原稿書き

2018年04月 30日 (月) 17:13
今日は一日家でお休みできる貴重な日。
今日中に出したいと思っている浜空についての原稿を書くためにも、気持ちを高めようということで浜空碑の掃除。二週間ぶりになる。気持ちを入れて掃除した。
家に戻って朝飯を食べてからは原稿書きに専念。二章分書きたかったがやはり無理だった。でも峠は越えたと思う。さすがに一日中原稿書きをやっていると疲れる。23時過ぎに酒も飲まずに就寝。

一箱古本市

2018年04月 29日 (日) 14:23
いい天気になりそうでなにより、キャリーケースそこそこ重たくなった。家から階段までの桜道の坂がめちゃめちゃきつかった。千駄木から団子坂大丈夫かな?東銀座乗り換えで千駄木へ。団子坂はたいしたことなかった。今日の場所は森鴎外記念館、とてもいい場所にあたったようだ。場所決めが終わって、準備開始。他の店はいろいろ工夫をこらしているが、うちは本当に段ボールひとつに本を並べるだけ。素朴なものである。奥さんは近くのパン屋に昼飯を買いにいく。11時販売開始。1時間ほどはまったく売れず、というか近寄るひともいなかった、どうなるかと思ったが、知り合いの人が来てくれて、一冊うれてからはちょっとずつ賑わってくる。今回は満州ものを集めたが、売れるかなと半信半疑でもってきた分厚い満州文化の史料集のような本売れたのはうれしかった。買った方はなんでも植民地文化を研究しているひとのようで、とても喜んでいた。読んで喜んでもらえる人に買ってもらえたのが一番嬉しい、なんだかんだと25冊ほど売れる。持ってきたパンフ「満州国演義をこう読んだ」も21部ほどはけた。知り合いの方も5人ほどきてくれた。購入してもらえなくても久しぶり話ができて良かった。
終わってからいま開催中の「旅する鴎外展」を見る。なかなか充実した展示だった。
一箱古本市の我が家の恒例行事。家族そろっての食事会は以前坂本頼光さんから聞いた谷中のうなぎや「やまぎし」へ。長女と千駄木駅で落ち合って向かう。うな重を頼んだところで、なんと頼光さんが来店。何たる奇遇。落語家さんと一緒だった。お薦めだけあってうな重美味しかった。そして安かった。へろへろでやって来た長女もうなぎを食べてずいぶん元気が出たようだ。なによりである。本がだいぶ売れたので帰りは荷物が少なくなって楽ちんだった。
21時前に帰宅。お疲れさまでした!

リチャード三世

2018年04月 28日 (土) 14:02
久しぶりに南部市場で買い物。鰹の刺身とぬかずけを購入。
実家にスペアキーを送ろうとして、鍵を見てびっくり。昨日つくったのは、実家の鍵ではなく、会社の鍵だった。なんたることか!
今日からゴールデンウィーク。新横浜駅は出かける人で一杯。指定をとっておいてもらって正解だった。静岡から在来線に乗って東静岡駅で下車。ここに静岡芸術劇場があるようだ。バスの時間まで少し時間があったのでスーパーコンコルドという大きなビルに行ってみる。スーパーマーケットかと思ったらパチンコ屋だった。コンビニがあったので、サンドウィッチを買って、駅前の広場で食べてから、バスに乗り込む。ほぼ満員。富士山が見える高台に稽古場とスタジオがある。天気がいいから気持ちがいい。ここの稽古場で「リチャード三世」をやるようだ。公演時に配布される案内に「道化師断章」という原稿を書いた。それもあって今日は招待された。原稿を各前に全編ビデオを見たのだが、フランス語でなにを言っているのかまるでわからなかった。今日は字幕がつくとのこと。芝居についてはいつかきちんと劇評を書きたいが、リチャードをクラウンが演じるというのが味噌、それにセットが見世物小屋風で面白かった。自分はそのまま静岡に戻ったが、ほとんどのお客さんは、残り。同じ敷地内にある別のスタジオで別の芝居をみるようだ。
静岡に行く電車が遅れていて、焦る。というのも来るとき見てしまった立ち食いそば屋のチーズそばがどしても食べたかった。とってもらっている新幹線の切符だと、20分の乗り継ぎになった。でも食べたい!
なんとか間に合う。B級グルメの典型とでもいえる癖になりそうな味。
新横浜でスペアキーを作って実家に速達で送る。
18時すぎ帰宅。明日の一箱の準備をしてから就寝。

ことばの食卓

2018年04月 27日 (金) 11:02
書名 「武田百合子全作品集5 ことばの食卓」
著者 武田百合子  出版社 中央公論社  出版年 1995

このエッセイ集に収められている半分は回想ものである。少女時代の小さな出来事を精緻に書き込んでいる。どれもが忘れられないことで、身体に染みついたものだからこれだけ精緻に書けるのだろうと思う。この作品集にもまたサーカスを見たときの思い出が書き留められている。後楽園でやったアメリカン大サーカスの公演である。前に自分がつとめていた会社が初めて海外もののサーカスをやって、その二年ぐらいあとにやったサーカスではないかと思う。なにかサーカスで武田百合子とはつながっているような気がする。この観覧記もお見事。サーカスをしっかり楽しんだ人の感想である。他にどんなサーカスを見ていたのか気になる。
自分でも一番気に入っているという「枇杷」というエッセイ。武田泰淳がしゃぶるように枇杷を食べる姿が彷彿としてくる。いまは枇杷の季節。なんだか枇杷が食べたくなってきた。

サーカス学ゼミ

2018年04月 27日 (金) 8:40
今回のサーカス学ゼミは実に面白かった。
最初の発表は、山田しげるさんの【ベルギーの映画監督ジャコ・ヴァン・ドルマル&
ダンサー・ミシェル=アンヌ・ドゥ・メイ】
去年高知で一晩だけの興行となった公演についての報告。先日見た「キュリオス」の演目にもあったが、手を使ったハンドダンスのカンパニーは、映画のセットを使いハンドダンスを演じるというユニークなもの。
黒河内高明さんの報告は、先日行ったパリの報告なのだが、それをさらに広げて、【19世紀末パリのサーカス案内】と題し、当時のサーカス場に集まってきた芸術家のことなどにもふれ、奥行きのある報告となった。こいう報告を積み重ねていくとサーカス学がめざすものが、見えてくるのかも知れない。



一箱古本市に「デラシネ通信」として出店します

2018年04月 26日 (木) 11:59
今週末からいよいよゴールデンウィークが始まります。
4月29日は根津の方まで散歩にいらっしゃいませんか?
今年も恒例の不忍ブックストリート「一箱古本市」に参加しています。
天気も良さそうですし、根津神社ではつつじ祭も開催中です。それに今回私のお店『
デラシネ通信』が出店するのは、森鴎外記念館。こちらでは「鴎外と旅する日本」とい
う企画展も開催中です。
今年は満州の本を中心に持っていきます。こんな感じで用意しています。
恒例のアートタイムズ半額セールもやってい
ます。なお本をご購入していただいた皆さんには、今回のために特別編集したパン
フ「船戸与一の『満州国演義』をこう読んだ」をさしあげます。
これは『満州国演義』を毎巻読んだときに私が書いた書評を全9巻分をまとめたもので
す。
開催日は、4月29日午前11時から午後4時半までです。
近くをふらふら散歩にでかけたりということはあるかもしれませんが、終日私はお店に
おりますので、ご来場の際はお声をかけてください。
一箱古本市についての情報は下記サイトをご覧ください。
http://sbs.yanesen.org/?page_id=4947
場所となる森鴎外記念館のHPはこちらです。
http://moriogai-kinenkan.jp/

キュリオスを見る

2018年04月 25日 (水) 12:02
朝から強い雨。走れないので執筆中の原稿のチェックをしてから、デラシネ通信号外を配信。
びしょ濡れになって出社。オデッサからコメディアーダの写真のファイルのリンクが送られてきているのだが、あまりにも容量が大きくて自分のパソコンではダウンロードできない。同僚にダウンロードを頼む。三雲君はダウンロードしているみたいだ。
15時からのキュリオスを見に行く。なんと間違って東京テレポートではなく国際展示場前でおりてしまう。時間には間に合う。今年のショーはなかなか楽しい。なんかヴェルヌの小説の世界がセットに反映されているような感じ。構成もくどくないし、今回は音楽も素敵、アクトもじっくり見せているので、ここ数年のシルクドゥソレイユでは一番面白かった。サーカス学のため劇評を大事にしていきたいと思うので、いつかきちんとした評を書きたい。
サーカスのあとは新橋酒場放浪記になった。一軒目は知り合いが予約してくれた「魚金」。ここの刺身三点盛りには量の多さと質の高さにびっくり。次はこれが二回目となるil maggio。石巻出身のママがやっているお店。嬉しいのは窓辺に石巻学を3号分陳列してもらっていること。石巻おでんも美味かった。ここで野毛からの知り合いの記者が合流。締めに入ったのが駅前ビルの立ち飲み屋。安さにびっくり、日本酒の種類もいろいろ。あまりにも楽しく飲んでしまい、新橋から乗って泉岳寺で乗り換えず西馬込まで行ってしまう。なんとか泉岳寺に戻って最終で帰宅。

タクシー運転手

2018年04月 24日 (火) 11:07
作品名 「タクシー運転手」
観覧日 2018年4月24日
劇場 シネマート新宿

あらためて光州事件がいかにむごいものであるかを見せつけてくれるような軍の弾圧シーンに、なんでこんなひどいことをするんだろう、丸腰の市民に銃弾を浴びせるなんて、そんな怒りに震える自分がいた。この光州事件に取材にでかけたドイツ人記者と彼を運んだタクシー運転手を主人公にした映画なのだが、ふたりの友情とかいうのではなく、抵抗する市民たちの姿がしっかりと描かれているから、きっとこれだけのエンターテイメントとしても立派に通用する映画になったのだと思う。ふたりの友情というよりは、なんとかこの光州の惨劇を伝えなくてはいけないというみんなの思いがびしびし伝わってくる。ドイツ人記者の内面に深く入っていかずに描いたのも、この悲劇とそれを伝えようとした人々の思いをさらにはっきりと浮きだしてように思える。題材もそうだが、朴政権のもとで危険人物のひとりとしてリストアップされていたソン・ガンホが主演ということで、朴政権時の公開はあやぶまれていたらしい。ソン・ガンホの迫真の演技にも圧倒された。いったんはドイツ人をおいて光州を去ったものの、それではいけないと戻るところの演技もそうだったが、ソウルに戻るときの私服の軍人たちに追いかけられるところでの紫になった唇が震えるシーンにはちょっとゾックとしてしまった。このような重たい主題をこれだけのエンターテイメントに仕上げる力量には感服した。

鳩め!

2018年04月 22日 (日) 11:02
浜空碑の掃除。結構風が強い日が続いていたこともあって、落ち葉が結構溜まっていた。塵取りでとれるように集めておいたところに鳩が数羽やってきてこの山をつつきはじめる。せっかく集めたのにまた散らばるじゃないかと思い、箒をもってこらっと追い払おうとしたら、これが逆効果でさらに散らばってしまう。やられた!かっとしてはいけないね。なんとかかんとかきれいになったところで家に戻る。4月の休日は一度も家で過ごしたことがないので、野毛大道芸や深川の見世物小屋も見に行きたかったのだが、今日は家で過ごすことにする。午前中は録音していたウィークエンドシャッフルを聞きながらスクラップの整理。今日はいい曲が結構かかっていた。3階に行って今週末の古本市に出す本をセレクト。今回は満州ものを出そうかと思っている。
午後からは原稿書きというかブラッシュ。なんとか終わってメールで送る。今日はこれまで。今月一杯にはなんとか出したいものだ。ということであっという間に休みは終わった。

新生桑野塾

2018年04月 21日 (土) 18:59
久しぶりに走って南部市場へ。明日用の刺身を買う。
10時半すぎに家を出て、早稲田へ。えぞ菊がそんなに混んでいなかったので、昼飯は味噌ラーメン。図書館で図書カードを更新してもらおうかと思ったら、今年から人事部で発行する教員証というものがいるらしい。今日は土曜で人事部はしまっているというので、今日の更新は諦める。図書館に入れないので時間が余る。もしやしたら文学部の教員用のポストに教員証があるかもということで文学部へ。残念ながらここにはなく、しかたがないから教員ロビーで原稿のためのメモをとる。
14時過ぎに教室へ。今日の桑野塾から文学部になる。50人程度入る教室できれい。いい感じの部屋である。30人ぐらい集まったと思う。いい会だった。懇親会も15名以上の参加。新生桑野塾いい感じでスタート。
帰宅途中コンビニでアイスとスナックを買ってしまう。ハイボールで締めなんて、スナック菓子を全部で食べてしまった。めちゃ自己嫌悪。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ