自分なりの年度おさめ

2013年03月 31日 (日) 11:50
昨日道に迷ってしまった桜が丘の桜並木のところまで走る。今日あたりが最後という感じかな。小さな公園にテントが何体か張られている。本当は来週に予定されていた桜祭を今日やるみたいだ。ただ雨が降ってきた。
昨日設置したパソコンのネットを開通させる。漂流民の会のニューズレターの発送をしたあとに、せっかく広くなった机の上を片づけ。
昼飯を食べてから、連載読み物を書く。どうやらこれで5月上旬まではもちそうだ。
ラジオ番組も、今日で司会が代わったりとか、番組自体が終わりというのも多い。年度末ということだ。
連載読み物はしばらく、書くのはお休みにして、来月一杯まで仕上げなくはいけない原稿書きにとりかかることになる。今日でもろもろ整理し、明日からとりかかることになる。
「相棒」の映画版を見て、明日からの原稿書きの準備をしてから就寝。

花冷え

2013年03月 30日 (土) 14:10
土日の楽しみは、長浜公園まで走って鳥たちを見ること。今日は能見台経由で走る。ほんとうは冨岡の桜ヶ丘の桜を見ることも目的だったのだが、道に迷ってしまう。野鳥観察公園の鳥たちは、前回よりは減っているような気がする。
今日あたりはちょっと寒いくらいだから、もう少しこっちにいようかなという感じなのだろうか。
昨日の夜から来ていた長女が持ってきたは勤めていた高校の卒業写真を見せてもらう。皆ハデな顔しているなあ。
娘はこの高校は3月まで、4月からまた違うところに転勤する。
古いパソコンがもうダメになったので、前に購入していたXPの中古をセットアップ。なんとかセットアップ完了。
週末の毎度のことで、整理に勤しむ。
連載の原稿は4月半ばまで持つというメール。いま書いている分をあわせると5月上旬までもちそうだ。一挙に余裕ができた感じ。
なので明日は見れそうにない韓ドラ「太陽を抱いた月」のビデオを見る。
夜出れなかったが岩手のおばさんから電話。本を受け取ったとのこと。89歳になるおばちゃん、声はめちゃめちゃ元気だった。
原稿のブラッシュをしているうちに眠くなる。24時前に就寝。

年度末

2013年03月 29日 (金) 18:28
昨日おふくろから電話があり、岩手のおばが新聞で自分の写真を見たらしく、かなり興奮状態で、本が見たいと電話が来たらしい。すぐに送ってほしいということなので、メール便速達で送る。新聞の威力健在である。
夏に呼ぶ芸人さんから書類が送られてきたので、それを翻訳。
携帯にモスクワのクラウン、ユーリイから電話、毎年舞台サーカスで来日するのだが、今年はミミリッチ(あのミミクリーチの弟分)が日本に行くので、舞台サーカスはないという。それよりなぜフェイスブックをやめたんだ、世界中の芸人たちからどっとリクエストが来て、うんざりしたのかという。まあそれに近いが、いろいろ嫌なことがあったので、やめたのだが、やめて良かったと思っている。今度はスカイプのアドレスを教えろという。しかたなく教えることに。
メルマガのデラシネ号外を配信。高校の同級生からメール。今日で定年なので、会社ではなく自宅のアドレスへということ。彼は再就職するとのことだが、同じように今日定年という同輩はあちこちにいるはず、感慨深いものがある。
ずっと見なくてはいけないと思っていたbingoの新しい番組を見る。
森下のいの屋という桜鍋の店で、知人の記者と一杯。この店有名なところらしい。いやあ美味しかった。

津波のあとの時間割

2013年03月 29日 (金) 16:19
作品名 「津波のあとの時間割−石巻・門脇小・1年の記録」
監督 青池憲司
観覧日 2013年3月5日
会場 ポレポレ東中野

津波震災の記憶をきちん後世に伝えていかなくては、という思いから元石巻教育長の阿部和夫さんが中心となり、製作委員会をつくり、青池憲司を監督として迎えつくったのがこの映画である。阿部さんは石巻若宮丸漂流民の会の会員でもある。阿部さん曰く、「七人の侍と同じ、専門家の方を雇って、映画をつくってもらった」とのこと。
黒こげになり、焼きただれた門脇小の建物は、今回の震災津波の象徴的なものとなっている。ここに通う子どもたちは、高台にある門脇中学校に移り、勉強を開始した。このドキュメンタリーは、6月から門脇小にカメラを据え、子どもたちの姿、そしてこの地域で生きている人びとの生活、復興をめぐって、特にどこに移住するのかそうした問題をめぐっての行政側と住民側のやりとりなどもはさみながら、淡々と描いていく。
子どもたちの明るい表情、そして笑顔が印象深い。どれだけ恐ろしい思いをしたか、どれだけ恐かったのか、それを胸にぐっと秘めて、明るく振舞う姿に胸を打たれた。彼らは忘れているわけではない、でも笑顔でにこやかに生きようとしている。きっと無理をしているはずなのだが、それをいきがらずに自然体で行こうとしているのだ。
3年生が半年かけて、どうやって復興させていくのか、それを真剣に話し合い、調べながら、プランをつくり、それを発表するというプロセスが一本の大きな柱となっている。人工島をつくるとか、高い堤防をつくり、その地下に貯蔵庫をつくるとかという発想がつぎつぎに出されるのは、あの津波がほんとうに怖くて、それを逃れるためにはどうしたらいいかということを真剣に考えた結果ではないか・・・
市と住民との復興プランについてやりとりもこの映画ではとりあげられているが、海岸線に公園をつくるということだけしか、いまのところアイディアがないようだ。子どもたちのプランを絵空事だというだけでなく、しっかり聞くべきであろう。そこには根幹となる大事な話しが含まれているようでならない。


あかきくちびるあせぬままに

2013年03月 29日 (金) 14:19
公演名 「あかきくちびるあせぬままに」
原作:連城三紀彦「紅き唇」
脚本:八木柊一郎
演出:黒岩 亮
出演:
佐々木愛  阿部敦子  佐藤哲也 小谷佳加  白幡大介
橋美沙 小林悠記子 皆川和彦 
会場 東京芸術劇場ウエストシアター
観覧日 2013年3月20日

このところ文化座のお芝居をよく見に行く。長谷川濬の取材で代表の佐々木愛さんとお会いしてから、案内が毎回くるようになり、東京にいる時には必ず見に行くようになった。
今回は佐々木さんのお母さん鈴木光枝さんが70歳の時に演じた作品を、佐々木さんが演じるということで話題になった。
昔はサイパン島で戦死した初恋の陸軍歩兵少尉との思い出が忘れられないまま、若くして亡くなった次女の夫が、その少尉と生き写しということから、その夫の元に住み込んでしまうタツという64際になる女性を、愛さんが軽やかに演じ、泣き笑いさせられるコメディー、存分に楽しませてもらった。
喪服から、達彦さん(娘の夫)のところに行く転換で、64歳になっても、そのときになっても、君が必要だと云ってくれますか? ―というビートルズの「When I'm Sixty Four」が流れ、そして洋服姿に転身する場面が秀抜だった。喪服でモノローグ、そのあとの家族たちのなかでの言い合いという暗いトーンが一挙に明るい世界へと転換、そのあとはタツさんというか佐々木さんの独壇場となる。
休憩入れて2時間という尺のなかで、笑いあり、涙ありの喜劇をつくりあげるのはたいしたもんだと思う。ストーリー的にはそんな簡単なものではない内容をもっている。
佐々木さんの大事な当たり役としてこの作品を続けてもらいたいと思う。

それでも彼女は生きていく

2013年03月 28日 (木) 17:07
書名 「それでも彼女は生きていく−3・11をきっかけにAV女優になった7人の女の子」
著者 山川徹  出版社 双葉社 出版年 2013

前作『東北魂』で震災・津波に襲われた東北のレポートを怒りを胸に熱く語り起こした山川が、今度は震災をきっかけにAV女優となった7人の女性にインタビューをしてまとめたのがこの本。昭和の東北大飢饉の時に東北の女たちは生きるために身売りをしなければならなかった。それと同じことがいま起きているのかというプロローグを読んで、えっとそんなことがと思った。ここに登場する7人の女性は身売りというわけではないが、震災後に勤めていた会社が休業したり、就職が決まっていたところがやはり休業したり、あるいは家を助けるためにというそれぞれの動機を抱えていた。
山川は今回のこの聞き書きでは、聞く側に徹底してまわって、こうした事態に追い込んで地震や原発に対して、怒りをぶつけるのではなく、なぜAV女優にということに迫ろうとしている。きっかけになったり、追い詰められたりしたこうした女性の話しを聞くと、震災後みんなとにかく何かを奪われて、どうしたらいいのか迷っていたということが浮き彫りにされる。ただやはりAVという業界は特殊であり、震災がきっかけになったとはいえ、普通の女性がなぜこの業界へというところに話しがいってしまったのも事実である。
山川はきっと震災後の東北を取材し続けていくだろうし、また書き続けてもいくだろうと思う。彼が震災直後すぐに東北に入って見たもの、聞いた話し、それは彼のなかで怒りへとなっていく。それはこれを引き起こしたものに対するのではなく、こんなことになぜという怒りであり、いま見ている現実への怒りである。絆とか希望とかではなく、現状への怒りである。
彼のなかでは復興ということは、まだ現実とはなっていない。家を、家族を、友人を失った人びとの思い、それを直視するしかないというスタンスであろう。
このインタビュー集を読んでも、震災の被害を語るときにその思いが随所におりこまれる。
一番胸を衝いた話しは、AVで働く前に、仙台の風俗で働いていた女性が相手をした男たちのエピソード、何もせずにただ膝の上で震災のことを語るだけの男、死者を見続けていた自衛隊の男の話し。これがまさにあからさまの現実なのだろう。もうひとつ自分は被災者でないので、なにか悪いという思いを持った女性が何人もいた。その中のひとりが、AVで稼いだお金を被災地の救援のために使いたいという話しにも胸を衝かれた。
みんなまだ迷っているのだ、どうしていいかわからず、それを一番強く感じた。

王になった男

2013年03月 28日 (木) 13:16
作品名 「王になった男」
監督 チュ・チャンミン 脚本 ファン・ジョユン 撮影 イ・テユン 音楽 キム・ジュンソン モグ
キャスト
イ・ビョンホン光海/ハソン リュ・スンヨンホ・ギュン ハン・ヒョジュ王妃 チャン・グァンチョ内官 キム・イングォント部将
原題 Masquerade
製作年 2012年
イ・ビョンホンが初の時代劇で1人2役に挑み、韓国で1000万人を超える観客を動員した大ヒット作なのだが、自分にとって一番興味深かったのは、道化師だった男が、影武者として王になったというそのシチエーション。以前「王の男」という映画があり、韓国で大ヒットしたが、これは暴君に気に入られてしまった放浪芸人の話しだった。エイゼンシュタインの「イワン雷帝」にも道化が王に扮せされ、本当の王の代わりに殺されるという場面があったが、この映画の話しを聞いただけで、こうした道化の民俗学に関連するかなということで、絶対見なくてはと思った。
実際の映画は、こうした道化と王ということにまったく関係がなかった。ただやはり空前のヒットとなっただけあって、実に骨太の人間ドラマになっている。
韓国の歴史ドラマというと宮廷内の争いがドラマの主軸になっているが、これもそのたぐいといえなくもないが、権力争いはあくまでも背景で、王になった男とそうさせた王の側近、内管、警護の男、さらには毒味役の娘、さらには王妃との人間ドラマがメインになっている。それが厚みをもって描かれるから2時間以上のドラマヲを存分に楽しむことができる。
実在の歴史人物をつかってこんなことがあったのかもと思わせる脚本、演出は見事であった。
「トンイ」のハン・ヒョジュさんもきれいだった。

トークショー

2013年03月 28日 (木) 10:47
ベイサイドから富岡公園まで走る、どうやら桜は週末までもちそうだ。
歯医者で消毒してもらう。義歯3本いくらかかるのだろう。インプラントにしたらたいへんな金額になるだろうし・・・・
来週から本格的に義歯つくりに入るので、考えておかないと。
夏の仕事でいろいろ芸人さんとやりとりをしているのだが、返事は早いのだが、かなり粗い答えしか帰って来ない。再度メールを送る。
今日のトークショーの準備というか、映像などのチェックを簡単にしておく。
会社を17時半に出て、王子まで出たのはよかったのだが、完璧に道に迷う。しかもくしゃまんべさんの電話番号もメモっていないというチョンボ。ここで何度かイベントをしている人に電話、おしゃまんべの電話番号を教えてもらう。開場ぎりぎりになんとか到着。今日特別に演奏してくれるポコのげんさんがリハ中。あわただしく映像のチェック。
今日は3人キャンセルがでるものの、そのあと申し込みがあり、定員の15名が集まった。中にはわざわざ大阪から来られた方もいるということで、びっくりというか、ありがたいというか・・・
最初にデスクの大野がつくってくれた「サーカスは私の大学だった」の映像プロモーションビデオを見てもらう。いろいろ考えたのだが、今日は本来であれば、「サーカスは私の大学だった」に入れたかった、去年のケイト君とのヤクーツク道中記を話す。最後にはヤクーツクでの写真、さらにはフェスティバルでのケイト君の演技を映像で見てもらった。この話しにしようと思ったのは、明日から始まる全国大会に参加するケイトへのエールという意味合いもあった。
およそ1時間ぐらい話したのではないかと思う。持ってきた本のうち、残ったものはくしゃまんべさんに納品。
15部売れたんだから上々の出来だった。聞いた人たちはどうだったのだろうか?
豚丼とハートランドの夕食を済ませ、帰途へ。王子駅で京急で人身事故のため電車が停まっていることが判明。品川でもまだ停まっているようだったので、そのまま横浜へ。なんとか横浜からは京急で富岡まで。
まあうまく帰れたほうじゃないのかな。

さらは歯よ

2013年03月 27日 (水) 10:12
昨日の深酒がかなり響いている。しかも今日は冬に逆戻りになったような寒さが舞い戻る、そして雨。
まずは昨日見た映像を送ってくれたエージェントに感想を英語で書いて送る。
ローマからスカイプメール、ハデルハーンのスカイプのアドレスが書いてあった。連絡をとりたがっているとのこと。
明日のトークショーでつかう写真をピックアップ。
そしていよいよ14時半歯医者へ。昨日とったレントゲンの結果、奥歯2本がぱっくり折れ、さらにもう一本ももう寿命、今日は3本抜歯、そして義歯を入れることになる。60歳になって初めての義歯とのなる。まずは今日は3本を抜歯する。看護婦さんが抜いた歯3本を見せてくれる。とにかくいままでけなげにがんばってくれた歯ですよ、どうしますか持って帰りますかと言われたが、世話になったお礼だけ言って処理してもらうことに。
これからしばらくはブリッジもないので、左の歯はすかすかになってしまう。
18時に退社、今日は酒を飲んじゃいけませんということで、休肝日。23時半には床に就く。

懐かしい電話

2013年03月 26日 (火) 11:48
ベイサイドから富岡公園まで走る。富岡公園の小さな池のカルガモが2羽、やはり残りはどこかに旅立ったのだろうか。富岡駅に行く途中の山道でうぐいすの声が。かなりの至近距離。今年初めて聞くさえずり。
出社するとサーカス学校体験入学生が勢ぞろい、再開したサーカス学校もまだまだ学生は少ない、増えるといいのだが。
ある企画の件でいろいろやりとり。やっと見えてきたかな。
歯医者へ。せっかく大事に大事にしてきたのに、どうやら年貢の収めどこらしい、先生がちょっとがっかりしていた。これからの治療はたいへんだろうな。まずは明日から。
送ってもらっている映像資料の第二弾を見る。このエージェントの芸人さんはリトルのあと、軽井沢のグリーンランドでも公演してもらった。このときに参加していたベラルーシのクラウンから電話が入る。ずいぶん久しぶりである。彼の年を聞いたら、自分と同じ60歳、まだ現役でやっているという。がんばっているなあ。
新宿でこれもほんとうに久しぶりに会う知人と台湾料理屋で食事。「サーカスは私の大学だった」のとても素晴らしい紹介記事を書いてもらった。尽きぬ話題に時計を見たら、もう22時半。腹積もりでは23時のヨルダン戦のキックオフには家に着いているはずだったのに。
結局家に着いたのは後半のキックオフのところから。遠藤のPKの時に緑のレザー光線があてられていた。そのせいではないだろうが、あれが入らなかったのが痛かった。ただこれがワールドカップ。すんなりいかないのは当たり前。次のオーストラリア戦で勝って決めることが一番。負けたからというわけではないが、また飲み直し。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ