千秋楽

2013年06月 30日 (日) 9:28
しばらく犬山にはこれないだろうということで、昨日結構飲んだのだが、ちょっとがんばっていつもの木曽川沿いを走る。今日は朝市。たくさん店がでていた。帰り道面白いものを発見。忍術道場。そういえばこの家に手裏剣大会のポスターが貼ってあった。怪しげだよな。
ギャラが入ったリックを背負ってリトルへ。いつものように常連客で前の方はいっぱい。
3回目の公演はいつものようにゼリョンヌィ(みどり)おふざけショー。まったく打ち合わせがないなか¥フレゼントのネタをフェルーザの代わりにアジザがやったり、トゥイチーのエスケープの前にアルマーズとバックのマジックがあったりと、大笑いしてみていた。笑えなかったのが、例の箱差しをアジザがやったこと。あとで聞いたらトゥイチーもびっくりし、恐かったと言っていた。やあ恐かった。公演後ステージで記念撮影。みんなと千秋楽おめでとうの挨拶。
18時前に撤収終了。片づけが終わったところでギャラの支払い。トゥイチーがバスに乗れなかったので、宿舎まで送ってもらう。
19時半から打ち上げ。しかし今年の公演ほどいろんなことがあったのは近年なかったかもしれない。特に連休明けにいろいろ重なった。ただお客さんの評判も良く、また前年から比べてかなりの上乗せがあったというリトルの方からの話しを聞いて、ほっとする。みんなも喜んでいた。
やっと終わったという実感がわいてくる。
娘からメール、ひとつ内定がでたという。面白いところを受けていたものである。これからどうするのかはまだのようだが、ちょっとこっちもほっとする。

犬山入り

2013年06月 29日 (土) 9:43
アートタイムズの図版の件で、三原さんに電話。捜し物が開港資料館にあることを知り、さっそく出かけることに。
地下の資料館は初めてかな。今日は捜し物が明確なので、三原さんの指示通りレファレンスの方に聞いてみる。親切に一緒に探してくれて、すぐに記事が見つかる。しかしこの記事を捜し当てるためには相当注意深く読んでいかないといけない。三原さんのすごさをあらためて思い知る。
菊名でおりて、駅前で昼飯食べれるところを探す。西口商店街、なんかへんな商店街だったなあ。ラーメン屋さんに入る。まあまあかな。
ホテルにちょっと仕事をして、今日はかつてリトルでお世話になった方が最近現役をリタイヤーされたというので、そのお祝いということで遊園近くの小料理屋で一杯。相変わらず話しが上手、腹を抱えて笑わせてもらった。自分の会社勤めといは言えるが、やはり大きな会社で働いてきた方とはやはりちょっと違うのかもしれない。第二の人生という言葉の重みがひしひしと。楽しい宴であった。

いざロードへ

2013年06月 28日 (金) 16:32
富岡駅のつばめちゃんたちは元気である。親が運んでくる餌を大きく口を開け、受け取る。まだ色は褐色だが、これから楽しみ。
いよいよ明日から犬山、大阪、富士見とロードがはじまる。一週間強なのだが、やらないといけないことがいろいろある。前回までの精算を終えて、仮払いをもらう。今回は帰りがバラバラなのだが、それをひとりでやることになる。カザフからの荷物の件で打ち合わせ。ちょっといままでとは違うやり方で今回はやるようになるかも。
パソコンと書類でパンパンになったリックを背負って早稲田の金の鈴へ。
今日は桑野さんたちと新たな企みの打ち合わせ。なんとなく楽しくなりそうな感じになってきた。
西早稲田から横浜までまっすぐというのがなんとも便利。

サンカの真実

2013年06月 27日 (木) 17:08
書名 「サンカの真実 三角寛の虚構」
著者 筒井功  出版社 文藝春秋(文春新書) 出版年 2006

服部英雄の「河原のモノ、非人、秀吉」を読んだとき、この本のことを知り、興味をもち読むことになった。一気に読んだ。サンカ研究の第一人者である三角寛の虚言癖を暴き、彼が発表したサンカ研究がほとんどすべて虚構のものであったということを暴露した本なのだが、こう比較してはいけないかもしれないが、佐野眞一の剽窃を暴いた宝島の本のような不快な読後感はなかった。自らもサンカを研究する筒井本人が、サンカ研究を前に進めるためにもどうしても障害となっている三角の嘘を暴かなくてはならないという使命感をもって書いたということはよくわかる。
ふたつ驚いたことがある。
まず三角のやったことのひどさ。よくもこうしゃあしゃあと話しをつくることができるのだろうかということ。筒井はそれを裏付けるために事実をつきつけるだけでなく、三角の虚言癖まで暴くことになる。サンカたちに写真をとらせていたということが、彼の嘘を明らかにするきっかけとなるのだが、それだけでなくサンカ文字とかサンカ言葉とかよくもそこまで創作できたものである。この嘘ぶりにはほんとうに驚く。
もうひとつはサンカのフィールドワークをするのにまだ(この書が書かれた時点で)間に合うと言われていることである。すっかり滅びいまはないとされているサンカたちの後裔たちから聞き書きをとるなかで、まだサンカの生態、歴史を知るための史料が集めれるとしていることである。
さまざまな人たちから取り上げられているサンカの問題、自分もクグツとの関係で興味は持っているのだが、基礎史料がないということと、三角の嘘のために学問として位置づけることができない。それをなんとかしたいということで、とにかく三角の嘘を暴かなければということになった。
ほんとうに罪作りな人である。そういえば長谷川濬もかつて彼の人世座で働いていたことがあった。

レ・クザンの解散

2013年06月 27日 (木) 11:29
ベイサイドマリーナを走っていると、ホテルの前のところにクレーンがあって、たくさんの人が群がっている。どうやらCMかなんかの撮影のようだ。タレントさんらしき人は見当たらなかった。6時ちょっとすぎだもんな、まだ準備というところなのだろう。それにしてもどうしてこんなに人がたくさんいるのだろう・・・
昨日たっぷりと雨をすってあじさいがきれい。水滴が葉っぱについていると、あじさいがとても元気に見える。
今日はいい天気になりそう。久しぶりに山道から遠く木更津の方まで臨めた。

ふって沸いてきたような仕事の話し、自分たちの担当しているところからだんだん離れていっているような気配。
ネコのトイレのことで返事が来る。猫を飼っている同僚たちからいろいろ聞かれるが、自分はちょっともわからない。
ずっとやっている算数問題については、おじさんは放棄を決断。その旨トゥイチーに連絡。
ヤクーツクのセルゲイに拙著「サーカスは私の大学だった」を送る。すっかり忘れていた。そういえばまもなく松本でやる空中キャバレーに出演するジュロにもあげないといけないな。ジュロといえば、2,3日前にレ・クザン解散のメールがあったなあ・・・日本にも何度かきてもらったし、そもそもカーニバルプラザの仕事で一緒になった3人がつくったグループ。なんとなく感慨深いものが・・・

やはりダメだ算数は

2013年06月 26日 (水) 11:06
舞い込んできた仕事の話しが、進み始めている。意外な展開となるか・・・そうなったらいいのだが。
相変わらず算数に苦労している。だいぶわかってきたのだが、肝心なところで誤差がでてしまう。
ローマから荷物運搬をする会社を紹介してもらう。見積もりでちょっと気になったことがあったので、ロシア語でカーゴ会社にメールを送ったら、英語でもう一度書いてもらいたいという屈辱的なメールがくる。厭味たっぷりなメールをまたロシア語で送ったのだが、さりげなくかわされてしまう。
ネコのトイレの件でまた質問があったので、今度は写真付きで問い合わせ。
今日はかなり強く雨が降り続ける一日となった。
富岡駅のつばめ君、元気にお母さんがもってくる餌を食べている。

数字アレルギー

2013年06月 25日 (火) 11:34
富岡公園の小さな池に住んでいるカモの姿をしばらく見なかったのだが、久しぶりに泳いでいた。ただし一匹だけ。いつもはつがいでいるのに・・・ちょっと気になる。
リトル組の帰国の段取りがもしかしたら変わってくるかもという動きになってくる。様子を見るしかない。
しゃぼん玉のもとになるものを発注。リトルには土曜日の夜から入ることにする。
支払いの件でトゥイチーと昨日からいろいろやっているのだが、単純な算数の問題なのだろうが、自分には理解できない。午後これに取り組むも、やはり理解を超えている。自分が情けなくなる。そのうちにトゥイチーから電話。数字を電話口で並べられると、完全にパーになってしまう。アレルギー状態になってしまう。
いったん頭を冷やすために、もう一度メールで送ってくれるようにお願い。
富岡駅の燕たち、やっと雛がかえったようだ。気配がまったくなくなり心配していたのだが、良かった、良かった。4羽の雛の頭だけだが、巣から顔を出していた。

あと一週間

2013年06月 24日 (月) 10:46
ベイサイドを走っているとき、一カ月近く会ってなかったおじさんと遭遇。こっちが早く走るようになったのであわないだけなのだが、なんとなくうれしくなり、挨拶を交わす。
通勤途中三カ所で悲鳴のようななきごえが聞こえる。たぶんリスと思って上の方を見ると、案の定。リスの繁殖はすごいと聞いていたが、富岡近辺に確実にリスが増え続けているのは間違いない。
毎日気になっているのだが駅のところにある燕の巣。ひなが生まれた形跡がない。先週ぐらいはずっと温めていたようにも見えたのだが・・・ちょっと心配。
今日の公演が終わればいよいよあと一週間。なんか今年は長く感じる。またいろいろあったのですんなり帰国の準備もできなかったのだが、さすがにこの時期になるといろいろやらないといけなくなる。
今日は珍しく仕事の問い合わせが二件入り込む。そううまくはいかないだろうが・・・
富士見でオスマンがやるしゃぼん玉のもとになるものを以前買ったのだが、そのデーターがなくなり、ちょっと混乱。やっと見つける。薬屋に行って同じようにしゃぼん玉の素を購入。
家への帰り道トゥイチーから電話、かなり焦っていた。支払いの内容について。

リトルも一週間で終わり

2013年06月 23日 (日) 12:13
木曽川の朝市を見に行こうかとも思ったのだが、昨日みっちり走ったのでその体力はなし。久々に寝坊君。
10時過ぎのバスでリトルへ。一回目の公演のあと、アルマーズに特別にお願いしてしゃぼん玉のショーを見せてもらう。昨日急に頼んだことなのだが、快く引き受けてくれた。屋外なのだが、インパクトはある。三回公演の日にお願いすることではなかったのだが、実際見ておいてよかった。これは富士見のサーカスバザールでやってもらうことになる。
一時の回のあとトゥイチーとワーリャにも参加してもらい、ネタの打ち合わせ。大体の方針がきまる。
今日はカフェでランチ。
3回目の公演が一番入っていた。このメンバーで公演するのもあと一週間。チームワークのよさがステージからも感じることができる。なんかちょっと寂しい気もする。
3回目の公演のあと、オスマンのメンバーを集め、打ち合わせ。リトルのあとの富士見への移動、サーカスバザールのショーの内容などについて説明。
慌ただしい一日だったが、なんとか用事は済ませたかな。
20時すぎに帰宅。「太陽を抱いた月」の総集編を見てから23時に就寝。つくづくヤンミョン君がかわいそうになる。ただずいぶん雑なつくりの総集編だったなあ。

あじさい祭からリトルへ

2013年06月 22日 (土) 12:02
八景島でやっているあじさい祭をジョギングしながら見に行くという恒例行事。そんなすごくはないのだが、なにか気になって見に行ってしまう。
土曜日ということもあるのかもしれないが、そこそこ人はいた。帰りはバスでもどり、ひと風呂浴びて、家を出る。
今月で終わってしまうマルコポーロがみたユーラシア展を馬車道のユーラシア文化会館で観覧。よく整理されていない展示のような気がした。関内の時計台でみそ煮込みラーメンを食べる。この店に入るのは二回目だが、厨房カウンター中国語が飛び交う。北海道のラーメン屋のチェーンじゃないよな・・・・
ホテルにチェックインする前にメンバーの宿舎へ。オスマンのリーダーと会う。
19時過ぎにホテルチェックイン。
今日は猫亭で食事。
22時過ぎに部屋に戻る。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ