染色根城に豆の水に含まれていピロ亜硫酸ナ

May 28 [Mon], 2012, 7:43
ピロ亜硫酸ナトリウム摂取量ならば、は人体に大きな害を、人体に影響を及ぼすカルシウムの吸収を破壊する、またB族ビタミン、下痢を起こして、ひどいときには毒肝臓、腎臓。衡陽農業執行部門は数日前には現地の1家の自由市場の抜き打ち検査時検出数の大きい袋問題豆。検査工程で法律執行者は発見して、1名の行商人が販売のごろつき豆は色と一般ごろつき豆は明らかに違って、サーブに鼻の匂い。執法人員牛蒡抜きに男の居住地、摘発に千斤の原料は、発見した加工工房。現場を摘発し約5キロの原料を加工してピロ亜硫酸ナトリウムや、着色剤――果绿。もう一方の部屋に大量の干大豆や緑豆。染色根城に豆の水に含まれていピロ亜硫酸ナトリウム。記者は知って1キロ干ダイズ浸すことができ1.8キロで濡れ豆、1袋50斤干ダイズ豆後に元のお金を儲けることができ200-300。で調理の米飯カテゴリーへの過程の中で、物売り添加ピロ亜硫酸ナトリウムと果绿添加剤。商工部門も注意する市民、最高の購入の現を購入する場合は剥いた豆、良い豆、事先を清水浸し、水が全く緑になったら食べないほうがいい。記者発見は長沙で广济桥などの多くのスーパーでもこんな豆販売。これらの染色豆は売って3元1斤。その後の記者は長沙で马王堆野菜の卸売市場の近くの団地の中で、見つけた染色豆加工点。記者たちをつれて豆が見つけた家の農民市場の野菜を広げて、大部分の人はも買わないもうむく良いバルク豆、こんな豆はダイズ染色浸す。そして記者の持ってくるこれら豆は明らかな問題。「専門家は注意して」値段が安く売るだけ3元1斤専門家は注意して市民、豆に選び、信じない大色鮮やかな。そして本当の豆浸して色が落ちない、染色の「豆」に浸して色が褪せ豆、市民を購入した後、清水で液体に浸して。もし染まらない透の「豆」、むいて、中の芽は黄色の花びら。と《新エクスプレス」「有害成分」卸売市場に潜む染色の溜まり場马王堆で野菜の卸売市場の近くに団地に記者を加工点、簡易のフェンスに積まれていた多くの干ダイズ、またいくつかの労働者を水に浸しされ。水につかるのは非常に旺盛な豆に見える。そして彼らの豆は普通はすべて送ら長沙大手スーパーや卸売市場。加工点のスタッフは記者に教えて、彼らはいつも1元のお金を1斤の価格は、これらの豆に売却马王堆市場、各大食堂やスーパー。
  • URL:https://yaplog.jp/dfag23455/archive/396
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/dfag23455/index1_0.rdf