ダンス・パントマイム・クラウンの夕べ2007

2007年02月 28日 (水) 12:37
公演名 「ダンス・パントマイム・クラウンの夕べ2007」
日時  3月6日(火)〜11日(日)
会場  両国・シアターΧ
入場料(全席自由・整理番号付) 前売り2500円(当日3000円)
主催 NPO法人国際サーカス村協会 問い合わせ ACC 03−3403−0561

このところの忙しさにすっかり大事な情報をアップするのを忘れておりました。
フール祭でおなじみの会場シアターΧで、ダンス・マイム・クラウンという身体表現にこだわり続けている3組を日替わりで紹介します。
ダンス は、シアターX・IDTFで様々なダンスの作品を発表し続けている西田敬一が、雨月物語を題材としたダンス作品を発表します。ダンサーの岡庭秀之、山田いづみ、鈴木可奈子を向かえ、そこに尺八奏者の榎本秀水、ヴォードビリアン・三雲いおりが、どう絡むのか。舞台美術では三浦麻衣子の書もお見逃しなく。西田さんは、いままでIDTFで四谷怪談や俊寛など日本の古典に材をとった作品をとりあげてきましたが、今回は雨月物語に挑戦するわけですが、ダンスという枠をいつも突き破る舞台をつくっているだけに、とても楽しみです。
パントマイム は、舞台公演にノリにノッてる山本光洋が、これまで5回行っている“かかしになるために”の作品からベスト作品を披露します。老人ものでひとつの作品をつくったというので、どんな舞台になるのか、実はとても気になっています。1月末にこの作品を見た西田さんが、絶賛していたので、こればぜひもので見なければならないでしょう。
クラウン は、クラウン・ペケによる初舞台ソロ公演。サーカス学校にとってはなくてはならないペケ。彼はネイティブクラウンともいうべき、存在感のあるクラウンで、いつも気になる存在でした。いよいよ初めての舞台公演に挑戦、そのベールを脱ぐわけです。存在自体がクラウン、それはまさにペケのためにあるようなことば。どんなクラウニングを見せてくれるのか、わくわくします。
日程、詳細については、アフタークラウディカンパニーのHPをご覧ください。
http://www3.alpha-net.ne.jp/users/accircus/news/dance_mime_clown/dancemimeclown2007.htm

もう一台PCもやばそう・・

2007年02月 28日 (水) 10:27
ジョギングしてから出社。今日は寒くなるというので厚着で家をでるが、結構いい天気で、電車の中で汗をかく。ジュロからメール、面白いサイトがあるというので、見たら、めちゃ笑える。日本人のアクロバットに扮した外人たちが色々なポーズをとるのだが、すべてありえないものばかり、仮装大賞なんかにぴったり。モスクワのボリショイサーカスのサイトを見たら、名前は出ていなかったが日本人ふたりの番組という紹介がでていた。なんと彼等がでる番組には、去年リトルにでてもらったイリュージョンのメンバーも出演している。
会社のPCを修理にだしたので、代わりに家のPCを持ってきたのだが、これが動作がめちゃ遅い。そしてまた同じ現象でフリーズ、いろいろやってもダメで、結局シャットダウン。立ち上がりかなり怪しかったがなんとか立ち上がり、とりあえずは事なきを得る。ただどっちかというと、こっちのPCが古いし、かなりやばいので、真面目に購入を考えないといけなそう。
サーカス村例会前に、渋谷図書館で本の予約、それから「禅」で久しぶりにカレーうどんを食べる。相変わらずまろやかで美味かった。例会を終えて区民会館を出る頃、寒くなる、厚着したかいがあるというものだ。

 

オリエンタルサーカス

2007年02月 27日 (火) 11:09
寝坊、1時間遅れで出社。12時すぎに修理にだすパソコンの集荷。さあどうなるか、HDの初期化はしかたがないだろう。
カザフの契約書をフェデェクスで出す。パソコンに書類は入っていたのでドキドキしたが、とりあえず一枚だけプリントアウトしていたのがあったので救われる。
カザフの荷物リストの翻訳、一個だけどうしてもわからない単語があった。翻訳ソフトもつかってみたがダメ。こんどナージャたちが来たら聞いてみよう。
タシケントのナージャに電話、ウィンチをつかうかどうか確認、幕の色とデザインについても説明。了解してもらう。今日荷物を取りにくるという。2時間後にナージャから電話、招待状がないから荷物を受取れないと業者が言っているので、すぐに招待状をFAXしてくれという、みんな待っているという。すぐに文章をつくり、サーカス場にFAX。なかなかいかなかったが、なんとか行く。ナージャからまた電話、まだかという催促、いま送ったと答える。このあと電話はこなかったので、無事にピックアップは終わったのだと思う。
18時すぎに退社。

編集会議

2007年02月 26日 (月) 11:52
ジョギングをしてから出社。全員そろってミーティング。パソコンを修理にだすため、家でつかっているパソコンを持っていく。ネットの接続に手間取るが、昼前にはなんとか接続できるようになった。これからいろいろああこれも、あれもとでてくるとは思うが、とりあえずの業務には対応できるようにはなった。
13時カンボジアサーカスの団体動員に関して、相談に乗ってもらう。非常に親切にいろんな貴重な情報を教えてもらう。参考になった。
18時前に会社をでて、野毛へ。万里でアートタイムス第二号の編集会議。適度に福田さんが顔を出してくる。今日のクリーンヒットは、コンドルが福田さんの尊敬する鳥だったということ。とりあえず第二号の骨格はできたのではないだろうか。すでに気持ちは第三号へ。ただ今回はヨコハマ大道芸にあわせてつくることが決まったので、締め切りが具体的になったので、それにあわせて制作を勧めていくことになる。
旧バラ荘に寄って最終で帰宅。

最悪の結果に

2007年02月 25日 (日) 15:54
8時すぎに起きて、朝食を食べて一休みして、ジョギング。今日は横浜女子駅伝がある日。いつも走っている富岡公園は中継所になっている、すでに選手たちが到着、軽くウォーミングアップしていた。いよいよ来週はハーフマラソン。今日は13キロ走っておく。
次女とかみさんは買い物に出掛ける。駅伝を見たあとは、ラグビーの日本選手権の決勝を見る。ノーサイドのあと、映ったトヨタの朽木監督のほっとしたようすが印象的だった。負けてもこれだけやれて充分という満足感があった。後半のバックスで展開してとったトライは、あの鉄壁の東芝のディフェンスを突き破ってとった立派なトライだった。
試合が終わってから、富士通のサービスセンターに電話、言われるままに自己診断をやらされ、その結果HDDがクラッシュしてしまい、交換しなければならないことが判明、4〜5万かかるのはやむを
得ないのだが、痛いのはデーターが全部消滅してしまうこと。でもしかたがない、火曜日に修理に出すことに。
夜また「スウィングガール」を見る。前にDVDを借りて、次女と一緒に見たのだが、相変わらず面白い映画である。風呂に入って1時前には就寝。

犬山へ

2007年02月 24日 (土) 15:44
朝起きて再度パソコンを立ち上げるも、同じ状態。結構重症なのかもしれない。朝食を食べて、チェックアウト。大阪駅から名古屋へ向かう。名古屋駅から直行バスで、リトルへ。秋の企画のプレゼンをしたあと、野外ステージの写真撮影、そのあと台湾亭で昼飯を食べ、バスで犬山へ。今度はここからバスに乗って明治村へ。5月の連休に藤山さんの公演をまたやってもらうのだが、打合せというよりはご挨拶。すでにバスはなく、タクシーで犬山ホテルに直行。18時からリトルの業者さんの情報交換会に出席。ほとんどが物販、食堂関係のひとで、顔見知りの人はほとんどおらず、ひたすら食べ、飲む。20時半のバスで犬山駅へ。なんか今日は犬山市内をいったり来たりで疲れてしまった。名古屋から、21時25分ののぞみに乗る。家に到着したのは23時半すぎ。もう一度パソコンを立ち上げてみるが、やはりダメ。明日富士通に電話してみよう。

ワーシャ帰国

2007年02月 23日 (金) 15:23
9時に隣のワーシャの部屋をノックすると、まだ下着のまま。5分後一緒にレストランへ。昨日も今日もレストランの3分2は、中国人。いまは春節で休みだからなのかもしれない。11時のバスで関空へ。ワーシャは、昨日の夜下見を踏まえて、道具をどう設置するか、寸法を入れながら、いろいろ考えていたらしい。この男はこういう男なのだろう。関空の出国ロビーはたいへんな混みよう。卒業旅行なのかもしれない。ローマと、ワーシャの奥さんにお土産を買って渡す、これでお別れ。荷物もないから簡単なものである。早めの昼飯を食べて、バスで梅田へ。15時カンボジアサーカスの打合せ。16時部屋に戻る。メールをチェックしたあと、明日のリトルのプレゼンのためにDVDをチェックしながら見る。20時すぎにホテル近くの大衆食堂で晩飯。部屋に戻って、買ってきたウィスキーをちびりちびりやりながら、「隠し剣」を見る。23時半終了。ローマからもらったDVDを見ているうちにフリーズ、にっちもさっちもいかず、シャットダウン。しばらくして、電源を入れると、いままで見たことのない画面がでてくる、指示通りに何度もやってみるが、全然立ち上がる気配なし。このままあきらめて、就寝。

下見

2007年02月 22日 (木) 10:03
8時半にワーシャにモーニングコール。起きていたので、9時に一緒に朝食会場へ。昨日の夜もまったく食べていないので、さぞかしお腹が空いただろうと思っていたのだが、パンひとつと、さばの塩焼きだけ。ほとんど食べない。こんなロシア人は初めてである。ただ彼は完璧なニコチン中毒。ちょっとした暇を見つけては、たばこを吸う場所を探す。姫路に行く電車に乗る前、たばこを吸わないといけないと言い出す。困ったもんである。姫路からはタクシーで、セントラルパークへ。ここでもタバコを吸わないといけないと言い出す。支配人と挨拶したあと、すぐに現場へ。秋サーカス会場になっていた会場は、スケート場になっている。ワーシャは早速、道具を吊れるかどうかのチェック。彼が予想していたより、はるかに条件は良かったようだ。アンカーをとる場所も固定できる場所が5つもある、図面や現場の人たちの意見も聞きながら、およそ2時間入念にチェック、ほぼ問題ないことがわかる。ワーシャも安心したはずだ。現場の人も納得。ワーシャにとっては2泊3日という強行スケジュールで苦労をかけたが、来てもらって良かった。姫路に戻って遅い昼食。ここではふつうの定食を食べてくれたので安心。大阪に着いてから、時計を買いたいというのでヨドバシへ。彼はセイコーの時計が欲しいらしい。しかもメイドインジャパンと書いてないといけない、20分ぐらい見てまわって、やっと手頃なものを見つける。1万円と値段もリーズナブル。いい買い物をしたのではないだろうか。
コンビニに寄り、インスタントコーヒーを買って、部屋に戻る。
メールを見ようとしたのだが、なかなか接続がうまくいかない。
下の娘から携帯にメール。入試が終わったとのこと。結果はどうなるかわからないが、塾などに行かず、ひとりでよく勉強していた、本当にお疲れさまである。
晩飯を食べて、部屋に戻り再度チャレンジ、なんとか接続できるようになった。

大阪へ

2007年02月 22日 (木) 8:26
6時起床、ベイサイドまでジョギング。髪の毛がぼうぼう、およそ3カ月ぶりに散髪。いつものように銀座の床屋へ。前につとめていた会社は、まだ活動をしているようだ。ホットする。11時すぎに出社。春のイベントの写真を、スポンサーにメールで送付。今晩からの出張にそなえて準備、カンボジアの件で相談にのってもらうため、以前よく一緒に仕事したFさんの携帯に電話。奥さんがでる。Fさんは1月に脳梗塞で倒れ、いまは意識もはっきりしないまま入院中だという。ショックだ。正月にとても元気そうな賀状をもらったに。
ヨコハマ大道芸から電話、正式にイシャムジンの出演が決定したとのこと。土曜日に犬山に行くので、路線探索をしながら、アポイントの詰め。
17時半すぎ会社を出て、羽田へ。タシケントからの飛行機は一応時間通りらしい。羽田で軽く食べて、関空まで。機中爆睡、たぶんいびきもかいていたと思う。21時10分関空着。タシケントからの飛行機は、30分遅れのようす。実際には10分遅れで到着。関空のイミグレでは、ここのところよくトラブル発生。いつも係員の人がやってくることになっている。成田ではないことが、ここでは起こる。特に中央アジアの人たちを出迎えとおこる。なんとかスタンという国は、みんなアルカイーダの容疑があるとでも思っているのだろうか。今日も案の定係員が宿泊先をききにやってくる。さらに今度はイミグレから直接携帯に電話が入る。商用ということだが、どこにいくのかと聞いてくる。こんなことはすでにビザを取得するときに、現地の大使館にすべて書類を提出しているわけで、その審査が完了したからビザが出ているのである。それをなんでまた空港のイミグレで根掘り葉掘り聞いて、こんな足止めさせるのか。もしも自分が迎えに来れなくて、彼ひとりの時、答えられないときは、どうするのだろう。強制送還でもするのだろうか。腹が立ってくる。携帯に電話が入ってからまもなく出てくる。まずはタバコを吸いたいという。バスでホテルへ。機中ではほとんど寝ていないし、今日は4時おきというのに、バスのなかではほとんど寝ていなかった。チェックイン、下のバーでちょっと打合せ。彼はまったく飲まないという。1時前に部屋に戻る。お土産があるというので、部屋にちょっと寄る。2泊3日の滞在にしては荷物がちょっと多いなと思ったのだが、かばんの中はお土産だった。あとは空っぽ。別によかったのに・・・
部屋に戻ってメールのチェックをして、2時すぎに就寝。

イボとれりん

2007年02月 20日 (火) 12:25
以前から右足にイボがあるのだが、このところ成長をとげ、走っているとき足に違和感を感じるようになった。3月4日にハーフを走ることになっているので、いまのうちにとってもらおうと思い、出社まえに前にも行ったことのある皮膚科へ。イボコロリンなんて薬があるくらいだから、簡単にとれるのだろうと思ったら、これだけでかいと一年ぐらいかかるという。しかも痛みをともなう治療になるので、レースが終わってから治療しましょうということで、今日はテープだけをもらう。そんなものなんだね。
11時すぎ出社。インドのイシャムから昨日とんでもないメールが届いていた。にしき蛇が人間を丸飲みしたという写真なのだが、自分はとても気持ち悪くて正視できなかったが、同僚たちが見たいというので、転送する。ちなみに見たい人はメールもらえれば、転送しますよ、とにかくすごい写真であることは間違いない。
モスクワから電話、荷物の件。昨日BLをメールで送ったのだが、着いていないという。FAXとメールで再送。タシケントから電話、先週DHLで送った在留資格認定書がまだ届いていないという。ネットで調べると、昨日現地に着いている。このことを電話で知らせる。30分後にまた電話、いま届いたという。これで一安心。関空から名古屋までの貸し切りバスの手配。そろそろリトルも臨戦体制になってきた。
今日は昨日飲みすぎたこともあり、18時には退社。久しぶりにウィング号に乗って帰宅。

クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2007年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ