雑誌を見返してしまったりして、なかなか進まないんですよね〜

さすがプロ野球!@こー

2008年10月27日(月) 10時16分
数年前の入院で隣のベッドになった、潰瘍性大腸炎の友人に誘われて、
今月初めに東京ドームへプロ野球を
見に行ってきました。

プロ野球を見に行ったのは、小学校低学年の時に、
大人に連れて行ってもらって以来。
その頃は、東京ドームじゃなくてまだ後楽園球場。
東京ドームは、プリンスやローリング・ストーンズの
ライブでしか行ったことがありませんでした。

中日ファンの友人がとってくれた席は、
もちろん3塁側の内野席。
友人はドラゴンズのTシャツを着て、
小さなプラスチック製のバットを2本も持ち、早くも応援しています。

スポーツ・ニュースすら見たことなく、出場選手の名前も
ほとんど知らないぼくは、かなりの不安がありましたが、
これがけっこう楽しむことができたんです。

子どもの頃に見た野球とは、ずいぶん違い、
電光掲示板はTVと同じようにクリアになってるし、
選手専用のBGMや応援のしかたもあったり、
チアガールやキャラクターが踊ったりと、かなりショーアップされて、
観客をあきさせないようという思いが伝わってきます。

そして、なにより日本有数のスポーツ選手が
真剣勝負をしている緊張感は、素晴らしかったです。

疲れてビールを飲んだせいか、途中で少し居眠りした以外は
グランドから目が離せませんでした(ファールボールが飛んでくるんで恐いせいもありましたが)。

最後は、中日の逆転勝利。
友人も大喜びで、全然知らない周り人たち(もちろん中日ファン)とハイタッチなんかしたりして、
ぼくもつられてご機嫌になりました。

1年に1回くらいは、プロ野球をみるのも良いなと思いました

「そっちではなく、こっちを食べな」@アンゲラ

2008年10月24日(金) 10時27分
アメリカの書店で見つけた面白い本の第2弾です。

「EAT THIS NOT THAT」、19ドル。
おそらく「それじゃなくて、こっちを食べなさいよ」って感じのタイトル。

オールカラーで、右ページに「食べてよいほうのもの」、左ページに「そっちよりは食べないほうがよいもの」が掲載されている。


ジャンルは、スナック菓子、バーガー、ピザ、サンドイッチ、飲み物、シリアル、調味料などだ。
この本は別にIBD患者用ではないのだが、NGフード側は、やはり脂質が多い食品、食事が多い。
おそらくファーストフードをはじめとする外食チェーン店で食事をするときに、カロリー(脂質)、糖分、塩分を控えて健康に注意するためのグラフィック本だ。
マックやケンタなど同じ店のなかで、どのメニューを食べたほうが(まだ)健康によいということがわかる。
ハーゲンダッツではシャーベットの脂質はゼロだし、スナック菓子でも焼いてあるために脂質が抑えられている商品があるのがわかる。

まあ、アメリカのチェーン店だから、ピザハットとかバーガーキングくらいなら知っているが、ほとんど知っている店が少ないし、知っていても日本とメニューが違うので、この本を買ったからといって日本のIBD患者の実用には役立たない。
ただ、アメリカに行ったときにはとても参考になるかと思う。

右がOKで左がNG。
こういう切り口だけで食事本を作ってしまったことがが面白かったのはもちろんだが、アメリカの商品や食事の写真を眺めているだけでも楽しいので、写真集を楽しむ気持ちで買ってしまったのですがね…。
同じ店だからとっても、「健康」というスタンスでメニュー比較をした本というのは日本では難しいだろうなあ。

一言メッセージ募集@ナージャ

2008年10月23日(木) 15時22分
『CCJAPAN』編集部からのお願い

『CCJAPAN』では2009年2月に発行予定の「読者体験談」特集に向けて、
皆さんからのご意見をお待ちしております。
今回の募集テーマは2つあります。

・主治医に一言
例)「いつもありがとうございます」、「内視鏡もうちょっと痛くなく
やってよ!」、「あの時迷惑かけてすみません」など。

・病気になってから諦めたこと
例)「焼き肉食べ放題に行くこと」、「スケートの選手を目指していた
が、お腹を冷やすのが怖くて諦めた」など。

☆必要事項
・氏名(ペンネーム可)
・メールアドレス
・病名
・病歴
・年齢
・性別
・「一言メッセージ」
・CCJAPANへのご意見、ご感想


以上を明記して、ccjapan@mikumosha.co.jpまでお送りください。

※『CCJAPAN』誌上にて、お送りいただいた氏名またはペンネームにて掲載させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください

たくさんの一言メッセージ、お待ちしています

暑いのか寒いのか@こー

2008年10月22日(水) 17時45分
10月です。
昼間は汗ばむほどの陽気、でも日陰に入れば涼しい。
そんな、一年を通じて一番過ごしやすい季節。
個人的にも、暑くもなく寒くもない秋が1番好きな季節です。

でも、今年の秋はなんか変。
朝方は凄く寒くなるので、タオルケットに羽毛布団2枚+毛布をかけて寝るし。
会社に行くときも、半そでTシャツ+長袖シャツ+トレーナー+ウールのカーディガン着てるし。
で、昼間になるとカーディガンを脱いで、トレーナーも脱いでしまう。
んで、夕方になるとトレーナーを着て・・・。
と、非常にめんどくさいのです。

自分でも暑いのか寒いのか、わからなくなってしまいます。
朝一番で会社の人に、「今日、寒くない?」ときいても、
「いや、今日は暑いくらいですよ」
と正反対のお答え。

どうやら、皆さんにとってはいつもと同じ秋のようです。
ということは、変なのはこちらということになります。
風邪でもひいたのか?
クローン病の悪化か?
それとも、年のせい?

残念ながら、たぶんどれも少しずつ当たっていそうです。
しばらく、食べ物に注意し、睡眠をとって、安静を心がけて、とってもめんどくさいのですが上記のように、
1日に何度も着替えることを続けていくしかないようです。
ほんとは、
ちょっと涼しいけど、シャツ一枚で、はだしでサンダルはいて、犬の散歩にでも行きたいのですが。

本日のチョイ食べ

「自然派応援倶楽部 大判えびせん」2枚
100gあたり
エネルギー 385kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 0.5g

キミは「POOの記録帳」を知っているか@アンゲラ

2008年10月21日(火) 18時02分
アメリカの学会に10月あたまに行ってきました。
そのとき、見つけたものを紹介します。

「POO LOG」

これは、書店で見つけたのですが、おそらく「ぷーというからには、オナラかウンコの記録帳に違いない」と手にとったらドンピシャリ。
B6版変形サイズ上製本(ハードカバー)の立派な本、だいたい1000円。
なにしろ表紙が洋式便器のイラストだらけなのでひらめいたわけ。

写真の左上に見えるのは、この「ウンコ記録帳」を水洗のレバーに引っ掛けるためのヒモだ。
この「ウンコ記録帳」でスゴイと思ったのは、『PQI』という指標の考え方だ。
「POO QUALITY INDEX」というもの。
ウンコの出方、サイズ、本数、匂い、何回拭いたか、排便後の気持ちを1点から3点にわけ、トータルスコアを出す。
CDAIなどに似てますな。
例えば、「匂い」は、『無臭』(Odorless)が3点で、『嘔吐の誘発』(Vomit-inducing)が1点だ。
「排便後の気持ち」は、『満足』が2点なのだが、さらにその上の3点がわからん。
「Poo-Phoria」というのはどう訳せば…。

PQIを書く欄の見開き反対側には、ウンコの性状・特徴を書いたり、ウンコスケッチが出来、欄外には便についての軽いコラムが書いてある。

しかし、健康を維持したい、腸が健康な人にはこのログは役に立つだろうが、私は一日6回はトイレに行くことのが問題だ。
それぞれの回数に於いて、それぞれのウンコに思いいれがない。
いつも水様または泥状なので、まったく同じ内容でページを埋めていくのも芸がないし、1000円のこの冊子があっという間に消費されてしまう。
ああ、客観的に観るとたいしたことがなかった私のウンコ。

詰まらん。

という結果になりました。

46号無事納品!@ナージャ

2008年10月20日(月) 16時36分
本日10/26発行のCCJAPAN Vol.46が三雲社に納品されました
ただいま発送作業を随時行っておりますので、皆さんのお手元に届くまでもうしばらくお待ちください
今回も読みごたえたっぷりです

皆さんお手元に届きましたら、こちらのコメント欄でもメールでも結構ですので感想をドシドシ聞かせてください

ダイエット?@ナージャ

2008年10月16日(木) 10時45分
ダイエット…それはIBD患者さんには無縁の言葉のようですが、最近のナージャは本当にダイエットしないとマズイです
昨日も1年くらい前の写真を見て、自分の今の太さを痛感して愕然としました
食欲の秋とは言いますが…ねぇ…。

去年は1月に退院して、直後はやはり食べ物とか慎重になってたんですけど、一度食べて平気だとどんどん何でも食べてしまい、気づいたら退院時と比較して10kgくらい体重が増えてました
3年前の入院で37kgまで減ってたのが、嘘のようです。
(ナージャの身長は164cm)

もちろん食べれる&体重増える=それだけ症状が安定していて食べ物を吸収してるってことなんでしょうけど…。

でも食事の量を調整したり、メニューをお腹に優しいものにするとやはりトイレの回数は減るんですよね
やはり腸への負担が減るからでしょうか。

とゆうわけで今日からダイエット開始…とまではいかなくても、ここ最近の食生活を反省して、腸の安静を保とうと思います

そして明日は通院日
前回検便を渡されていたのをすっかり忘れて、先生に「あれ、今日検便は」と言われてしまったので、今回こそ絶対に忘れないようにしようとすでに携帯のアラームにセットしてみたナージャでした(笑)

おまけ

この前リンゴをあげてみたら、どうも好みではなかったらしく匂いをかいだだけで去っていってしまった殿でした。

今のお気に入りはフェレットフードです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:(株)三雲社
読者になる
CCJAPANのご購入はこちら
http://www.mikumosha.co.jp/ccjapan/ccjapan.html

■アンゲラ・マリア
モルジブのリゾート地
ヘレンゲリアイランドに行きたい

■こー
CCJAPAN編集長
クローン病歴33年(2014年現在)
大腸小腸型、大量下血タイプ

■YU-KI
自称三雲社の美人営業(2014年現在)
旅行大好き東方神起大好き
ストレス解消法は娘と通うネイルサロン

■シンジ
CD歴21年(2014年現在)
公園を散歩するのが趣味。
好きな言葉「逃げちゃダメだ」×6

■ユフィ
2014年入社の新入社員
最近、趣味にカメラをいじりはじめる
新参者として、精進の日々です



※みくも日誌に関するご意見・ご感想はお気軽にコメント欄かメールまで。

メール:ccjapan@mikumosha.co.jp
2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像(株)三雲社
» 鹿沼市「山いち」のラーメン食べました@シンジ (2018年03月10日)
アイコン画像工藤憲雄
» 青森IBD友の会・交流会のお知らせ@シンジ (2016年01月01日)
アイコン画像(株)三雲社
» 美味しいラーメン、食べてきました!@シンジ (2015年09月07日)
アイコン画像ぽおら☆
» 美味しいラーメン、食べてきました!@シンジ (2015年09月07日)
アイコン画像(株)三雲社
» 巨大仏像@シンジ (2015年08月31日)
アイコン画像あっちょん
» 巨大仏像@シンジ (2015年08月31日)
アイコン画像シンジ
» タイヤも溶ける暑い夏?@シンジ (2015年07月30日)
月別アーカイブ