京都へ、そして関西炊き

2016年10月 31日 (月) 9:31
今日も外堀川沿いを走る。号外を配信。雑用を片づけてから、部屋を出る。
12時岡田劇場の長男さんの取材。ひとつ大きな繋がりが見つかったような気がした。会えて良かった。自分の本業の話しをしていたら、うちの会社のイベント担当に会ってということになった。もしかしたらここからまた新展開が生まれるかもしれない。
18時に知人と約束があるのだが、それまで時間があるので、いま特別公開中の京都ハリストス教会に行くことに。
いや素晴らしいイコノスタであった。そして山下りんの画も素晴らしかった。
18時中津の常夜灯という関西炊きの店で知人と一杯。具はほとんど手作りというおでん、絶品であった。駅前近くのバーでウォッカとスコッチで仕上げ。楽しい夜だった。

ソウル秋の旅5−映画『密偵』を見る

2016年10月 31日 (月) 6:28
ホテルから歩いて行ける映画館で8時45分から映画「密偵」を見る。今日はいい天気になりそう。少し早めに映画館に行って切符を買ってから、近くのコンビニをのぞいてみる。こんな早くから映画をやっているということも不思議だったのだが、見るお客さんもいるのにも驚く。
字幕なしで韓国映画を見るので、朝早いし寝ちゃうかと思ったのだが、セリフなんかわからなくても展開が早く、見どころも多いのでまったく退屈せずに楽しむことができた。
最近見た「暗殺」と同じように占領下の韓国が舞台。日本軍に雇われている密偵の韓国人にソン・ガンホが扮し、上海からソウルまで爆弾を運ぼうとする抗日団体の実施リーダーにコン・ユ、その恋人にハン・ジミンという名優が出演、しかもイ・イヴョンホンまで特別出演しているというアクション映画。日本人悪役として鶴見辰吾が出てくれているので彼の日本語で大体と筋書きがわかったことも大きいが、映像だけでも見どころ満載だから面白いのなんのって。上海の場面も良かったし、上海からソウルまでの列車でのアクションシーンも迫力があった。いい役者が揃っていてこれだけ映像の迫力でせまってくればセリフなんかわからなくても十分楽しめるということだ。「暗殺」よりもおもしろかった。
映画を見終わって外にでる。お昼近くになったのでここは空港まで行ってロッテモールで食事しようということに。ソウルフードの最後は石焼きビビンパで絞めた。
観光地は見ることもなかった今回の旅だったが、イ・ジュンソプと映画、そしてチュルタギも見れたということで、十分楽しめた旅となった。

ソウル秋の旅4−ソウルのタシケント

2016年10月 31日 (月) 6:20
展覧会を見終わって徳寿宮を少し散歩する。心地よい疲労感につつまれる。遅い昼飯となるところだが、ジョンスプの絵ですっかり満腹してしまったのかあまり食欲はない。どこかカフェで軽く食べようかということになる。市庁前付近を散歩しながらカフェに入る。ワッフルがあったのでそれを妻と食べる。俺らしくない気もするが、昨日のチョコパフェといい、そんな気分になっているようだ。
雨がふる通りを眺めながら、ワッフルというのも悪くないかも。
いったんホテルに戻って少し休むことに。
ふたりとも疲れたようで、少し寝る。目が覚め、外を見ると、傘をさしている人が少なくなっている。
今晩は昨日目をつけていたチゲ鍋の店でとることに。最初に頼んだチャミスルが甘いやつだったので、スイスイ、すぐに二本目を頼む。絞めのこげ飯がめちゃうまかった。チョミスルを2本飲んだこともあってすっかりいい気分になっていた。昨日も歩いた中央アジア系の店が並ぶ通りをまた歩く。店の人にロシア語で話しかける。入りたい中央アジア風のカフェがあったのだが、妻は嫌そうだったのでやめとく。
腹ごなしの散歩も終えてホテルに戻る。かくして2泊3日の短いソウルの旅の最終日も過ぎていった。

ソウル秋の旅3−イ・ジュンソプ展2

2016年10月 31日 (月) 6:15
第一コーナーは若い時に描いた絵から戦後戦乱から逃れ家族そろってひっそりと生きていた済州島での絵画、さらには朝鮮動乱の兵士を描いた画や、ポストカードなどが並んでいる。その他に彼の書いたエッセイや彼について書かれた評などが載っている雑誌なども展示されている。さまざまなタッチの絵がある。風景画、人物画、スケッチ、故郷の絵、家族でひっそりと貧しく過ごしていた済州島の海辺の絵、なにかの流派には括ることのできないあふれるような創造のひらめき、描くことへの情熱、くねるような線でなんとか描こうとする愛のかたち、兵隊さんを描くときの冷めた視線、この画家がさまざまな可能性をもっていたことがよくわかる。それは描きたいという情熱、描こうとするものへの限りない愛、それをかたちにしたいと筆をもったときに一心不乱に紙に立ち向かうその思いが、びんびん伝わってくる。「俺は描きたいんだ、描くんだ」という情熱のほとばしりが迫ってくる。
このコーナーのメインとなっていたのは済州島での彼の創作活動を紹介するところ。彼が家族3人と一緒に住んでいた家がどんな狭いところだったかを、実際の間取りを再現してくれる。そして映像でその住まいを見せてくれる。自分がとても印象に残ったのは、朝鮮戦争の兵士を描いたスケッチだった。彼のそれまでのタッチはまったくちがう現実への冷めた目線がある。それとやはりポストカード。わずか1年未満のなかで描き続けるハガキ、そこには妻への愛を語りかける日本語と挿絵が一体となっている。執拗に彼が描き続ける家族への愛のかたちがはっきりとここで確立されているような気がする。
第二コーナーは、戦争と戦後の混乱のなか画用紙もカンパスも手に入れることができなかった彼が、タバコの包装紙となる銀紙に、刻み込んだ絵が並ぶ。ちょっと肉眼では見ることができないようなそのスケッチに描かれているのはすべて家族、子どもと妻たちである。同じテーマでいくつも版画や絵も残っているのだが、この銀紙に刻まれた家族の絵は、とにかく細かくこれでもこれでもかと描きこんでいる。肉眼ではわからないくらい細かい描写をこれでもかこれでもかと、刻み込んでくる。それでなくてもわかりにくいのに、なんでこんな絵に描くよりももっとたくさんの、そして細かく刻み込もうとするのだろう。その思いがせつなく伝わってくる。これはひとつの執念ともいえるものではないか。2階にあがっての第三コーナーのメイン妻や子どもたちにあてたレター絵と牛の絵。レター絵にはこれだけ混み合っているのに、かぶりつくようにそこに書かれている日本語を読みはじめていると、ずっと立ち尽くし読まざるを得なくなる。自分の家族への愛をどう伝えようと必死になっているその言葉が胸に響いてくる。生一杯と書く彼の思いが伝わってくる。文面を読んでいると何度かこみあげてくるものがあった。やさしい挿絵ばかりだ。家族を描くとき、その深くせつない思いがみんなを絡み合わせながら結んでいっているのではないか。今回の展覧会のまさに核となっているコーナーであった。そして力強い牛の絵も並ぶ。そしてこのシリーズに最後には葉山の展示会でも展示されていたあの「旅立つ家族」があった。どん底にいた時代に描かれたものとは思えない力強く、未来をしっかりとみつめた絵である。
最後のコーナーは晩年の彼の絵が並ぶ。彼が精神を病んでいたことに描いた「帰らざる河」シリーズが目を引く。なんとも物憂げで窓から見ているのはおそらくは自分で、彼が見ていたものは故郷の村だったのではないか。あれだけ力強く未来を見つめた「家族」を描いた彼がみた絶望の深さがわかるような気がする。
文化座の芝居でも描かれていたソウルで開催された展覧会の様子も写真で紹介されている。そして彼の作品集なども展示される中、自分も見た映画「「ふたつの祖国、ひとつの愛−イ・ジュンソプの妻」の奥さんのインタビューのシーンが流されていた。妻の話だとこの映画はいまソウルで上映中とのこと。
およそ2時間近くじっくりと見ることができた。イ・ジュンソプという画家の軌跡をこれだけたくさんの絵を通じてたどることができた。もしかしたらまだ彼の絵はもっとあるのではない。それでもやはりソウルまで来てこれだけたくさんの絵を見れたことでかなり気持ちは火照っていた。美術館を出ると雨がまだ降っていた。この火照りをすこしさましてくれるようなやさしい雨だった。

ソウル秋の旅2−イ・ジュンソプ展を見る 1

2016年10月 31日 (月) 6:00
目覚めて外を見ると、昨日夜歩いたザハ設計のある流線状の建物が古い町並みの間から浮かぶように見える。街の景観とは明らかに異物となっている。傘をさす人が多い。天気予報も雨。市庁前まで地下鉄で出て、まずは朝飯を食べる。お餅が有名だというお菓子屋さんがやっているカフェでお粥の朝飯。美味しかった。近くのスタバでコーヒーを飲んでから、徳寿宮まで歩く。ソウルでも観光名所のひとつなので人が群がっている。今回のソウルツアーの最大の目的であるイ・ジュンソプ生誕百年記念展覧会の入場券を購入して、徳寿宮の中にある国立現代美術館へと向かう。日曜日、そして明日が最終日ということもあるのか場内はかなりの混雑となっている。
そもそもなぜこの展覧会を見にここまで来るようになったのか。
いまから2年ほど前になると思うが文化座の「旅立つ家族」という芝居を見た。画家イ・ジュンソプと家族の愛を軸に彼の波瀾の生涯を描いた評伝劇である。まったく知らないこの画家の妻や子供たちへの強い思い、そしてなによりも絵への熱情が強くにじみ出た骨太の芝居であった。背景に映し出される彼の絵にも魅せられた。公演では彼の画集(韓国で出版されたもの)も販売していたのだが、高いうえに薄い画集で買うには至らなかった。彼の絵がみたいと思っていたときに去年葉山の神奈川美術館で「日韓近代美術家のまなざし」という展覧会に彼の絵も何点か出展されると聞いて、見に行った。あの芝居でも最初と最後に映し出された「旅立つ家族」の絵も出展されていた。意外に小さい絵だったのにちょっと驚いたが、あの芝居のモチーフとなった本物の絵が見れて感動した。その他に銀紙(たばこの包装に使われているもの)に刻まれた絵が2点と彼がよく描いていたという牛(闘牛)の絵、そしてこのときに一番感動した絵「夫婦」の合計5点の絵を見ることができた。やっと本物に会えたという喜びと同時にもっともっと彼の絵を見たいという思いがふくらんだ。そんなとき韓国の情報をこまめにチェックしている妻が、今年夏から彼の生誕100周年を記念した大規模名展覧会がソウルで開かれると教えてくれた。これは絶対に見たいと思っているうちに出張が続き、行くタイミングを失い、気づけば10月3日には閉幕するというので、仕事も忙しかったのだが、とにかく見たいという思い一心で、この日ソウルにやってきたのだ。
明日で閉幕ということもあって、美術館には大勢の人が押しかけていた。この絵を見るためだけに来たのだ、どんだけ並んでも一日かけるつもりで見ればいいのだと、長蛇の列に並んだ。
展覧会は4つの展示室に分かれていた。

ソウル秋の旅1−チュルタギの金さんと会う

2016年10月 31日 (月) 5:50
14時半過ぎにアシアナ航空は金浦空港に到着。入国審査・税関検査を終えて、あっという間に出口へ。預けた荷物がないので楽ちん。すぐにチュルタギ保存会のマネージャーのユーさんの奥さんパクさんを発見。これから金さんたちが公演をしているクパパルに向かう。パクさんとは去年日韓まつりで会っている。そのあとの話しを移動中に聞く。空港からは3回乗り換えるので結構慌ただしい。上のお嬢さんはそろそろ思春期、下の娘さんはまだチュルタギを続けているようだ。10月はあちこちでお祭りがあるのでチュルタギは稼ぎ時で、ほとんどソウルにはいないことは知っていたので、今回会えるとは思っていなかった。なんでもソウル郊外車で3時間ぐらいのところで午前中に公演を一回やって、16時からクババルにあるかつての古いお屋敷跡にあるところで、公演するという。しかもこの公演急に決まったらしい、なんでも公演する屋敷跡にあるシャーマン博物館の館長が文化審議委員で、その関係でわりと無理やりのような感じで決まったとのこと。ほとんど期待していなかったのだが、この無理やりのおかげでどうやら今回は会えることになったということだ。
16時ちょっと前にクババル駅に到着、タクシーで行こうとパクさんが運転手に行き場所を教えたら、歩いた方が近いとのこと。日差しがそこそこ強いなか歩きはじめる。なんでもこのあたりは大住宅街とのこと、確かに高層マンションが立ち並ぶ。この住宅街のど真ん中にシャーマン博物館があった。人が群がっていたのですぐにわかった。ちょうどお弟子さんの公演が終わり、金さんが綱をのぼるところだった。一緒の奥さんの話しによるとこの建物は何年か前にドラマに出てきたことがあるという。金さんが綱の上に上がったところで、建物の中にある広間に到着、ちょうど座ろうとしたところで、目が合う。さっそく即興で「いま大島さんが来ました」と言ってくれたようだ。
いつもよりはかなり短いバージョンだったが、かなりの至近距離で見たので迫力はあった。奥さんは日韓交流まつりでは見ているが、韓国で見るのは初めて。楽隊のメンバーはほとんど知らない人ばかり。今日がノリ打ち公演になったので、午前中に公演したメンバーが明日の公演地にそのまま移動して、いまのメンバーは急遽ソウル市内で調達したみたいだ。
公演後金さんそしてユーさんと挨拶。ふたりとも変わりなく、元気そう。なにせこれから明日の公演地まで移動しなくてはいけないというのでバタバタ。ユーさんはその前に事務所に寄らなくてはいけないので、ここでお別れ。金さんとパクさんと他のメンバーや知り合いの人などと一緒に近くのうどん屋さんで食事。ズンドブとあさりうどん。まだ17時すぎぐらいだったのだが、お昼が簡単な機内食だけだったのでお腹がすいていたからちょうど良かった。チャミスルを一本。食事のあとは慌ただしくお別れして、自分たちはホテルへ、金さんたちは次の公演地に向かった。
ほんとうに短い再会だったが、会えてなにより、そしてそんなに言葉を交えなくても、お互い顔を見てるだけで十分だ。
パクとは途中の駅で分かれ、自分たちは東大門歴史文化公園前近くのホテルにチェックイン。荷物を片づけ、ちょっと休んでから、夜の街を散歩する。土曜日の夜ということもあるのだろうが、ものすごい人。オリッピックの国立競技場設計で話題になったザハ女史が設計したという複合施設を散歩。曲線は美しいと思うし、目立つし、オリジナルでもある。でもなんか無駄じゃないかなという気になってしかたがない。それに無駄な空間も目立つ。
奥さんが前に歩いてびっくりしたというロシア語の看板が立ち並ぶあたりを歩く。ロシア語ではあるが、臭いといしては中央アジア、それもウズベキスタン。何故かEMSの看板が目につく。もしかしたらどうにかしてお金でも送ってんじゃないかな・・・いやあ楽しくなる。ちょっと歩くのに疲れたのでカフェのようなところに入って、チョコパフェを頼む。それを見て奥さんびっくり。今日はなんか甘いものが食べたい感じであった。それにしてもでかい。
帰りにコンビニでチャミソルを一本買って、ホテルでテレビを見ながら寝酒してるうちに寝てしまう。

無事千秋楽

2016年10月 30日 (日) 9:15
いつもの外堀川沿いを走っているうちに調子がよくなってきて、海まで走ろうと思い立つ。ここから海を見るのは何年ぶりだろう。小豆島に行く船着場になっているらしい。
今日も晴天、千秋楽にはもってこいの天気。お決まりのゼリョンカ(千秋楽おふざけ公演)には姫センのスタッフさんたちが着ぐるみをきて参加、今回の公演のチームワークの良さがにじみ出たいい公演になった。公演後楽屋でケーキを囲みながら和気あいあいの仮打ち上げ。これだけスタッフさんとメンバーが和気あいあいになった公演も珍しいのではないだろうか。トゥイチーがまったく問題のない公演だった、と胸をはっていた。片づけも早いもの。トゥイチーなんか10分で終わっていた。
20時から打ち上げ。スタッフさんは15人も参加。にぎやかな打ち上げ会となった。こういう公演で今年を締める(まだリトルの公演は残っているが、自分の担当の)ことができたのはなによりであった。恒例のプレゼントにみんなも大喜び。
いい会になった。3年ぶりの姫路でのサーカスだったが、こういう風にみんなが協力してひとつのショーをつくっていったということがなによりもうれしい。店を出てからも全員で記念撮影したりとか別れを惜しんでいた。いいスタッフさんたちだった。

リトルでアルゼンチンサーカスを見る

2016年10月 28日 (金) 8:42
7時前の電車に乗って、新横浜へ。30分ほど時間ができたのでコンビニコーヒーを買う。名古屋に着いたときには雨。バスでリトルへ。事務所で打ち合わせのあと、スタッフさんお薦めの麵を食べて、サーカス会場へ。ウォールトランポリンもあるということでセットがなかなかすごいことになっている。仕込み大変だったろうな・・・・小じゃれたオープニング、野郎が多い。いまネットやツイッターでイケメンサーカスで話題になっているとのことだが、わかるような気がする。こういう特徴がフィチャーされるというのもいいことだ。演出がきちんとされていて構成がいい。ひとつひとつの演目もそれぞれ見せ所があるので見応えがある。終わってからメンバーと通訳さんと挨拶。あまり時間がないのでそのままバス亭へ。3時のバスに乗り、名古屋に戻る。姫路に着いたのは6時前。駅前の居酒屋で打ち合わせ。二次会も。結構飲んだかもしれない。日付が変わるころにホテルにチェックイン。

限界芸術論

2016年10月 27日 (木) 14:42
書名 「限界芸術論」    
著者 鶴見俊輔  出版社 筑摩書房(ちくま学芸文庫) 出版年 1999

朝日新聞でいままた脚光を浴びているということでこの書が取り上げられ、その記事を読んでいたら、すぐにでも読みたくなり購入(最近では珍しいことである)。なによりも気になったのはいま自分が展開しようとしている「サーカス学」を定義づけるときに、もしかしたら助けになるのではないかと思ったからだ。ただ最初の限界芸術の理念をマニフェスト風に掲げた章では、なんども途中睡魔に襲われてしまい、なかなか前に進めなかった。それは限界芸術という概念がいまひとつ自分のものとしてつかみきれていなかったからだと思う。読み始めて勢いがついたのは黒岩涙香の評伝あたりからだった。それまでこの概念を説明するのに宮沢賢治や柳田国男、柳宗悦などを例に彼らの創作の根っこをつくっていたものをとりだしていたのだが、いまひとつピンとこなかった。それが黒岩の評伝を通じて、彼のやろうとしていたこと、連載小説や翻訳もの、それを生かしたなかで万朝報というマス媒体をつくっていったことを知ったあたりから俄然面白くなってきた。なぜならそこで彼が最大限に利用としていったのが、まさに限界芸術なのである。鶴見は黒岩を評して「日本の近代史上、不朽の人とするのは、彼が、明治時代の趣味の組織者としてのこした仕事であろう」としているが、黒岩は探偵小説からはじまって、狂詩、どどいつ、五目ならべ、碁、すもう、闘犬、たまつき、かるた、家庭農園などをてがけ、それを広め、交流のために新聞を使うということを考えたのである。その柔軟な発想とそれをマスコミによって広めていくという行動力こそ、彼の真骨頂と言えよう。
その他にも円朝を論じた身振り文学論も傑作だったし、鶴見がこれを書いた当時に話題になっていたのだろう、野坂昭如や五木寛之、井上ひさし論も秀抜であった。
いまマージナルアートと呼ばれるものはもしかしたら鶴見がこの本を書いたときから比べたら、何十倍も広く、さらに深く展開しているのではないか。ただそれは鶴見がここで展開していこうとしていたように国民文化の基礎をなすもの、つもり共同で分け合うものではなく、個人の世界だけに留め置かれている。マージナルアートの発想はいまでも不滅のものだと言っていいだろう。それをいまどのように展開させていくのか、ここがいまの新たな問題なのかしれない。

企画書

2016年10月 27日 (木) 5:53
風も強く、晴れていたのでベイサイドに行けば冠雪した富士山が見れるべと思ったのだが、どうも山付近にガスがかかってるらしく見えず。残念でした。
明日から今年最後の出張(?)ということで、荷物をコンビニまで持っていき発送。今回は5日間。
姫路公演の千秋楽と帰国まで立ち会うのだが、その滞在している間に、来年のプレゼンを二カ所でしないといけない。そのための企画書を昨日に引き続き作成。二週間返事を待っていたのに連絡がなかったアーティストから返事。できるとのこと。他のアーティストも確保していたのだが、何よりである。
同僚のところにデフラクトのメンバーがいま滞在しているバンガローのおかみさんから電話。外人さんは嫌だといっていたところを本人たちがぜひにというので、なにかあったら電話くださいと言っていたらしい。食料をもってきていないのに驚いたらしい。この日は5−6回電話があった。それにしてもこのメンバーたちはネットで調べ尽くし、実にあっちこっちに行っている。山登りに行っている奴もいれば、久留米から松本まで行ったのもいる。恐るべきフランス人である。
18時退社。ちょうど打ち合わせに来社した東京ちんどん倶楽部の田さんとお久しぶりの挨拶。カバレットチッタ以来ではないか、あまりお変わりがなく元気そう。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ