久々の家での休日

2016年07月 30日 (土) 11:24
まずはカルガモ親子を見物にいつものところに。気持ちよさそうに泳いでいる。増えた2羽だが、隠し子のような気がする。かなり近くで見えたのだが、サイズはほぼみんな一緒。でもみんな大きくなったな・・・。ロンリーは相変わらずひとりで我が道を行くって感じ。浜空神社で久しぶりに掃除のお手伝い。ここは涼しい。掃除を終えて南部市場へ。めかぶと鯨ベーコンなどを買ってしまう。
今日はほんとうに久々に家で過ごせる休日。溜まっていたことをひとつひとつやっていく。とにかく8月中にブックレットの原稿を書き上げないといけない。アカウントをつくっただけで一度もツイートしたことがないTwitterをいじりはじめる。スマホにしたこともあるが、ひとつのツールとして活用できたらいいかなと思っているのだが、どうなることやら・・・

知恵熱が・・・・

2016年07月 29日 (金) 12:59
梅雨が明け、しっかり暑くなっている。夏だからこうこうないと。負け惜しみじゃないが・・・
自分が担当した案件の契約書の整理をしなければならないことになり、昨日からたいへんなことになっている。ほんとうにこういうのは向いていないことがよくわかるのだが、やらないと。知恵熱がでそう。
そんな時にボリショイサーカス札幌公演の招待券を頼んでいたアンドレイから手配できないというメールが・・・心配ないって言ったじゃん・・・喜んでいたのに・・・すくにごめんなさいのメールを入れる。まったく・・・
昨日文化座と打ち合わせ、ずっとやりたかったダメじゃん小出の若宮丸漂流民の語り全編を11月26日アトリエでやることが正式に決定した。文化座のお客さんにも宣伝していただけるとのこと、とてもいい感じでできそうでうれしい。
なんとか夕方には整理がつく。横浜の有隣堂で「SINRA」を購入、日ノ出町に出て、山賊でじゃあじゃあ麵をと思ったのだが、店のシャッターが閉まったまま。前は工事中とのことだったのだが・・・しかたないのでカレーを食べて、シネマリンへ。今日が最終日の「ひと夏のファンタジア」を見る。奈良の五條というところで全編撮られているのだが、いいところだ、ちょっと歩きたい気になってきた。花火が効果的。日本語ができる韓国人と柿をつくっているという日本人の会話のなんともいえない間が良かった。
22時ぐらいの伊勢佐木町はまだまだ賑わっている。金曜日か。

ウレシパ物語

2016年07月 29日 (金) 6:42
書名 「ウレシパ物語−アイヌ民族の<育て合う物語>を読み聞かせる」
著者 富樫利一 出版社 寿郎社 出版年 2015

このところアイヌのことが気になりつつある。この本は著者が語り聞かせてきたアイヌに伝わってきた伝説や民話を19編まとめたもの。語ってきたものだけに、やさしい耳に響くことばでアイヌ民族の神(カムイ)と人(アイヌ)と自然の交わりを伝えていく。育て合うという副題にあるように、神と人と自然が育んでいく命の大切さをやさしく語りかける。
最後を締めくくる「エカシのさくら」は、さくらの実が風に飛ばされ、また大地に戻り、さくらの花を咲かせるために、生き物たちが小さな力のないさくらの実を助け合い、大地まで届ける話なのだが、共に生きるということ、共に育て合うという、いま人間が忘れていることを語りかける。
いいカムイだけやいアイヌだけが登場するわけではない、悪いのも登場するが、やはり最大の極悪人は和人である。自然や神を敬うカムイとアイヌの話しに登場した和人は、あまりにも具体的で金儲けや女を支配することしか考えない、アイヌの対極にいるだけでなく、まったく違う世界観のなかに存在する。アイヌと日本人との根源的な対立がそこに見えてくる。

かるがも異変

2016年07月 27日 (水) 12:04
10日も留守にしていたのでかるがも親子のことが気になり、今日のジョグコースは野鳥の池コース。途中見かけたラジオ体操には人が一杯。いまは子どもたちも参加のようだ。
船溜まりの運河でなんなく親子発見。しかしある異変が。ずっと3匹だった子どもが、なんと5匹になっているではないか!隠し子?連れ子?はてまた新たに生まれたのか?体つきはほとんど同じだしなあ・・・・謎は深まるばかりなのだが、とにかく無事で元気に泳いでいるのはいいことだ。
10日ぶりに出社。雑用を片づけたあと、契約書の整理。今週一杯には片づけないと・・・
17時半に退社して、両国の気功へ。今週末は隅田川の花火大会があるみたい。そういえばまだこちらは梅雨が空けていない。まあ花火大会までには明けるのだろうが・・・・

機龍警察 火宅

2016年07月 27日 (水) 11:13
書名 「機龍警察 火宅」
著者 月村了衛  出版社 早川書房 出版社 2014

このところはまっている機龍警察のオムニバス版。既刊4冊のあと次はと思ったら、まだ「ミステリーマガジン」に連載中。この間を埋めてくれるのが本書。8作の小品が、登場人物のひとりをクローズアップするなかで、サイドストーリイを編んでいく。ここまで読んでいくと登場人物のひとりひとりの魅力がわかるので、こうした間奏曲のような作品集はありがたい気さえする。前作の未亡旅団で自分を泣かせてくれた由起谷君に絡んだ話しが2話。これが彼の魅力をさらに引き立ててくれる。不良だった彼が警察官になるきっかけとなった親友の死にまつわる話しは未亡旅団にもちらっとでてきたが、ここでしっかり語られるのはありがたかった。これがまた泣かさせてくれるのだ。死に神のライザがスカウトされるときのエピソードもなかなかいい。
ほとんどの人物の背景については大体知ることはできたが、肝心の沖津部長の出自についてはまだ謎のまま。そして警察内部の敵について、さらに新な「キモノ」の出現もほのめかしながら、終わるあたりはにくい。
次作がほんとうに待ち望まれる。

帰宅

2016年07月 26日 (火) 10:55
朝中島公園を走る。早朝だというのに携帯もって明らかにポケモンを探している人が結構いた。ホテル近くのバス停から出る空港行きのバスに乗ろうと思ったら中国人で満席状態。あきらめて札幌に出て、電車で空港に向かう。昨日のバスもそうだったが、ほんとうに多いね中国人。
13時過ぎに羽田着。東京もそんなに暑くない。上大岡で降りて、昼飯。10日ぶりに帰宅。会報が届いていたので、今日中に発送準備と思い立ったものの、会の封筒がないことが判明。慌てて駅前の百円ショップへ。途中奥さんと会ったら、あいつがまた階段で寝そべっているという。確かに寝そべっていた・・・そしてライオン君はいままで着ていた上着を脱がされて、避暑地に。みんな元気そうなのはなにより。
コーヒーを飲んで一息ついてから夕食までおよそ3時間、発送作業。すっかり疲れ果ててしまった。なんとか発送できるまでにはなったのだが、今度は伝票がないことが判明。明日は無理だな。

札幌へ

2016年07月 25日 (月) 8:03
昨日結構飲んでしまったようで、今日も朝飯抜きにする。10時に打ち合わせ。そのあと部屋に戻り片づけ。ナージャの部屋に行って、お別れのご挨拶。昨日からずっとモンテカルロのサーカスフェスの映像を見ているという。
バスに乗って札幌へ。途中中山峠から、ルスツでは一日しか見れなかった羊蹄山がきっきりと見える。
バスの乗客のほとんどは中国人と韓国人。札幌駅に着いて異様な風景に唖然。携帯をもった人たちが群がっている。例のポケモンである。テレビでは見ていたが・・・まさかこんなにまでとは・・・紀伊国屋に寄る。がっくりしたのは大衆芸能のコーナーがなくなってしまったこと。ここにサーカスの棚をつくりたいと思っていたのだが、その前にサーカス関係の本が入れられていた大衆芸能がなくなってしまった。探していた本も見つからず。
ホテルにチェックイン。メールをチェック。歩いてすすきのへ。ルスツに来たときは恒例になっている知人との飲み会。今日は三軒目までいく。ここが路地のなかにある場末感ただよういい感じのお店。わりと食べていたのに知人がジンギンスカンを注文するからびっくりしたのが、これが絶品だった。すんなり入る。ウォッカが飲みたくなった。
24時過ぎにホテルに戻る。相変わらず川のふもとにはスマホをもった人がたむろしている。異様だよな・・・

五変化

2016年07月 24日 (日) 12:09
ルスツの空は青空。羊蹄山は今日は見えるだろうと近くまで行ったが、なんとたかだか2キロぐらいしか離れていないのに、雲に隠れてまったく見えず。
ポンヌギベツ川沿いを走る。水の音が気持ちいい。
ルスツでやる宿題が全部終わってしまったので、空いている時間はコンピューターのデーター整理。次にやらねばならぬことが見えてきた。
今日もお客さんがたくさん。一回目はほとんど真後ろから観覧。男性陣はほんとうに大活躍している。二回目の公演はかぶりつきでナージャと一緒に観覧。公演が終わり、すぐに花火がはじまるのにお客さんは席をたとうとしない。
女性陣はみんな何回も着替えするので公演中は息が抜けない。マヒーナは5回衣装を変える。まるでクイックチェンジ。

縁の下の力持ちたち

2016年07月 24日 (日) 10:40
10時テントへ。昨日公演中にトラブルをおこした道具を直してもらっていたのだが、修理が終わってそのチェック。相変わらずスタッフさんの素早い対応にただ感謝感謝。メンバーもほっとしていた。
久しく行ったことがなかった遊園地に行ってみる。夏休みもはじまったということでたくさんの人。
ルスツでの宿題のひとつがやっと終わる。およそ300点以上の図版をスキャンしたことになる。
15時の公演も19時半の公演も去年に比べたら大幅にお客さんが増えている。やはり時間の設定を変えたことが影響しているのだろう。受けもいい。
今回のサーカスでは女性6人がまさに八面六臂の大活躍をしている。空中で舞っているかと思えば、パーチの上やワイヤーでジャンプしたり、バランスをとったりする他に、合間にはダンス。着替えだけで4−5回。まさに出ずっぱり。女子力サーカスといってもいい。ただそれを支えているのが男子組。彼らは命綱をもち、道具を設置、片づけ、こちらも八面六臂の大活躍。いいチームワークである。

公演後花火を見る。今年はお立ち台があり、希望する女性は花火にあわせてダンシング。なかなかいいアイディア。踊っている姿が花火と一緒にシンクロされてなかなかいい絵になっていた。
今日もかかしで遅い夕飯。メンバーはずいぶん慣れたみたいだ。心配していたことのひとつだったがなんとかなりそう。
今日は持ってきたDVDを見ることに。なぜか持ってきたのは「昭和残侠伝」池部良かっこいい!
寝る前に外を見たら、キツネが一匹明かりの下歩いているのが見えた。なかなか幻想的な場面であった。

初日

2016年07月 22日 (金) 16:54
昨日よく飲んだようで、目が覚めたら9時過ぎ。こんなことはめったにない。朝飯も食べずに、もってきたコーヒーを飲んでまったりとした時間を過ごす。
今年から公演時間が変わって3時と7時半。昼間にたっぷり時間ができてしまう。
15時からの公演は昨日のゲネプロが完璧だったのでみんな安心してしまったのかイージーミスが多い。フィナーレの直しを1回目のあとにやっているときもたらたらした感じでやっているのを見て、ナージャが切れる。だんだんわかってきたのだが、これはみんなをしっかりとコントロールするためのナージャの戦略でもあるようだ。中央アジアの人間はとにかくいつも締めつけないとすぐに緩んでしまうということらしい。
今回のプログラムではパーチとハイワイヤーが目玉。パーチの演技を見ていると、なんとなく正倉院の弾弓墨絵図の棒技が重なってくる。今回のつくりがシルクロードだけでに余計にそんな印象をもつのだろうか。
2回目の公演は夜ということもあるのだろうか、お客さんも集中してみている。やはり夜の公演は正解かもしれない。
ただメンバーはたいへん。公演後営業しているレストランはかかしだけ。今日はみんなそろって初かかし。慣れてもらわないと・・・
22時前の食事としてはかなり食べてしまった。豚になる・・・・
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ