少女椿

2016年05月 30日 (月) 13:12
予報通り朝から雨。
久しぶりに全員そろっての打ち合わせ。
早稲田の図書館に電話、デジカメは保管されていないとのこと。どこに落としたものやら。
先週末からずっと気になっていた秋のプレゼンの結果連絡が入る。連絡がなかったのでどうなるかと思ったのだが、無事に通ってなによりである。
17時に会社を出て、新宿シネマートへ「少女椿」を見る。先週も来たのだが2の小さな劇場での上映ということもあって、時間前に完売になり見れなかった。
サーカスが舞台ということだけで、他は何も期待せずに見たのだが、サーカス的なところはほとんどない、まあ見なくてもいい映画ではあった。サーカスというよりは見世物一座。ただひとつだけ良かったところは超能力を持つマジシャンが、集中力を欠いてしまい芸ができなくなったとき、騒ぎだした観客に向かって、どなるシーン。それに対して客のひとりが「お前なんか化け物の仲間じゃないか」と言ったことで、まさにぶちきれてしまうのだが、そのあとのおぞましいシーンはちょっと見るに耐えなかったが、見世物に対する一般といわれる観客の関係がはっきりと浮き彫りされていた。

失せ物探しの一日

2016年05月 30日 (月) 10:30
お借りしていたものを返却しなくてはと思って、探し始めたら、ないではないか。ついに本格的に机の上と中を全部あけて家捜しが始まる。午前中一杯探しても見当たらず。そのうちにファイルケースの中の書類を見始め、これもきちんと整理しないということになり、昼飯食べてから今度はそっちの整理も。夕方まで探すも、結局見つからず。そして昨日リックの中に入れていたデジカメもないことに気づく。もしかしたら昨日早稲田の図書館のロッカーの中に忘れたかもしれない。まったく、なんという日なんだろう。おかげでファイルケースの中はかなり整理されたが・・・・
先日インタビューした大和優雅監督の「つるしびな」という映画のDVDを見る。最後の方で泣いてしまった。しっかりとした内容でいい映画だった。脚本がしっかりしているのと、故郷涌谷への思いがしっかり伝わっているのがいい。
明日は朝から雨らしい。ならばということでハイボールを飲みながら、頼まれていた原稿のラフを書き上げる。珍しく1時過ぎまで起きていた。

やけあと闇市と野毛の陽だまり

2016年05月 29日 (日) 19:26
書名 「やけあと闇市と野毛の陽だまり」
著者 伊奈正司  出版社 ハーベスト社 出版年 2015

朝日新聞横浜版で太田記者が大きくとりあげた記事で知り、すぐに購入した。闇市が立っていたころの野毛の都橋交番で勤務していた警察官の回想。野毛が一番活気があったころの話しが、著者自ら描いたスケッチとともに綴られる。昭和23年頃花咲街丁目を描いた一枚のスケッチが、印象に残る。カストリ横町、オジヤの屋台、石炭ビルを蠢く人、人、人。このスケッチを見れば、いかにこの時代の野毛が活気に満ちていたかがわかる。闇市があるところに集まる悪い奴らに浮浪児に、売人たちや風太郎たちを相手にする新米警察のなんとも間抜けで心情あふれる姿が微笑ましい。闇市と言えば、「仁義ない闘い」の広島や新宿や新橋などが思い出されるが、野毛がちょっとそこらと違うのはこの間抜けなところなのかもしれない。ヤクザもいれば、縄張り争いもあったのだろうが、なんとなく間抜けな人たちが集まっていたのだろう。これはいまでも綿々と野毛に伝わっている。
若い女性の死体があるからと現場に行ってみると、この死体ノーパン、死体を調べようとしたらおしっこをかけられた警官の話しが出てくるが、これが野毛らしい。どこか間抜けなのである。
野毛の闇市、楽しかっただろうな・・・・
新聞記事の写真を見ると、この90歳になる著者の元警察官、どこかで見たような気がしてしようがない。いまでもこうして70年ぐらい前のことを生き生きと書いているのだから、ほんとうにいい思い出になっているのだろう。

桑野塾

2016年05月 28日 (土) 19:09
ベイサイドまで走ったあと、午前中は例によって片づけ。
11時前に家を出て、早稲田へ。久しぶりに「えぞ菊」で味噌ラーメン。また値上がりしたようだ。800円はちょっと高いんじゃないかな。チャーシューは厚くなった気がするが・・・・
図書館で調べ物。ちょっとした発見があり、楽しくなる。
14時半桑野塾会場へ。今日はほとんどやることがない。今日は若手の発表ということもあり、若い院生たちが多かった。ガガーリンとシクロフスキイの話しだったが、なかなか興味深い報告であった。こうした若い研究者の人たちの発表と桑野塾ならではの鈴木さんとか沼辺さんのような報告がであったときいろんな面白いことがおきるんじゃないかな。懇親会もなかなかの賑わいであった。「金の鈴」は珍しく他の客もいたので大繁盛となっていた。

鳥の渡りを調べてみたら

2016年05月 27日 (金) 5:30
書名 「鳥の渡りを調べてみたら」
著者 ポール・ケリンガー(丸武志訳) 出版社 文一総合出版 出版年 2000年

このところ渡り鳥のことが気になってしかたがない。なぜ渡るのか、まとまって渡るのか、どのくらいかけて渡るのか、どこへ行くのかなどなどである。そんなときに古本屋でこの本に出会い購入してしまった。イラストがとてもきれいで、さまざまな渡りの謎にひとつひとつ答えていこうという、本の作り方としては熱意を感じる。ただアメリカが舞台になっているので、取り上げられている鳥や渡る場所になじみがあまりないというのがちょっときつかった。さまざまな調査方法で渡りの謎を解明しようとしている(発信機をつけたり、レダーによる調査)が、その謎は依然として謎のままというのがちょっと残念でもあり、それはそれでいいなあという思いもある。渡りのメカニズムを分析することが、何かの役に立つということでもないだろう、そうなるとどこかの機関が研究を支援していくということにならない。そうなると渡りの不思議が気になる研究者たちが自力で調べていくしかない。この本で渡りの謎にある答えを出していくのは、多くのバードウォチャーである。
「ワタリ」という映画があったが、この本はあの映画の前に書かれたものなのだろうか、ちょっと気になった。
渡り鳥は体内にコンパスを内蔵しているから自分たちの行くべきところがわかるということだが、一番気になるのは燕たちがまた同じ場所に戻ってくるということだ。そのコンパスがDHNとして代々伝えられていくのだろうか。気になる。一度燕が南に下る旅立ちの朝を見たことがあるが、鳥たちだ一斉に旅立つところをこの目で見てみたいものである。

送別会のようなもの

2016年05月 25日 (水) 10:41
あじさいの季節がやってきたようだ。野鳥の池はほんとうに静かになってしまった。気になるのはたぶん旅立ちそこねてしまった船溜まりのキンクロさん。今日もひとりでさびしそう。近くから見れたのだが、まだ子どもなのかもしれない。どうなっていくのだろう。このままここに留まるしかないだろうな。
歯医者に行ったり、保険屋さんが来たりで慌ただしく午前中が終わってしまう。14時に早稲田で人と会う。次の約束まで時間があったので図書館をのぞく。
18時新橋へ。7月からアメリカに行く知人と3人で飲む。ニューヨークマラソンに出るか、なんて話しにもなったり、楽しい夕べであった。

紀伊国屋にて

2016年05月 24日 (火) 5:28
ライオン君今日も定位置。読者の方が毛を刈ったほうがいいのではというコメントがあったが、そういえばお腹のあたり毛が抜けちゃってちょっと痛々しい。昼飯を食べたあと新宿で打ち合わせ。終わってから新宿南店が閉鎖されるという紀伊国屋本店をのぞいてみる。「山怪」という本が気になっているのだが、みつけられず。ただ気になる本を何冊か見つける。あとで図書館で借りようということでメモをとる。企画は旅先に持っていきたいノンフィクション文庫。こういうところに自分の本もあると一人前なんだがなと何も期待せずに見ていたら、なんとなんと「明治のサーカス芸人はなぜロシアに消えたのか」が平積みされていた。これはうれしい!
戻ってから返事を出せないでいたブラジルとカザフにメールの返事を書いておく。
カザフは、ローマの前の奥さんイリーナ。旦那が若い女のところにいってしまい、しばらくモルダワに帰っていたのだが、ずっと活動していたカザフに戻り、息子と一緒にクラウングループをつくった。がんばっているので、なんとか手伝いはしたいのだが、クラウンだけだとちょっと難しいかな・・・・

芸歴書

2016年05月 23日 (月) 10:46
このところずっと寝姿しか見たことがなかったライオン君が今日は起きていたので、思わずシャッター。最近このオートバイのところがお気に入りの様子。
午前中に雑用をやっつけて、午後は夏に来るメンバーの芸歴書の翻訳。ひとりの芸歴書に両親について書いている芸人さんがいて(芸歴書なので必要なし)、父のことは覚えていないという記述にびっくり。いままで見てきた芸歴書で一番衝撃的なものかもしれない。
渋谷の中央図書館で予約していた本を借り出し。30度を越す真夏日ということだが、確かに暑い。
18時退社。今日は休肝日にして、しかも22時すぎには就寝。

乱舞の中世

2016年05月 22日 (日) 19:32
書名 「乱舞の中世 白拍子・乱拍子・猿楽」
著者 沖本幸子 出版社 吉川弘文館 出版年 2016

中世の芸能を平安のメロディーの時代からリズムの時代に変わったという視点で切り取ったユニークな芸能書。面白かった。雅楽や能がどうしても中世芸能の中心になってしまうが、乱世の時代に乱拍子や乱舞というリズムによってのせられた芸能に貴族も皇族も武士も僧侶も熱狂していたという視点が新鮮であった。「シカラムータ」の変拍子がそれまでの流れをまったく変えるのと同じように、拍子が芸能史を分断していったなんて痛快ではないか。

真美さんの出版祝い

2016年05月 21日 (土) 5:51
南部市場に寄って見る。毎週第一・三土曜日は水産市らしい。結構賑わっている。ここに寄ったためちょっと遅くなったが、浜空の鎮魂碑のお掃除のお手伝い。4月・5月はいろいろあったので久しぶり。浜空のことを書きたいということで取材が目的だったのだが、いまやずっと掃除をしている人と一服しながら話すのが楽しみになった。このあたりの自然についてはめちゃ詳しい。
昼飯は食べずに西葛西のインドレストランへ。今日は山田真美さんの10年ぶりの出版祝いの集い。真美さんの会らしくいろんな人が集まった。今回の本の編集をしていたのは以前清流出版にした方。前にお会いしたことがあるが、向こうは覚えていないようだった。ボツになった本だからなあ・・・
西葛西はインド人がたくさん集まっている町らしい。真美さんとの対談が載っている「アートタイムス」2号インド魔術特集を来場したみなさんにプレゼント。余っていてもしかたがないので・・・
大仏供眼式典でも演奏されたというインドから伝わった雅楽の笛の演奏が聞けたのはラッキーだった。久々に美味しいインド料理が食べられた。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ