河童のコスモロジー

2015年12月 31日 (木) 14:48
書名 「河童のコスモロジー 石田英一郎の思想と学問」
著者 山口昌男 出版社 講談社(講談社学術文庫) 出版年 1986

本棚を整理しているときにたまたま発見した本。買った記憶がまったくない。妻の本だと思っていたのだが、自分のものだという。もしそうだとしてもあとから読もうと思ってそのままになっているのだろう。
ネフスキイ展を見てから、おしら様やルサールカのことが気になっていたので、いいタイミングで出てきた。というのも石田は京都大にいたときにネフスキイの教えを受け、とても大きな影響を受けていたのだ。この書は石田の学者としての歩みを追いつつ、学問的になにをめざしていたのかを項目にわけて著者山口がその解説をしたあとで、石田の書いた論文を載せるという形式をとっている。これが非常に効果的だった。マルクス主義から入って、マルクス主義の限界を知る中、柳田国男の影響を受けながら、民俗学さらには人類学へと展開していくその知の営みが重層的に見えるような構成になっている。そしてなにより石田がその学問の魅力を発散させてくれるのが、桃太郎や河童を対象とする研究である。民俗学の枠をはみ出しながら、河童や馬などを通じて世界とつながっていくところは圧巻である。解説者の山口が最初に桃太郎の母を読んだときのこの世界につながっていくところに感動したと書いているが、越境する知の醍醐味がそこから感じられる。
なにより自分にとっては河童駒引考で展開される馬のフォークロアと人類学にしびれてしまった。なぜ馬が水と連関していくのかそれを中国や地中海やコーカサスの文献をひもときながら、解きあかそうというあたりは、まさに。「サーカス学」ともつながっていく、そんな気がした。


朝昼晩酒浸り

2015年12月 30日 (水) 23:35
日の出は6時40分ぐらいと少し早まっている。なんとか間に合うが、厚い雲の間からなんとか顔をだす。初日の出はどうなることやら。最近よく見かける黒猫のジルちゃんが、今日は珍しく一匹。
朝飯を食べてから富岡公園の浜空の慰霊碑に向かう。今日は有志が掃除をして正月飾りをする日ということで、ご挨拶も兼ねてでかけたのだが、みなさん掃除で忙しそう。手伝おうかとは思っていたのだが、どうも邪魔になりそうな感じ。このままかえろうかとも思ったのだが、少しウロウロしたあと掃除を終えてみなさん打ち上げモードになっているところに乱入。1時間ほど仲間に入れてもらう。昼からではなく朝から冷や酒をゴチになる。去年からなんとなく追いかけているテーマがこの浜空をめぐる話し、93歳になる浜空にいた方を何度か取材して話しを聞かせてもらっている。どこを中心にもってくるのかまだはっきりはしていないのだが、こういう取材を重ねることが大事だと思う。すっかりできあがった状態で家に帰る。今日は義妹家族と合同の年越し手巻き寿司。寿司と言えばやはり酒ということでまた飲む。朝・昼はさすがにきつく、3時間弱昼寝。
明日から泊まりがけで3日まで下の娘が家を留守にするので、今日が4人で食事できるラストチャンス。家族4人の年越しはすきやき。ここでも当然酒を飲む。まあ良く飲んだこと。

ヤコブソン・セレクション

2015年12月 29日 (火) 17:52
書名「ヤコブソン・コレクション」
著者 ロマン・ヤコブソン 翻訳 桑野隆 朝妻恵里子 出版社 平凡社 出版年 2015

言語学者ヤコブソンが築き上げた知の体系は言語学を逸脱して、他の領域に侵入し、壮大なスケールをなしている。そんな知の巨人のエッセンスを新訳によって紹介したのが本書。自分が読んだのは一章の「詩人を浪費した世代」だけなのだが、これを読むだけでもこの本は購入する価値があると思う。自分にしては珍しく読んですぐにまた読み返してしまった。ヤコブソンのマヤコフスキイに対する愛の深さ、そしてマヤコフスキイの詩への共感、彼の死を政治的に利用されてたまるかという強烈な意志に貫かれている。これはマヤコフスキイが亡くなってから一カ月後に一挙に書かれたものである。詩人マヤコフスキイを愛してやまなかったヤコブソンが、追悼するためにぜひ書かなくてはならないという強い思いに全編満ちあふれている。マヤコフスキイの詩のフレーズがまるでそらで次々に浮かび上がってきてるというのがよくわかる。その的確な読みにも驚かされる。引用だけでひとつのマヤコフスキイ論になっている。マヤコフスキイの詩が本質的にもっている叙情性、いつも死と背中合わせにあることが実に説得力をもってここで語られるのである。そしてなによりもマヤコフスキイが本質的に闘ってきたもの、それはブイト(不変の現在を安定させたがること、因循姑息ながらくたで現在をおおうこと、生を窒息させ窮屈で硬直した紋切り型へ変えること)であったこと、マヤコフスキイもロシアアヴァンギャルドもこれを敵にしてしまったがために、彼らは永久革命の道を進まざるを得なかった。マヤコフスキイの詩がヤコブソンの導きにより生き生きと蘇ってくる。マヤコフスキイの詩が読みたくなく一文でもあった。
訳した桑野さんに、この一文しか読めなかったけど、読んで良かったですと失礼な感想を言ったら、これが訳したかったので、そう言ってくれるとうれしいとまで言われてしまった。
とにかくこの一文だけでも読む価値があるのは間違いない。

大掃除

2015年12月 29日 (火) 16:44
野鳥の池まで走る。ずいぶんたくさんの鳥たちがいた。今年一番多かったかも。
朝飯を食べてから恒例の窓拭き大掃除。お昼すぎに終了。
午後は年賀状書きに専念。15時前には書き終え、ポストに投函しにいく。ついで買い物。今晩から長女が帰ってくるのでビールを買っておく。
帰宅して天皇杯サッカーの準決勝を観戦。宇佐美君ずいぶん調子があがってきたみたいだ。
「河童のコスモロジー」を読了。
漂流民の会のお小遣い帳を記入して、現金と照合。今年はこまめにやっていたので、ぴったし。
娘ふたりが今日は遅くなるというので夕食は奥さんと簡単にすます。上の娘も遅くなるということだったが、帰って来る前に寝てしまう。

帰宅

2015年12月 28日 (月) 6:16
今日は今年一番の寒さ。8時すぎでも零下。確かに寒い朝だ。慌ただしく朝食をとり、8時40分発のバスに乗り、泉中央へ。そこから地下鉄に乗ってなんとか約束の9時半に河北新報へ。荒蝦夷の人と合流、「石巻学」の取材を受ける。そのあとちょっとお茶して11時半から読売新聞で取材。「石巻学」を手にして写真撮影。これにて今回の取材は終了。昼飯を食べてからメトロポリタンで「石巻学」でお世話になった高成田さんとお茶。高成田さんはこれからある集まりで石巻に行くというので10冊「石巻学」を持って宣伝してくれるという。「石巻学」を売るためのイベントをしようということに。まずは2月13日本屋さんでトークイベントが決定。2号のいろいろなアイディアも出るが、なにせ1号を売らないと・・・
15時過ぎにお開き。今月開通した地下鉄東西線に乗ろうかとも思ったのだが、それほど時間があるわけでもない。次回にする。仙台始発のやまびこに乗る。下りは満員だが、上りはがらがら。持ってきたヒッチコックの映画「疑惑の影」を見る。よくできたサスペンスである。
19時過ぎに帰宅。購入したファイルボックスが玄関のところにドーン。これを書斎まで運んでセット。2段ぐらいは空いたままにしたいと思っていたが甘かった。あっという間に3段がいっぱいに。
年賀状のラベルを貼って今日はおしまい。ずっと返事がなかった芸人さんからやっと返事。これで一安心。
デラシネ号外で「石巻学」の案内をしたのだが、ほとんど反応なし。年末で忙しいのかな。とにかく今日届いた「石巻学」をこつこつと売っていくしかない。まだまだ終わっていないというか、始まったばかりだ。

蛍光灯替え

2015年12月 27日 (日) 22:08
朝起きて外を見るとうっすらと雪が。昨日夜には降っていなかったから朝方降ったのだろう。
朝飯を食べてから、今回の遠征の大きな目的のひとつ、蛍光灯をすべて替える作業。蛍光灯はヨドバシで買ってすでに家に送ってある。このネットで購入したものがちゃんと合うのかどうか心配ではあったがなんとか間違いはなかった。ただひとつ予定外の蛍光灯がひとつあり、おふくろと一緒に近くのスーハーに買いに行く。ついでに酒も購入。昼前になんとか作業終了。無事にぜんぶの蛍光灯を替えることができた。これで一段落。昼飯をたべてあとはぼんやり。澤のラストゲームなどを観戦したり、石田英一郎の本を読んだりして過ごす。
16時前に家を出て、軽くジョギング。七北田川にはたくさんの白鳥が。田んぼにもいたし、川にもいた。全部で何羽ぐらいいるのだろう。100羽ちかくいるんじゃないかな。
日が落ちるとかなり寒くなる。帰って風呂に入って、今日は寿司。おふくろと一緒にBSの日本の歌という番組を見る。下町の太陽の歌詞のなかで路地にも幸せをというフレーズにうなってしまった。23時前に就寝。疲れたかも。

石巻学発刊

2015年12月 26日 (土) 12:59
いただいていたラグビーのチケットがあったので、今年初めての秩父宮へ。いつもと違い青山一丁目で降りてしまい、正面入り口にたどり着くまで30分かかる、それにしても凄い人、人。五郎丸人気を少しみくびっていたようだ。嫌な予感通り、ヤマハファンクラブの券の引き換えは既に終了。そういうこともあると言われていたのだが、まあ仕方がない。千駄ヶ谷まで歩いて、そこから東京駅へ。やまびこで仙台に向かう。仙台は寒い。ラグビー観戦用のコートを着てきたので丁度良かったかも。さくら野の地下でナポリタンを食べる。途中石巻学をヤマト屋書店に配本している荒蝦夷の人からメール。うれしいじゃないか、レジ前に平積みされているじゃないか。
17時前に荒蝦夷の事務所へ。出来立ての石巻学を手に取る。いい本になった。まもなく石巻かほくの人がやって来て、石巻学の取材を受ける。そのあと18時半から朝日の取材。ありがたい話である。
それが終わって、近くの居酒屋で打ち上げ。
北仙台経由八乙女駅まで、そこからタクシーで実家へ。ラグビー観戦用に持ってきたイチジクのウォッカを軽くひっかけて一杯やってから就寝。

会報発送スタンバイ

2015年12月 25日 (金) 8:01
10時前に会報が到着。これをまずセットする作業にとりかかる。今回は会報もそこそこ厚いのに、史料集がついているので1センチぎりぎりの厚さ。およそ2時間でセット終了。
まずは上大岡のリーガルハットでちゃんぽんを食べる。このイートインコーナー、何度か来ているがなかなかドラマのあるところ。ついつい周りの客の動向に注目してしまう。
ユーラシア文化センターでアムール川の岩絵の展示展を見る。ハバロフスクから70キロというそんな離れていないところにナナイ族の貴重な文化が残っていることに驚く。仮面と馬とか鹿とかの動物が多かった。ナナイ族の世界樹の世界観にも注目だな。このあと開港記念館に向かい、「その音奇妙なり」という特別展を見学。そのあと閲覧室で、小山さんの本をカードにとっていて気になった新聞記事をコピー。ここに来たのは三原さんに言われて「アートタイムズ」11号のための新聞記事をコピーして以来。もしかしたらまた三原さんが呼び寄せたのかもしれない。自分の調べにとってここは資料の宝庫であることにいまさらながら気づく。ここで記事を追う三原さんの姿が目に浮かんでくる。小山さんの本を書評する機会をもらって、小山さんと会って、またその縁で松山さんとも会うことができた。そんなことはみんな三原さんにつながってくる。そして自分が追いかけているロシアに渡ったサーカス芸人もそこにつながってくる、もしかしたらこの閲覧室にまだ自分を待っている資料があるのかもしれない。
中野へ。安田君プロデュースのジャグリングの公演を見る。安田君が自信をもって薦めてくれた公演だったが、ジャグリングの公演を枠を越える、エポックメイキング的な公演になっていた。渡邉君という野性児の登場によってジャグリングの世界も殻を突き破ることになるのかもしれない。
23時すぎに帰宅。

クリスマスらしい

2015年12月 24日 (木) 9:59
奥さんも早くからでかけ、終日ひとり。昨日結構飲んでしまったようだ。久しぶりに8時すぎに起きる。もろもろメールとかをチェック、送ったりしてから買い物に上大岡にでかける。ライオン君は待ってくれていたようだ。可愛い奴だ。会報を送るときに使うゼムクリップを100均で購入。正月用の日本酒を2本購入。日高見と一の蔵。お店はケーキ売り場に列が。今日はクリスマスなのだと気づく。帰り道ライオン君はおねんね。
ずっと続けていてまたカタがついていなかった小山さんの「ロンドン日本人村を作った男」のカードをつくる。これにどのくらい時間をかけているのだろうと思う。おかげでやっと幕末の軽業団の動きをつかむところまできたようだ。ラーメンとおにぎりのランチのあとに、借りていたアルトマンの「ウェディング」を見る。披露パーティが開かれる御殿の持ち主のおばさんが亡くなったところで、前に見たことがあったことに気づく。ただ相変わらずでほとんどストーリーを忘れていた。結婚披露宴に集まる人間たちの姿を描いていくという、アルトマンの得意とする群衆劇なのだが、結婚式という日常をはみ出すさまざまな人間の隠された欲望を洒脱に軽快に描いていく。まさに嬉々として演出しているのが伝わってくる。それにしてもみんなよくもこれだけ怪優たちが集まったもんである。
映画を見終わったところで、会報を送るためのセッンティングをはじめる。今日会報が届けば言うことはなかったのだが、予定通り明日着という連絡をもらう。なんとか仙台に行く前には発送できるのがなにより。

銀杏の枝切り

2015年12月 23日 (水) 21:50
今日から冬休み。野鳥の池までゆっくり走る。久々に10キロ以上のジョグとなる。池にはかもたちが沢山群がっていた。いつもの冬の景色である。帰ってから恒例の銀杏の枝切り。午後から雨が降るということもあったので早めにやろうということ。1時間ほどで切り終える。
ファイルボックスを入れる予定なので、書斎の模様替え。納戸も整理。なんとかかんとか作業終了。ファイルボックスが入れば少しはいろいろとやりやすくなるかな・・・
漂流民の会の会報発送の準備。26日に仙台に行く前に発送できたらいいのだが・・・・
明日朝は雨という予報。走れないならということで飲みに走る。かなり飲んだ。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ