野毛のふぐ

2014年09月 30日 (火) 11:50
今日から早稲田の授業がはじまる。工事中だった教員室があった建物は完成し、立派なビルになっていたが、講義をするところはプレハブ校舎。狭いなあ・・・手伝いをしてくれるATさんは二年前もやってくれた人。心強い限りである。今回はヴィソツキイとエンギバロフがテーマだったが前半は良かった、後半はちょっと腰砕けになったかな・・・
次回はしっかりやろう。
昼過ぎに出社。来年用の企画書を提出。それから病院へ。最近モチベーションをあげてくれた美人の女医さんは出産のために今月で終わりとのこと。ショック!しかもせっかく下がった数値がまたあがっているし・・・
夕方野毛へ。今日は大道芝居のメンバーが集まってのふぐ大会。久々に会う人が多くて、楽しかったな。ふぐも今日のテーブルは素晴らしいふぐ奉行がいたので、美味しく食べられた。
二次会は柴田ちゃんの案内でほんとうは閉店時間すぎだった「ちぐさ」へ。ここのちぐさち入るのは初めて。
すっかりいい気分になって、帰りはまた能見台まで。

来年に向けて

2014年09月 29日 (月) 13:40
野鳥の池まで走る。相変わらず鷺と鵜が池を独占状態。まだしばらくはかかるのかな・・・・金木犀の香りがかすかにただよう。秋だなと思う・・・
来年の企画のために芸人さんといろいろやっている。いまはジャブの打ち合いかな。次回あたりからストレートを繰り出す感じだろうか。ちょっと気分を害しているのは最近メールがひどい日本語で来ること。翻訳アプリをつかっているのだろうが、テニオハめちゃくちゃ。
来年用の企画を二本立案。企画書もどきをつくる。わりといいものになったと思う。
神楽坂で打ち合わせ。そのまま直帰。

テロリスト・ライブ

2014年09月 27日 (土) 18:08
渋谷の映画館で韓国映画の「テロリスト・ライブ」を見る。わずか90分強の長さの映画だったが、まさにテロをライブでテレビで見せられているような緊迫感溢れる映画だった。人気テレビキャスターの座から下ろされて、ラジオ番組を担当する主人公のもとに、一本の電話が入る。これは橋の爆破を予告するものだった。暴言を吐いてやるならやってみろと電話を切ろうとするところで、爆発音。テレビ局のすぐ近くにある橋がほんとうに爆破されたのだ。切ったはずの電話だが、回線はまだつながったまま。警察に通報するという道をとらずに、主人公はこれを利用して、テレビでライブでオンエアすることにする。再びキャスターの座に戻るためでもあった。しかしここから事態は思わぬ展開に、ということなのだが、テレビ局の暗闘、政府の対応、意外な犯人像、など実にスリリングに事は進んでいく。
映画に関してはやはり韓国にはエネルギーがあると思い知らされる。これだけ骨太の作品を、たぶんそんなに金をかけずにつくっている。見事なものである。権力の実像にかなり肉薄したといえる。

企画書作成

2014年09月 25日 (木) 17:04
すっかりモードは来年へ。企画書をひとつ作成。なかなかいい出来なのではと思う。一日寝かして、明日もう一度見て、先方に送ろう。
これも来年の件で、アーチストにいくつか質問事項を送る。企画書を出すのに、名刺ファイルを整理。一年近く開かずの引き出しに眠っていたものを発見したのだが、結構大事な人の名刺がたくさん入っていた。いまどき名刺でもないんだろうが、やはり必要だ。
今週やらないといけないことは、来月のスケジュールをコンクリートにすること。リトルにも何度かいかないといけないし、スペースワールドにも行かないといけない。見たい芝居とかコンサートや映画もある。手帳にスケジュールを入れていく。おっと、おっとという感じ。ほぼ毎日なんかある感じになってしまう。
また夕方雨が降り出す。

匈奴

2014年09月 25日 (木) 15:37
書名 「匈奴−古代遊牧国家の興亡」
著者 沢田勲 出版社 東方書店 出版年 1996

古代遊牧国家のひとつ匈奴の成り立ちから東アジアから消えていくまでの歴史と、まだ解明されていない国家のしくみについて追った一般向けに書かれた歴史書である。東アジアには匈奴だけでなく、他の遊牧民国家もあり、それを一冊の概説書で理解するというのはかなり困難なことである。この本はそのいわば入り口にあたるところを概説している。そのためには先達の研究者のさまざな説を紹介していくことになるのだが、まだまだ謎は大きいと言わざるを得ない。著者がここで一番明らかにしたかったのは、匈奴という遊牧を生業とする人たちをまとめた集団がひとつの国家となっていくために何が必要とされたかということである。そのために社会構成や権力者の婚姻などについても突っ込んでみていく。
そこから遊牧民たちの生活が要求する集団さらには国家とは何かを見ていくことになる。
農耕民族にとって不可欠な土地についての概念とは別な概念を遊牧民はもっている。そして戦闘を勝ち抜くための知恵と力が必要となるか、そうした戦闘も大きな生業のひとつであり、騎馬民族ということから馬のための装飾品などもふくめ、鉄工芸というか鉄製品をつくっていたということも重要な視点を提供する。つまり農産品ではなく、鉄製品をつくることも匈奴にとっては重要な意義をもってくる。
東アジアから追われた匈奴は、西をめざす中で・ゲルマン民族の流失を招いたフン族のルーツとなっていたのではという視点もなかなか魅力的である。


台風接近

2014年09月 24日 (水) 13:05
9月の休みはリトルも北九州も天気に恵まれていたが、台風がどうやらやって来そう。温低にはなるらしいが、雨の被害が心配。現場のことで手一杯だったが、来年の企画のことをやらないといけない。
送られてきた映像リンクを見ながら、企画書のようなものをつくりはじめる。
懐かしい人から久々に電話をもらう。このところ同年代の仲間たちが、ガンとか脳梗塞とか心筋梗塞とかになっている。彼も脳梗塞になったという。いまは元気とのこと。こうして実現できるかどうかはわからないが、仕事の話しができるのはうれしいものである。
ウラジオストック日本センターのホームページでインタビュー記事が出てから、これもまた懐かしい人たちとメールのやりとりが始まったのだが、なかでも嬉しかったのはミミクリーチの演出家で、日本の五人囃子の演出もしたクリューコフといろいろやりとりがはじまったこと。彼はとても「サーカスは私の大学だった」を読みたがっている。日本語なんだけどね。
夕方から雨が降り始める。久々に神田のナウカへ。いますぐにでも欲しかった本があったのだが、在庫なしとのこと。
しかたがない。
20時すぎに帰宅。明日は雨らしいので、走れないだろうからということで、夜更かしを久しぶりに。ただ24時すぎるともうダメ、猛烈な睡魔に襲われ、そのまま就寝。

お引っ越し

2014年09月 23日 (火) 14:52
以前フラグメントの西山さん(拙著の装丁をいつもしてくれている)から相米慎二の「お引っ越し」っていいよって言われて、BSで放映されたのを録画しておいた。それをふと思い出して、見ることに。
不思議な映画だが、面白かった。子役の女の子すごいなあと思ったら、田畑智子だった。ラストの琵琶湖(?)のシーンは幻想的で、素晴らしい!桜田淳子も実にいい味を出していた。
傑作である。

冨岡のちいさい秋見つけた!

2014年09月 23日 (火) 12:09
能見台経由で野鳥の池まで久々に走る。そこで見つけた冨岡のちいさな秋。
長浜公園の野鳥の池まだ渡り鳥たちは戻っておらず、カワウとサギの天下。ただこのところシルバー撮影隊が増えているのは、渡り鳥待ちか

街路には銀杏が落ち始めている

街路にはどんぐりが落ち始めている

秋の雲

きみの出番だ、同志モーゼル−詩人マヤコフスキーの変死の謎

2014年09月 22日 (月) 17:14
書名「きみの出番だ、同志モーゼル−詩人マヤコフスキーの変死の謎」
著者ワレンチン・スコリャーチン(小笠原豊樹訳) 出版社 草思社 出版年 2000年

小笠原豊樹さんの「マヤコフスキー事件」を読んで、いままでずっと自殺だと思っていたマヤコフスキーだが、ゲーペーウーによる暗殺ではなかったという説が、かなり説得力をもってきた。小笠原さんの本にも何度か引用されたこの本が出たのは、10年以上も前のことだったということにちょっと驚き。この時は完全にノーマークだった。著者はこのルポを連載中に脳溢血のため亡くなっているという。そのためこのルポも著者の調査がすべて反映されているというわけではない。ただその手法というか、ぐいぐいと謎に迫っていくやりかたは小気味いい。なによりも衝撃的なのはマヤコフスキーの愛人であり、後見人でもあったリーリャ・ブリーク、そして我が「アートタイムズ」3号の表紙を飾った夫のオシップのふたりが、ゲーペーウーのエージェントであったということである。マヤコフスキーの死後、スターリンにマヤコフスキーの復権をもちかけ、それにも成功させている。著者によれば、このリーリャ・ブリークは、2度もマヤコフスキーを貶めたことになる。ひどいもんだ。そしてマヤコフスキーのまわりに出没するふたりのゲーペーウーの人間たちのマヤコフスキー死後に進んだ道のり。状況証拠真っ黒けのこのふたりとブリーク夫妻がマヤコフスキー暗殺の黒幕、もしかしたら実行犯だったということになる。恐ろしい話である。
この本を読んで一番驚いたのは、マヤコフスキーの遺書を分析したエイゼンシュタインの覚書であった。彼はマヤコフスキーが暗殺されたかもしれないということを見抜いていたことになる。
「マヤコフスキーは片づけられなければならなかった。だから片づけられたのだ・・・」そして遺書にづいても「マヤコフスキーはこのようなものは一度たりとも書かなかった!」と書いているのだ。驚くべきことではないだろうか。

年金請求書提出

2014年09月 22日 (月) 9:43
ウラジオストックの日本センターのHPに載った自分のインタビューのリンクを見たというメールをたくさんのロシア人から
もらっていたのだが、リトルの仕事があったりで気持に余裕がなく、返事できないでいた。今日はそれに対して返事を書いて送る。結構時間がかかる。
昼飯を食べてから、渋谷の年金事務所へ。年金請求書が届き、それに記入して、必要な添付書類(住民票とか戸籍抄本)を入手して、送っても良かったのだが、何度読んでも理解できないところがあったり、また記入漏れとか、間違いとかあるとややこしいかなと思い、直接届けようと思った次第。老齢年金というやつが61歳の誕生日のあとからもらえるらしいのだが、一定の収入がある人は停止ということで支給されないということだ。やはり記入漏れが一カ所あった。いくぶんシステムがわかったような気になってきた。要は、これは65歳になって年金がもらえるようになったときのための一番ベースになる書類ということだ。
会社に戻ると、ロシア人からさっそく返事が来ていた。
いくつか送られてきた映像リンクを見る。
今日は気功、両国へ。相撲が終わったばかりで人で一杯。先生の奥さんが2週間以上入院したということで、いろいろたいへんだったようだ。なんにもできなかったのがなんとも心苦しい。
21時過ぎに帰宅。今日は気功だったので休肝日。明日は祝日でお休み、ありがたい。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ