メルマガ配信

2009年01月 30日 (金) 17:31
朝から雨なのだが、富岡駅までは傘をささずにいけた。予報では明日まで雨。気温が低ければ雪になるところだったのだろう。メルマガの原稿の追加分が入ったりしたので、その直し。それで一度作成してみんなで回覧、朱を入れてもらう。合間にまた査証申請のための書類作成の続き。モスクワサーカスから昨日電話が来たことに関し、一度情報を整理して、改めてこちら側の意向をまとめメールで送る。外出から戻った西田さんが、メルマガ用に原稿を書いてくれて、これで完成。もう一度みんなで閲覧、確認できたところで配信。
今日はサーカス村の例会でテーマはヤクーツク。珍しく今回は話したいことが一杯あった。たった3日の滞在なのだけど、充実した旅になったからであろう。21時ぎりぎりまでの会となった。外はまだ雨、品川の本屋で藤沢周平の文庫本を買って、立ち食いそばを食べて帰宅。今日は休肝日。

ダメじゃん小出ソロライブ黒く塗れVol.7

2009年01月 30日 (金) 0:13
公演名 「ダメじゃん小出ソロライブ 黒く塗れ! Vol.7」
作・出演 ダメじゃん小出
会場 横浜にぎわい座小ホール
観覧日 2009年1月28日(木)午後7時(終演 午後9時)

小出の横浜にぎわい座ライブもすっかり定着したようで、今回は前売り分が完売だったらしい。開演前の客席もなじみの客が公演を楽しもうという雰囲気になっていて妙なピリピリした感じがなくなっている。今回の公演は、もしかしたら小出のライブの中でも歴史に残るものかもしれない。ほぼ1時間はやっていたのでは思われる最後の寝台特急はやぶさレポートは、それだけ秀抜であった。
頭は、木馬亭でもやっていた寿司屋ねた、そしてトーク。今月もオバマの大統領就任式やら、朝青龍のガッツポーズもありネタには困らなかっただろうが、爆笑させられたのは、オバマが日本に来たら、追浜(オッパマ)が問題になるのではというくだり。もしかしたら名前を変えられるようにアメリカから言われるのではというのにはびっくり、爆笑であった。今回はつなぎに前にもやっていた「こばなしかたる」を三つ入れていたが、ちょっといまいちだったかも。二番めのネタは麻生太郎の物真似をしながらのネタ。この前松元ヒロの太郎を見ているからなあ、物真似としてはもうひとつだったかも。バンコクの大道芸大会に出演したときのトークがあって、先頃つけてもつけなくても良くなった紅葉マークをネタにし、派遣の問題をおちょくる。ここで次が最後ですと言われて、ちょっと今回はパワー不足かなと思ったのだが、実はこれまでが次にやったネタの前フリのようなものだった。鉄ちゃん小出が、正月に乗った三月に廃止される寝台特急はやぶさに乗った時の話をレポートしたのだが、とにかくめちゃくちゃに面白かった。本人が大好きなことをネタにするのだから楽しいに違いない、それが根本にあるので、話に勢いがついている。同じ列車に乗っている鉄ちゃんたちが、競ってカメラを持ち、機関車の交換などのたびに駅のホームを走って写真撮影するという様を、武闘派と称し茶化しながらも、実はお前もそうだろうということがあるわけで、その微妙な立場のズレが可笑しみをふくらませた。はやぶさに乗る前に北熊本までいって、かつて活躍していた電車がまだ走っているということを感動しながら話すところには鉄道への愛情を確かに伝えている。そういえば携帯に東横線を走っていた電車が、まだここで走っているんですと写真を送ってもらったが、本当に感動していたのだろう。はやぶさが門司でふじと合流するところで、シガーボックスを取り出した時には思わず吹きだしてしまった。このネタをやる前に、シガーボックスを準備していたので、最近よくやるコネタショーで使うのかと思ったら、何のことはない、これを列車と機関車に見立てて、いかにこれが門司で切り離されて、また下関でつながれるのかということを説明する道具にしていたのだ。見事であった。山陽線を走るとき、今度は風船をふくらませて、カーブする時に、前の車両がこんな風に見える、機関車がこんな風に見えると説明するときには、叙情さえ感じられた。それもこれも鉄道を愛するがゆえなのだろうが、きちんの芸といして昇華されていた。これを見て思い出したのは、小出がジャグラーから路線転向していまのスタイルになるきっかけとなったプラコメでのちょっと頭の足りない電車おたくを演じた電車でGo!Go!。あの時の小出には狂気がやどりつき、いまだに忘れられない舞台になっているのだが、それを思い出した。狂気は確かに小出の中に宿っているのだが、やはり芸の蓄積ができていて、その狂気がきちん客に向けて、消化されている。熊本から東京まで、私は一緒にはやぶさの乗客になっていた。立派な話術である。しかも1時間近くの旅だったのが、そんな時間を忘れさせるぐらいの見事なエンターテイメントになっていた。自分は鉄ちゃんではないが、寝台電車はよく利用していた。1500円でそんな列車に乗せてもらったことに感謝しないと。
満足度★★★★

サーカスと革命

2009年01月 29日 (木) 12:45
朝新聞の週刊新潮の広告を見て、エッと思わず声をあげる。時効になっていた朝日新聞阪神支局襲撃の実行犯の告白がでるという。駅のキオスクで買って読む。かなりの信憑性があるのではないかというのが第一印象だった。襲撃を命じた名前も出るとのこと、しばらくは週刊新潮から目が放せない。
出社して、査証申請書類の作成の続き、途中から飽きてきたので,明日配信しようと思っているメルマガの原稿を作成、おもに公演情報を整理。
14時千駄ヶ谷駅前の喫茶店で打ち合わせ。会社に戻ってデスクワークの続き。どうも書類をつくるのは苦手、途中また飽きてきたので、メルマガ用の公演情報を検索しているうちに、「サーカスと革命」のAmazonのコーナーにたどりついてしまう。そこでびっくりしたのが、もちろん絶版で、中古の出店しかないのだが、三店出店していて、三店とも12000円ぐらいの値段がついていたこと。あの本が12000円!自分も一冊しか持っていないのが口惜しい。あればすぐにオークションに出すのに・・・・
小出の公演があるので、17時半に退社。途中電車に乗っているときロシアらしきところから何度も携帯に電話が入る、会社からメール、モスクワのグレートモスクワサーカスから電話があったという。ちょっといやな予感が・・・。にぎわい座に着いたところでモスクワに電話、たいしたことではなかったのでホットする。
公演後野毛組とあやしげな「みなと」いうバーへ。このバーに仕掛けがあるということなのだが、その仕掛けとはトイレへ続く扉にあった。開けてびっくり、なんとアパートになっているのではないか。このバーはアパートの中にあったのだ、しかも50年前につくられたというアンティクなアパート。学校の中のような共同トイレと洗面所がある、廊下の雰囲気もいい。6畳で3万円の家賃だという。ここに住み着いたらアル中になってしまうかも。
帰りまた禁断のラーメン、九州ラーメンを食べてしまう。ダメジャン!

ニクーリンサーカス

2009年01月 29日 (木) 1:04
公演名 「ニクーリンサーカス」
観覧日 2009年1月28日
会場 JCBホール

悪くない、でも客席ガラガラ。これは何故なのだろう。宣伝のターゲットを間違ったとしかいいようがない。犬のショー、熊のショーがとても良かった。であれば、家族が見に来てほしいサーカスなのだと思う。周りにいた子どもたちは結構熱狂していた。シルクドゥソレイユ、ゼット、ジンガロなんかどうでもいいんだよ、こんな家族で楽しめるサーカスがあるのを、どうして無理して伝説のサーカスとか、本物のサーカスとかいう宣伝をするのだろう。しかも入場券がばか高い、これはダメでしょう。
ニクーリンサーカスの特徴はすべて出ている。ここは団体のアクトがあまりなく、個人のアクトをじっくり見せるところ、その意味ではニクーリン的である。だからこれというものがないのである。サーカス芸の力ということでは、昨年の「シャングリラ3」の演目の方が圧倒的にいい。それは集団で見せるという迫力があったからである。ニクーリンサーカスは、個人プレーが中心なので、どうしても地味に見えてしまう。だから演出が必要なのに、美人のダンサーの踊りとクラウンで誤魔化そうとしていたが、それではショーとしてはもの足らない。ストーリー性がなくても、なにか違うキャラクター、犬とか熊とか、子どもとかでもっと違う色を出せたのではないかと思う。オープニングのラートは、地味だった。ハイワイヤーの道具をすぐに片付けたいということはあったと思うので、ハイワヤーを頭にもってくる方が良かったのでは。犬のショー、熊のショーはとてもよかったと思う。この面白さ、楽しさを全面に出した方が、このサーカスの良さを引き出せたのではないかと思う。
とても不愉快だったのは、黒服の案内人たち、あんな連中がいては興ざめ、サーカスは楽しむものなのに、あいつらは客を商売の道具ぐらいにしか思っていない。ホスピタリティーがサーカスの導入口。案内は無愛想、写真とかプログラム売りで一生懸命、それは間違っている。サーカスに黒服は必要ない。
ジンガロとかシルクドゥソレイユとか気取っているサーカスに対して、ファミリーをもっと意識したサーカスということを打ち出せば(入場券のとも含めて)成功する要素はあったと思う。
ニクーリンサーカスには演出家がいない、ということもはっきりわかった。あのダンスの繋ぎはあまりにもダサかった。ロシアンバーの演出もひどい、ロミオとジュリエットバージョンではない方が絶対にいいのに。
モスクワで11月に見たニクーリンサーカスよりは良かったと思うが、コンセプトつくりに失敗したといえるかもしれない。

再会

2009年01月 28日 (水) 12:04
昨日の続き、査証申請書類の作成に従事。書類を探すのが大変、ないものについてまたメンバーにメールを送る。プレゼン用の企画のためにスケジュールを確認するメールを何件か送る。
16時に会社を出て、水道橋のJCBホールへ。ここは初めて入るが、コンサートにも使えるというが、今回はしっかりサーカス場になっていた。キルギスの留学生と一緒に見たのだが、リトルで3年前ちょっと手伝ってもらった時に一緒だったマクシムとカーチャをオープニングで見て、思い切り歓声をあげて手を振る。向こうもたぶんすぐわかったと思う。休憩中にカーチャは、写真撮影に駆り出されていた。留学生は一緒にしっかり写真を撮っていた。公演後楽屋口でふたりが出てくるのを待つ。オープニングに出てきた子どもも、彼らの子どもだったという。カーチャにそっくり。まだ始まったばかりで落ち着いたら電話しようと思っていたとのこと。彼らが出ていたのはファストトラックだったが、カーチャは犬の面倒係、マクシムは跳ばずに一人相撲をちらっとやっていた。マクシムおのお父さんがジャンプしていたのにはびっくり。顔がマクシムそっくりだった。
上のレストランで食事してから、帰宅。キエフのナージャ先生に電話、ワーリャ先生のことを聞く。肺ガンだったらしい。ミキオさんタバコをやめなさいとかなり強い口調で言われた。

清水の次郎長

2009年01月 27日 (火) 23:31
書名 清水の次郎長(上)(下)
著者 黒鉄ヒロシ    出版社 PHP研究所(PHP文庫) 出版年 2006年 

デラシネ通信デスク大野の勧めで、虎造の浪曲を聞かされてから、はまりまくっている清水の次郎長。これも大野から貸してもらった。映画『次郎長三国志』は、村上元三の原作をもとにしているし、虎造の浪曲も独自の解釈が入っている、しかも次郎長は実在している。この虚実入り乱れたところが次郎長の面白いところなのかもしれない。それを鬼才黒鉄ヒロシが漫画化したのだが、実に深い、さすがである。実在の次郎長についての資料もかなり漁っている、それに黒鉄風の分析で浮かび上がらせる次郎長の本性、それを混在させながら、漫画なのでギャグも入れと、次郎長百科になっているのだが、深みにはまりすぎである。才気に走りすぎてしまったようだ。次郎長物語の魅力は、明るいスカッとしたカタルシスにある、高倉健のヤクザ映画の暗いカタルシスでもなく、忠臣蔵の美学でもない、明るさ、明快さ、清々しさが魅力だと思うのだが、黒鉄ヒロシは思いっきり迷路の世界をつくりだしてしまった。それは漫画の基調トーンの暗さにも現れている。執拗な次郎長伝説を覆すような証言(実在の人物、しかも明治まで生きていただけにさまざまな関係者がいろいろな証言を残しているのである)を挿入することによって、全然スッキリしなくなってくる。これが黒鉄ヒロシの狙いだったのかもしれない。ある意味では失敗作だと思う。実際文庫になる前の、文春の単行本はコケてしまったという。
でもこれは偉大なる失敗作といえるかもしれない。伝説となった次郎長の実像に迫るというのでもないのだが、こんなアウトローが生き延びれたのは何故、そしてそれを支えたのはなにということに、こだわり続けているからだろう。ノンフィクションの方法論としても面白さがある。
でも荒神山で運命の喧嘩をしていたときって、日本がペリー来航だ、尊皇攘夷だって騒然賭していた時とかぶっていたのだね。ある意味で凄いっちゃ凄い話である。
満足度★★★

訃報

2009年01月 27日 (火) 10:34
出社すると、西田さんからショッキングな知らせ。2年前に空中芸をサーカス学校で指導してくれたワーリャ先生が亡くなったという。まだ60歳前という若さ、何があったのだろう。キエフのナージャ先生に何度か電話するが、不在。
査証申請の書類作りに専念。春のイベントのことで、あちこちにメールやら電話をする。
昼弁当を食べながら、先日発表になった年賀状の当選番号をチェック。下の娘は10通しか来てないのに、2通も切手シートが当たっていた。こっちは150通中やはり2通。
18時すぎ神保町の喫茶店で、いまやっている長谷川濬の詩集の件で打ち合わせ。終わってランチョンで軽くビールを飲んで、帰宅。

サーシャ帰国

2009年01月 26日 (月) 11:41
いったん出社して、打ち合わせをしてから、東京プリンスホテルへ。ガーリャがフロントで待っていたのだが、サーシャが困っているというので地下のメガネ売り場へ。なんでもメガネを試着しているときに自分のメガネを忘れたのではないかという、聞いてみたが、ないという。ではフロントで支払いをするときにではということでフロントへ、ここにもない。メガネを失くすなんてと思ったのだが、自分もやっているので言う資格はないわな。昨日は東京タワーにまた登ったらしい。そして無事富士山を見れたとのこと。良かった、そればかりが気になっていたのだが、なによりである。お茶を飲んでそれからタクシーで東京駅へ。ホームまで見送りに。サーシャはとにかくお前がいなかったら、何もできなかった、本当にありがとうと何度も何度も手を握って感謝の意を表してくれた。セルゲイのたってのお願いであったが、彼とも強い絆で結ばれたような気がする。
そのまま新宿の病院で定期検診。11月までは5代だったのに、12月は6.4とまた上昇していた。飲み過ぎかな。がっくり・・・・
大阪から取引先のひとりが来社。次なるプロジェクトの相談。なんとかものにしたいものだ。
薬屋に寄って帰宅。

横浜見物

2009年01月 24日 (土) 23:07
ここ二三日ぐずついていた天気だが、今日は晴れる予報。富士山を見たいというサーシャたちをランドマークを連れていく予定をたてる。12時に有楽町の中華屋さんで打合せ。そのあと浜松町でサーシャたちをピックアップ。空模様があやしくなってくる。富士山はたとえランドマークでも見えないと予定を変更。品川の水族館に案内することにする。今日はロシア人のミハイル親子も同行。何年ぶりになるのか、展示内容が結構変わっていたような気がする。トンネルではみんな歓声をあげながら喜んでいた。ミハイルがこんな素晴らしいとろに案内してくれてありがとうと言ってくる。サーシャが孫に歩行器を買ってあげたいと言っていたので、横浜そごうへ。歩行器ではなく、ローラースケートが欲しいとが判明、なんたるミス。しかしこのなんでも揃っているデパートにサーシャ以外は興奮、買い物に走る。40分後に3階のエスカレーターの前で落ち合うはずだったのだが、誰も集まらない。そのうちサーシャから電話、ちょっとトラブルが発生したらしい。4階の婦人服売り場に行くと、すでに商品は購入したあと、なんでも消費税分を返却してくれるらしい。売り場の人の案内で商品券売り場へ。金額を見たら、なんと14万円。サーシャがぶつぶつ奥さんのガーリャに文句を言っている。なんでこんなもの買うんだ、ヤクーツクでは使えないというが、ガーリャは仕方ないじゃないのと弁明。ミハイルたちもいろいろ買ったみたいで、同じような手続き。時計を見たらもう20時近く。桜木町へ。ランドマークに案内。展望台から夜景を見て、またまた興奮。東京タワーよりも感動していた。晩飯をということになったのだが、ここはせっかく野毛の近くにいるのだから、一千代でふぐを食べさせたいというか、食べたい。念のために電話すると、もう店は閉めたという。だだをこね、ふぐを食いたいというと、あっさり店を開けてくれることになった。納豆揚げで粘られるのではなく、ふぐということが大きな決め手になったかも。
4人とも初めて食べるふぐに興奮していた。雑炊はつくってもらう。いやあ美味かった。明日ミハイル親子は帰国ということで、乾杯。ミハイルとサーシャは日本でこうして会えて本当に良かったとふたりとも言っていた。これが今回の大きな収穫だったとも。いままで代理店を介して商品の売買をしていたのが、直接できるというのが大きいようだ。
ミハイルが、本当に今回は世話になった、ぜひロシアに交通費を出すから招待したいと言い出す。飲んだ勢いだと思うが、ちょっと嬉しかった。突然サーシャが、最後に一言ということでスピーチ。今回サーカスが縁でこうして知り合え、世話になったが、ほんとう我々の新たな友情に乾杯したい、そして特別にプレゼントしたいと、純銀をたくさん散りばめた刺繍入りの携帯電話ケースを取り出す。あとでお母ちゃんに見せたら、これはすごいんじゃないといっていた。とにかくみんなこうして喜んでくれてなによりであった。特別に店を開けてくれた一千代にも、みんな感謝の言葉。日ノ出町から京急で横浜へ。大門までの直通はないが、カーチャに品川で乗り換えるように教える。彼女だったら大丈夫であろう。無事座れたのを確認、手を振ってお別れ。まあ結構大変だったが、自分も楽しめた、ふぐも食えたし・・・・なにより4人とも喜んでくれたのがうれしい。
24時ちかく帰宅。

三連チャンはきつかった

2009年01月 22日 (木) 13:42
カザフへ送る航空券代をウェスタンユニオンで送ろうと、家を出たはいいが、ローマの住所を控えてくるのを忘れてしまい、明日送ることに。ヨドバシに寄って、マウスの件でクレーム、二回も同じ会社のものが故障というので、もう同じ会社のはヤダと言ったら、他の商品と取り替えてくれ、差額も返してもらった。
出社してからまずクライアントさんから来ていた契約書をチェック、訂正して捺印、収入印紙を貼り、送付。いろいろあったがまあここまでこぎつけたということだ。
ローマの住所を確認。査証書類を揃える。たぶん来週末には提出できるかと思う。月曜から三連チャンになったので、さすがにキツイ。眠くてしかたがない。
18時半すぎに退社、そのまま帰宅。今日は休肝日にする。もうなにもしたくない、テレビの前にどっかり座り、007の映画を見る。87年に作られた映画で、携帯電話がやたらでかいのには笑ってしまうが、よくできている。結局最後までみてしまう。やらなてはならないことはあるのだが、今日はこのまま就寝。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2009年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ