北の大衆芸

2010年09月 30日 (木) 23:57
書名 「聞きがたり 北の大衆芸」
著者 川嶋康男    出版社 みやま書房  出版年 1980


この本が出されたのは1980年の暮れ。このくらいまでがいわゆる大衆芸能と呼ばれていた芸能が、しぶとく生き残れた最後だったのかもしれない。
本書で取り上げられている大黒舞、福人形師、獅子舞といった門付けの芸、さらには北海道内で活躍する大衆劇団、さらには田舎歌舞伎、浪曲で農村を廻る芸人たちなど、いまでは消滅してしまったその芸能の豊さに驚く。しかも北の果て、ここから先はないところに流れ着いてきた芸人さんたちなのである。
いまでも伊勢大神楽は西日本を中心に廻っているものの、それ以外に門付けのようなものはほとんどなくなってしまったと言っていいだろう。それを書き留めた本書の意義は大きい。いくぶん感情過多になっているところに臭さは感じるところもあったが、北を彷徨う芸人さんたちへ注がれるまなざしは優しい。特に印象深かったのは、桜前線と共に、花見客を相手に流す放浪演歌歌手の手記。岡崎からはじまり、北の果てまで旅して歌うことで日銭をかせぎながらその北上する姿に、なんともいえない共感を感じてしまう。
流れることが生きることなのだ。北海道というほんとうにどん詰まりのところに根をはったり、または流れ込んできたりという芸人さんの群像を描くことで、流離いの芸人たちの相貌が立ち現れてきたといえるかもしれない。


「満洲の情報基地ハルビン学院』

2010年09月 30日 (木) 23:53
書名 「満洲の情報基地ハルビン学院』
著者 芳地隆之
出版年 2010年 出版社 新潮社
魅惑的なテーマではあったのだが、満洲という時代をも描こうとしたために寄り道が多くなり、焦点がぼけてしまった感じがする。
何故このロシア語専門学校ができたのかというところから語り起し、さらには卒業生の戦後の働きまで目配せをするとなると仕方がないのかもしれない。
これだけ時間が経てば、生き証人たちもわずかになり、そういった意味ではぎりぎりのところでまとめた証言だということはいえる。情報基地というタイトルに沿うかたちで書くのであれば、戦後の卒業生の多岐にわたる活動をもっと書き込みながら、過去に遡るみたいな書き方もできたのではなかったか?ちょっと肩に力が入り過ぎたような気がした。
拙著「虚業成れり」の時にお世話になった、神彰の満洲時代の上司上野破魔治さんが出てくるのだが、1940年ロシアとの国境満洲里駅の旅行代理案内所の主任をしていたという。そしてこの時例の杉原が許可したユダヤ難民たちが続々と押し寄せ、上野は彼らのパスポートにビザの印を押しまくっていたという。満洲を書いているのだから、満映のことを「甘粕正彦が設立した映画制作組織だ」と書いてはいかんと思う。ケアレスミスとはいえない、かなりやばいミスだと思う。

また雨の日に

2010年09月 30日 (木) 14:15
誕生日に買ってもらった傘がこのところ大活躍である。このところ雨が多い。昨日は休みをもらって家で休養。
再来年の企画の件で何人かに打診の電話。近々プレゼンをしなくてはいけないので、それに関してDVDをチェック、条件、スケジュールをアーティスト側に打診。
横浜で打ち合わせがあったので、早めに退社。なんと品川駅でダメじゃん小出とばったり。前から話そうと思っていたカンガループロジェクトについてちょっと話す。
アートタイムス6号に登場してもらったブーシェルで友人とビールを飲む。やはりここのハムとビールは美味い。22時半お開き。かなりビールを飲んだかも。

また雨に

2010年09月 28日 (火) 12:40
起きてストレッチをして、走る気まんまんで外に出て、柔軟をしているところで、すごい降りになる。今日はやめとこう。二日続けて雨とは・・・・今日から玉蟲の世界一周紀行を読み始める。なかなか面白い。ロシアから来ているメールに返事。提案しなくてはいけない番組の整理。荷物について問い合わせ。ボルシチの素、ビーツを注文。姫路のメンバー用。15時過ぎに猛烈に眠くなる。年取ったから時差ぼけが遅れてやってきているのかもしれない。眠気覚ましにちょっとお散歩。18時過ぎにあがる。wing号でも爆眠。なんだかんだといっても疲れが溜まっているのかもしれない。

定期を買う

2010年09月 27日 (月) 10:42
朝から雨。7月上旬に定期が切れてあと、定期を買っていなかった。ルスツ、カザフ、姫路、サンクトと出張が多かったので、定期を買っても無駄かもということだったのだが、サンクトから戻り、これでだいたい今年の大型出張は終わり。3カ月の定期を購入する。これからはじっくりと来年以降の企画を中心に取り組まないと、ということだ。
午前中打ち合わせ。精算、サンクトで知り合ったエージェントにオファーのメールをはじめ、あちこちにメール。気持ちは来年以降の企画立案、売り込みというモードになってくる。
今日は気功の日。着いたら昨日昼下がりを見に来てくれたお客さんとばったり。らっぱらぱん談義で盛り上がる。
今日は休肝日。明日も雨か、走れそうもない、走りたいのになあ。

昼下がりの冗事

2010年09月 26日 (日) 15:16
今日は昼下がりの公演がある日。家を7時半すぎに出る。9時から仕込み開始。今日はらっぱらぱんだけの公演なので、簡単に準備が終わるかと思ったが、いろいろ段取りがちがい、いつものような感じの仕込みと場当たりであった。昨日まで予約が11人ぐらいだったのだが、出演者関係、当日もふくめ合計30人の集客。このふたりのコント、まとめてみると、ますます面白いということがわかった。80分の公演、存分に笑わせてもらった。いろいろ手違いもあり、本人たちには満足がいかないものだったらしいが、十分に楽しめた、いい公演だった。片づけを終え、いつものようにマークシティーのライオンで軽く打ち上げ。今日のくじは、生ビール大。なんと二回くじをひき、二回とも一等賞。こんな事を生れて初めてじゃないか・・・・
二次会には参加せず、そのまま帰宅。さすがに疲れた。

さわやかな結婚式

2010年09月 25日 (土) 15:05
雨がまだ残っているなか、今日も10キロ走る。雨はほとんど上がったが、風が強い。今日から富岡八幡宮のお祭り。早朝にもかかわらず各地区で食事の準備が始まっていた。
今日は「アートタイムス」編集長永重君の結婚披露宴。神楽坂の小じゃれたフランスレストラン。12時すぎにスタート。いきなり新郎新婦によるパフォーマンスが路上で行われる。本当に雨があがって良かったと思う。雨が降っていたら、この最大イベントは絶対に無理。あっけらかんと雨が降るのを考えずにこのイベントをやろうとしたのは、アッパレな心がけである。自分は乾杯の音頭を一番最初にしたもんだから、あとは完璧に食事会ムード。美味しかった、ロシアでの貧しい食生活を十分にとり戻す内容と量であった。いい結婚式であった。最後に旦那さんがシンガポールに転勤、当編集長もついていくことになったとの衝撃的な話が。向かえに座っていたデスクの大野と、シンガポールでもアートタイムスの編集長をやってもらおうと話し合う。ということでお開きのあと、編集長留任を告げておいた。二次会もあるとのことだったが、若い人たちにまかせ、自分はここで切り上げ、帰宅。

めっきり寒く

2010年09月 24日 (金) 6:58
八日間走っていなかったので、早起きしてたっぷり10キロ走る。半袖、短パンで走ろうとしたら寒くてとてもとても、急遽長袖のトレーナーと長パンツで走る。しかし極端だよなあ。10時出社。精算と日曜日の昼下がりの準備を先にする。昼下がり、らっぱらぱんのソロライブ、予約がもうひとつだな。面白いのに。これが済んでからサンクトで撮ってきたビデオをダビング。ハードディスクからDVDに落す作業。モスクワから待っていたDVDが来たので、同僚と一緒に見る。そのあとついでにダビングしたばかりのサンクトのプログラムの注目番組も見てもらう。プレゼンのひとつのメドがついたかな。
18時過ぎに退社。サンクトではそんなに浴びるようにウォッカというわけではなかったのだが、そこそこは飲んでいたので今日は肝臓お休みの日にしておく。
なんかやっと一区切りついた感じ。さあ前へということだ。

サンクト編 7 帰国の闘い

2010年09月 22日 (水) 18:03
帰国の日。10時にサーカス場で打合せ。帰りにうどん屋さんというファーストフードの店に寄り、かきあげうどん。日本円にして300円なのだが、これがなかなかいける。ウェイトレスのお姉さんが日本のと比べて味はどうでしたかと聞いてきたので、とても美味しかったと答える。店の内装も原宿のファーストフードぽっく、また流れる音楽も日本の曲。入ったのが11時すぎと早かったのだが、昼時とかは結構人気かも。
部屋に戻り荷物のパッキング。それでなくても本をたくさんもらったのに、昨日とどめに4冊の本を購入。完璧にエクセスモードである。どうきりぬけるかだな。12時45分ピックアップの予定だったが、この市内の渋滞では予定どおりなんか無理。バスが来たのは13時20分すぎ。モスクワまで同じ便の中国から参加したグループと一緒。このチームカザフスタンの国境の雑技団らしいが、中国人とウィグル系のエキゾチックな顔だちをした少女が何人かいた。14時前に空港着。チェックイン前にカバンを計ると26キロ、せめて23キロぐらいしないとまずいだろうということで、バックを開け、本を何冊か取り出し、計ると23キロ。まずはこれでやってみよう。15時10分からチェックイン。23キロとエクセスですがと女性の係員が言おうとすると隣の上司らしき人が、いいよこのくらいと助言、なんとかここはしのいだ。モスクワには定時通り着陸。乗り換えの時間が1時間10分しかないのでちょっとドキドキしたのだが、なんとかなるだろう。中国のメンバーのフライトは夜の10時だという。ここで団長のガオさんとお別れ、今後も交流を続けようことだ。彼のロシア語は完璧。
さてこれからが今日のメインイベント、国際線のチェックイン。がらがらなのはいいのだが、荷物を計量するとなんと24・4キロになっている。男の係員が完璧エクセス、外に出てまず超過料金を払ってから来てくださいという。でもなんでサンクトで23キロが、ここで24・4になるのだ!しかたがなく外に出て、料金所を探すが見つからず、またチェックインカウンターに行くと、あの嫌な男の係員がおらず、愛嬌の良さそうなお姉ちゃんがひとり。ダメもとでチェックイン。計量された数字を見て、顔をしかめる。ここの計量機ちょっとおかしくないと言ったら、そうなのよねえ、よくわかっているわね、でも1キロ分だけでもいいからカバンから取り出してという。そこにまたあの嫌な男が現れる。金を払ってきたのかと確認するが、お姉ちゃんはカバンから荷物を取り出したからとなだめ、なんとかなる。このお姉ちゃんに救われ、結局最大の難所をクリアー。時計を見るともうボーディングタイム。
まあこれでなんとかなったわけだ。
家に帰って本だけを計量した6キロあった。これじゃなあ。でも持ってきた本は貴重なものばかり、苦労してきたかいがあったというものだ。
日本は雨、しかも気温も20度ちょい、昨日までは熱暑だったらしいが、いい時に帰って来たものだ。

サンクト編7 ガラ公演

2010年09月 21日 (火) 16:57
今日は8時半から夏の宮殿見学ツアー。一回BDTを呼ぶ時に水野さんや尾崎先生と一緒に6月白夜の季節に訪れたことがある。紅葉が始まったばかりの秋も悪くない。昨日の自分の発表について、見知らぬ人たちが何人か寄ってきて、とても面白かったと名刺を渡してくる。やはり昨日早竹虎吉の錦絵や、濱碇の絵ビラを見せたのが大きかったようだ。日本のサーカスについてはまったく未知ということもあったのだろう。サーカス場に行くと、マカロフ先生が、本当にあなたの発表はとてもよかったとまたしてもおほめの言葉。
5時半にシマダの本を書いたイシマルさんと待ち合わせ。向こうの方から見つけてくれた。彼の書いた本を四冊持ってきてくれた。ちょっと高いがその価値は自分にとってははかりしれない。ただルーブルがもうないので、セルゲイを探しお金を立て替えてもらう。イシマル氏は今年69歳、シマダグループでは棒の上に登って逆立ちをしていたという。あの凄い技を演じていたわけだ。その人本人とまさかここで会えるとは、ますますシマダがこっちに近づいてきたことを感じる。話が少しくどいというか、繰り返しになっているがしかたがないだろう。
そのうちにガラ公演をはじめるベル。ここで別れる。最初に表彰式。休憩後はもう見た番組ばかりだったので、袖から見学。ガラだけのために出演したチンパンジーと人間のハンドツゥーハンドはビタリーの会社の演目ということで、ぜひ見ろと言われたのだが、これが傑作。どんだけ笑ったか。それとよく会社に資料を送ってくれているウクライナ出身のドイツにいるクラウンも見る。通路のベンチに座っていたら、こちらに向かって笑いかける男が。なんとワレンチン・グニョーショフではないか。抱き合って再会を喜ぶ。しかしすっかり太って昔の面影がない。ガラ公演のラストに「私のピエロ」の演技のあと、歌手が現れて歌を披露ししているときに花束をもって登場した。マカロフさんの演出らしい。なんでもアル中、そして薬もやっているらしい。まだ世間に認められず、小さなアパートで若いアーティストたちと一緒に新しい演目をつくるために夢中になっていた彼の転落の始まりは、成功だった。世間に認められ、フランス人の金持ちの娘と結婚、アメリカ、そして日本での自分の番組の公演と一挙に成功の頂点にのぼりつめたはずなのに、それで金を得たことで、転落がはじまった。人生の機微を思わずにはいられない。
公演後場所を変えて、ハーティー。これがまたすごい規模のパーティー。いつものようにアジア三兄弟とマカノフ、ビタリーと一緒のテーブル。今日はモスクワのサーカス学校の校長サービナさんも加わる。
23時すぎに脱出。ホテル前でみんなとお別れ。マカロフさんがスラフスキイがこうしてお前と会わしてくれたんだ、ぜひまた続けて交流を続けていこうと言ってくれる。うれしい。ほんとうにうれしい言葉だ。スラフスキイ先生にはいろいろ教えてもらい、なにも恩返しができなかったが、マカロフさんとの新たな友情をもとに、アジアのサーカスの本を書けという、世界のサーカス百科をつくれという先生の言葉を実現できるかもしれない。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2010年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ