自己ベスト更新で5位に入った

March 09 [Thu], 2017, 15:54
合のよい若者」を見つめる大人たち
 「青春メッセージ」への改変後、1990年代から前景化してくるのは、学校で承認感を得ることのできなかった元暴走族など「目立ちたがり」のヤンキー文化である。ヤンキー文化は「逸脱少年を地域社会に戻す社会化機能」を持っており、公共性を担うNHKがそこにスポットを当てるのは当然だった。
最新iphone7ケース

 こうした大人の「善意のまなざし」は自分たちに「都合のよい若者」を優しく見つめる点では「青年の主張」時代から終始一貫している。直近の例として、私は「2015年安保」国会前デモでの若者報道のまなざしにも言及した。
シャネルiphone7ケース

 このまなざしが問題なのは、これほどまでに若者のことを思っているという身勝手な善意ゆえに、それが「ふつうの若者」のリアルと大きく乖離している事実を見落とすことである。

 こうした「善意」からも一定の距離を置けることこそ、歴史の効用だろう。私自身、「青年の主張」から目を背けた学生の一人だったわけであり、この番組が歴史遺産(レガシー)となった今だからこそ、ようやく冷静に分析できたとも言えようか。

 そのスピーチ内容も今となっては貴重な歴史的証言であり、その分析は予想外に面白かった。
エルメス iphone7ケースまた、出場者一人ひとりの足跡を追うと、「こんな仕事に一生を捧げたい」の主張どおりに生き抜いた青年が圧倒的に多いことに改めて驚く。「皇太子殿下の前で約束したんだから……」を口癖にしていた消防署長のエピソードが典型的かもしれない。
シャネル iphone7ケース

 本書では、社会学者R・K・マートンの「予言の自己成就」によって、そうした人生を枠付けてみた。「予言の自己成就」とは、ある状況が起こりそうだという言明が、その言明がなければ起こらなかった状況を実現してしまう現象である。
ルイヴィトンiphone7ケース

 名も無き青年が成人の日に公共放送で自分の将来を語る行為は、主張の内容そのものに意味があるのではない。それは出場者の「予言の自己成就」にむけた社会的セレモニーだった。
最新iphone7ケース

 その自己言及には公共性が十分に担保されており、今日のSNS上に溢れる私的で無責任な自己言及とそれは本質的に異なっていた。いみじくも「青春メッセージ」の打ち切りは、日本のSNS元年である2004年である。
エルメスiPhone7ケース

 結局、「青年の主張」は青年を「予言の自己成就」に導く社会教育的装置である以上に、「戦後」青年期の日本社会が必要とした、誰でも手の届く近接未来予言の供給システムだったようだ。そのため「戦後」が壮年期を迎えて「理想」や「夢」を必要としなくなる1980年代でその役割を終えていた。
グッチiPhone7ケース

 それでも、いまも各地で名前こそ「青年の主張」だが参加者の多くが中高年の弁論大会、あるいは「団塊の主張」や「老年の主張」と題したイベントは繰り返されている。

 しかし、こうした類似品には「予言の自己成就」の機能が決定的に欠けている。
グッチiPhone7ケース予言が成就するためには、ある程度の時間が不可欠なのだが、そうした余裕は青年だけに許された特権である。

 ならば「少年の主張
【月報・青学陸上部】立川ハーフで見えた「箱根4連覇」への不安と課題
快晴のなか行なわれた全日本学生ハーフマラソン photo by Sato Shun
■極私的! 月報・青学陸上部 第31回
 立川シティハーフマラソン――。
マイケルコースiphone7ケース

「他にもハーフのレースがありますけど、立川シティハーフのように学生同士がガチでぶつかりあうレースはあまりないんです。そのレースで上位に入っていけるかどうか。
Hermesエルメスiphone6ケース箱根駅伝からここまで2ヵ間、何をやってきたのかが試されます。このレースで成長が見えてこない選手は今年の箱根も難しいでしょうし、見えた選手は『箱根へいけるぞ』となってくる。
最新エルメスアイフォンケースそういう意味でも非常に重要なレースですね」

【写真】モデル・馬場ふみかさん、夏らしいウエアで練習

 安藤弘敏コーチは、立川シティハーフの位置付けについてそう語った。

 もちろん現在のチーム状況、さらに選手の現状を確認するためのレースにもなるし、また学生ハーフマラソンとユニバーシアード大会選考会を併催しているので3位以内に入ると、8月に台北で開催されるユニバの出場権を獲得できる。
グッチiPhone7ケース青学大では、2015年に小椋裕介と一色恭志が出場権を獲得、ハーフマラソンに出場してワンツーフィニッシュの活躍を見せた。今回は優勝もしくは3位以内に入ってユニバ出場、各自の自己ベスト更新が目標になった。
グッチiPhone7ケース

 3月5日。レースは、各大学のエース級の選手がズラリと顔をそろえた。
マイケルコースiphone7ケースカバー激安

 箱根2区で区間賞を獲得した鈴木健吾(神奈川大3年)をはじめ、工藤有生(駒澤大3年)、川端千都(東海大3年)など箱根を走った選手たちがエントリーをしていたのだ。

 青学大は田村和希(3年)をはじめ、新キャプテンの吉永竜聖(3年)、箱根を快走した森田歩希(2年)、梶谷瑠哉(2年)、小野田勇次(2年)ら26名がエントリーした。
グッチiPhone7ケース 

 この日の立川は快晴、9時30分スタート時の気温は15度と高く、日差しもあったので体感温度は20度近くになった。しかも昭和記念公園内はスギの木が多い。
シャネル iphone7ケース暑さだけではなく、花粉症の選手にはかなり厳しいコンディションになっていた。
 
 レースは序盤から早いペースになった。
シャネル Chanel ケース1km2分50秒ほどのペースで、工藤ら30名ほどの第1集団は5kmを14分25秒で駆けた。10kmは29分08秒だったが、ここで先頭集団が7、8名に絞られた。
シャネルiphone7ケース

 青学勢でそこについていったのが、橋詰大彗(たいせい/2年)だった。

「レースはスタートから全体のペースが思った以上に早くてキツかったです。
最新iphone7ケース(そこで)無理せず、後ろの集団について、いいペースでいくことができました」

 コースは12km途中までは昭和記念公園外の平地を走るが、そこからは公園内に入り、アップ&ダウンが続く。ここで全体のペースが落ちたが、15kmをトップで通過した鈴木は43分45秒。
イヴサンローランiphone7ケース橋詰は44分07秒と粘ったが、最後まで追いつくことはできなかった。そのまま鈴木が1時間1分36秒で優勝、大会新記録だった。
グッチiPhone7ケース橋詰は1時間2分46秒、自己ベスト更新で5位に入った。

 ルイヴィトンiphone7カバー


 ルイヴィトンiphone7カバー


「学内トップは自信になりますけど、まだまだです。
シャネルiphone7ケース10km越えてから、どれだけ粘れるかが課題です」」がある、という方もあろう。秋篠宮家の内親王が臨席する「少年の主張全国大会」は今日も続いている。
iPhone6 4.7インチ カバーその動員数は「青年の主張」をはるかに超えているが、義務教育の中学校を抱き込んだイベントでは、出場者に自主性や主体性を期待することはむずかしい。

 いずれにせよ、若者が未来を自分の言葉で語れる公共空間の再構築は、マスメディア業界(新聞・放送・雑誌)全体がいま最優先で取り組むべき課題であろう。
グッチiPhone7ケース若者が退出したメディアに未来はないのだから。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dffdtt
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる