金さんと4年ぶりの再会

2007年09月 30日 (日) 14:26
8時半すぎに目が覚める。朝飯を食べながら、テレビを見ていたら、東京は本格的な雨。チュルタギは無理だろう。何十年ぶりかで会う親戚の秀夫君が、庭の敷石を直しにやってくる。おやじの糖尿病はすっかり良くなったみたいだが、足がかなり弱ってきている気がする。
軽くジョギング。稲刈りの最中の田んぼが多い。風呂入って、ゆっくり昼飯を食べてから、岩切駅まで送ってもらう。ジュンク堂で本を買って、15時半のこまちで東京へ。
駅からパクさんの携帯に電話。18時半にホテルで会うことにする。時間が少しあったので八重洲の地下街の古本屋をのぞく。なかなかいい本屋さんだった。ここでも2冊購入。ホテル近くの喫茶店で時間をつぶす。携帯に電話が入り、ホテルへ向かう。金さんは少しあごひげが生えていたが、精悍な顔は相変わらず。ユーさん、パクさんの夫妻も相変わらず。みんなで再会を喜ぶ。近くの居酒屋で食事をとる。やはり今日は公演ができなかったという。金さんから最初に、いつも綱渡りの資料を送ってくれてありがとうとお礼の言葉。なんでも大学院も無事卒業、綱渡りの歴史と現状について書いた論文もほめられたらしい。相変わらず綱渡りに対する想いは深い。こうして4人でいると、不思議に落ち着くのはなんなのだろう。そう何度も会っているわけではない、3回か4回ぐらいなのに、この人たちと一緒だととても落ち着くのだ。
ソウルのフェスティバルのこと、今後の夢、一緒にツアーしたいという夢などを、ずっと話し続けていた。
この間、金さんは一滴も酒を飲まなかった。あれだけ一番の酒飲みのくせにである。またこれから公演が続くので、それが終わるまでは飲まないという。何度も誘ったが、飲まなかった。さすがである。
11月29日で今年の仕事は全部終わるから、そうしたら飲める、ソウルか日本で飲もうということになる。マイレージもあることだし、自分がソウルに行くことにする。
気がついたら、もう終電でも間に合うかどうかという時間。再会を期して、別れる。
せっかく京急の最終に乗れたのに、蒲田で降りてしまう。結局川崎まで出て、なんとか京浜東北線の最終に間に合う。
手島さんが亡くなったというFAXが机の上に置かれていた。

若宮丸漂流民を偲ぶ会in禅昌寺

2007年09月 29日 (土) 23:39
4時起床。たぶん寝ているはずなのだが、一睡をしていないような感じ。始発に乗って、一路石巻を目指す。10時禅昌寺着。堂内では椅子並べが始まっていた。スタッフ全員揃って、顔合わせと、手順の打合せ。五人囃子の公演を手伝ってくれた懐かしい伊藤ちゃんの顔が。たぶん加藤さんの手配だと思うが、伊藤ちゃんの顔を見ただけですっかり安心してしまう。天気もいいし、伊藤ちゃんもいるので、盛会間違いなしとの確信を持つ。
いろいろあったが、伊藤ちゃんの素晴らしい対応で、準備完了。
12時半受付開始。もうわが漂流民の会のスタッフは、こうしたイベントに対して、完璧に対応できている。供養碑の前で禅昌寺の住職桂田和尚と、ふたりの息子さんによる読経。これが迫力があった。三重唱ともいうべき見事な読経であった。
進行表通りイベントが始まる。主催者の挨拶、来賓挨拶のあと、私と桂田和尚との簡単な対談のあと、鈴鹿さんの最初の新講談。観音寺でもやったネタ。ほぼ堂内は満員。そのあと平川さんのスライドを使った講演。堂に入ったものである。そして木村さん撮影のロシアの映像。これがとてもとてもよくまとまっていた。これだけで商品になるというか、ドキュメンタリーになっている。そしていよいよ鈴鹿さんの初公開の新講談。これが良かった!また若宮丸漂流民の魂がおりてきた。思わず聞き入ってしまう。
いい会になった!
ちょっと20分ぐらい押したが、撤収は、皆さんのお手伝いもあり、17時半すぎには終わる。
近くの中華料理さんで打ち上げ。
あちこちテーブルをまわった時に、瀬之口から、次何やると聞かれる。それを踏まえて最後のスピーチ。まだまだやらなくてはいけないとはあるし、夢もある。
20時すきにお開き。加藤さんの車で送ってもらう。
久しぶりに実家に帰る。K1のテレビを少し見て、さすがに今日は早かったので、23時すぎに就寝。

ふくろこうじソロ公演『出口あり』

2007年09月 27日 (木) 14:03
公演名 ふくろこうじソロ公演 『出口あり』
作・演出・出演 ふくろこうじ
観覧日 2007年9月27日午後7時半から(終演午後8時40分)
会場 plan B

こうじ5年ぶりのソロ公演。5月に会ったときにplanBを9月に抑えているという話しは聞いたのだが、どんな内容になるのか、まったく知らないままチラシが届いたのが、1週間前。相変わらずのマイペースである。
このところフール祭のオムニバス、フールBでずっと椅子をテーマに取り組んできたこうじが、椅子から離れて取り組んだのが、今回の『出口あり』である。ホームレスの主人公が、「靴」、「ペットボトル」、「段ボール」、「ロープ」、「ぬいぐるみ」、「板切れ」、「カン」などを相手に、不思議な空間をつくっていく。相変わらずモノをつかわせるとうまい。発想の転換と飛躍、それが「遊ぶ」精神の中から生まれている。そしてクラウンにとっては重要な「笑い」の文法ともいうべき、自ら困難を招き、それをどう克服するのかを丁寧に演じていた。身体も思い切り使っていた。あっという間の1時間ちょっとであった。『出口あり』というタイトル通り、椅子の呪縛から解き放たれ、自由に演じる中で、ひとつの道を見つけたのではないか。
椅子という存在の単純さ、しかしそれがステージにあるだけの重さ、それをテーマにするなかで、その存在を説明、あるいはそれをどう使うのかという状況をつくることの難しさに、ずっと向き合ってきたのだと思うが、今回の作品では、ステージに乱雑におかれたモノとどう遊ぶかだけに専念できたことが大きかったのではないだろうか。ホームレスの家というだけで、状況がすでにあった、状況をつくらなくとも良かったというのが、出口を見つけるヒントになったのではないかと思う。

三雲いおり稽古を見る

2007年09月 27日 (木) 11:04
横浜市内のスポーツセンターで来月16・17日シアターΧでソロ公演をする三雲いおりの稽古を見る。公演まで2週間以上あるので、作品自体はまだ練っている最中かと思っていたのだが、通しでやって見せてくれた。ほぼできあがっていた。この公演をサラの状態で見たい人がたくさんいるだろうから、あえて内容については触れない。でもいい作品になるそんな手応えは、感じた。演じる三雲自身もそれは感じていると思う。構成自体がすっきりしているので、笑わせるポイントが明確になっている。前回のフール祭のオムニバスとか、フールBで20分程度の作品をつくっていたときは、笑いをつくりだす状況設定を説明するのにずいぶんと回り道してしまい、肝心のどこで笑わせるかというところが、ともすればぼけてしまったところもあったが、今回は状況設定の説明をしなくても、ストレートに笑いに入ることができる。ひきこもりの息子、ちょっと乱暴でアクティブな母、そして酔っぱらいの父と三つのキャラクターがはっきりと設定されていることが、シンプルな構成になり、より笑いの核心へ迫っていくことができたのではないかと思う。
エンディングとかつなぎとかで、まだ工夫は必要だし、ネタによっては、もっともっと突っ込んでやってもいいものもあるし、それはこれからの稽古でどんどん厚みを増してくるに違いない。
いまの時点で、いろいろステージものをつくってきた三雲の集大成になるような気がする。ぜひ多くの人に見てもらいたい作品である。

ビンゴ新作品

2007年09月 26日 (水) 17:08
二年前に静岡の大道芸ワールドカップに来日したウクライナのビンゴから、新しい作品のDVDが送られてきた。4月か5月にドイツで公演するから、招待するよというメールはもらったのだが、そう簡単に行ける距離ではなく、せっかくですがと今回は辞退します、あとでDVDを送ってくださいと返事していた。忘れたころに送られてきたわけである。
さっそく見てみる。相変わらずウクライナの奇麗どころを集めて、ダンスとサーカスアクトをレビュー的につないでいるのだが、今回はバラライカとバヤンの生バンドがバックで演奏しているのが、特徴。バラライカというとロシア民謡なのだが、このバンドは、ロック風にアレンジした曲を多く使用している。アクトにもちょっと絡んだりと、カバレット風でもある。なかなかいい内容である。狂言まわし風に、男女ペアがでてきて、ダンスを踊るのだが、ちょっと出番が多すぎるかもしれない。
静岡のメンバーで残っているのは、シンクロトラペーズのふたりと、バランスアクト、それと縄跳びの中心メンバーであった赤毛の女性の4人だけ。ただ縄跳びの子は、それ以外にも空中一本ストラップを演じていたし、バランスアクトも内容を大幅に変えていた。他はユニサイクルのデュオ、ジャグリングのデュオ、ストラップ、それと女性3人のアクロバットと、見事な技ばかり。これだけ構成を変え、きっちりと作品つくりをしているところはさすがである。
どこかでまたやりたいものである。

プーチン政権の闇

2007年09月 26日 (水) 12:10
書名 「プーチン政権の闇−チェチェン戦争・独裁・要人暗殺」
著者 林克明  出版社 高文研  出版年 2007年 定価 1200円+税

以前この欄でも紹介した寺谷ひろみ「暗殺国家ロシア−リトヴィネンコ毒殺とプーチンの野望」がとりあげた、リトビエンコ暗殺、ポリトコフスカイヤ暗殺をとりあげながら、寺谷の本とはまったく違う様相を伝えているのは、著者林のチェチェンへの関わり合い、そして人権弾圧への怒りが、根元にしっかりとあるからであろう。寺谷の視点が、あくまでも政治ゲームを面白おかしくロシア通が解明しましたというものに対して、林の視点は、弾圧され、拷問を受けた弱い者たちへ向けられている。そしてプーチン政権が本気になってつぶそうとしているジャーナリズムで闘うものへの共感のまなざし、さらには本著の最後で、ロシアだけでなく、日本の現在にも目を向け、マスコミ全体が、権力側の味方をしていることへの危機感からも感じられる。
この著がきわだっているのは、いま世界が面している強いものへなびけということへのはっきりとしたアンチテーゼを打ち出し、そうした現代への告発を内在しているからであろう。
とても刺激に富んだ、そして迫力があるドキュメントであった。
お勧め度 ★★★+0.5★
 

ラ・マンチャの男

2007年09月 24日 (月) 11:17
公演名 「ラ・マンチャの男」
演出 デイビッド・スワン
出演 チョ・スンウ ユン・ゴンジュ
会場 青山劇場
観覧日 2007年9月24日午後6時開演(終演午後8時45分)

奥さんが招待券を入手したので、つきあいで見ることになった韓流ミュージカル。松本幸四郎主演で日本でもロングヒットとなった「ラ・マンチャの男」の内容がどんなものなのかという程度の気持ちで、見たのだが、これがなかなか面白い芝居であった。それは一にも二にも、ドン・キホーテとセルバンテスの二役を演じた主演のチョ・スンウの圧倒的演技力によるものだった。このミュージカルの成否の鍵を握るのは、ドン・キホーテを演じる役者の力だろうと思う。年老いた幻想にふける騎士、そして牢獄で宗教裁判を待つセルバンテスを演じ分けることもそうだが、ほとんどひとりで芝居をしているような内容だから、そうなるのも仕方がないと思う。それをまだこのチョ・スンウという27才の役者が、堂々と演じ切ってしまっている。その迫力に圧倒された。
最後キャストが紹介され、チョ・スンウが満場の拍手を浴び、声援に答えながら、ひっこむ時、右手の拳をふり下ろしガッツポーズをとったところで、キャッーという声があがったが、まさにほれぼれするような格好のよさであった。
韓流ミュージカルというものについてはまだちょっとピンとこない部分もあるが、こうした俳優さんが次々に出てくると、日本にもまたたくさんの作品が来るようになるのかもしれない。
それとこれは個人的なことかもしれないが、ドン・キホーテと長谷川濬がどうしても重なりあってみえてしかたがなかった。「見果てぬ夢」の歌詞は、そのまま長谷川濬の生き方であったようにも感じた。

お勧め度 ★★★・5

思わぬ残業

2007年09月 21日 (金) 23:03
軽くジョギングしてから出社。しかし今日も朝から日差しが強い。いったいいつまで続くのだろう。この残暑は。品川で降りて、入管で査証申請。なんとか間に合うだろう。これで今回請け負った仕事のほとんどは終わったことになる。目黒で降り、バスで広尾の都立中央図書館へ。長谷川が満州時代に書いた小説をコピー。バスで千駄ヶ谷まで。
14時から打合せ。途中歯医者に抜ける。先日とれた歯の土台つくりと、仮歯をつくってもらう。会社に戻り、打合せの続き。こうじが来週やる公演のチラシの折り込みにやってくる。来週の公演なのに今ころチラシというのもこうじらしいといえば、こうじらしい。
サーカス村通信を都内の分だけでも今日出すことになった。急きょ発送作業。20時半ぐらいまでかかってしまう。22時前に帰宅。

ダメじゃん小出 黒く塗れ!Vol.3

2007年09月 21日 (金) 13:36
公演名 『ダメじゃん小出の黒く塗れ!Vol.3』
日時:9月29日(土)開演:午後6時 (開場5時30分)
会場:横浜にぎわい座(地下小ホール)
料金:1,500円(全席自由・定員制)
チケットのお求めは
・横浜にぎわい座 045−231−2515
・チケットぴあ:0570−02−9999(Pコード378−912)
・ローソンチケット:0570−084−003(Lコード37604)
           0570−000−407(オペレータ対応)

ほんとうに来週は、軒並み気になる芸人さんかちの公演が続くのですね。土曜日は、ダメじゃん小出の横浜シリーズ第三弾!
第二弾の公演は、観覧雑記帳でも感想を書いたが、文句なしに面白く、楽しめた。地方シリーズは、去年の大須公演もそうだったけど、土地ネタを適度に入れて、負け犬シリーズとは、また違う、生き生きとしたダメじゃんの本領が発揮されているように感じる。
前回の公演では横浜ネタはあまりなかったが、今回は期待できるのでないだろうか?
石巻若宮丸漂流民の会主催の「石巻若宮丸漂流民を偲ぶ会in禅昌寺」が開催される日と見事にバッティング、今回は見れず、残念!

ふくろこうじソロ公演『出口あり』

2007年09月 21日 (金) 13:25
公演名 「ふくろこうじソロ公演『出口あり』)
作・演出・出演 ふくろこうじ
日時 9月27日(木)・28日(金) 19時半開演(開場 19時)
会場 plan B
お問い合わせ info@fukurokouji.com
         090-3477-2486

チラシから
「クラウンふくろこうじ5年ぶりのソロ公演
都会派自由人の愉快な日常を言葉を使わず、体だけで描き出す
マイムクラウンパフォーマンス
仕事をなくし家も無く、いつしか私は路上に生きています
失うものは何も無いけれど、何かを必死に守っている
未来を信じ、今を楽しく懸命に生きる男の素敵な一時間
出口はすぐにそこにある」

椅子で苦しみ続けたこうじが、出口を見つけたのか、とても気になるソロライブ公演である。
チラシのこうじの顔がやけにさわやかなんだよなあ、これも気になる。
これは見にいけそう。いずれ感想は書きます。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ