来た!来た!

2012年11月 30日 (金) 11:56
昨日深夜来た最初の回答に対して、こちら側の条件を書いて、条件だけを書いて余計なことは書かずに送る。さあどんな反応が来るのか、これからが勝負である。
そしてDHLでこれも待っていた契約書が到着。この契約書を日本文に訳す。これは来週送ることになるだろう。一挙に動きだしてきた感じだ。
今日は桑野塾の忘年会。5〜6人ぐらいだろうと思っていたのが、14人ぐらいになってしまった。「金の鈴」に電話して、刺し盛りと煮物系を準備しておいてもらう。
早めに出て、中央図書館で本を返し、読みたい記事をコピーしてから「金の鈴」へ。
6時半からだったのだが、自分は6時ぐらいいてビールを飲み始める。桑野塾の飲み会は面白いね。相変わらず。今回は発表したいテーマを言ってもらったり、宣伝タイムをつくってみたのだが、発表したいテーマが続々、いいねえ。
結局10時過ぎまで貸し切り状態でにぎやかに忘年会。
電車の中でメールをチェックすると、今朝のこちらの条件提示に対しての返事が来ていた。だいだいの読みどおりだった。
帰りコンビニで禁断のアイスと豆を買ってしまう。

ナニカアル

2012年11月 29日 (木) 13:20
書名 「ナニカアル」
著者 桐野夏生  出版社 新潮社(新潮文庫)  出版年 2012

単行本が出たときから、林芙美子が主人公ということで、ずいぶん興味をそそられ、読みたいと思っていた。今回文庫になったということで買ってすぐに読む。やあ、面白かった。
巧みにつくられた虚構の世界の中の林芙美子の言動が、もしかしてこれは実物の林芙美子のとった、言ったことではないかと思わせる、小説ではなくノンフィクションを読んでいるのではないか、と思わせるような見事な構成、人物の掘り下げ方であった。
戦争が激化するなか、南方にほとんど強制的に送り込まれるというこの設定(事実に即しているのだが)にそそられたし、さらに若い毎日新聞の記者とのアヴァンチュールも折り込まれ、魅力的な林芙美子の姿が生き生きと浮かび上がる。著者の林芙美子に対する思い入れがないと、ここまで描き込めないのではないか。
この作家の本は初めて読むのだが、伏線のはりかた、人物描写の掘り下げ方、そして後半その伏線が一挙に生きてきて、スリリングな展開へもちこむ、見事なものである。
文句なしに楽しめた。

ボリショイの東さん

2012年11月 29日 (木) 10:27
待っているところから全然返事が来ないということが、かなり大きなストレスになっているようで、ついに昨日はダウン。今日は気持ちを新たに、朝日のエネルギーをもらうために、6時すぎに家を出て、ベイサイドへ。天気は良かったのだが、海面近くに雲があり、朝日は見れず。富士山は、と思ったが見えず。結構ガスがでていた。
ちょっとへこんだ気持ちを明るくしてくれたのが、新之助がベイサイドホテルのところにいたこと。今日こそはしっかり撮影ができた。

会社に来ていた郵便物の中に、ボリショイサーカスの東社長が先週亡くなったというハガキが。ロシア芸術祭関連のパーティーでお会いしたのが、4月か5月。元気そうだった。早稲田の演博にあるロシアサーカスのポスターを見に行きましょう、という話しをして実現できなかった。
神さんたちアートフレンドが始めたボリショイサーカス招聘をずっと続け、夏の風物詩にまて仕立てた。まさに日ロサーカス交流のゲロイ(ヒーロー)である。
夕方トゥイチーからスカイプ。桃太郎の時鬼をやっていたイワノフから、東さんの死を聞いたという。東さんのところで働いていたロシア人は、どのくらいいるのだろう。おそらくこれからこのニュースはロシア中を駆けめぐることになるだろう。
家に帰って、今日も飲み溜めしていると、深夜やっと待っていた返事が届く。いよいよこれからシビアな交渉が始まるということだ。気合が入ってくる。

イライラモードに

2012年11月 27日 (火) 10:36
先週出したメールの返事をずっと待っているのだが、まったく音沙汰なし。どうなっんているのんだろう。スカイプも図とオフ状態だし、次第にイライラモードになってきているのが自分でもよくわかる。
昨日契約書をひとまず送ったので一区切りはついた。来年1月にある公演のお手伝いをしている件で、いろいろ溜まっていたのでこれをやってしまう。
帰り、昨日休館日だった横浜中央図書館に寄る。京急が羽田行きの電車を増やしたおかげで、急行が止まらない富岡駅の住民は、えらい迷惑。2、3本通過を待たないといけなくなった。
今週は飲み溜めと思っていたのに、相手してくれる人がおらず、結局ひとり家で飲むことに。イライラモードになっているから、ピッチもあがってしまう。

胃はなんとか・・・

2012年11月 26日 (月) 10:39
ベイサイドホテル脇で自動車の会社の展示会があるようで、人も車もたくさんいるために新之助(あばた面猫)の姿は見ることができず。ただ例の車は今日も停まっている。
今日は先日の胃カメラ検査結果を聞くために、まっすぐ西新宿の病院へ。病院のある高層ビルの前の通りに人だかり。中年のおじさんがかばんを持ったまま仰向けで倒れている。救急隊の人が声をかけているが、反応がないみたい。腫瘍マークも、胃カメラ検査の結果も特に異常なしとのこと。ただ糖尿もちなので用心にこしたことはない。半年後にもう一度見てみましょうとのこと。胃カメラは初めてだったので、それなりに心配していたので、ちょっとホットする。でもこれからこういう検査はやっておいた方がいいんだろうなあ。
気持ちがこれで飲み溜めモードになる。
出社して、先週つくった契約書を全員分チェック、クライアントに送る。これが終わって少しすっきり。ずっとスカイプで連絡をとりたがっていたトゥイチーから16時すぎに着信。30分ぐらい話す。結構シビアな話しとなった。
横浜中央図書館に予約していた女相撲の本を取りにいかないということで、日ノ出町で降りて、行ってみたら、なんと今日は休館日。先週もこんなことをしていた。
帰宅すると、先日お願いしていた本のコピーが届いていた。ずっと追いかけているヤマダサーカスに関する新資料が出てきた。かなり興奮。まだ点だが、線になるかもしれない。

異郷

2012年11月 25日 (日) 19:13
書名 『異郷』(織田作之助全集4』所収)
著者 織田作之助 出版年 1970年 出版社 講談社

偶然入った大阪中之島図書館で開催されていた「織田作之助展」をなにげに見ていたら、織田作自身の手書きの原稿のなかに、「ネヴァ河の流れ」という文句がありびっくり、織田作がロシアを舞台に小説を書いていたのかと興味をもち、図書館にあった織田作の全集の中の「異郷」と題された小説を見てみると、なんとデンベエという名前やら、ぱらぱらめくっていくとゴンザとかコウダユウという名前も出てくる。これはロシアに渡った漂流民たちを扱っている小説ではと、色めきたった。織田作がロシアを舞台に、漂流民たちを主人公とした小説を書いていることを、自分だけが知らなかったということなのかもしれないが、とにかくびっくりした。
家に戻り、ネットで購入、さっそく読んだ。かつて出版されたときは、この作品は単行本として出されたということもあって、長編小説のたぐいに入るものであった。
しかも史料的にロシアへ着いた最初の漂流民となっている大坂のデンベエから始まって、サニマ、ゴンザ、コウダユウ、そしてわが若宮丸乗組員も登場、プチャーチンのところまで扱った大河小説となっている。
ただ吉村昭さんの漂流小説のように、漂流記を読みながら、事実に近いところまでいって書こうということではなく、織田作自身が言っていることだが「これはいわゆる歴史小説でも伝記小説でもない。作者の空想より出たロマンである」というように、事実というよりは、こうした事実をちょっと利用して、書かれた小説ということになるだろう。
実際にこの話ではデンベエはすごいことになっている。イギリスから亡命してきた男と決闘することになったり、居候していた家の若い娘に惚れられたり、そしてそれに苦しんで家出、娘の父親が見かねて、ピョートル大帝に直訴、デンベエを日本に返して欲しいとか、あげくの果てに、ピョートルの側近の悪知恵で返すふりをさせて、ヤクーツクまでサニマを迎えに行く、それを苦しんだ娘は修道院に入り、若くして亡くなり、サニマを連れて戻ったデンベエもそれを知り、まもなく亡くなるという具合だ。ちなみにこれが一部。この一部で織田作はほぼ燃え尽きてしまったようだ。二部にはコウダユウが根室に着いた話、レザーノフの長崎来航のことが出て、あとは端折り気味となり、最後はプチャーチンと一緒に、デンベエが決闘したとき立ち会いをした男の曾孫が日本を訪れ、大坂でデンベエのことを訪ねるということで終わっている。
漂流民のことが書きたいというよりは、むしろロシアを舞台にして小説が書きたかったのではないかという気がした。ネヴァ河の橋でひとり望郷の念にかられながら川面を見つめるシーンなどは、ゴーゴリやドストエフスキイの影響があったように思える。決闘のシーンもプーシキンやレールモントフの世界かな。サンクトを舞台にしようお思ったときに、ここにたどり着いた日本人のことに思いついたのはたいしたもんであると思う。しかも主人公は大坂出身、織田作にすれば地元の人間、見事にロマンに仕立てあげた。
織田作の言葉によると「『上方』という雑誌で二十行ばかり彼(デンベエ)のことが書かれているのを読んだのみで、ここに描いた伝兵衛は殆ど作者の空想の産物である」ということになる。
なかなか興味深い作品であることは間違いない。
なおこの全集の同じ巻には『漂流』という短編小説も収められている。これは八丈島より南の小島に漂着した遠州の船乗りたちが八丈島までたどり着いたところまでを描いたもの。
それにしても意外な作家が漂流ものを手がけていたものである。

どきどきの休日

2012年11月 25日 (日) 12:14
日曜日恒例の長浜公園までのジョギング。野鳥を観察する人が増えている。自分が認識できたのはカワウ、これは渡り鳥ではないようだが・・・
この前呑んだ胃カメラの結果が明日ということがあって、なんとなく落ち着かない。
日曜日は連載読み物を書く時なのだが、結局手つかず。
昼飯を食べてからラグビー観戦。東海大と流通経済の試合。今年初めてのラグビー観戦。なかなか見応えがある試合だった。そういえば来週は早明戦。早稲田の試合を一度もみないで、早明戦とは・・・リーグ戦の結果を見てびっくり。関東学院がなんと7連敗。いったいなにがおきたのだろう。胃カメラがなんともなければ、その週はポリープ切除、そして禁酒期間が始まる、その前に飲み溜めしないといかんなあ。早明戦を見ながら一杯なんていいかもしれない、どうせ昔ほど人ははいらんだろう。
会社の同僚から、東京新聞に書評が載ったという連絡、そして北海道の知人から北海道新聞にも書評が出ていたというのでスキャンした記事が送られてくる。
もう出ないかと思っていたのだが、この時期にまたふたつの新聞社から出るとはありがたい限りである。
結局なにも手につけないまま、一日が終わっちゃった。

追廻が消えた!

2012年11月 24日 (土) 23:45
完璧二日酔い。風呂入って朝飯食べて少し回復。今日は寒いようだ。
泉中央駅までバス、そこから地下鉄で町に出る。泉中央駅からベガルダの試合会場が見えた。今日は大事な試合、がんばれよ。
昨日のつくし会でちょっとノスタルジックな気分になったので、今日は懐かしい界隈を歩くことにした。広瀬通りから母校立町小学校、そして母校二高へ。二高の正門から女の子が出てきたのにびっくり、昔男子校も、いまは男女共学になっている。地下鉄の東西線の工事があちこちで行われていた。
博物館を通り、高校二年まで暮していた追廻に下りて、びっくり。町が消えて、空き地になっているではないか。一瞬自分の目を疑った。何年か前に歩いたときは少なくなったとはいえ、家も何軒もあったし、店もあったし、大通りと呼んでいた通りもあったのに、いまは2〜3軒の家しか残っていない。アスファルトが敷きつめられ、立ち入り禁止となっている。いったい何が起こったのだろう?空き地にさせられたことを忍ばさせられるのが、何本もの電柱、かつてここで人々が生活をしていたことを証明する。それにしても何が起きたのだろう。自分が過ごした町がこのように突然消えた、消されたことにどうもまだ信じられない気持ちで一杯だった。


仙台の町にAYUMIという本屋さんができていた。石巻のヤマト屋も三越に出店。アイエや高山がなくなって寂しくなっていたが、いいことである。ただ拙著は置いてなかった。ジュンク堂でも置いてなかった。ちょっと悔しいがこれが現実ということだろう。
やまびこの自由で帰宅の途へ。今日はそんな混んでいない。桐野夏生の「ナニカアル」に読みふける。
ヤフーのニュースでベガルダの敗北、そして広島の優勝を知る。悔しいけど、でもよくがんばったと思う、その健闘に拍手。
18時前に帰宅。

つくし会

2012年11月 23日 (金) 23:28
あの車がまだいるか、そしてあのあばたの猫と会えるかという新たな楽しみができたので、今日もベイサイドへ。いたいたあの車、今日は足が見えた。そしてあばたの猫とも遭遇、かなり長い間見つめ合ったのだが、せっかくこのために持ってきたカメラがなかなかケースから出せないでいるうちに、どこかへ行っちゃった。残念。富岡駅、休日なのに少し混んでいるかんじ、東京駅に着いたら、すげえ人。考えてみたら今日は三連休の初日、移動する日である。自由席なのでヤバイと思ったら、いつもとは大違い、ずこい列ができていた。辛うじて座れたから良かったけど、仙台まで自由席は立っている人で一杯。
13時国分町の居酒屋へ。楽しみにしていたつくし会。懐かしい顔が続々。40年ぶりの再会となる人も。
つくしという喫茶店が、高校二年の時にオープンした。経営していたのは悪友のおばさん、昼間の店を担当していたのが悪友の母、ここに最初に連れられてから、柔道と映画だけの世界から、まったくちがう世界が広がった。この店にどんだけ不良たちが集まったことか。その中にはライバルの一高の柔道部のメンバーも。大学で東京に出てまもなくこの店は閉まった。束の間のことだったが、どれだけ濃厚な青春のひとこめがここで演じられたか。
いつかじっくり書いてみたいテーマである。
今日集まったのは一高2人、学院3人、二高5人、高専1名そして悪友のお母さん、オーナーの娘さん。変わった奴もいるけど、みんな大体あの時の面影が残っている。13時から飲みはじめ、途中カラオケで歌を思い切り歌い、そしてやっと普通に飲めるようになってから、また飲み直すという、まあやはり不良たちはこうなってしまう。それでもまだそれだけの体力が残っているからさすがである。
カラオケってあんまり好きじゃないけど、この日は違った。あの時の青春の歌の数々をほんとうに気持ちよく歌ったし、元バンドのメンバーの素晴らしい歌声も聞かせてもらった。久しぶりに熱唱してしまった拓郎の「祭りのあと」、気持ち良かったな。
いやあ楽しかった。たぶん22時前にお開き。
そういえば持って行った「満洲浪漫」5冊全部売れた。もっと持っていっても良かったかも・・・
いやあ楽しかった。また新しい楽しみを見つけたという感じかなあ・・・

苦手に挑戦

2012年11月 22日 (木) 22:09
気になるベイサイドへ。例の車はまだある。今日は足ではなく顔が見えた。そしてついにあのきたねえ顔した猫と、わりとじっくり見つめ合う。ただちょっとふっくらしているかもしれないし、こいつの方が人見知りしない感じ。親かもしれない。ちょっと距離はあったがかなり長い時間見つめ合った。またここを走る楽しみが増えた。
一応昨日あちこちに提案をしたのだが、返事なし。どうなるかな、すぐに返事が来ないということは長期戦になるかも・・・
午前中に、今週の課題の1を片づける。発送まで行ったからこれはクリアー。そして課題の3、一番苦手な契約書つくりに挑戦。20通以上もつくるとなるとさすがにたいへん。どうやって自分のモチベーションをあげていくのかということなのだが、なかなかノリノリというわけにはいかない。
苦手なことにこれだけ根をつめてとりくむと、さすがにうんざり、ぐったり。
明日は仙台、つくし会である。たぶん40年ぶりぐらいで会うあの時のワルガキたちとの再会。楽しみだな。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ