さらば坦々麺

2017年07月 31日 (月) 13:43
10時半のボリショイサーカスの公演を見る。今回のショーはとても良かったのでは。いつものださい演出ではなく、ダンサーの使い方も良かったし、ひとつひとつの演目に力があった。最初の子ども(5−6歳)のアクロバットには思わず胸キューンとなる。あれを最初に持ってきた演出は見事である。バンブーの離れ業もすごかったし、パーチも1往復半したのにはびっくり。実に見応えがあった。空中ブランコもノーミスでやられるとちょっと味気なく感じるのはどんなもんだろう。ただ観客が半分ぐらいなのが気になった。
最後のジギトは途中までにして会場をあとに、犬山に向かう。
16時リトルで打ち合わせ。ここに来る途中でみたモンキーの近くの土砂崩れあとにはびっくりした。
名古屋で8月20日に閉店してしまうという杏花でトゥイチーの大好きな坦々麺を食べる。これが最後だと思っていつもは残すスープもほとんど飲んでしまう。これがあとから効いてきたのだが・・・・でもこの店がなくなるって知ったらトゥイチーはどんなだけがっかりするのだろう。帰ってからこの残念なお知らせをメールで送る。

行商は完売

2017年07月 30日 (日) 13:36
誰も入れたい人はいねえし、棄権だなと昨日口にだしたら奥さんに叱られる。選挙広報を読んで、ジョギングしながら7時半すぎに投票。取材を受けて頼まれている資料探しに手間取る。確かにあったはずなのに、見つからない。昼過ぎに家をでる。今日は日本ウラジオストック協会懇話会で自著「我にナジェージダあり」の話しをすることになっている。10人ぐらいは出るということなので10冊リックに入れて行商に出る。このところ行商はなかなかうまくいかないが、今日はテーマがテーマだけに多少は出るのではないかという見込み。14時から巣鴨のルノワールで1時間半ほど話す。なんとなんと持ってきた冊子は完売。さらにサーカスの本も見せるだけにもってきたのだが、これも売れちゃう。久しぶりに帰りは軽くすんだ。
16時から飲み始めたので今日は長い時間ひたすら飲んでいたことになる。

長い一日

2017年07月 28日 (金) 17:43
トイレに行く夢で目が覚める。時計を見たら3時過ぎ。看護婦さんに知らせてトイレへ。そこからまたうとうと。5時半すぎに起こされる。器具を外してもらう。それから採血と血圧測定。そのあとシャワーをあびて髪の毛にへばりついたクリームを落とす。あとは退院するだけ。て言ってもなあ、まだ6時すぎたばかり。やることもないので近くの新宿中央公園を散歩。こんな大きい公園があったんだな・・・・会社の近くのドトールで朝飯。早めに出社。
いろいろやることはある。未解決だった問題になんとか打開の道が開く。これでなんとかしないと。歯医者で電動ハブラシ使用指導を受ける。腹が減っていたのでがっつり食べたいということで日屋でニラレバ定食。
4時過ぎに早めに退社。5時王子で記者の方と落ち合って、取材を受ける。そのままくしゃまんべへ。今日はサーカス学研究ゼミの日。
珍しく早く終わったのはいいが、京急が事故で上大岡−神奈川新町間が不通。ちょうど王子から京浜東北線に乗っていたのでそのまま新杉田へ。杉田からなんとか京急に乗って帰宅。なんと長い一日だったことか・・・・
明日はゆっくりできる。何週間ぶりになるのだろう。そんな楽しみでわくわくしながら二日ぶりにバーボンを飲む。

入院

2017年07月 27日 (木) 11:45
5時過ぎに目が覚めたのだが、雨が降り出す。荷物を片づけしながらあがるのを待つ。7時前にあがったので、軽くひと走り。浜空碑は前回掃除したときのまま。Sさんはどうしたのだろう。来週日曜日にでもまた掃除しにいこう。
今日は無呼吸性症候群の検査入院の日。荷物や書類をチェックしながら準備。10時半すぎに家を出る。どうしても行きたかった新宿西口地下街の立ちそば屋の梅もとでランチ。ここの従業員のおばちゃんたちは実に素晴らしい。芸に近い領域までいっている。12時半手続き。13時に部屋に。18階の見晴らしのいい個室。贅沢なのではなく検査のための個室。器具を装着して検査は20時からなのだが、その前にもいろいろ検査がある。ということでゆっくりもできずに18時夕飯。19時から器具装着。これがなかなか大がかり。付けてくれた人が鬼平ファンということで鬼平の話しで盛りあがる。せっかくなので装着したあと写真を撮ってもらう。20時から検査開始。テレビも見ずにパソコンもいじらず、持ってきたブーニンの短編集を気が向いたら読むみたいな感じで、いままでとはまったく違う時間の流れ。これがなかなかいい。たぶん22時前には寝ついたと思う。一度目が覚めて時計を見たら23時だった。さほど器具も邪魔には感ぜず、何度か目は覚ましたがよく寝ていたのではないだろうか。このところずっとストレスのかかることばかりだったので、頭をカラッポにはできないまでも、なにもやることがなくこんな風な時間をすごすのも悪くなかったかも。

富士見の小泉八雲

2017年07月 26日 (水) 10:05
目を覚ますホテルの窓から東の空が明るく光る。まだ5時すぎたばかりなのだがもう夜明け。シャワーをあびてチェックアウト。エレベーターに乗ったところで入れ歯をコップに入れたままなことを思い出して慌てて戻る。忘れていたらえらいことだ。最近はこんなことが多い。
8時半の飛行機で羽田へ。東京は雨模様。そんなに暑くないのが救われる。
とにかくいまの懸案事項はひとつ。それに向かって全力投球するしかない。
午後みんながそろったので打ち合わせ。西田さんから貴重なアドバイスをもらう。
17時半会社を出て富士見のきらりホールへ。泯さんと柳家喬太郎さんのセッションによる小泉八雲の世界。落語と踊りのセッションってどうなるのかという関心から見に来たのだが、面白かった。ひとつは泯さんの軽快な踊りが見れたこと。情念を内に秘める踊りではなく、アメリカの音楽に乗って楽しげに踊る。こんな冺さんを見るのは初めて。
絡むというよりは牽制し合った前半が終わり、ホールの扉が開けられ、水上ステージが臨まれ、そこを泯さんに導かれ客は移動する。扉が開けられ水上ステージが見えたときは、晴海で見た黒テントの芝居を思い出した。わくわくしたな。後半の八雲の世界は水上につくられた四阿風のところで喬太郎さんの一席する背景で泯さんが踊るというよりは歩くだけなのだが、その存在感がすごい。水上にかがり火も焚かれ幻想的な舞台となった。面白かった。ただ時間がないので駆け足でバス停に向かう。昔とちがってバスの本数があるのが助かる。おそらく一番早い方法で和光から通勤快速に乗って冨岡まで帰れたと思う。長い旅であった。
明日の入院の準備をしてから就寝。

札幌最後の夜

2017年07月 25日 (火) 15:27
昨日少し飲みすぎたようで、楽しみにしていた中島公園と琴平川沿いのジョギングをやめようかとも思ったのだが、散歩程度でもいいかというものででかけ、軽く走る。いつもながらあじさいがきれいだ・・・・
私用を片づけ早めにホテルに戻ってベットに横になる。気持ち的にしんどいことが多く、正直なにもしたくないということで横になる。少しは身体が軽くなった感じはする。
ホテルからすすき野まで歩く途中に、神社の片隅に三岸好太郎の生地という碑文を見つける。素敵な道化師の絵をたくさん書いている画家さんだ。
いつも札幌で飲む知人と一年ぶりに会っていつもの店を二軒はしご酒。楽しい一夜になった。少しは元気がでたかな。
明日は早いのでホテルで残っていたウィスキイーを一杯あおって寝る。

さらばルスツ

2017年07月 24日 (月) 15:58
起きてから荷物を整理、園内を散歩。ルスツともお別れである。朝飯で会ったメンバーにはさよならをいう。フォメンコ兄弟の弟に言ったら、それはたいへんあんちゃんに言わないという。
部屋に戻って荷物をまとめ、宅急便で送ってからチェックアウト。バスを待っているとあんちゃんのアンドレイがやってくる。サンクトで講演したときの映像をユーチューブで見てて、それについていろいろいろ話したかったらしい。また姫路で会ったときにでもゆっくり話したい。ルスランもやって来て、ウクライナのウォッカをプレゼントしてくれた。やはり話はいまの自分たちの演技について、いろいろ意見を求めてくる。この熱心さだよな、彼らのいいところは。別れを告げてバスに乗り込む。
今日明日は札幌泊まり。夜は春からこっちにいる知り合いとだるまというジンキギスカン屋で食事。ここは美味い!
行列は絶え間なく続く。大通りのビアガーデンを見物しながら隠れ家風の居酒屋で日本酒で締め。

ルスツ最後の日

2017年07月 22日 (土) 18:12
おそらく今日走るのがルスツでは最後になるということで、前回行けなかった赤い靴公衆便所に向かう。「赤い靴」ではなく「夏はきぬ」のメロディーが流れる。こちらに来るとききには見えなかった羊蹄山が公衆便所の前から見える。来た日に見ただけだったので、朝見るのはこれが最初で最後ということになる。いつもの絶景ポイントに行ったら頂上付近に雲が。いまの自分の心境と同じだな・・・
「石巻学」のあとがき、広告原稿をまとめ、水族館から頼まれていた原稿と図版を用意。ここで掃除が入る。
一回目の公演ではなんとこの暑さにかかわらず空中ブランコの三回転が一発で成功。
夜の公演は盛り上がった。今回はビデオを撮らず肉眼で鑑賞。すばらしい公演になったと思う。プロデュースと演出について担当した同僚が丁寧につくりあげ、みんなもよく答えていいショーをつくってぐれた。お客さんの反応もとてもいい。最後のフィナーレでおもわず「ありがとう」という言葉が出る。ルスツにありがとう、メンバーにありがとうということだ。

すっきりしない日に

2017年07月 22日 (土) 9:35
また案件で行き詰まってしまう。ルスツに入ってから一度はなんとか道が見えたこともあったのだが、二件ともまた行き詰まってしまう。こうなるとどうもすっきりしない、なにかもやもやが・・・
こういうときは生活にめりはりをつけるのが一番なのだが、気が重いままだらだらとした時間を過ごす。
サーカスでお世話になっている重役がお見えになったというのでテントまで行ってご挨拶。今日もビデオ撮影。また暑くなってきて、テント内がむっとする。そのせいもあるのか空中ブランコは失敗が相次ぐ。
モスクワで世話になった友人が家族でサーカスを見に来てくれる。お嬢さんが学校でもらったチラシを見て、猫が出るというので見に来てくれたとのこと。うれしいねえ。
空中ブランコは最後の三回転が一回失敗したのち、見事成功。大いに盛り上がる。これだね、やっぱり。
公演後友人家族と一緒に食事。やはりすっきりしないまま寝床に。

初日

2017年07月 21日 (金) 17:06
昨日少しいい感じで飲んだので、今日は走らずルスツの園内を散歩することに。スキー場のリフトの終点まで行ったのは最初ルスツに来て以来なのでは。上から見下ろすサーカステントは素敵だ。
いよいよ今日からサーカス公演がはじまる。初日である。お客さんの入りはまだまだだが、反応はいい。なによりも二回目の公演で空中ブランコの三回転が成功、客席がワッーと盛り上がる。この雰囲気だよな。
公演のあとは初日打ち上げ。ベトナム人のスタッフさんと同じテーブルになる。なかなか楽しい会だった。いよいよルスツの夏がはじまる。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ