お祭りだ

2018年07月 31日 (火) 10:29
また岩切まで歩き石巻に向かう。ホヤパイ娘から電話。いま石巻にいるというのであとで合流することに、市役所に行き、さすらい姉妹の公演場所の件で説明を聞く。そのあとホヤパイと合流、祭りの準備で賑わう街中を歩く。あちこちから声がかかる、加非館で一休みして隣のそば屋で昼飯。そば屋なのだがラーメンが主体。黒ラー油ラーメン美味かった。青池監督から電話、招きショップにいるというので合流。ボートレースに出場した婦人部の慰労会の真っ最中。何でも予選は勝利、ただ明日の決勝は辞退するとのこと、用事があるひとがいるためとのこと。武内さんがいるバトラー展へ、肋骨を折って大変だったらしい。でも元気そう。ホヤパイとツーショットを撮ってもらう。
ホヤパイと別れて街をぶらぶら、萬画館の前で一休み。ここは風が通って気持ちがいい。青池監督から電話、
魚長に出ている屋台で飲んでいるというので合流。
18時から本間さんご夫妻、本庄さん、ホヤパイのメンバーで飲む。二軒めは復興バー。今日は本庄邸に民泊。立派な家。ここで今度は獺祭で締め。良く飲んだ一日だった。

モスクワスケートサーカス

2018年07月 30日 (月) 10:13
二日ぶりに走る。今日は暑いかも。バスで駅前に出て、歩いて仙台サンプラザへ。この道はイーグルス通りと呼ばれているらしい。コンビニでパンを買って受付へ。開演前40分にしては待っている人が少ない。開場までパンを食べる。3000人ぐらい入れる大きな会場だったが、やはりガラガラ。本格的なスケートショウ。スケートを履いてロシアンバーとか。縄跳びとかクイックチェンジとか本格的なサーカスアクトをしているのだが、その凄さが伝わりにくい。アイスショウとかオリンピックで凄いスケートを見ているから、それをサーカスにしたとき、何で個別化させるかが難しい。
どこにも立ち寄らずバスで帰る。
今日は休肝日にして、さらに22時すぎには就寝。疲れた!

仙台に戻る

2018年07月 29日 (日) 9:52
10時ラストラーダへ。『石巻学』4号の取材のためご主人の相沢さんから話を聞かせてもらう。少し石巻の音楽を巡る状況とこれから会わないといけない人がわかってきた。10月に予定している水族館劇場さすらい姉妹の公演場所の件で勧慶丸本店にご挨拶。場所の写真を撮っておく。元気市場で民宿めぐろの若旦那にばったり。相変わらず狭い街である。今日の晩飯のおかずを買って、近くのラーメン屋で支那そばを食べてから駅へ。岩切から家まで40分歩く。蒸して暑い。家でシャワーを浴びる。

一箱古本市

2018年07月 28日 (土) 9:37
タクシーで岩切駅まで、予報は雨なのだが、まだ降っていない。塩竃で東北ライナーに乗り換え石巻到着は9時半。オリエンテーションがあって出店する場所へ。街の本棚の近く。奥さんがいないわりにはいい感じでレイアウトできたのでは。始まって1時間経って本選びに間違いがあったことがわかる。どちらかというと手当たり次第に詰め込んで送ったがお客さんたちの目は高い。女性が多かった。本好きの人が多い気がする。本売りに関しては完敗。ただ鯨の映画の寄付は1万2500円集まる。初めて出たが、自分はここの一箱には似合わない気がした。嬉しかったのは退会した元漂流民の会の会員さんがまた入会したいと言ってきてくれたこと。かほくの連載のせいもあるのかもしれない。なんか疲れた、早くに寝る。

風媒花

2018年07月 27日 (金) 8:55
書名「風媒花」
著者 武田泰淳 出版社 講談社(文芸文庫) 出版年 1989

一通り武田百合子を読み終え、いくつか武田泰淳のも読みたいものが出てきた。一番気になったはモデルとして武田百合子とさらに百合子の弟もでで来るというこの小説。中国文化研究会のメンバーの人物を描いていくなかでの戦後の中国をめぐっての思想上の問題、主人公のエロ作家と無垢な魂と快楽をもとめる肉体をもつ蜜枝の男女の関係を、蜜枝の弟の女や初恋の男ももつれさせて描く恋愛の問題、血の問題なども織りまぜながら濃厚で骨太な小説空間を堪能させてもらった。武田泰淳なかなか面白いではないか。他のも読みたくなってきた。

爆睡のバス旅

2018年07月 27日 (金) 7:19
朝涼しいのが助かる。今日は走らず歩いてみる。退職する日同僚にもう走るのやめたらと言われたのが気になっていたこともある。浜空碑に寄ると落ち葉が溜まっていたのでちょっと掃いておく。10時半ガラガラをひいて家を出る。横浜駅崎陽軒でいなりのり巻き弁当を買おうと思ったら、売り切れ。これしか考えていなかったのでショック、何も買わず湘南ライナーのホームへ。びっくり!えらい広くなっていた。新宿のバスタにあるコンビニで稲荷のり巻き弁当を買って、構内のベンチに座って食べる。久しぶりのバス旅。退職して時間があるのでバスにした。何せ昼間バスは安い。3000円で行けるのは魅力。本も読めるしと思ったのだが、結局持ってきた本を100頁も読めず、ひたすら寝ていた。これだけ爆睡するのも珍しい。予定時間ろり30分ほど遅れ仙台着。岩切まで出て、荷物があるのでタクシーで実家へ。20時着。軽く飯を食べたあと、連絡がつかないボリショイの団員の宿泊先に電話、部屋に繋いでもらったが、不在。長時間のバス旅は疲れる。23時前に就寝。

インドの見世物小屋写真に囲まれてカレーを食べる

2018年07月 26日 (木) 8:43
6時過ぎ走りに出ると、えっという感じの涼しさ。最初に軽井沢に行ったときの駅から降り立ったときの感じ・・・というのはオーバーか。でも涼しく感じる。そういえば朝方もいつも剥いでいたタオルケットをからだに巻き付けていた。台風の影響なのだろう。
昼前に家を出て、東京医大に耳鼻科の診断。よくもなく、悪くもなっていないという。
新宿から綱島へ。サーカス学ゼミの仲間芦沢さんのインドの足芸一座の写真が展示されているPOINT WEATHEというカフェへ。お昼はここでとることに。前に見た写真もあるが、大きな写真よりは小さな写真がたくさん展示されている感じがなんか雰囲気を伝えてくれたかも。カレーが美味かった。ただ自分にはあまり長居できない感じのカフェではあった。夕方冨岡に戻る。いつもは会社近くの薬局で処方箋を用意してもらったが、これからはそうもいかないので富岡駅の薬局で用意してもらうことになる。
明日からの仙台石巻行きの準備。退職後のいろいろな手続きも。
ハベルという人から日本語でメール。8月1日から息子と一緒に東京・横浜に来るので会えないかということなのだが・・・どこのパーベルなのだろう・・・・・

介護保険証到着

2018年07月 25日 (水) 10:39
昨日テレ朝でサーカス学校休校というニュースが流れたようで、ヤフーニュースにも出て、ツイッターでも話題になる。これがきっかけで来春から生徒が増えるといいのだが。
午前中に全員そろっての打ち合わせがあったのでそこで今日で退職しますという簡単なご挨拶。会社にはもう来ないがいろいろな意味で手伝っていきたいということが言いたかった。
昼食後ルノワールで石巻学の編集の件で打ち合わせ。なんとか見えてきたかな。27日から仙台石巻だがここで正式に取材開始ということになる。
17時過ぎに早退。ほんとうは紫金飯店でみそたんめんを食べたかったのだが、まだ店は開いておらず、野方ホープでラーメンを食べる。原宿の100円ショップで一箱の時用のレジャーシートを購入してから京橋の国立映画アールカイブへ。開催中の「ロシア映画祭」の「マクシムの青春」を見る。フェックスのトラウベルクとコージンツェフの演出なのだが、制作は1936年スターリン時代を生き抜くための生き方を見つけたという感じなのかもしれない。ナターシャという女性をサーカスに誘うシーンがあった。行ってほしかったのだが、行けなくなってしまう。レスリングの世界選手権をやるから見に行こうと行っていたのだが・・・全般に退屈な映画ではあった。
22時帰宅。退職祝いが届いていた。一緒についていたカードに感激。もう一通区役所から書留。開封すると介護保険証と65歳以上に交付される濱ともカードが。いいタイミングで来たもんだ。今日は休肝日にして23時には就寝。

会津飯リベンジ

2018年07月 24日 (火) 10:31
ベイサイドまで走る。今日はいくぶん涼しいような気がする。というのは朝だけで日中は例によって暑かったな。
今日は病院デー。まず歯医者で明日退職することを伝えたら、受付の奥さんがまわりにある試供品を袋に詰め込んでくれてたのには笑ってしまった。治療めやめるわけではないのだが・・・
食事をせずに糖尿の検診、こちらも異常なし。なので1カ月の一回の検診を2カ月に一回にしてもらう。
夜はオデッサのフェスティバルについて書いた記事が配信になったので、そのお疲れさま会を新橋の会津料理の居酒屋で。前回はここで飲み始めたところで野際陽子の訃報が入り、記者はそのまま社にもどり、自分だけひとり残されたという因縁がある。今日はしっかり最後まで。相変わらず馬刺しは絶品だった。ただ冷房があまり効かず、店内は超満員で暑かったな・・・二軒目は近くの日本酒バー。23時過ぎの電車で帰宅。坂道で相変わらずライオン君が固まっている。つついても動かない。大丈夫かな・・・・

災害となった暑さ

2018年07月 23日 (月) 5:51
今日から子どもたちは夏休み。ということであちこちでたくさんの子どもたちが加わったラジオ体操の輪を見かける。それにしても今日の暑さはいままでとはまた違い、外に出るだけで息苦しくなる感じ。都下でも40度を越える、災害となった暑さになる。
ライオン君は道路のほぼ真ん中で座っていた。自分を見かけると啼いてくる。暑いよ、助けてくれというようにも聞こえた。
日曜日の発表会にはたくさんのお客さんが来て、公演も盛り上がったらしい。これで終わりではなく、なんとか再開できればいいのだが。
5時すぎに早退させてもらいシネマリンで「北朝鮮パラダイス」を見る。北朝鮮のドキュメンタリーが撮りたくてドイツ国籍をとって北朝鮮に入った韓国人がつくったドキュメンタリー映画。当局が用意したのであろう取材舎たちの見事なまでの返答ぶりにやっぱりなという思いと、その完璧な対応ぶりにある恐怖さえ感じる。元山の裁縫工場の女子たちが印象的だった。特に作業の合間のダンスタイム。一生懸命質問するなかで外交儀礼とは違う言葉をひき出そうとするのだが、それも決して成功はしていない。だから本当に淡々とした映画になって、だいぶ退屈だった。ただニュース映画とは違う街の姿、人々の姿は見ることはできたように思える。
帰りカレーラーメンの元祖をうたっているラーメン屋さんでカレーラーメンを食べる。入って値段表を見て、失敗したと思ったのだが、入った限りはカレーラーメンを食べないと・・・・美味しかった!ただ950円は高いだろう。
帰り道、ライオン君はほとんど朝と同じ場所でひっくりかえっていた。大丈夫かな・・・・命に影響を与える暑さらしいからなあ・・・・
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ