ボリショイサーカス横浜

2012年07月 31日 (火) 10:30
午前中にリトルの担当の方が来社。ちょっと打ち合わせ。
急いで弁当を食べて、会社を出る。
13時半前に横浜文化体育館に到着。アリシェールを呼び出してチケットをもらう。
会場は7割ぐらいの入りかな。静岡の大道芸によく来ているイボイボの綱渡り、前にNGKに入れたサッカー玉乗りジャグリング、それになんとなんとシマダの血をひくイスマルが猫のショーで出ていた。こじんまりとした感じだが、よくまとまったショーになっていた。
去年中国で足を切断していたアリシェールのブランコチームのセカンドキャッチャーが、義足をしてウィンチの操作をしていた。
公演後フライングのアムチョムのおやじのアナトリーと、アリシェールと3人で李さんの台所へ。とても喜んでくれた。
よく片足を切断したメンバーを見捨てずに、よく残しておいたなという話しをしたら、何を言うんだばかりに、当然のことだと言う。やはりシェリポフ家の血が流れているのだろう、男気のある男だ。
万里の餃子が食べたいというので、金曜日にまた会うことにする。
かなり飲んだみたいで、どうやって家に戻ったか不明。お気に入りの帽子もどこかになくしてしまったみたい。
とほほ・・・

ジョリーとは・・・

2012年07月 30日 (月) 10:21
土日はほんとうに久しぶりに家でゴロゴロ休養できた。昼飯食べて二階で昼寝、こんことを毎日やりたいもんである。オリンピック、柔道、なんだあれっという感じで、海老沼の三位決定戦は見る気もせず。ジョリーってなんなの、審判いらないじゃん。
そういえば、もちろん外来語だけど、ロシア語でジョリーは審判というか、審査員。この前参加したヤクーツクのフェスティバルで自分もジョリーをしていた。
相変わらず余計なお世話のデラシネ通信号外で、「東京五人男」の放映を告知。
6時すぎに最近は走っているのだが、この時間でも日差しは強く、結構暑い。9キロ近く走ったが、水飲み場で3回水補給、これだけ水飲み場があるというのはありがたい限り。
10時出社。久々に全員がそろったので打ち合わせ。いよいよリトルのエチオピアサーカスご一行が来日、そしてカンボジアサーカスのメンバーも来日する。自分は担当ではないが、今年の夏はいろいろある。そういえば日曜日のイッテQでカンボジアサーカス学校が紹介されていた。
柔道部の先輩から神田でオリンピックの柔道の問題点を協議しようというお誘いが来たので、17時半に会社を出て、神田の居酒屋へ。すでに先に来ていた先輩ふたりは熱い論議。審判が柔道やったことのないやつばかりだから問題だとかはいいが、そのうちにいまの柔道はダメで、本来の柔術に戻るべきだという暴論がで、さらには塚田真希を地獄固めで抑えてみたいとかわけのわからない話しになり、お開き。
今日はしんどいので、オリンピックは見ずに、23時だろ就寝。

オリンピックが始まった

2012年07月 28日 (土) 9:26
昨日は早く寝たので、5時過ぎに目が覚める。ストレッチをやりながらオリンピックの開会式を途中から見る。ギリシアの入場するところで走りに出かける。今日はいつもより長めに10キロ以上走ったのだが、まだ入場行進は続いていた。1時間半ぐらいやっていたのでは。ということでオリンピックが始まってしまった。
猛暑が続いているが、我が家は去年同様冷房は使っていない。二階の寝室には風も入るので、なんとかなっている。昼飯をひとりで食べて、そのあと録画しておいた角幡という雪男を追いかけたノンフィクションを書いた若い作家がロシアンルート1を自転車で走るというドキュメンタリーを見る。モスクワと地方都市の落差、断絶に焦点をあわせていたその視点は平板だったが、角幡という人はなかなか面白い男だと思った。
このあとサンダル履きで首に手拭いまいて黄金町のジャック&ベティへ。ピナ・バウシュの夢の教室という映画を見る。まったく予備知識なしに見たのだが、何度か涙がとまらなくなってしまった。ダンスを知らなかった若者たちが、確実にダンスということを通して表現、感情表現も含めてだが、それを学んでいく、その過程がとてもよく描かれていた。いい映画だった。
夕食後は結局はオリンピック観覧三昧。柔道の平岡は立派。ベスト8の試合で先にポイントをとられて、それから死に物狂いでポイントを終了間際で取り返し同点にしたのは、北京で一回戦で負けたという悔しい思いがあったからだろう。決勝で負けたが、立派な銀。それに対して福見の敗北は、見ていてて気の毒。そういえばピナの映画のなかで、ラストで確かピナがこんなことを言っていたのを思い出した。みんな素晴らしい、出来不出来は関係ない、その過程で努力したということが大事なの、そんなことを言っていたのではないかと思う。アストリートの世界は、そういかない、結果が全てということになるのか。でもそうじゃなくてやはり過程の努力はやはり大事であり、それを結果だけで判断してはいけない、と思う。だから福見も恥じることはない。
こんな感じでオリンピックが始まった。やばいな・・・・

クレージホース

2012年07月 26日 (木) 12:15
作品名 『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』
監督 Frederick Wiseman
制作年 2011  France/USA / 134min
観覧日 2012年7月24日
劇場 ル・シネマ

パリの名門ナイトクラブ「クレージーホース」を舞台にしたドキュメンタリー映画。もう少し焦点を絞ったほうがよかったのではという気がしないでもなかったが、非常に興味ぶかい内容の映画だった。
ドゥクフレが、「クレージホース」のために新作プログラム「デザイヤー」をつくるということで、その制作過程が見られるのは一番の見どころといってもいい。ダンサーや制作の人間との打ち合わせのシーンが何度か撮られているが、噂通り、ワンマンではなく民主的にものをつくっていく人なんだなという気はした。自分の方針を命令するのではなく、こんな風にできないかとか、どう思うとか実にソフトである。これが面白かった。それとライティングへの細かい指示、これは照明やっている人たちなんか見たらかなり面白いのではないだろうか。
ただ冒頭でドゥクフレが、世界で一番いいヌードショーをつくるぞと言っているが、つくられた作品の断片を見ても、まったくエロスが感じられないというのはなぜなんだろう。店の女性支配人がマスコミのインタビューに答えながら、この「デザイヤー」が、創始者が見たら泣いて喜ぶだろう、エロスの究極であると断言しているが、そこでエロスの究極、それが言葉はちがっていたかもしれないが、「じらし」であるようなことを言っていた。ドゥフクレが作ったのは、このじらしともほど遠いものであった。ダンサーの美しい裸体は、彼にとってオブジェでしかなかったのではないか。そんな感じがした。だから照明が映し出すシルエットをさかんに気にしていた。
リハでも楽屋でもほとんど裸で舞台裏の歩くダンサーたちの日常をもう少し描いたらもっと面白かったのではないかと思う。最後近くオーデションの場面があって、その中でロシア人は何人いるのという質問があったぐらい、ダンサーの多くはロシア系がいるのだと思う。彼女たちはフランス語で話しはしていたので、流れ流れてというわけではなさそうだが、どんな生き方をしてきたのか、そっちの方に的をしぼってくれたほうが自分には面白かった。楽屋の鏡になにげに留められている子どもの写真とか、気になったな。最後の最後にダンサーが歌った歌は、ロシア語、なかなかせつない歌詞だった。
裸の女性が主人公なのだが、無表情のタップダンサーのデュオ、エンドマーク前に登場した影絵の三人の男性パフォーマーがとても気になった。
8月10日まで渋谷のル・シネマで上映中。カバレットファン、ドゥクフレが気になる人たちは必見の作品であることはまちがいない。

歴史的な一日

2012年07月 26日 (木) 10:18
走っているときに、若い夫婦が自転車に3人のこどもを乗せているのに何度か出会うことがある。朝6時半すぎ、近くの保育園に子どもさんを預けるのだろう。一生懸命に自転車をこぐ姿がとても印象に残っている。久しぶりに会ったのだが、いつもはぐったりと寝ている子どもたちが今日は、キャッキャッしていた。なんかがんばれよと言いたくなる。
しばらく出張のため行けなかった採血のために新宿の病院へ。なんとなく血糖値下がっているんじゃないかなという予感はしていたが、なんと食後2時間で130代という、まさに驚異的な数値に、思わず看護婦さんにいい感じですよねと声をかけてしまう。いつもは200以上当たり前、200割ったとしても190、それが130、歴史的な数値である。
会社に戻り、雑用をしてから澤田さんの事務所に出かけ、打合せ。興行にどうしたら客を集めることができるのか、いろいろな実験をしているが、さっぱり見えない。この言葉に火をつけられる。自分なりに集客のためのプランを練ることに。
なんとか時間ができたのでワタリウム美術館で開催中の「ひんくりかえる展」を見に行く。知り合いから一昨日メールが来て、見た方がいいということだったのだが、かなり強烈なそして刺激をうける展示会だった。ロシアのヴァイナという制作集団の作品が圧倒的。とにかく体当たりで権力に立ち向かうその姿勢に共感。来て良かった!
装丁の西山さんと表参道で会って、暑気払い。またしても映画の話しで盛り上がる。話しを聞いて見たくなった映画が何本か出てきた。
いい気持ちで帰宅。五輪サッカーのスペイン戦に間に合う。日本のイレブンは素晴らしかった。特に永井、この選手あんまり好きじゃなかったけど、この試合では素晴らしい攻撃的なディフエンスに果敢に挑んで行った。見事なプレーだった。そしてなんとあのスペインに勝つという歴史的な勝利さえつかんだ。
見ながらハイボールをグイグイいって、試合が終わったときにはかなりできあがっていた。

歯医者に気功

2012年07月 25日 (水) 11:35
抜歯してから3カ月、定期検診。来月ぐらいから差し歯を入れるための治療にはいってくれるそう。なんかここだけスースーして噛みもらしているような気がしてしかたがないので、早く入れてもらいたいものである。
漂流民の会の会報をメール便にて発送する日。午前中にピックアップしてもらうことになっていたのだが、13時ちょい前に来たらしい。12時までとお願いしていたのに・・・これでひと仕事終わり。あとは「アートタイムス」の原稿締め切りが今月一杯なので、こんどはそれだな。
ヤクーツクで会ったウズベグのイカリアンゲームのメンバーにビデオを送るということを約束していたので、映像をデーターにして送る。
彼らももうウズベクには帰っているはず。
この前留寿都のふれあい公園を走っているときに見かけた開拓民の銅像の下に、留寿都、清水、横浜、麻布十番という四つの矢印があったので気になっていたので、ネットで検索。答えは簡単、「赤い靴」にちなんだ銅像があるところだという。清水出身の若いふたりが留寿都に行き、開拓民となる。子どもを外国の宣教師に預ける。そこできっと自分の娘は、横浜から船に乗って外国に行ったとばかり思っていたのだが、実際は結核にかかり9歳の時に亡くなった。その病気になった子どもを預かったのが東洋英和女学院の生徒で、孤児院のようなものをつくったという。そこで麻布十番となるわけだ。なかなか深い話しだよな。
両国の気功へ。先生の家の近くに「サミット」がオープン。なんかちがう感じになっている。
今日はなでしこの試合もあるのだが、明日は糖尿検査の採血もあるので、酒は飲まずに、24時前に就寝。

イチローショック

2012年07月 24日 (火) 10:49
ルスツでの習慣からか、5時に目が覚めてしまう。6時すぎにベイサイドまで走る。
帰って一風呂浴びたところで、奥さんからイチローがヤンキースに移籍というとんでもない話を聞く。
確かにまったく勝つ気が感じられないマリナースにいてもというモチベーションの問題もあるのだろうがという気もするが、まさかヤンキースとは。しかもセーフィコで今日そのヤンキースとマリナースの試合があるという。今日からイチローはこの試合にヤンキースのひとりとして出場していた。さすがメジャーである。
しかし暑い。10時に出社。今日はほぼひとり。
精算を片づけて、石巻日日新聞のスクラップ。
あちこちから来ていたメールに返事。ボリショイの日程を確認、オスマンのワーリャにメールを入れておく。
横浜組はそろそろ横浜に移動ぐらいという感じ。
デラシネの号外の原稿作成。
15時半ぐらいに早退させてもらい、渋谷のル・シネマで上映中の「クレージーホース」を見る。今日は1000円の割引日なので、40分ぐらい前に行って正解だった。ほぼ満員。
21時前に帰宅。
夜中1時過ぎに号外の配信を終えて、就寝。

帰宅

2012年07月 23日 (月) 10:39
ルスツの走り締めということで、今日は道の駅を目標とする。前から気になっていた道を進んでいったらこれがなかなかいいところ、またいいコースが見つかった感じ。今日はタワーの露天風呂に入る。
チェックアウトをしてからロビーで、久々にネットを使う。お仕事日誌をまとめて4日分送信。
11時のバスで千歳空港へ。しっかり寝ていた。搭乗手続をして荷物を空便で送る。惜しくも21キロと1キロオーバー。持った感じでは19.5ぐらいのつもりだった。本2冊ともらったバルザンを抜き取る。19キロ。昼はラーメン道場で味噌ラーメン。いまいちだったなあ。
小宮山量平の「映画は私の大学だった」を飛行機の中で読み切る。この「私の大学」シリーズの第二弾を自分が書くことになる。
東京は26度ということで千歳とそんなに変わらんと思ったのだが、飛行機を出るときムッと熱気。やはり湿気がすごい。17時過ぎに帰宅。
新聞を流し読むしながらスクラップ、のあとは会報が来ていたので、発送するために宛て名シールを貼り、会報を封筒に入れ、いつでも送れる体制にまでしておく。伝票がないので発送は明後日になりそう。
仙台に電話、親父とも話す。声はしっかりしてるし、自分で歩いているようだ。ほっとする。
24時就寝。

満州国演義7

2012年07月 23日 (月) 9:23
書名 「満洲国演義7雷の波濤」
著者 船戸与一   出版社 新潮社   出版年 2012

待ちに待っていた「満洲国演義7」。今回はアートタイムス9号の満洲特集のために船戸さんのインタビュー取材をさせてもらって、この小説にまつわるいろいろな話を聞かせてもらっただけに格別の思いを抱いて読んだ。
今回は、日本国内で第二次近衛内閣が成立、大政翼賛会がつくられ軍部を押えるはずが、完全に軍部の意のままに政治が牛耳られていく過程のなか、ソ連を日独伊の三国同盟の中に組み入れようとする外相松岡洋右の暴走、それに対してアメリカとの関係改善のために無駄な交渉を繰り返す近衛首相の動き、ついにはドイツのソ連攻撃、そしてアメリカとの交渉決裂のなかアメリカとの開戦、シンガポール制圧までをいつものように、敷島四兄弟の動きを軸にしてこってりと描いていく。アメリカとの開戦をひかえ、関東軍が根こぎ石油確保のため南進に動員されるなか、元馬賊の次郎、関東軍憲兵隊の三郎もマレー半島に赴く。あらためて思うのはこの壮大なスケールの小説は、いままで誰も書いていない満洲史になっていることだ。満洲という幻の国家の歴史を書くためには、さまざまな視点が必要となる、国内政治、国際政治、軍、経済、社会、中国社会の動き、それを縦横無尽に書いていく、そのスケールの大きさにあらためて感じ入ってしまう。
背筋が寒くなるような残酷な場面がとても印象に残った。ひとつは四郎が映画脚本の取材のために訪れたハルビンの大観園の場面。死んだ娘を売って、死姦させているところ。読んでいて吐きたくなるような場面である。そしてシンガポール制圧をした日本軍が捕まえた捕虜たちを殺害するこの7部の最後の場面も衝撃的だった。
しかし最も背筋が寒くなったのは、ここで描かれている時代の政治状況といまの日本の政治状況があまりにも酷似していることである。大衆に迎合するだけが政治だと思って暴走する松岡洋右は、いまや次期総理のようにもてはやされている大阪市長とかぶってこないか、なによりも独走する軍を制御するための方策だった大政翼賛会がつくられていくその過程は、消費税の増税に邁進するため自民公明ににじりよるいまの民主党とかぶってくる。
「どうなることやらな、いったい?日本からはもう完全に消え失せたね。」「何が?」「政治家さ」
この会話がいまの日本をも語っているように思える。政治家不在の中、この時代の軍と同じように官僚がすべてを牛耳っているそんなことが見えてきて、背筋が寒くなってきた。
(船戸さんのインタビューは、9月末発行予定「アートタイムス」に掲載されます。

ルスツ編2012夏9 ベストステージ

2012年07月 22日 (日) 9:13
ガスがかかる朝、早起きおじさんは5時過ぎに目が覚め、6時過ぎにに赤い靴像まで走ることに。
連載小説の山場を書き終えたばかりで、ちょっと息抜きしたくなる。朝飯を食べたあと、船戸さんの『満洲国演義7』を読む。10時半テントへ。今日はお客さんも多い。どんどんよくなっている。お客さんの拍手もかなり大きくなってきたし、ノリがとにかくよくなった。内容的には問題ないだろう。ただプロデューサーとなる同僚は、替えたいところがあるとのことで、みんなに1回目の公演のあと打ち合わせをしようと伝える。
オープニングの手直し。ボリスがいいアイディアを出す。同僚がつくった音と一緒に稽古。これはとても大事なこと。メンバーは、客の受けもいいし、これでいいじゃないと思っている、ただプロデューサーは主催者のダメだしをどこかでちゃんと答えなくてはならない、そこでつくったアイディア、それをみんなでまたかえていく、それはみんなで一緒にいいショーをつくるということになる。

そして二回目の公演、とてもいい公演となった。フラフープもノーミス、ブランコも三回転以外は全部成功、三回転もほぼできていた。同僚が考えたオープニングもいいメリハリとなっていた。とにかくお客さんがとても喜んでいる。これがいい。今年のルスツは福島の被災者の子どもたちが日本赤十字のプロデュースで宿泊している。参加者がこのサーカスを見たらきっと元気がでると思う、見せてやりたい。
ルスツ最後の晩は、アトリウムのバイキング。
さあ明日から戻って、ネクストワーク。気持ちを入れ換えていきましょう。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ