小倉へ

2009年09月 30日 (水) 8:03
朝目覚めたら、外は雨。それも強い雨足。走るのは諦める。また荷物をまとめるのに手間取り、ぎりぎりの時間でホテルを出て、姫路駅へ。10時15分前にナターシャと落ち合い、新幹線に乗りこむ。車中ナターシャとずっと話をする。12時半ころスペースワールド到着。ここへ来るのは何年ぶりになるのだろう。こちらもやはり雨。駅前に支配人自ら車で迎えに出てくれていた。支配人とも久しぶり。とりあえず食事をとってから、ステージの下見。ナターシャが細かくチェック。具体的にここでやるということではないのだが、休演日に姫路からそんな遠くないので、ステージとか見てもらいたいということだったので、今回の来訪となった。何年か前にここでキャラクターショーとジョイントしたサーカスショーをしたことがある。そのときは真剣に考えていなかったのだが、今回の視察でフライングが出来ることがわかった。高さ的に問題がないということがわかった。なにか今後話が具体的になるとき、これは重要なことである。天井裏も見学。14時半のショーを見学。そのあとプールとスケートリンクを見学して、ひきあげる。自分は今晩は小倉に泊まり、明日また別なテーマパークを見学することになっているので、ナターシャを小倉駅まで送る。姫路まで直行の新幹線まで1時間ちかく時間があったのだが、その方が安全であろう。小倉駅のカフェで時間をつぶし、ホームまで送る。ホテルにチェックインしたのち、知人と小倉駅で待ち合わせ。車で黒崎のいづみという餃子屋で食事、餃子を20個食べる。美味かった。そのあと八幡のカフェでお茶しながら情報交換。電車で小倉に戻る。ネットがなかなかつながらずいらいらしたが、なんとか開通。今日は「アートタイムス」平岡正明追悼号の原稿締め切りの日。奥さんからの連絡で、郵送で長英さん、美濃瓢吉さん、FAXでも原稿が来ていたとのこと。さすが野毛人、デジタルではなく、マニュアルが多い、秋山祐徳太子氏も手書き原稿であった。いったい何本集まるかと思っていた原稿だが、結構集まった。編集が楽しみ。
来週開催される予定の桑野塾の案内の最終確認。10月もいろいろあるなあ。そういえば早稲田での授業もある。24時前就寝。

小沢大写真館

2009年09月 29日 (火) 11:32
書名 「珍奇絶倫 小沢大写真館」
著者 小沢昭一  出版社 筑摩書房(ちくま文庫) 出版年 2006年

小沢さんが写真館の息子だったという話は、よくでてくる。今回は突如(ではないと思うが)写真に目覚めた小沢昭一的写真アイによる文章と写真のコラボレーション。視点がやはり小沢的で、裏町や小路に佇む情景や人間を見つめる。単行本が書かれたのは、昭和48年というからずいぶん昔の風俗がのぞける。ストリップ、ゲイバー、トルコ風呂など、当時の性風俗をくまなく追いながら、インタビュー、独り言をミックスしていく。このインタビューが時代を感じさせる。トルコ風呂で働く女性へのインタビューなどは、永江光雄の傑作「AV女優」などと読み比べると面白いかもしれない。トルコ風呂で働く人たちの女性たちの目的のほとんどは貯金であった。このインタビューがやはり小沢昭一的で読んでいて何度も吹き出してしまった。この当時の性風俗に携わっている人たちのおおらかさみたいなものが感じられる。
大道芸を追い求めていく小沢さんの視線の彼方には、きっと裏町で佇み、蠢くこうした人物たちがいるのだろう。
満足度 ★★★

姫路へ

2009年09月 29日 (火) 9:06
朝飯を食べているとき犬の叫ぶような鳴き声。シロだろう。なにか断末魔のように聞こえる。よほど痛いのだろう。いたたまれない気持ちに。なぜそんな大荷物になるのというかみさんの訝しげな表情。何故なんだろうと自分も思う。でもこうなってしまった。そんな大荷物を担いで出社。昨日送った招待状のコピーを添付して送ってくれというイワンからのメール。何故必要なのかわからないが、とりあえず送る。今度は開けられないというメール、同僚に加工してもらって再送。なんでこんな手間がかかるのだろう。13時すぎに会社を出て東京駅へ。自由席だったのだが、N700系、窓際に坐ったらすぐ下にコンセントが。持参してきたPCを接続。別になにかやろうと思ったわけではなかったのだが、せっかくだから暇だったらやろうと思っていた読書カードの入力。電車が出てからすぐ寝てしまい、三河安城までは爆睡。ただ目が覚めてから案外集中してできる。なにか一丁前のビジネスマン(やっていることはまったく違う)みたいな気分に。17時姫路着、いったんホテルにチェックイン、メールの返事などをしてからメンバーの宿舎へ。今日はフライングのジェーニャの誕生日。途中差し入れを購入。レーナとナターシャ以外は勢ぞろい、メンバーと再会を祝い、乾杯。みんな手作りの料理を持ち合ってきているのだが、これがみんな美味い。2週間休みなしということで、みんな疲れたと言っていたが、とにもかくにも明日は休みということでみんなリラックス。いい一夜となった。23時ごろひきあげる。外は雨。24時すぎに就寝。

詰め

2009年09月 28日 (月) 10:28
10時出社、全員そろって打ち合わせ。明日から九州に出張ということで、もっていく資料の準備。アポの確認。サハのイワンからメール、急いでセルゲイの招待状を送ってもらいたいとのこと。相変わらず自分の都合優先である。確かに時間はそんなにない、ならばということで、招待状の作成にとりかかる。
金曜日の打ち合わせを踏まえて、こちらの方針をクライアントさんに伝える。うーんと一声、交渉最後の正念場である。
招待状ができたのでフェデェクスで送付。昨日まじ飲み過ぎたので、今日は疲労度が高い。18時すぎには退社。珍しく4人そろっての夕食。さすがに今日は休肝日。食卓での話題は向かいの家の老犬シロのこと。上の娘が朝見かけたときは、血だらけになっていたらしい。奥さんの話だとそれから病院に行って、いまは戻っているのではということ。かなりの老犬だが、腎臓が悪く、痛みがあるとのこと、哀れである。
出張の準備をして、24時すぎに就寝。

昼下がりの冗事

2009年09月 27日 (日) 12:27
家を7時半すぎに出て、渋谷へ。9時会場入り。今回はまったく打ち合わせなしのぶっつけ本番なのだが、そんな緊張感もあまりなく、いつものように準備、場当たりと続く。11時すぎには終了、表の受付の準備。受付のリストを見ると、今日が初めてという人がわほりといたので、また下でランドマークになり、会場への案内。10人ぐらい誘導してやった。なかなか手ごわいのですよ、ここの会場は。VJの最後のところから見る。初見参のチーズが、あがっていたわけではないのだろうが、ふたつの演目でひとつずつミス。結構焦ったのではないだろうか。マジックの初見参のKEN&EIJIのしゃべりに入ってからが、もうひとつなめらかさにかけていた。らっぱらぱん、今日は少しテンポが悪かったかなあ。ただ例によってえびすのおとぼけと、力君の冷静なつっこみは何度見てもおかしい。梅田和佐は、今回は身体を張った演技、もう少しドカンと笑いが来ても良かったと思うけど・・・藤山晃太郎は、お客さんをつかってのロープのマジック。しゃべくりもしぐさも堂に入ったもの。貫祿さえ感じられた。小出は横浜、富士吉田での連チャン公演を終えたあとの出演、横浜ではヨコハマネタでやっていたサッカー解説を、山手線でやる。渦でもやったらしいが、テンポがあるし、馬鹿馬鹿しいし、まじめに笑えた。正味1時間10分ほどの公演。日曜日の昼下がり、いい感じで楽しめてもらったのではないだろうか。打ち上げは、前回も利用したライオン。今回はクジでばかばか当選。結果的に5千円ぐらいの食事券をもらった。小出と二次会、モスクワでどれだけ小出の鉄ちゃんネタでトゥイチー一家が楽しんだかという話で大盛り上がり。ふたりで焼酎一本空けていた。21時過ぎに帰宅。文庫まで乗り過ごしはしたが、無事帰還。いったい何時間飲んでいたのだろう。

お通夜

2009年09月 26日 (土) 12:22
16時すぎに、奥さんと一緒に家を出て、水野先生のお通夜会場へ。18時すぎに斎場に到着。すでに長蛇の列。バレーボール関係の受付があったが、先生は何か関係があったのだろうか。学生時代の友人にでも会うこと思ったが、誰にも会わず。ふたりこちらから逝去の知らせを送った人と会っただけ。
20時半帰宅。

ダメじゃん小出ソロライブ

2009年09月 26日 (土) 0:15
ダメじゃん小出ソロライブ「黒く塗れ! Vol.9」
日時 2009年9月25日午後7時から(終演8時20分)
会場 横浜にぎわい座野毛シャーレ

総選挙、自民大敗北、政権交代という激動の政治ドラマが終わって、宇宙人鳩山の恰好良すぎる外交デビューに国民の目というか、マスコミが大げさにとりあげ、民主党期待ムードがなんとなく広まっていくという微妙な時期に、こういう時事ネタを中心にしたライブをやるというのは、やる方としてはどうなんだろう。どっちつかずになってしまうかと思ったが、なかなか踏み込んだ内容になっていた。それが伺われたのはオープニングのコント。総理の椅子に扮した小出が、小泉以降の総理のダメさ加減を揶揄するのだが、最後に新総理鳩山も小沢のいいなりになっていると一刀両断してみせた。結構この時の客席のリアクションが、えーという感じだったと思ったのは自分の気のせいだったろうか。このあたりのズレが今日の公演の見物だったといえるかもしれない。選挙にいかに熱中し、そのあとの国会議事場ネタの細かさに笑わせられる。議員の名前を書いた名札の値段がいくらというのを衆議院に電話して聞いたというのと、それが5千円ちょっとだったいうのは本当だったのだろうか。次のネタが、今日の公演のベストコント。民主党政権に代わり、官僚たちとの闘いが始まったことを、得意のアレゴリーの手法で、見事に構成、笑わせてくれた。舞台を食堂に、コック長と新しいオーナーとのやりとりを中心にしているのだが、民主党のマニュフェストと各省庁のいままでの問題を対比させるその構成の見事さに、笑わされそして感心させられた。見事なものである。おなじみの松木に扮したサッカーフォーメーションの解説が、シチーエーションのナンセンスさとまくしたてるようにしてテンションがあがっていくのがうまくはまり、よく笑った。ゴールキーパーはここで林に交代でしょうというところで、客席の反応がなんとなく誰それ?となったところに、今日の公演のおかしさでもあった小出と客席の間のズレがあった。中田ボンボンが市政ままごとにあきてしまい、衆議院選挙と抱き合わせで無理やり選ばれた市長が誰かわからんというのが素直な反応なのではないだろうか。そこは小出がすぐにその空気を感じ、突っ込んでいったのは見事。計算済だったのかな・・・その中田も愛人と開港博と組まされて、思う存分叩かれていたのは小気味良かった。小話ものと、ワイヤーを使ったネタは、馬鹿馬鹿しさが売りなのだが、小話という意味では同じ質の笑いになるので、ある意味かぶっていたかもしれない。どちらかにして、違うテーストのものをやった方が良かったかもしれない。ただ神奈川県警とアホの違いはないかと県警本部長に突っ込まれ、違いがありませんというところが、今日一番笑ったところだったかもしれない。最後のJALネタは、練りが足らなかった。政府に支援を要求したのがたしか一昨日、その意味では新鮮なネタだったはずなのだが、食堂ネタと比べて明らかに練りが足らない。鶴の恩返しとかぶせるぐらいで精一杯、ひねりが欲しかったところである。全体の構成としては、もうひとつ違うトーンの笑いがあっても良かったかと思う。身体をつかったものなんか一個入るとしまったかも。残念ながら今年も見に行けないのだが、10月2日の大須のライブ。河村市長がでるらしいという。あの市長さんも相当変な人。どんな風になるのか。
そういえば、次回の年末の負け犬あたりで、鳩山の物真似は出るのかな、今回はせっかく身についた麻生の物真似の在庫整理。おそらく彼の物真似はもう絶対に必要とされることはないはずである。

終日打合せ

2009年09月 25日 (金) 11:26
今日は久々の10キロコースを走る。バス停が新たにできている。団地内を巡回するバスらしい。このコースは、冨岡の富士山ビューポイントのひとつがあるのだが、冬以外に見たことはない。ただこの晴天、もしかしたらと思ったら、うっすらと形がたどれるくらいに見えたのにびっくり。なかなか幻想的なシーンであった。金沢緑道にはどんぐりが一杯落ちていた。クマの大好物らしい、もったいないから集めて、クマにあげればいいかも。9時過ぎに家を出て、今日は会社へは行かず、終日打合せ。にぎわい座の小出の公演にはすべりこみセーフで間に合う。今日は顔なじみが少ない。知っている人がいれば野毛で一杯ととも思ったのだが、誰もいないので、寂しくラーメンを食べて帰る。それにしても野毛、金曜日ということもあるのだが、活気があった。いいことである。

資料準備

2009年09月 24日 (木) 8:34
連休明けということもあるのだろう、ホームで電車を待つ人や電車の中であくびをする人が結構いた。散髪してから出社。さあ身も心もリフレッシュして充実の秋にしたいものである。打合せのあと、まずは「シベリアサーカス」。マスコミや関係者にチラシを入れて、案内を出す作業。DVDをコピーしてこれも関係者に送る。次はイリュージョンサーカス、団長のナターシャに電話、来週の他の施設見学について日程を確認。この時他の施設もいくつか回りたいので、そのアポ。先日見たインドのイリュージョンのDVDをNTSCに変換してコピー。これは来年用の企画提案のため。もうひとつ中国のサファリパークのDVDをチェック。これは自分が撮影したものだが、再度何が入っているかを確認した上で、必要な箇所をアナログでダビング。これも来年用の提案企画。
とここまでやったところで17時半、今日は気功があるので退社。出張続きで気功も1カ月ぶりとなる。先生が言うのには身体バキバキに固くなっている、当然だろう。もとの身体に戻してもらって帰宅の途へ。

外出

2009年09月 23日 (水) 8:25
10キロ近く走る。途中便意を催し、いつも使っている公衆トイレに入ろうと思ったら、先客が。なんと大型犬とその飼い主。飼い主が用をたすのを犬が待っているという情景ではなく、犬がトイレに入っているのを飼い主が見ているという図。しかたなくあきらめて遠回りして違うトイレへ。それにしてもお犬さんの時代とはいえ、犬が公衆トイレを利用するとは・・・
朝飯を食べて、今日は野毛の中央図書館へ。目的は満映が制作した三河という映画を見ること。地下のAVブースは満員ということで30分待ち。その間他の資料を探す。30分後にビデオを受け取って観覧。それにしても周りを見るといかにもホームレスっぽい人だらけ。時間をオーバーした人を注意する係員。ここは結構修羅場かもしれない。定期を購入、6月末で定期が切れたのだが、その後は出張が続くので買っていなかった。やっと東京を起点に動けるようになったということだ。新杉田の中華屋で昼食、ドンキーでビールを買って、帰宅。「相棒」の再放送を最後まで見てしまう。そのあと谷川健一の本のカードをとる。
まあじっくりやれることができたということで、いい連休になったかも。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ