アドリア海の復讐

2011年12月 31日 (土) 22:35
書名 「アドリア海の復讐」上・下
著者 ジュール・ヴェルヌ 訳 金子博  出版社 集英社(集英社文庫) 出版年 1993

今年最後の一冊はヴェルヌ。ヴェルヌ・コレクション12巻の最後の一冊(自分が読んだ)となった。いいですね。血湧き肉躍る冒険譚は。しかも復讐もの、冒頭「モンテクリスト伯」のA・デュマにヴェルヌからのメッセージが掲げられ、それに対する返書も載せられているが、正統派の復讐譚、結果はわかっているのだが、先を読むのがもどかしくなる少年の頃の読書体験が蘇ってくる。
この冒険譚のお決まりの痛快さの他に、楽しませてもらったが舞台となった地中海の都市のかもし出すエキゾチズム。アドリア海の港町トリエステ、シチリア島、マルタ島、後半は北アフリカのセウタ、トリポリなどいままでずっと惹かれてきた町々が次々に登場してくるのも楽しめた。
どれかひとつの町でもいいので、自分の足で歩いてみたいところばかりだ。
そしてなによりも嬉しかったのは、大道芸人のふたり、気が優しい力自慢の太ッちょマティフーと身軽で機転が利く、ペスカードが大活躍してくれることである。特に最後難攻不落の城砦に救出のために、パーチの芸をつかうところには思わず拍手であった。
とりあえずこれで自分にとってヴェルヌ入門編は終了。これが面白かったら次のステップへと思っていたのが、行きたいですね。来年も続けて読んでいきたい。

会報発送

2011年12月 29日 (木) 19:16
今日は走るのはお休み。まずは昨日到着した会報の発送準備。途中で振替用紙がちょっと足らないのではという感じにちょっと焦る。理事さんや知り合いにはあえて振替用紙は入れず、なんとか封詰め完了。メール便のシールを貼り、石巻と東松島の会員さんには郵送するので切手貼りをして作業完了。
次ぎに部屋に積んである段ボールの山をなんとか片づけたいということで、書斎脇の物置に置いてあったものを整理。よくもまあこんなにも役に立たないものばかりを詰め込んでいたかと思う。どんどん捨てていく。これでいままで段ボールに詰め込んでいたDVD700枚がなんとなく居場所ができた。
上の娘が今日から滞在ということで昼前にとんでもない荷物をひきずって帰ってくる。
昼飯を食べて3階をちょっと整理。明日袋ファイルを整理したらとりあえずは完了という感じだろうか。
いよいよ年末のアルトマン劇場は今日が最終日、今日は「バレエカンパニー」。アルトマンとしては異色の作品といえるかもしれない。ストーリーはほとんどなく作品ができる過程とその上演模様をドキュメンタリータッチで描く。バレエ作品自体はアルトマンが振付したわけではないのだろうが、なかなかみな斬新な発想で面白い!このバレエを見せたかったのではないかと思う。それにしてもこの人のしなやかな感性には驚かされる。
まだまだアルトマンの映像はビデオやDVDで見れることはこの前渋谷のTSUTAYAで見て分かっているので、楽しみは続きそう。
メール便を引き取りにヤマトさんがやって来たのはいいのだが、せっかく番号順にシールを貼ったほずなのに、ダメみたいで、90通全部のシールをチェック。年末の忙しい時に申し訳ないことをした。かなりぶんむくれていた。あれだけ注意してやったのに・・・
上の娘が持ってきたどぶろくを飲みながら鍋。この酒がまた美味い酒。ふたりで一本空ける。
今日はこれでもう何もする気にならず、24時前には就寝。

家でスカイプ

2011年12月 28日 (水) 22:50
今日はこのところの寒さからくらべるとずいぶん暖かい。いつものようにベイサイドまでジョグ。今日も来ている来ているサックスおじさん。車のトランクをあけていた時に出くわす。驚いたのは鳩のエサが積み込まれていたこと。そして餌付け。なんの意図や企みがあるかはわからない。もしかしたら聖フランチェスコを目指しているのかも。
午後から3階の片づけ。かなり先が見えてきた。とにかく大事なのは捨てることではなく、なにを保管しようとしていたかを確かめること。
アルトマン劇場は「ドクターAと女たち」。ラストが秀抜、ちょっと飛び抜けている。
会報が届く。なんとか明日には発送したいので、その準備。
夜トゥイチーからスカイフ。近況報告とこちらからはお願い。PCに雑音が入り、かなり大声を張りあげてのやりとり。雑音は入るは、自分の声はでかくなるわ、たいへんであった。
時計を見たら、2時であった。

朗報来る

2011年12月 27日 (火) 22:40
今日も3階に上がって物置小屋の整理。結構ハード。でも少しずつスペースができてきた。
携帯に電話、実はこの電話ずっと待っていたのかもしれない。ほとんどあきらめていたことが、実現に向けて大きく歩みだすことができた。思わずガッツポーズ。こういうのを紆余曲折というのだろうなあ、でも自分は諦めなかった。最終的には、応援する方がいらして、その方の力によって機会を与えてもらうことになったが、諦めなかったのが良かったのだろうと思う。
思えば去年暮れに、NGを食らって、それでもちょうど今頃そのNGをひっくり返そうと、懸命になって書きつづけていた。それでも結局NGのままだったが、違う可能性を追いかけた。今回はとにかく明治のラグビーみたいに前に前にと突進を続けるしかなかった。前に進むことによって活路がひらけたのだと思っている。ほんとうにうれしい!
片づけが一段落ついたところで、今日のアルトマン劇場は「ウェディング」。
アルトマン得意の群像劇。結婚式に集まった人たちの出来事をいくつも重ねていくその手法はアルトマンが最も得意とするところ。ストーリーはないのだが、結婚式というシチュエーションの中で、演じられるなんとも愚かなドラマの数々、この毒気が痛快でもある。厳かな教会での式が映し出されるファーストシーン、花嫁がにっこり笑うところでタイトルバックが消えるのだが、歯に矯正用のワイヤーがかけられている。これ結構衝撃的なファーストシーン。
結婚式披露パーティーが花婿の家の大屋敷で行われるのだが、ここの持ち主でもある病に伏せている花婿の祖母が、突然死んでしまう。これもまたすごい話しである。この死をめぐってなにかドラマが演じられるかと思うと、それよりももっとすごいドラマを列席した人たちは演じていく。いつのまにかこのばあさんの死がどうでもよくなっていく。こうした作り方がいかにもアルトマン的。
映像だとこういう群像劇は自在につくれるのかもしれないが、ノンフィクションという文字の世界でできないだろうか。やれたら凄いのだが。というかやってみたい。
寝る前に今日の朗報を、報告したい人たちにメールを書いておくる。でもほんとうに良かった。

発見!

2011年12月 26日 (月) 9:40
あちこちで大雪になっているらしい。寒いはずだ。名古屋でも積雪というから、リトルは結構降っているのかもしれない。
今日から休み。それでもチケットは持って帰っているし、提案している企画のことでいろいろやりとりしなくてはならないこともある。携帯をポケットに入れたまま、懸案の3階のもの置き場の整理。とにかくとんでもないことになっている。いらない本を取り除き、本を箱詰めしてと、体力も使うし、いくら片づけても片づかないし、かなり根気のいる作業になりそう。
そんなとき行方不明になっていた「アートタイムス」2号インド魔術がごんそり出てくる。なくなっているわけはないと思ったのだが、良かった。これでまたセット販売もできることになる。デスクの大野に報告。
今日は15時過ぎで片づけは終了。まあ3日ぐらいはかかりそうだ。
先日借りてきたアルトマンの映画を見る。今日は「ザ・プレイヤー」。
ハリウッド映画の制作の裏側を描きつつ、殺人を犯す辣腕プロデューサーと警察のやりとり、さらには殺された男の恋人とプロデューサーの間に生まれる恋うをもサスペンス風に描いていく。圧巻はラスト。なんというある意味どんでん返し。実際はハリウッド的結末なのであろうが、そんなハリウッド風に対する見事なアンチテーゼ。ハリウッドとは対極的なところにいるアルトマンならの見事な切り返しでもある。切れ味の鋭さ、さすがである。
毎年クリスマスになるとプレゼントを贈ってくる方から、今年も心のこもったプレゼントが届く。マンボウのクッション。なんとものんびりとした愛嬌のあるマンボウ君である。おもわず微笑んでしまう。

イブらしい

2011年12月 24日 (土) 10:54
相変わらずここは寒いが、ぐっすり寝れた。サーカス村の関口さんに赤城まで送ってもらったので、乗る予定だった両毛より一本前のに乗れた。
「アドリア海の復讐」佳境に入る。血湧き肉踊る小説。
予定より早く着くことができたので渋谷のTSUTAYAに寄って、アルトマンの映画を4本借りる。
今日はクリスマスイブということもあって渋谷の街は賑わっているのだが、なんか具合悪くなってくる。早々に家へ。
夕方ずっと探していた芸人と電話が繋がる。ちょっと話しがこみいるのでスカイプで話そうということになる。
19時すぎにスカイプで話す。確かにこみ入った話しとなった。
いろいろあるわな。

サーカス学校発表会

2011年12月 23日 (金) 23:09
ジョギングして、朝飯を食べて、横浜パンの家で昼飯にパンを買い、とりあえず浅草目指して家を出る。
ヴェルヌコレクションの最後の作品となる「アドリア海の復讐」が今回の旅の友。のっけから熱中させられる。
昼飯はわたらせ渓谷鉄道に乗りながら食べる。13時過ぎに沢入到着。歩いてサーカス学校へ。最初はどうかなと思っていた入りだが、14時前には8割方埋まる。先生も今回は入りがいいとご満悦。公演はいつものように先生と観覧。ずっとしゃべりながら見ていた。うるさかったとあとで注意された。ついついつられてしまってしゃべっていた。
鶴君が今回は大活躍、3つの演目を演じた。これがなかなかみないい芸、彼のいい味わいがよく出ていた。直人君のヨーヨーは完成度が高い。今年ヨーロッパで修行を続けてきた成果が出ている。このふたりはゲスト、鶴くんは明日は仕事のため今日だけの公演。ありさちゃんのコントーションも完成度は高い。清楚の感じがでていてうっとりさせられる。健太君はシガーボックスをつかった新しいショー、アイディアがいっぱい、そして技にも工夫があった。もっと磨くと面白いショーになるだろう。ボールジャグリングもいい演出で構成がよかった。1時間半のショーだったが、寒さもあってジャグリング系にいくつか失敗が目立ったのもあるが、個々の技術は確実にあがっている。半年後の再開の時に、何人が戻ってきて、そしてその時どの程度技術を維持していくのか、気になるところだ。
公演後西田さんが挨拶、放射能汚染による半期閉鎖する決定をしたこと、この決定には生徒たちにもこの現実をじっくり見てもらいたいし、自分で考えてもらいたいということもあったと話していたのが印象的だった。
公演後先生と打合せ。そのあとサンレイクの温泉に連れてもらう。
18時過ぎから資料館で食事。なんだかんだとずいぶんまた飲んでしまった。
たぶん24時すぎに就寝。

破獄

2011年12月 22日 (木) 23:22
書名 「破獄」
著者 吉村昭  出版社 岩波書店 出版年 1983

4つの牢獄から脱走した男と、それを防ごうとした刑務所職員との緊迫した闘いを、吉村らしく感情をいれず、淡々と描く。脱出する前の描写の、時の変化を伝える筆致が見事、緊迫感が時の変化だけで見事に伝わってくる。それにしてもパピヨンのような男が日本にもいたのである。
ふてぶてしさと繊細さを重ね合わせた男の脱獄にかける執念、さらに警戒網をくぐりぬけるたくましさ、しぶとさ、男の匂いがぷんぷん漂う。ただ吉村らしいのは、この男が脱獄に賭ける意地の影になにか愛情をもとめるものがあるように描くこと、特に府中刑務所の所長との交流にはほろっとさせられる。
そして緊迫感をさらに引きだしているのは、戦争末期から終戦後までの時代を、特に刑務所の状態を克明に描いていることである。
カポーティーの名作「冷血」を思い起こさせるようなドキュメンタリーの新しいかたちを打ち出したともいえるかもしれない。

漂流

2011年12月 22日 (木) 23:10
書名 「漂流」
著者 吉村昭  出版社 新潮社 出版年 1976

これは鳥島に漂着した漂流民たちがアホウドリの生息地であるこの無人島での過酷なサバイバル生活を乗り越え、力をあわせ船をつくり、八丈島までたどりつくという話しである。映画になったこともあるようだ。
それにしても三隻の船がここに漂着しているというのは、海流の関係とはいっても何か不思議な気がしてくる。さらにこの島には他にもまだここで生きた日本人たちがいた。
いまでも無人島ということなのでどうなっているのかわからないが、漂流民たちが残した洞窟に彫った文字とか残っているのだろうか。
吉村がここで引用している取調べ記録は短いもの。それをここまで膨らませるとはさすがである。特に圧巻の描写は、アホウドリが埋めつくした島の描写。いつもの吉村であれば実際に検分してということになるのだろうが、さすがにここへは行けなかったはず。それをどうしてここまで細かくまるで見たかのように描写できるのだろう。小説家だからあたりまえといえば当たり前のことなのだろうが。
サバイバルものとして、立派な海洋小説になっている。

仕事納め

2011年12月 22日 (木) 23:00
当社は今日が仕事納め。世の中まだまだ押し詰まった気配がないときに、仕事納めと言われてもな・・・という感じなのだが、これはいつものこと。
とりあえずしなくてはならないことをしたあとは、皆さん掃除モード。
自分はその前にどうしてもやりたいことがあった。
それは千駄ヶ谷区民会館の近くにある禅といううどん屋さんのカレーうどんを食べること。今日は弁当を返上して、満を持して食べに行く。やはり混んでいる。なんとか座ってカレーうどん、やはり美味しい。気がついたらまたやってしまった汁の全部飲み。これはあとでくるはず。
すっかり満足したところで、まずは机の上の整理。家で断シャリやっているので問答無用でどんどん捨てていく。このあとは自分の役割である窓拭き。掃除機をかけて、なんとなくぐったり。
さらに今日はパソコンだけでなく、チケットを持って帰らないといけないので、リックがぱんぱん。休み中にどんどんチケットの申込みがあればいいのですが・・・
めちゃめちゃ重いリックを背負って両国へ、今日の救いは気功の日であったこと。治療中ラジオから第9の生放送が流れる。これが歳末らしいといえばらしいのかも。
明日は群馬。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ