エミシ・エゾからアイヌへ

2010年04月 30日 (金) 21:49
書名『エミシ・エゾからアイヌへ』

著者 児島恭子  出版社 吉川弘文館  出版年 2009
渡辺京二の『黒船前夜』を読んで、日露交流史の中で、アイヌの存在の大きさを知り、アイヌ関係の本に目がいくようになった。
たぶんこの本は、渡辺の本の中で引用されていたように思う。
電車の中で読みながら、ついつい「なるほどな」と口にしてしまうほど、豊かな指摘に富む本である。いわいる専門書ではなく歴史文化ライブラリーのシリーズで、読みやすい本なのだが、中身はしっかり濃かった。
ひと言で言えば、本書は古代から現代に至るまでの日本人(和人)から見たエミシ・エゾ・アイヌ観の変遷をたどったものである。この視点が非常に効果的だった。
アルテイが象徴するように、大和政権に対峙する東国の、勇猛な夷狄というイメージがつくられていく背景には、政権に対立する敵の存在させる、それを懐柔する必要があった大和政権の都合があったことが、よくわかる。特に中世に、大和王朝に歯向かうエミシたちを承伏させた聖徳太子伝承が聖を通じて、地方まで広まっていくという説には説得力があった。

それと著者がさまざまに引用する文献史料の中で、描かれるエミシ像のなかに、大江匡房の『傀儡記』に出て来る流浪するクグツたちとたぶってきた。これについては著者も指摘している。思いもかけず芸能史にまで及ぶエミシの姿を垣間見せてもらい、得した感じになった。



嵐の前の静けさか

2010年04月 30日 (金) 18:43
今日は連休の間の日。例によってベイサイドマリーナまで走ったのだが、ツツジが満開。前は五分咲きぐらいだったのにあっという間であった。電車は空いているかと思ったら、普段と変わりなし。多くの人はカレンダー通りに出勤しているということなのだろう。今日の課題は、カザフとの契約書をつくること。電話もほとんどこない静かな一日だからこそ集中してできる。これが終わってフト気づく。明日はローマの誕生日。まずは契約書をローマに送ったあと、明日朝すぐに発送できるように誕生日のお祝いのメールをつくっておく。考えてみたら去年のあついの誕生日の時はいろいろあった。あれからもう一年経ってしまったのか、早すぎだ。ローマにしてもいろいろあったわな、中国の仕事がなくなり、イリーナのお母さんが重病、看護疲れでイリーナも体調を悪くし、ローマも入院。やっと落ち着いたのは秋すぎ、彼がアルマトゥイのサーカスのサブディレクターに就任してからだ。落ち着くところに落ち着いたと思う。18時前に退社。家に着く前に携帯に同僚から電話。トラブル発生なのだが、もう少し様子を見た方が良さそうだ。

夜逃げの後始末

2010年04月 29日 (木) 10:12
ゴールデンウィークはいい天気になるらしい。一箱古本市があるので下見しに行こうと思ったのだが、昨日飲みながら原稿を書いていたのが響いてしまう。ぶっつけ本番でいくことにした。昼を食べてからずっと手つかずになっていた長女の部屋の片づけ。いまは大学生になった次女が住んでいるのだが、姉ちゃんのものがたくさん残っており、それをいつか片づけないと思っていたのだが、天気がいいのでとりかかることに、といっても実際は奥さんがやっていたのだが・・・ちょっとだけ力仕事部門を担当。部屋を見たら、びっくり。引っ越しなんていうもんじゃない、これは夜逃げだ。机の中はそのまんま、本もそのまんま、びっくりしてしまった。このあと一箱古本市に持っていく本の運搬方法についてシュミレーション、学生時代登山でつかっていた60リットルの巨大なリックになんとか本はつめこむことができた。景品のビデオは入らないので、これは奥さんに応援を依頼。こんなことをやっている間に、DVDへのダビング作業も並行してやる。いったい何時になったら終わるのだろう、この中に見ていないビデオが何本あるのだろう。とするならこの作業自体報われることはあるのだろうか・・・・
今日は『アルカオス』のダビング。古さをまったく感じさせない、いかしたサーカスである。

ちょっとイライラモードへ

2010年04月 28日 (水) 11:41
ふと思いついたことがあり、午前中外交史料館に立ち寄り、旅券下付記録を閲覧する。時代と名前がわかるので見つかるかと思ったのだが、残念ながら見つけることはできず。いいところをついたかと思ったのだが、残念。13時すぎに出社。昨日のモスクワとのやりとりを復習、どう対処するかを相談して、連絡。今年の夏のサーカスに猫が出演するということで輸送やら検疫やらでいろいろやることがある。とにかく情報が来ないのでイライラモード。いくつか手をうっておく。途中までになっていたカザフとの契約書に手をつける。前につくったロシア語の契約書を探したのだが、見つからない。それで途中で放り出していたのだが、そうも言ってられない。連休前につくって送らないといかんだろう。
18時過ぎ薬屋に寄ってから帰宅。

アイスバーグ

2010年04月 27日 (火) 13:46
連絡が来ずにいらいらしていた案件について、やっとメールが来る。しかし状況は変わらず、怒りのメールを入れておく。犬山に行くに当たって、精算しなくてはならないモスクワでの舞台制作費とエクセス分に関して、トゥイチーと確認。お互い幕が開く前のごちゃごちゃしていた時期なのでほとんど記憶が消えてしまっている。なんとか解決。今日は7月から日比谷シャンテ上映される『ルンバ!」の試写会を見に、汐留へ。この映画に、BP ZOOMのPことフリップが出演している。ベルギーのクラウンデュオが監督、主演した映画ということで楽しみ。今回は『ルンバ!』と『アイスバーグ』の二本立てという今どき珍しい興行になるとのこと。フィリップも重要な役ででていた。いわいる細かいギャグをつないでいく映画で、ストーリーはそれほど大きな意味をもっていない。個人的には『アイスバーグ』が好きだった。オチも見事。まだ公開前の映画なので、詳しくは書かないが、例えばこの映画を昼下がりに出ているメンバーと見て、感想を言い合ったら面白いだろうなと思う。自分ももう一度はぜひ見たい。
上映後会社から電話、またトラブルというかプロブレーマ。家に戻り、トラブルメーカーにメールで抗議。このあと何度かやりとりをする。向こうにも事情はあるのだろうが、言い分ばかりを聞いてやるわけにはいかない。

差し入れ

2010年04月 26日 (月) 10:51
ベイサイドマリーナまで走ると、つつじが五分咲きぐらいまでに咲いていた。でも走るこっちは、長袖の上下。まだ寒いのである。今週からいよいよゴールデンウィークが始まる。リトルもモンキーも連日3回公演が続く。ということで恒例の差し入れ。同僚がビーツを売っているところを発見したので、まずこっちはOK。去年秋に生産をやめていた黒パンの方は、また販売を開始していたので、これを注文。黒パンとボルシチは、ご飯と味噌汁のようなもの、これで元気をつけてもらいたい。
仙台で公演が始まったコルテオのメンバーに電話、なんでもアイルランドの火山騒ぎで5人が休暇から戻れなかったという。いろいろ影響はあるもんである。昼下がりの案内文書を作成しておく。気功に寄ってから、帰宅。

魔笛

2010年04月 24日 (土) 10:45
この一ヶ月ずっと続けているビデオをDVDにダビングする作業を続ける。休みの日は、思わず見ながらのダビングとなってしまう。ミミクリーチの最初の来日公演の映像に、観客として見に来ていたKajaの若かりし姿を発見。最初は捨てようかと思ったのだが、これは貴重と結局保存することに。夕方これも録画しっぱなしだったベルイマンが演出した映画『魔笛』を見る。完璧フリーメイソンの話しだったのね。面白かった!このところ頭は一箱古本市になっている。千円以上購入してくれた人にプレゼントするビデオのリスト作成。結構な荷物になるかも。
今日は久しぶりに魚屋さんがやって来たので、美味い刺身で一杯。

ドラマチック・ロシア in Japan 文化と史跡の探訪

2010年04月 23日 (金) 14:19
書名 「ドラマチック・ロシア in Japan 文化と史跡の探訪」
責任編集 長塚英雄  企画 ロシアン・アーツ 出版年 2010
日露交流については来日ロシア人の会が刊行している『異郷に生きる』シリーズがある。守備範囲が広く、掘り下げもあって非常に勉強になる本なのだが、この「ドラマチック・ロシアinJapan」もいままで知らなかったところでの日ロ交流に切り込み、目から鱗の論文がたくさんあった。(「ロシア飢饉救済をよびかけた「種蒔く人」」宇奈根史、「トルストイの令嬢アレクサンドラと小西増太郎、徳富蘆花」中本信幸、「.彫刻家カニョンコフと野口英世」荒井雅子 長塚英雄、「ロシアの日本探検船、仙台湾に現る−元文の黒船」阿南ゆり子、「明治初期の公卿留学生万里小路正秀」中村喜和など)
日ロ間系に関しては、いろいろな切り口があるということなのだろう。この書の特色は、日露関係をさまざまな角度から見ていきながら、それを日本の史跡から辿ろうとしたところにある。巻末の地図などはその意味でたいへん参考になる。いま住んでいる横浜にはずいぶんたくさんのロシア人が住んでいたようだから、ハマの中のロシアというタイトルでも一冊できるかもしれない。そういえば中村喜和さんが谷崎潤一郎が横浜に住んでいたときのロシア人との交流についてどこかで書かれていた。外人墓地にもたくさんのロシア人の墓があった。関係から人間のドラマまでたどり着くと、このテーマもますます面白くなるのだろう。非常に中身の濃い充実した一冊だった。

号外配信

2010年04月 23日 (金) 10:41
また傘を持って出社。まったく嫌になるこの天気である。そういえば明日明後日は野毛大道芸。天気はよさそうだが、寒くなるとのこと。デラシネ通信号外を配信したのだが、デスクの大野から文字化けしているところがあるとの指摘を受け、訂正して再度配信。今年はGWの仕事が特にないという寂しい年になった。なんとか夏休みに仕事をとらないと、ということで企画資料ができあがったのでその発送作業をする。夕方これに関連して打合せに出かけ、そのまま直帰。

ひとつずつクリアーに

2010年04月 22日 (木) 10:29
寒い朝、この時期はふつうだと短パンと半袖Tシャツで走ってもおかしくないのに、下手すれば手袋までしないといけない。ツツジが咲き始めてきた。昨日プライベイトでの5月の予定で、決定的ともいえるアクシデントが、しかも二件起こり、どうしたもんかと困り果てていたが、現状に即し対応するしかないということで、対応策を決める。なんとかメドがついた。昼下がりの情報と、古本市についデラシネでもupしてもらうように準備。アートタイムス6号制作がスタートしたわけだが、これについても少しずつ準備。結構時間がないような気がしてきた。今回はいわば自分が責任編集のようなもの、やることは増えるはず。
プレゼンしたい企画の映像資料を編集、作成。いい感じではないだろうか。
18時半会社を出て、久々にそば屋「ちくま」での「ちくま会」。今日の締めは田舎蕎麦、これがいつも食べてるやつよ太くて、歯ごたえがあり、美味かった。24時前に帰宅。日本橋から座れたのに、寝過ごし恐怖症から二度も席を立ってしまった。寝過ごしするよりはマシだけど。
帰ると三原さんから、アートタイムス用の原稿(三原さん訳)と最近書いた論文の抜き刷りが届いていた。酔っぱらってるので、今日は読めないけど、ちらと見たらめちゃめちゃ面白そうだった。明日が楽しみ。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ