ルスツ編7 準備万端

2008年07月 31日 (木) 9:57
今日も泉川のゴルフ場をジョギング。天気予報では午後から雨、たしかに山にガスがかかっている。11時から通しの予定だったが、フライングチームにこの件が伝わっていなかったらしく、ちょっと一揉め。フライングチームは直前までドミニカで仕事、5カ月間休みなしで仕事してきたのでかなりへばっているのは事実、それに時差もある、ただ先日吹き込んだアナンウスとの合わせがあるので、そこにだけは参加するように指示する。フライング抜きで通しをしたあと、フィナーレを全員そろって稽古、やはりタイミングがまだつかめていない。何度か練習。手拍子がバラバラだったので、それを統一するようにダメだし。稽古終了後アレックが誰か日本人がなにか聞いているというので呼ばれる。日本人の女性がロシア語で今日はサーカスやるのかと聞いてくる。思わずロシア語で答えてしまう。アレックに彼女はロシア語で聞いていたぞ、というと笑っていた。なんで日本人同士でロシア語で話さなければならないのか。
一休みしてから16時フライングの稽古。一通り跳んだあと、新しい衣装を着て跳んでみる。靴が編み上げ式で履きづらそう。なんでこんなコスチュームになったのか聞くと、サーカスの演出家の指示でつくったものでしかたがないという。最後にカプリの稽古。上へ持ち上げるワイヤーが細いことが判明、それを付け替える。今日これをやっておいて良かった。ということでとりあえず準備はすべて終わり、明日のゲネプロを待つばかりとなった。
今日はルスツを出て、近くに居酒屋で一杯やる。ホテルの外で飲むなんて初めてのこと。たまには悪くないものである。夕方から降り出した雨も、やんできた。

ルスツ編6 一休み

2008年07月 30日 (水) 19:13
7時起床。風呂に入って、8時半前にテントへ。MC原稿のテープの吹き込みに立ち会う。1時間ほどで終了。メンバーは外人登録に出かける。自分は部屋に戻る。外人登録は1時間ほどで終了。今日は通しの稽古はなし、銘々が練習することになった。かなりできあがっているし、来日してからずっと仕込み、リハと続いていたので、このようなオフをつくるのはいいことだろう。リフレッシュの意味ではいいかもしれない。それもこれもここまで順調に進んでいるからである。思いがけなくこちらも暇に。部屋で持ってきた黒沢のDVDを見たりする。18時フライングの稽古に立ち会う。アレックはすべての技を成功させる。マヤも今日は入念にフライングして姿勢などをチェック。アンドレイとちょっと話をする。フライングのメンバーでスポーツあがりはアル中が多いという。このメンバーでもひとりいいジャンパーだったのが、アル中で首になったメンバーがいる。ストレスから来るのではという話をしたが、わからないという。今日はアルコール抜きでバイキングの夕食。東京で会ったフライングのアリシェールから電話、現在仙台で公演中という。たぶん会えるとしたら群馬か栃木の公演であろうと伝える。21時半アンドレイの部屋に行って、去年のメンバーの姫路での仕込みのDVDを見ながら、姫路での仕込みについて打ち合わせ、なんの問題もないのだが、どうして去年のメンバーがあんな風につり込みをしているのかがわからないという。それぞれやりかたはあるのだろうが、何故あんな仕込みになっているのかが不思議でならないようだ。ドミニカで知り合ったというアイアンホールのオートバイショーのDVDを見せてもらう。5台一緒に走っていた。2歳のふたりの子供のエリセイが自分のことをジェド(おじいちゃん)と呼ぶので、アンドレイとマヤが大笑い。確かに孫がいても不思議ではない年にはなっている。子供は正直である。22時半部屋に戻り、少し本を読んでいるうちに眠くなり、そのまま寝てしまう。こっちへきてからよく寝ている。気候のせいがあるのかもしれない。

いとしこいし想い出がたり

2008年07月 30日 (水) 10:22
書名 「いとしこいし想い出がたり」
著者 喜味こいし・戸田学(聞き手) 出版社 岩波書店 出版年 2008 

このところ意識して読んでいる芸能ものの聞き書き。関西漫才の重鎮喜味こいしは、兄いとしが亡くなってからは漫才をしていない、そんなこいしが子役から兄弟ではじめた芸能生活を振り返る。波瀾万丈場の芸能生活というのではなく、真摯に一生懸命生きてきたというそのまっすぐな姿勢が伺える。なによりもそうした80年の人生を淡々と語るなかに、著者こいしの人柄が浮かび上がってくる。最後の方で、主に上方で漫才をしてきた芸人さんの寸評が出てくるが、肩入れするのではなくニュートラルに見るその視線が、この人の生き方をあらわしているようにも感じた。印象深かったのは、「間」について語ったことば。
「舞台の上で間をとるというのはやっぱり怖いですよ。だから今の若い子なんかは、テンポが余計に早くなった。客の笑いにかぶせていくというのがね。結局、『笑いがなかったらどうしよう」という考えが先に立つんやろうね。今のお方がどう思うかは知らんけれども、漫才には間というものが肝心だと思いますな。まあ、短い放送時間に合わさなんあかんから仕方がないこともあるけどね」
「間」が怖いから、テンポをあげる、それがいまの笑いの主流になっていることは間違いない。いまや笑いの主活動となっているテレビ向けの笑いということなのだろうが、こいしさんのさらっと出たこの言葉、重い意味をもっているように思える。
満足度 ★★★

ルスツ編5 順調に

2008年07月 29日 (火) 10:10
今日も曇り空が広がる。朝は肌寒い。通しの稽古の前に洗濯。昨日と同じように11時から通しの稽古。このメンバーは時間に正確、きちんと集まる。昨日そうだったが、場当たりなのでフライングのチームが実際は跳ばずに、下で格好だけで跳んだふりをするのがおかしい。ほぼ問題はなし、時間はほぼ60分、かなり今回も内容の濃い1時間になっている。チームワークの良さがそうさせるのだろうが、みんな実に楽しそうに演じている。これはきっとお客さんにも伝わるだろう。いいショーができたという手応えを感じる。
16時から空中もののリハ、18時からのフライングのリハでは、アレックが自分が演じる予定の全部のトリックを成功させていた。最後にジェーニャが締めの演技カプリのためのブランコを上に設置、一回試しで落下、問題なし。今日はあまり飲まずに、前から食べたかった海鮮丼を食べる、噂には聞いていたがすごいの一言である。かなりの充実感。部屋に戻って録画していた黒沢明の「姿三四郎」を見る。去年と比べてえらい余裕である。

ルスツ編4 早くも三回転成功

2008年07月 28日 (月) 8:33
今日は涼しいを越えて寒い感じ。泉川のゴルフ場までジョギング。コース内を走っているうちに途中便意を催す。ちょうどいいタイミングでトイレがあった。今日の占いは探していたものが見つかるということだったが、まさにぴったし。
11時から通し、ほぼできあがっている。道具の出し入れ、ヘルプについてもほぼ完璧。昨日ダメだしを出したフィナーレを最後に修正、いい感じである。月曜日にしてほぼできあがった!2年前のリトルのイリュージョンサーカスと同じような進行具合である。
雨が降り出す。長袖でないと寒い。
16時から空中ものふたつのリハ、これもウィンチの昇降のヘルプの確認。それにしても空中ジャグリングのユーラは、すごい。ショーのどあたまで、いきなりクラブ7本のジャグリングをしてしまう。彼のショーは空中に宙つりになった状態で、ジャグリングをするのが味噌なのだが、地上でも難しい7本のクラブジャグリングをしてしまう。その他にリングも9本をやっている。恐るべしジャグラーである。
18時からフライングのリハ。今回ルスツで初めて跳ぶオレックの稽古が中心になる。キャッチまで練習。最後はなんなく三回転を成功させる。練習を終えてアンドレイがかなりホットしていた。ドミニカと比べて距離が違うので、かなり心配していたらしぽ。しかしもうこの段階で三回転を一回で決めてしまうのだから、たいしたもんである。
19時半練習終了。
いいペースで進んでいる。

ルスツ編3 場当たり

2008年07月 27日 (日) 9:57
10時から空中もののリハ。まずはフライングチームの練習。今日はキャッチせずにタイミングの確認が中心になる。今年はルスツ三回目にして、はじめてマヤが跳ぶことになる。おそらくタイミングに関しては、問題なかったのだろう。1時間ぐらいで練習終了。ネットを外して、空中ジャグリングと、デュオトラペーズの練習。今回初めて組むパートナー同士、ウィンチの上げ下げのタイミングの確認が中心になる。空中ジャグリングはそう難しくなさそうだが、トラペーズの方が上げ下げのタイミングがかなりあり、ユーリイは大変そうだ。かなり念入りに練習、この間音をもらって一枚のデスクにまとめる。13時半ぐらいに終了。簡単に昼食をとって、14時半カーペットを敷く作業開始。イリュージョンのヴォーバがいつもみんなより早く来て、手伝ってくれるのがありがたい。仮ではあるがカーペットシートを敷き終わり、まずはナターシャが全員を集め、プログラムの順番と、誰がヘルプ、荷物の出し入れについてもう一度説明確認。
それから順番通りに場当たりが始まる。着いて4日目から場当たりが始まるなんてというのは、いままでで初めてなのではないかと思う。
やはり同じサーカス団のメンバーということもあるのかもしれないが、トゲトゲした感じはまったくなく、和気あいあいと進行。フィナーレについてだけダメを出しておく。
通しが終わったあと、イリュージョン組が練習。19時半終了。
いまのところ順調である。

ルスツ編2 仕込み完了

2008年07月 26日 (土) 9:45
6時起床。ちょっと変な夢を見た。ストレッチをしたあと大浴場に荷物を置いて、走りに出かける。7時前だというのに大浴場は満員、ちょっとびっくり。ルスツでのジョギングコース、赤い靴の像まで。羊蹄山がきれいに見える。赤い靴の公衆便所に入る。これがなかなか笑わせる。入った途端に、赤い靴の歌が流れ、それぞれの便器の前には歌詞を書いたプレートがある。道の駅に寄る。さすが北海道、大地の広がりを感じる。サミット記念の花壇を写真撮影。国の花で日本の桜はわかるけど、ロシアはひまわりでいいのかな?
10時から仕込み開始。フライング以外の空中ものふたつのチェック。大きな問題はないようだ。フライングが昨日吊った道具の固定にはいる。つり込みは早かったが、固定には時間がかかる。途中吊り直しもあって、終わったのは16時すぎ。リーダー格のアンドレイは昼飯も食べずに大活躍。人間変われば変わるものである。4年前最初に同じチームで来たときは一番ノーテンキだった男だったのが、いまや飯を食わずに責任をもって仕込みをしているのである。おかしかったのは、アンドレイと奥さんであるグループのリーダーのマヤが仕込みについて口論を、それもロシア式に怒鳴りあいながらやったとき、ふたりの一粒種の2才のエリセイが、「ダメ!」と怒鳴って、まずはパパのお尻をぶって、つぎにママのところにいって、抱きついたこと。表面的には変わらなかったが、たしかにこの時から空気が変わった。これからスムーズに仕込みが進む。子供の力って大きいもんだね。
18時前にネットも張り、チェックも終わり、一段落。全員集まってヘルプの打ち合わせとダンスの練習。しかし考えてみれば、この作業は昨日始まったばかり、それがもう明日から通しでできそうな勢い。なんというメンバーなのであろう。同じフライングのブランコがあった去年の修羅場をどうしても思い出してしまう。
19時半には今日の作業終了。早稲田の授業のレポートが届いてたとの連絡を受けていたので、それをとりにフロントへ。今回はちょっとむずかいテーマだったせいもあるのか、採点する必要があったのは3つだけ。採点するのは楽、でも3つとも読ませる内容であった。ただウィキペディアを引用として使うのはいかがなものであろう。参考にするにはいいとは思うが、論文での引用は、どうなのだろう。学生のレポートでは、ウィキベディアの引用は認めないようにした方がいいのではないだろうか。
下の娘が、2週間の語学短期留学でオーストラリアに出発した。なにもかも初めての体験にはなると思うが、なにかを得てくれればなによりである。

ルスツ編1 仕込み

2008年07月 25日 (金) 22:15
10時に荷物が到着する予定、8時半目が覚める。あわてて朝飯を食べに行く。朝はひんやりするぐらいの、なんていい季候なのだと思う。10時予定通り荷物到着。全員揃って搬入。すぐに準備に入る。道具の準備は個人差がある。一番大変なのは、空中ブランコ。しかも今回は前の公演先のドミニカにそのまま荷物を置いてきて、新しい道具をそのまま送ってきたので、つり込みする前の準備が結構大変そう。メンバー全員がその準備にかかる。他のメンバーは、空中ものは以外はわりとあっさりと準備が整う。空中ジャグリングとブランコはウィンチの確認。14時前に全員で昼食をとったあと、つり込み作業が始まる。一番たいへんかと思ったフライングは、2時間ぐらいで作業終了。去年のフライングの仕込みを思うと、どんだけ早いか。結構意外だったのは、他のふたつの空中ものの仕込み。簡単に終わるかと思ったら、結構時間がかかる。フライングのワイヤーがあちこちあるので、それを邪魔しないようにャ滑車をつけて、セッテングしているためだろう。3時間ぐらいかかる。その間にもうひとつの懸案お犬さまの餌の打ち合わせ。
20時すぎに作業終了。考えてみたら今日は作業初日、フライングのネット設営まではいっていないが、つり込みは終わったわけで、順調すぎるぐらいだと思う。
21時すぎかかしで食事、犬とローラバランスのユーラが、他のレストランが終わったとこのことで、一緒にここで食事。彼はサーカス家族で芸を学んだ男、いろいろ面白い話を聞く。笑ったのは彼が前働いた猫劇場でフランスにいったとき、猫が公演前に餌を盗み食いして、本番芸を全然しなかったという話。猫は空腹の時だけ芸をするという。犬は賢くて、人間の気持ちを理解して、芸をするのだが、猫は違うという。腹へって仕方なく芸をするらしい。面白いもんだ。
23時すぎ部屋に戻る。そのままバタンーキュウ。

モスクワイリュージョンサーカス来日

2008年07月 24日 (木) 22:06
6時すぎ起床。朝風呂に入る。昨日の地震の被害が気になるところだが、ニュースを見るかぎりいまのところ大きな被害はないようだ。仙台の実家にも電話、かなり驚いたらしいが、被害はなし、おふくろの話では、この前の地震よりは強かったような気がするという。ネットでフライトインフォメーションをチェック。アエロフロートは20分の遅延。9時のバスに乗ることにする。成田に着いたら気温はすでに32度。まもなくユーリイふたりがゲートに出てくる。犬の検疫のために2階へ。チップというのは便利なものである。驚いたのは、二匹の犬のおとなしいこと。検疫の手続きは30分ほどで終了。ユーリイは犬の散歩に外へ。これで第二段階はクリアー。あとはフランク経由で来る第二陣を待つだけ。ふたてに分かれて昼食。かなり待つかと思ったが、まもなく第二陣到着。そんな待った気がしなかった。メンバーは顔なじみが多いので、再会を喜ぶ。今日はワーリャの誕生日。ワインとチョコレートという簡単なプレゼントを手渡す。リムジンに乗って羽田に移動。ここからはかなりタイト、みんなへばっている。18時15分発の千歳行きの飛行機に搭乗。なんとこれがピカチュー飛行機。高校二年のくせにいまピカチューにはまっている下の娘が、この前乗りたいと言っていた奴だ。別に乗ってしまえばどうってことはないのだが。紙コップと座席の頭のシートがピカチューだったくらい。移動中はほとんど寝ていた。千歳は雨。降りてから、一応娘に報告メール。なにかグッズをもらってこいという返事。ちと遅かったな。荷物と犬を受け取って、食事。3階に大きなレストランがあるのだが、荷物があるし、到着ロビーのレストランで夕食をとることにする。モスクワのボリショイサーカスから電話、地震の影響がなかったのか心配だったようだ。みんな無事に到着、地震の影響もなく、犬の検疫も問題なかったことを報告。安心していた。いよいよ最後の移動、ルスツに向かう21時半発のバスに乗る。イリュージョン組を除いてみんな爆睡。23時すぎルスツに到着。肌寒いのにみんなびっくり。フランク経由組はほぼ丸一日移動となった。どんだけ疲れたことかと思う。お疲れさまでした。とりあえず初日は、問題なく終わった。一番の心配の種だった犬の検疫も終わってみれば、昔とくらべたらほんとうに楽になったと思うぐらいだった。昔は2週間も検疫所に置かれたことを考えると、合理的といえば合理的である。
しかし長い一日であった。メンバーは自分以上に長く感じたにちがいない

さあいよいよ明日から

2008年07月 23日 (水) 0:55
6時起床、ベイサイドマリーナまでジョギング。今日も暑くなりそうだ。セミがそろそろ鳴き始めているのだが、今年はなんか少ない感じがする。家の庭にいつもだとかなりセミの脱け殻が見ることができるのだが、まだ一匹も見ていない。
10時出社。いよいよ明日モスクワからサーカスチームが来日。何か異変があれば、モスクワからメールが来るはずなのだが、とりあえずなにも来ていない。「マールイサーカスの一日」を見てくれた人たちから続々感想がメールで送られてくる。さわやかな印象をもってくれたようだ。
14時から打合せ。また明日からしばらく全員揃うことができない。主にスケジュールの確認。モスクワに再度犬の件で確認のメールを入れておく。返事はなし。今週末から現場が始まるので、出演してもらえる学校の生徒と入りの時間について確認。パソコンをもって帰らなくてはならないので、かなりリックがかなり重たい。渋谷図書館に寄って予約していた本を借りて、帰宅。一昨日燕の姿が見えなくなった富岡駅の巣に昨日もそうだが、今日も一匹だけ燕が巣の外で羽根を休めている。どうしたのだろう、ちょっと気になる。
21時すぎモスクワからメール。メンバーと犬2匹は無事モスクワ空港から出発したとのこと。まずは第一ハードルをクリアというところか。
12時半すぎラジオから突然地震の緊急放送、道北、東北北部の人は気をつけてという話しだったのだが、その数秒後に地震を感じる。かなり広範囲の大きな地震なのではないか。直後に震度6が青森北部、岩手という情報、仙台も震度5弱とのこと。夜中だけに被害状況がわからないだろうが、ちょっと心配だ。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ