慌ただしく

2016年09月 30日 (金) 6:43
ベイサイドで朝日の光線が差しおろすのを目撃。思えば9月は青空とか太陽とか見たような記憶がなかった。戻ってからデラシネ号外を配信。すぐに間違いを指摘される。あわてて訂正を配信。
キャッシュカードが読み取れなくなったというので、上大岡の銀行に出向き、交換手続き。「石巻学」の印刷代を支払うためにお金もひき出したのだが、「高額なので目的はなんでしょう」と聞かれる。ここまで聞かれる必要があるのか。しばし絶句。
澤田さんの事務所で打ち合わせ。間近になった京都のマジックバザールの打ち合わせ。
帰り渋谷でウェスタンユニオン送金。
今日はサーカス学研究会。会社を17時半前に出て、王子のくしゃまんべへ。
今日は日本のジャグリングの歴史について黒瀬さんの報告。今度早稲田の授業でジャグリングをやるので大変参考になった。
23時過ぎに帰宅。

一千代奇談

2016年09月 29日 (木) 15:22
今日は走らず、朝から書斎で本を探したり、早稲田の授業の準備のために図版をスキャンしたりする。「石巻学」を今日中に届けなければいけないことところがあったことを思い出す。なにせ在庫がない、荒蝦夷に相談。本屋さんを回ってかき集めてもらえることに。
姫路のトゥイチーに電話、とにかくずっと雨続きでやになってしまうという。あれからずっと雨なのか・・・・
17時に会社を出て、野毛の一千代へ。
久々に納豆揚げが食べたくなったこともあって一千代。いやあうまかった。100歳のばあちゃんがいないのが気になったのだが、8月に転んで骨折して入院中とのこと。高齢者は長い期間入院できないらしい。次に入る病院がなんと、大口病院だったと・・・・さすが一千代、相変わらず奇談が出てきた。
途中福田さんも来たが、すぐに餃子が足りないと、うなぎの串焼きだけ残し去って行った。
テレビでは三浦大輔の引退試合を放映していた。ご苦労さん、ハマの番長!
23時前に帰宅。無事次女も出張から戻っていた。

江戸大神楽

2016年09月 28日 (水) 17:24
書名 「今も生きる日本の伝統芸能 江戸太神楽」
著者 丸一仙翁  出版社 散太郎神楽出版 出版年 2016

なかなか面白い本ができた。江戸太神楽の鏡味の流れを組む丸一仙翁による太神楽入門の本でもあり、親方の一代記でもある。しかも同時に英語に翻訳されているというユニークな形をとっている。
まず親方の一代記が面白い。芸養子となっておばのご主人が継いでいた太神楽の家で稽古稽古に明け暮れるところから始まり、童貞を奪われるという寄り道もなかなか江戸ッ子ぽっくあっさりと語りきっている。ショービズの浮き沈みもなんとなくくぐり抜け、いまの大道芸ブームにもしっかりと乗り、海外公演にもチャレンジするなど時代の流れも読みながら、前に進んでいる。そして教室もオープンにして若者たちにも場を与える。なにか家元とか芸の伝承をというような悲壮感がないのがいい。親方は時代劇にそのまま出ても、なんの違和感もない江戸顔、江戸っ子のさっぱりどしたところが粋だね。
それと後半は江戸太神楽を読むということで、芸のひとつひとつを文字で解説してくれるのだが、これがなかなかいい。これを読んでいると曲芸をいかに上手に見せるかというよりは、後見との絡みのなかで、いかに楽しませるかというところに重点を置いた芸能であることがよくわかる。そして最後に収められている茶番芝居の台本、これが読んだだけでも結構笑えた。大道芸のなかではこうした茶番は演じられないが、これは一度見たいと真剣に思った。確かにいまの客を相手にすると大道芸としてはテンポがなくなるかもしれないが、小屋掛けなどで一年に一度ぐらいはじっくりと本物の茶番付きの江戸太神楽みたいものだと思った。

牡鹿半島は今

2016年09月 28日 (水) 15:08
書名 「牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ」
著者 鈴木孝也  出版社 河北新報出版センター 出版年 2013

先日何十年ぶりかで牡鹿半島を見て回ってきた。おやじが鮎川で鯨の解体の仕事をしていたので、子どもの頃それを見になんどか行ったぐらいで、正直鮎川のことも覚えていない。なので津波のあと鮎川をはじめ、浜がどんな風に激変したかということに関してはピンときていない。ただいくつもの浜が婉曲した半島のなかに連なる牡鹿の自然は津波の被害にさらされたままこのままにしてはいけないと思った。偶然本屋で手にしたこの本を読むことで、この思いを強くした。この本に出てくる牡鹿の人たちはとにかくなんとかしてこの半島で生き抜こうしているからである。著者は半島に点在する浜を訪ねそこで生きている人たちの今を丹念な取材を通じて伝えていく。これは津波のあと2年後の今である。大きな被害を受けながら民宿を再建した人、加工場をいち早く再建した若い社長さん、80を越える高齢にも関わらす僻地で医療活動を続ける医者、津波によって閉校になった小学校の生徒たち、新たな環境のなかで暮らす子どもたちを支える親や先生たち、そしてその中で閉校した学校に伝わっていた伝統を守ろうとする姿、本業の他にも起業して事業をおこす女性たちやさらには捕鯨の未来に対する提言をする90才の元捕鯨船長など、半島で生き続けようとしている人たちの姿を生き生きと描く。このような人たちを見せつけられるとき、やはりこの半島をなんとかしていかないという気持ちにさせられる。
「石巻学」3号は牡鹿と鯨を特集することになっている。先日石巻に行った時、この著者鈴木さんにお目にかかり、ぜひこの続きを、震災津波から5年後の牡鹿の今を書いてくださいとお願いし、快諾を得ている。いままで少し遠くに感じられた牡鹿が一挙に迫ってきた。その入り口となった貴重な一冊となった。

久々のりゅうほう

2016年09月 28日 (水) 11:21
船溜まりに今日は例の家族カルガモらしき連中が気持ちよさそうに泳いでいた。今日も暑い。相変わらず水面をジャンプする魚たちの音で池はにぎやか。
銀行で金をおろすも昨日まで使えたカードが、磁気が読み取れないと・・・まったく不便なものである。備えつけの電話で係の人と話すも、交換しなくてはいけないとのこと。明後日からソウルに展覧会を見に行くのだが、せっかくなのでチュルタギの金さんとユーさんに会いたいと思ってユーさんの奥さんの携帯にショートメールを送っているのだが、なかなか通じない。電話するも不在。あとで電話が来る。やはりいまはかきいれ時で忙しいそう。土曜日にソウルにいるらしいがちょっと時間的にきびしそう。
今日は久々に神楽坂のりゅうほうに新潮社の人といっしょに顔を出す。相変わらず店は大繁盛。ここで数少ない酒メニューを頼んで、社長の顔を見ながら一杯。結構飲んだかも。帰りがけにこれも久しぶりのケント夫妻とばったり。ケントの写真展を北千住でやるらしい。彼の写真はノスタルジックなところに合うからなあ、ちょっと楽しみ、問題は行けるかどうかなのだが・・・・
24時過ぎに帰宅。

イルカと花火

2016年09月 27日 (火) 11:46
久々にベイサイド。帰りに黒猫公園に寄ると、俺を振った猫ちゃんが藪の中ではなく、通りにいた。振られたというよりは、彼女にははじめから別な彼氏がいたというだけにすぎないのだが・・・・浜空碑はきれいに掃除されていた。Sさんが掃除したのだろう。来月一回ぐらい手伝いができるかも・・・・
今週末からソウルに行くのでチュルタギのマネージャーのユウさんの奥さんにメールを出しているのだが行かない。今回は会うのは無理かも。出社前にゆうびん局でブラジルから送られてきた会費の為替を現金化。結構時間がかかる、セブンイレブンで航空券の支払い、これもまたローソンとかファミマとは違ったシステムで時間がかかる。なんだかんだと1時間ぐらいかかる。まっすぐ歯医者へ。この前右の歯が猛烈に痛んだので心配だったのだが虫歯ではなかったようだ。この右の奥歯がダメになったらということを思い知らされた。そのことを言ったらいつも見てくれている看護士さんがダメにならないように私もがんばりますと言ってくれた。とにかく大事にしないと。
来年の企画の件で正式にオファーを出す。明日お休みの姫路組にもろもろと連絡。
夜品川のアクワパークでイルカと花火のショーを見る。人がいるのかと思ったら結構いる。アベックだけでなく家族連れも。品プリの宿泊客もいる。それにしても立派なプール。円形なので見やすい、というかここでサーカスしたら最高ではないか、天井の梁もしっかりしているし、円形で見やすいし。もともとはどんなところだったのだろう。お目当ての花火とイルカのショーは?イルカ自体まだ調教しきれていないのではないか。ただ若いイルカがたくさんいるのでそのスピード感とジャンプが魅力かな。これで1800円は高くないかも。

鯨取りの社会史

2016年09月 26日 (月) 14:22
書名「鯨取りの社会史 シーボルトや江戸の学者たちが見た日本捕鯨」
著者 森弘子 宮崎克則  出版社 花乱社 出版年 2016

先日「SINRA」という雑誌のクジラ特集を見ていたら、捕鯨擁護者のひとりC.W.ニコルが、南氷洋の調査捕鯨に対しては限界があるのではというか、時流から見てももうあきらめるときが来たのではないかというようなことを書いていた。意外な感じがしたが、よく考えると食用としてのクジラの必要性がどうしてもというところまでない現在、わざわざ南氷洋まで行ってクジラをとる意味があるのかということを考えてみたとき、捕鯨禁止か解禁かでにっちもさっちもいかない現在、論議を一歩進める提言として一考の余地はあるのではないかと思った。そんなことに刺激を受けて、もっと原理的なところから鯨のことを見直すことも必要ではないか、そんな思いで決して安くない鯨関係の本を2冊購入した。そのうちの一冊がこの本だった。九州の西海捕鯨の中から生まれた絵詞などの背景にある、捕鯨の社会的な仕組みを丹念に分析していく。捕鯨という産業の成り立ちまで絵詞ができる過程を分析するなかで見えてくる。実に刺激的な切り口である。さらにそこでつくられていく鯨の生態に関するさまざまな研究書に関わっていくシーボルトをはじめとする江戸の学者たちの鯨に対するアプローチも細かいところまで探っていく。自分にとって大げさかもしれないが衝撃的だったのはあの大槻玄沢が鯨についてもかなり突っ込んだ研究書を著していることと、江戸の鯨研究のまさに集大成となった「鯨史稿」が、その玄沢の影響のもと大槻清準という従兄弟にあたる学者のもとでまとめあげられるということである。しかもこうした鯨研究を進めるなかで、大きなインパクトを与えることになったのはレザーノフ来航であったとは・・・捕鯨という生業の背景に学問的にもかなり突っ込んだ研究がなされていたことにも驚かされた。
実に刺激的な書であった。

2キロ減量

2016年09月 26日 (月) 12:22
しばらく安定していた血圧だが、また高くなっている。このところのあっちこっち行ったり来たりのせいかな。カルガモたちに会いに行ったのだが、キンクロのロンリー君しかおらず。船溜まりの池ではあっちこっこでぴょんぴょんという音が聞こえる。魚が飛び上がって池に落ちる音だった。暑いからなのか・・・
久しぶりに体重計にのる。姫路から戻ったときに72キロを越えていたが、なんとか2キロ減量されていた。
10時出社。だいぶ久しぶりの打ち合わせ。とにかく10月がとんでもないスケジュールになっている。ACC招聘のカンパニーがなんとなんと5つになる。どうなることやら。とにかく動いてやっていくしかないということだ。
忙しいとはいえ来年のプレゼン資料もそろえなくてはならない。あちこちに連絡しておく。それに対する返事も来始める。
帰り有隣堂で平凡社刊の「こころ」という雑誌に掲載されていた先日亡くなった加藤先生のインタビュー記事を立ち読み。漂流民の会でしゃべってもらったこととだいたい内容は同じだが、このインタビューは今年の6月のもの。最後にいつもニューなことをやりたいとおっしゃっておられる。すごいなあ・・・・立ち読みでは申し訳なかったが、あらためて先生の偉大さを知る。先生の生きざまはなにかかたちにした方がいいのでは・・・

石巻図書館

2016年09月 25日 (日) 5:28
石巻ではしばらく走っていなかったので、今日はぜひもので走りにでかける。までは自分の神社と勝手に思っている住吉の大島神社にお参り。北上川からなかなか幻想的な風景が。連日の飴のせいもあるのだろうか、北上川もいつもより水が多い。石巻のランドマークはやはり大日本製紙の煙突の煙なのかもしれない。それを見守るのは鳶か?
ホテルで簡単な朝飯をとってから、市役所へ。「牡鹿半島は今」の著者鈴木さんと喫茶店で打ち合わせ。前回来たときに本間さんの家で偶然お会いしたのだが、その前日にこの書を買っていた。「石巻学」3号での協力を依頼する。快諾していただく。いろいろ興味深い話しを聞かせていただく。
このあと羽黒山の石巻図書館へ。参考室で調べ物をするのは初めて。そんなに資料はない。1点だけ気になる資料があり、コピーをとる。ここから壽福寺がつながっていた。このところここにある歌舞伎役者の句碑を探しているので、また探すも見つけることはできなかった。寺の人に聞けばいいのだろうが・・・・
腹が減ったのでがっつり駅前の万里でマーボ定食。休みの日はツーリストが多い。14時前に出る東北ライナーに乗って仙台へ。ほとんど寝ていた。仙台始発のやまびこに乗る。車内で大和君の「スター」と『三銃士』の今日放映予定の回のDVDを観る。
19時すぎ帰宅。ちょっと疲れたな・・・・

石巻へ

2016年09月 24日 (土) 9:04
朝起きると窓からきれいな海が見える。久しぶりの青空、遠くに見えるのは、なんと泉が丘。漁を終えた船が次々に港に戻ってくる。昔漁師に憧れたことがあった。いまから無理かな、漁師さんになるのは、なんて思ってしまう。8時半石巻魚市場へ。ここは初めてくるところ。立派なものである。なんでも世界一の長さらしい。社長の須能さんと会って、次号の石巻学についていろいろ有意義な意見を聞かせていただく。
歩いて中瀬の北上川未来館へ。久しぶりに逸見さんと会う。ゆっくりとお話を聞かせてもらう。そのあとニューゼへ。このところ会っても立ち話程度だったが、今日はゆっくり話せた。来年春から前に連載していた小説の第二部を連載したいと提案。昼は大王でミソタンメン。今日は久しぶりに駅近くのマイ石巻が宿。2時半だったがチェックインできる。朝も早かったので、ベットに横になっているうちに、寝てします。
7時前に街の本棚へ。夏葉社の島田さんと南陀楼さんの対談を聞く。本を作るのは愛情と思い、そしてそれを売る情熱なのだとあらためて思う。ここで合流したジャーナリストの知人と途中で退座、近くの飲み屋で一杯。ホヤの本を作ろうと盛り上がる。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ