ダメじゃん小出 黒く塗れ!

2014年05月 31日 (土) 6:55
公演名ダメじゃん小出ソロライブ「黒く塗れ!」
観覧日 2014年5月30日(金)午後7時〜
会場 横浜にぎわい座小ホール

久々の小出のライブ。両国のライブはちょっと異色だったので、レギュラーのライブはもしかして今年初かな。金曜日の夜会社帰りに聞くライブとしてはうってつけかもしれない。サンデーモーニングのようなノリでゆるーく最近の出来事を振り返る。このくだけた感じがいい。京急ネタはお得意だが、黄色い電車については昨日また乗ってしまっただけに笑えた。上大岡から先に住んでいる京急沿線住民の怒りは、まだまだあんなもんじゃないぞ。平和島あたりに住んでいる人たちにはわからないかもなあ。ちなみに昨日も帰りは南太田で二本、上大岡で二本通過を待たされた。ちょっと怖かったのはアベちゃんネタ。アベの仮面をかぶって、いま大はやりのあの「アナと雪の女王」の歌をバックに、パントマイムというかなんというか、しゃべらないで演じるのだが、消費税という文字を見せながら、風船で8をつくり、それを横にして無限大にするのには大笑いしたが、集団的自衛権のところでは「自分の思うまま」という歌詞がかぶり、仮面のあの無表情な安倍の写真が不気味に見えてきた。ちょっと寒けさえ感じた。小出も言っていたがちゃんと監視しないと、閣議だけで好きなように決めてやっていくぞ、こいつは、そんなことを痛感させられた。
三浦半島武山自衛隊基地の一般開放デーで訪れたというルポにも笑わせられた。でかいカメラをもった人たちを冷やかしながら、自分もそうじゃんと見せるところがおかしい。しかし相変わらず目のつけどころはシャープだな。
自分はちょっといけそうもないのだが、6月13日の負け犬ではなにか今後の活動について発表するというのだが、いったい何をしでかすのかますます気になってきたライブでもあった。

圭登君と再会

2014年05月 31日 (土) 5:38
今日は走らず、土曜日のお楽しみヒーター・バラカンの「ウィークエンドサンシャイン」をゆっくり聞く。特集はオールマンプラザーズ、グレッグ・オールマンなんか70いくつでまだ現役やっているらしい。久々にサザンロック満喫。
昼過ぎに家を出て、亀有に向かう。途中横浜のヨドバシに寄って、Mac用のプロジェクターコードを購入。来週のサーカス講座用。亀有で降りるのは久しぶり。しかし暑い!冨岡より4−5度高いんじゃないか・・・・中華屋で定食を食べて、会場のリリオホールへ。バトンをやっている人ってこんなにいるのかという感じ。特に女性が多い。今日は圭登君の先生の紹介でご招待してもったのだが、先生のところにいろいろな人が次々に挨拶にやってくる。
公演後圭登君と再会、この前会ったのは雪が降ったあとの横浜だったから、たぶん2月か。あれから3カ月しか経っていないが、ずいぶん背が伸びたような気がする。これからが成長早いんだろうな。7月にはイギリスへ行くという。がんばれ!
途中先生と圭登君と西日暮里で別れ、帰宅。

ジャック・カロ リアリズムと奇想の劇場

2014年05月 30日 (金) 13:31
展覧会「ジャック・カロ リアリズムと奇想の劇場」
会場 国立西洋美術館

ジャック・カロである。私にとってジャック・カロは、山口昌男とつながっている。コメディアデラルテの登場人物のあのしなやかな動作を描いた彼の版画は、衝撃的であった。同時代に生きた画家が描いたものだけに、このまま版画から出てきてすぐにでも演技を見せてくれるのではというリアリティがあった。今回ここに集められたのは何点あったのだろう。かなりの数で、それは彼の人生を俯瞰することにもなっている。
自分にとっての圧巻はまずあのコメディアデラルテのふたりのザンニの姿。画面から飛び出てきそうである。それと大きく俯瞰から捉えられた市とか祝祭の版画にも圧倒された。インプルネータの市という作品では、ルーペでじっくり見ると、また細かにさまざまな人間たちの姿がうごめいている。そんな躍動感がつたわってくる。腕に蛇をまきつけて口上を言っている芸人なんか、その口上が聞こえてくるような臨場感だ。ナンシーの競馬を描いた作品にはうれしいことに竹馬をはいたパフォーマーやコントーションの演技をしている芸人の姿を見ることができる。アウトサイダーというコーナーの「小さな道化たち」と題された連作も小人の生き生きした姿を描いたもの、この他にもジプシーや乞食など、周辺で生きる庶民たちの哀感を生き生きと描く。かと思うと戦争をリアルに描いた作品でぞっとするような場面に何度も出くわす。絞首刑や車裂きの刑の場面などにははっとさせられる。
一時間ぐらいで十分かと思ったが、もう少し時間があった方がよかったな、それがちょっと残念。

アジサイ日誌2 少年と白い馬

2014年05月 29日 (木) 13:10
あじさいのつぼみが早くも・・・他でも咲き始めたあじさいを見かけるので、いよいよこれからかな。
サハのフェスティバルに出演する芸人さんから査証の件で問い合わせがあったので、まずは自分たちがどうだったかをそのときにやりとりしたメールを見て、状況を思い出す。あの時も結構はらはら綱渡りだったような気がするのだが、今度の彼の方がさらに難度の高い綱渡りになっている。サハの秘書と何度かメールのやりとり。なんとか無事でとれればいいのだが・・・
澤田さんにいつもの件で電話。忙しいようだが、ちょっとがんばってもらわないと・・・・舶来寄席の件でちょっと意見交換。
長谷川濬さんの息子さんとここんところ行事になっている文化座の芝居を見る会。今日はシアターχで愛さんの語りとモンゴルの民族歌舞アンサンブルとのコラボ。とてもいい会だった。愛さんの語りも心に響いてくる。あの馬頭琴の音色のように、ふくよかで心にしみこんでくる。語りの神髄は、情景が見えてくるところにあるのではないだろうか。最後スーホのもとに血だらけでやってきた白い馬をスーホが胸にいだくというところではその場面がはっきりと見えてきた。アンサンブルとのコラボも、うまくいっていた。音楽が背景になるのではなく、でしゃばらずに、きちんと音楽を表現していた。戦争好きでわがままで勝手なことをいう王と、わが国の首相の顔がダブって見えたのは私だけではあるまい。
帰りは浅草橋まで歩き、居酒屋で軽く飲む。23時過ぎに帰宅。

アジサイ日誌1

2014年05月 28日 (水) 11:54
つばめが旅立ったということは、そろそろアジサイの季節。書斎の外を見てみたら、アジサイの花がすでに蕾をもっていた。しかし去年と比べたら、葉ぶりがえらく大きくなってきたような感じがする。
昨日の初水族館体験の余韻がまだ残っている感じ。勢いで久々に感想をアップ。
15時から打ち合わせ。大好きなクラウンのひとり、パルーニンのスノーショーがこの夏公演することになった。今年の夏は、ルノアもやるみたいだし、いろいろと重なるな・・・・
帰りヨドバシに寄って、プロジェクターにつけるコネクターを見る。そのまま今日は帰宅。

嘆きの天使

2014年05月 28日 (水) 10:55
「Ninfa 嘆きの天使」
水族館劇場
作演出 桃山邑
会場 太子堂八幡神社境内特設舞臺「化外の杜」
観覧日 2014年5月27日

初めての水族館劇場体験。久しぶりに強烈だったし、楽しかったし、面白かった。古書ほうろうの宮地さんがずっと見たらいいですよと言っていた意味がやっとわかった気がした。自分のツボに一直線で来てしまったという感じか。
まず会場となった太子堂の八幡神社のたたずまいがいい、住宅地の中にあるのだが、なにか妖気のようなものがただよっていた。
開演はこの神社のなかの外で演じられるのだが、プロローグなんてあまいもんじゃない。神社の中に立っている木をつかい、さらには橋懸のようなセットも飛び出すわ、伊勢大神楽の水の曲が演じられるは、プールに人は落ちるわ(どうもこれがこの劇団の常套手法らしい)、一挙にまさに河原ものたちが奏でるカーニバルの世界へと引き込まれる。
これが終わり、整理番号順に特設テントステージへと案内されるのだが、これがまた本格的な小屋になっている。巧みな役者さんたちの誘導でこの小屋に入ると、さらにわくわく感が増してくる。しかもセットがこれまたすごいのと、中央に東洋一のサーカスと書かれた絵看板、下手側には映画館という嬉しくなるセット。これは弘前の設定で、これが何度か回り、網走のセットと変わる。これだけでも十分驚いたのだが、この前見た「フエルサブルータ」真っ青の水がなんども降り続けるし、さらにはこれらがまたセット替えしてしまうのだから、すごい。可笑しかったのはこのセット替えの間を埋めた山谷の玉三郎。ほぼできあがった状態で、よくわからない踊りらしきものを見せてくれた。
芝居自体だが、筋立てはかなり粗削りだが、自分にとっては身体の一部と言ってもいいか北方のエキスが詰め込まれたもので、北方幻想が見事に浮かびあがっていたと思う。
軸に永山則夫をおき、それを包む北を彷徨う人々たち、北のからゆきさん、ニコラエフスクで置いてロシア人とのハーフの曲馬団の娘、石光真清、ベーリング特急に乗り込む宮沢賢治の「氷皮鼠の毛皮」の登場人物たちが、濃密な北方流民たちの世界をつくりあげる。(二場のセットはコマリのラーゲリが上手、下手には商社のシマダ商会の看板がかけられた建物だったが、自分にとってはこのシマダがロシア語になっていたので、拙著「明治のサーカス芸人はなぜロシアに消えたか」に出てくる、シベリアを彷徨った朝鮮人サーカス芸人シマダと重なってきた。彼も間違いなくこの芝居の登場人物たちと重なりあう人物となる)
ラストシーン。ソリでオルガ(曲馬団の娘)がセットの背景となる杜のなかに消えていくシーンは幻想的で美しかった。
最後ダッタン海峡を渡った蝶に託された黒い女がつぶやく「星の声が聞こえたよ」というセリフも心に沁みた。
正直次の作品はなんなのとすでに楽しみにしている自分がいる。快作である。

つばめは旅立った

2014年05月 27日 (火) 10:38
ブーシェルの丸山さんがアートタイムズ30部購入してくれたので、それを送るために朝からバタバタ。結局一番安いのはゆうパックということはわかったのだが、ローソンは家から遠い。確か杉田の駅の近くにあったのではと紙袋に入れて家を出る。杉田駅の近くにあったのはサンクスであることが電車の中から確認できたので、杉田では降りず、そのまま横浜へ。なんのことはない中央郵便局から発送。でも510円で済んだ。
秋の企画の件で確認の電話を入れておく。見積もりを作成送付。昨日に引き続き号外を作成・配信。
17時半に会社を出て、三軒茶屋へ。初めて見る水族館劇場をやっている太子堂八幡神社へ。休憩なしでおよそ2時間半という。年とってなにかと近くなってきており、この前も「ホビット」を見たとき途中でトイレに行ったこともあり、かなりナーバスになっている自分がいる。開演ちょい前にトイレへ。
いやめちゃくちゃ楽しかった。
久しぶりに高揚した気分で帰宅の途へ。
冨岡のつばめさんたちどうやら旅立ったみたい。巣はすっかりものぬけの空。今年はえらい滞在が短かったのでは・・・・なんかちょっと寂しいよな気分になる。

ツアー3日目

2014年05月 25日 (日) 17:02
いよいよツアー最終日。気合を入れるために走る。まったく未知のところだったが、そのあたりは長年の勘という奴で走り始める。滝川公園という標識が見えたのでそれを求めて走る。いい公園だった。池があったのだがそこに釣り人が三人ぐらい。きっといい場所なのだろう。
ホテルに戻ってシャワーを浴びようと裸になって栓をひねるもまったくお湯がでる気配なし。フロントへの電話は廊下にあったので、寝間着を着た状態で廊下に出ると、春名さんがどうした、どうしたとばかりに部屋を覗きに。いろいろやってくれたがそのまま。やはりフロントに電話することに。結局別な部屋でシャワーを浴びることに。
9時半出発。途中野蒜築港ファンクラブの松川さんをピックアップ。バスの中で案内してもらいつつ、碑が立つところでみんな降りて、松川さんの話しを聞く。このあと縄文館へ。今日はお祭ということであちこちテントが立ち、ちょっとしたフリーマーケット状態。ランチのあと帰られる方がおられるので、まずはジャケットを見てもらう。
このあとランチ会場の大高森観光ホテルへ移動。ここでツアコン3日目で集中力をなくしつつあることが露呈。またしても昼食がひとり足らなくなる。ドライバーさんに悪いことをした。ちょっと凹む。
縄文館にまた向かいトークイベントのゲストとして出演。いささか疲労が重なり、しどろもどろだったような気もするが、なんとか終える。お客さんが結構いた。それも若い人の姿も。これはとてもいいこと。「奥松島物語」少しは売れているといいのだが、それも確認できず、船に乗るためにまた大高森に移動。佐藤さんが手配してくれた漁船が2隻待っていた。こんな経験はなかなかできないもの。もしかしたら今回のツアーのメインイベントかもしれない。二手に分かれ、救命具を着用して乗船。寒風沢に向かう。地図で見ると寒風沢と宮戸は近い、それを実感することになった海上ドライブであった。船の上では佐藤さんが歌まで披露してくれた。15分ぐらいの乗船で寒風沢に到着。ここで佐藤さんたちとはお別れ。
ここからは寒風沢出身の会員さんである綿さんと津太夫の子孫加藤さんが案内してくれることになる。まずは松林寺へ。ここで綿さんから主にNPOしをがまのとりくんだ津太夫を中心とした漂流民との関わり方について説明。そのあと加藤さんが代々伝わる津太夫にまつわるものを見せてくれる。
久しぶりに日和山に登る。やはり眺めおろし見える風景がかなり変わっている。そういえば松林寺の入り口の空き地に宅地が醸成されていた。10戸の家が建つという。どうしても島を離れたくないという人たちだという。
16時38分発の定期船に乗り、塩竃へ。ここでふたりの参加者とお別れ。我々は一路仙台駅へ。
18時過ぎに仙台駅到着。ここでツアー部隊は解散となる。なんとかかんとか無事終わったことがなによりであった。
みなさんどんな感想を持たれたかはわからないが、自分が一応プランニングしていたことはすべて実施することができたことについては、自分の中では満足。ただなんかしら疲れてしまった。
会社用のお土産を買い、始発のやまびこに缶ビールを買って乗り込む。ささやかに終わったということで乾杯。あとはひたすら寝ていた。
22時すぎに帰宅。すぐに寝ればいいのに、アジアサッカーの決勝戦を見てしまう。なでしこ、あっぱれである。中国戦の延長でみんなへとへとの時に長い距離を走った川澄は、この試合でもなんども見せ場をつくった。立派な優勝である。
結局1時すぎまで起きていた。

ツアー2日目 

2014年05月 24日 (土) 15:33
ツアー2日目。夜行で来た二名が朝から合流することになっている。朝御飯を食べてから散歩。隣がサンファン館。海がきれいに見える。9時25分集合。今日から参加の二名と昨日案内してくれた庄司さんも参加してサンファン見学。事前に学芸員の方に、震災・津波による被害、それから復旧、再開に至るまでの説明をお願いしていたのだが、最初にシミレーションシアターを見た後に下に降りて、説明を受ける。下の船があるところはまさに津波をもろに受けることになり、下の展示物自体はほぼ流されることになる。なによりも大きな被害を受けることになったのは、サンファン号の帆柱であった。3・11は乗りこえたものの、一カ月後に前帆柱が折れてしまう。そのあとの復旧について学芸員の中澤さんがしっかりと説明してくれた。
11時ここを出発する予定だったのだが、ショップでお土産を買う人もおり、ちょっと遅れる。今日から明日の二日間は同じドライバーさんなのだが、ちょっと強面で、言い方がぶっきらぼうなので、最初は気後れしながら対応。ツアコンはこういうことにもひとつひとつ対応しないといけない。
このあと女川中学に向かう。若宮丸漂流民史蹟とはまったく関係ないのだが、1月にこれを見て、ぜひとも見ていただきたいと思った。女川の中心地の壊滅的な状態にはみなさんずいぶん驚かれたようだ。
ちょっと押し気味。昼食会場に30分ほど遅れて到着。さかな市場内にある食堂。嬉しかったのはここの市場にほやがあったこと。一個250円だった。ツアコンここでミス。昼食する人数をひとり少なく申告。ひとつ足らなくなる。自分が皆さんとは違う弁当を食べることで乗り切る。
5分ほど遅れて土蔵修復完了イベントに到着。何人も顔見知りの方が。
自分も石巻若宮丸漂流民の会を代表してあいさつ。
そのあと高知からこのイベントのために送られてきた栗焼酎をいただく。3時すぎに出発。
これからは東松島編。まずは観音寺へ。ここでは渡辺和尚さんと会員の千葉さん、東松島郷土史友の会の佐藤さんが待ち構えてくれて、案内してくれる。太十郎の墓を参拝したあと2階に行き、レザーノフ来航絵巻コピーをひろげて見学。
このあと室浜にある世界一周の碑を見学。途中佐藤さんが住んでいた大浜地区に寄る。いまは家のない浜で、佐藤さんがずっと撮り続けてきた写真を見せながら、当時のことを解説してくれた。いかに風景が変わってしまったのか・・・むごい話しである。浜辺では外人さんと若い女の子たちがなにやらポーズをとりながら写真撮影をしていた。
世界一周の碑を訪ねたのは去年の秋か。行くまでの周りの風景ががらっと変わってしまったのに驚く。碑へ行く山道の前の道路は工事現場となり、トラックが行き交っている。
ここで今日の予定は終了。矢本のイオンの近くのホテルに向かう。チェックインして、昨日と同じように午後6時半から食事。
部屋に戻るともうなにもする気にはならずただテレビをぼんやりながめるだけ。近くのマックスバリューで缶ハイボールを買って、締め。

ツアー1日目

2014年05月 23日 (金) 10:06
朝ジョギング。田植えしたばかりの田んぼにかもめが群がる。
仙台駅に20分前に到着。バスの位置を確認。集合時間12時に全員集合、バス出発前に簡単な自己紹介と今日の予定、いよいよ初めてのツアコンの始まり。バス出発後今日の訪問先に電話。
13時半にニューゼ到着。二階のカフェでランチ。みんなそれぞお互いに馴染む。食事後館長の武内さんが壁新聞誕生の話などを説明。現状として昨年秋ぐらいから仮設暮らしをしている人から疲れたという言葉を耳にすることが多くなった、今後の大きな課題として心のケアがあるのではという話が印象に残る。
復興マルシェに寄って禅昌寺へ、ここでは会員の庄司さんが解説してくれた。このあと同じく会員の伊藤さんの私設資料館梅はたけを見学。
このあと日和山へ。中瀬でちょっと降りて、ハリストス教会があったところを見る。この前4月に来たときはあった建物はすっかりなくなっていた。解体し、また別な場所に移築するということだが、まだ場所は決まっていないとのこと。コンビニに寄って酒を購入したあと、今日の宿泊地サンファンビレッジにチェックイン。
6時半夕飯。8時前にお開き。ネットがワイファイなのだが、つながりがあまりよくない。こういうときはなにもしないことだ。
21時過ぎに稲垣さんが到着、明日の集合時間など伝える。
23時前に就寝。まあ無難に終わったという感じかな・・・・
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ