昭和ジャズ喫茶伝説

2006年07月 31日 (月) 16:22
書名 「昭和ジャズ喫茶伝説」
著者 平岡正明  出版社 平凡社 出版年 2005年 定価 1800円+税

平岡さんはジャズ評論家として衝撃デビューしたわけで、ジャズに関する評論はお手の物なわけだが、この本はちょっと異風、それが逆に面白かった。昭和ブームは相変わらずのようだが、これは平岡さんが1960年代から70年代に通ったジャズ喫茶の回想と共に、熱い政治の時代のフラッシュバックでもある。自分はそんなジャズが好きじゃないし、ジャズ喫茶にもそんな行ったことはないし、ここに紹介されている喫茶店はほとんど知らない。ただこのフラッシュバックが平岡風で、面白かった。距離感というんだろうか、最近流行りの全共闘世代の回顧ものとは違って、ねっちりなつかしではなく、カラッと、自分の青春時代を振り返るその姿勢が、平岡的だった。ジャズ喫茶を語り、そして政治の時代を振り返りながら、何故か突然石ノ森章太郎の「佐武と市の捕物帳」の話になったりするのだが、これが結構はまってしまった。これは読まないといけないと思ってしまった。
満足度 3

整理はじめ

2006年07月 31日 (月) 10:52
カバレットも終わり、少し気が楽になる。10時出社。秋に招聘する芸人さんたちの査証書類は、あとはクライアントさんとの契約書を待つばかり。催促の電話をするが、まだとのこと。今日で7月は終わり、東京にいたのはわずか数日。よく飛び回っていたものだ。机の上の書類の整理に手をつける。ずいぶんたまったもんだ。パフォーマー派遣の依頼。簡単なプロフィールをFAXで送る。サーカス村通信の発送のお手伝い。今回はグレートサプライズ(サーカス学校のふたりのボリショイサーカス入団)があったので、いつもより部数が多いようだ。
「アートタイムス」の発刊、「神彰とAFA展」、さらにはブックレットの原稿書きと、忙しいわりには他のこともいろいろやって、とりあえずなんとかやりとげたこともあるのだが、なんか次のことをやる元気がない。一種の真空状態になっている。もうしばらく続くかもしれない。家に帰ってからもパソコンの前に坐って、ずっとゲームをしていた。どうやら眠い眠い病はおさまった気がするのだが。あまり焦らずしばらくは成り行きでやっていこう。

カバレットカフェ無事終了

2006年07月 30日 (日) 12:56
今日は12時半入りなので、ゆっくり目に家を出る。朝は涼しいくらいだったのだが、やはり日が出てくると暑い。かるくリハ、風が強いのでエイスケのディアボロがちょっとしんどいかも。最後の3つはせずに、違う技で締めることにした。賢明な判断である。大熊さんが浴衣を忘れてきたというので、急遽ヒルズのハッピを借りることにする。
1回目の公演に何人か知った顔が、ちょっと挨拶をする。昨日やっているので、もう呼吸はぴったし、何よりもみんな楽しいそうに演じているのがいい。2回目の公演もアンコールで一曲追加。主催者の話だと休みの日にアリーナでこんな客が集まり、みんな腰を据えて見ているというのはとても珍しいとのこと。評判も良かったし、出演者もみんな喜んでやってくれたので、なによりである。片付けをしてから、去年のカバレットアリーナの打ち上げをした近くのチャイニーズカフェでみんなで食事。17時過ぎだし空いているかと思ったら結構一杯。相変わらずエイスケとナオはよく食べてくれる。ほれぼれする。名物の北京ダックも平らげる。またいつか一緒にやりたいねと話も弾む。19時前にはお開き。21時前に帰宅。これで仕事に関しては一山を越えた感じ。ほっとする。日曜洋画劇場を見て、やはり何にもする気にならず、そのまま就寝。

カバレットカフェ初日

2006年07月 29日 (土) 12:15
10時半アリーナに到着。サーカス学校の生徒たちはすでに到着済。大熊さんたちも車で到着。楽器をおろして楽屋で準備。まずは簡単なマイクテスト。そのあとにパフォーマンスとの合わせの部分を通してやってみる。まだ合わないところはあるが、これは大熊さんたちが合わせることはできるし、エイスケもジャルーカも大体のタイミングはわかったようだ。
13時一回目。ジンタらムータの4人の舞台衣装が、バサラ風でいい。エイスケもジャルーカも最後の技でミス。まあこれはしかたがないであろう。ゲネプロみたいなものである。
15時2回目。この公演にはビデオが入る。二回目はお客さんも増え、さらには乗りも良く、大熊さんが急遽予定になかったもう一曲。3人は少しあわてたようだが、そこはのりで即興でアクロバットを演じる。いい公演になった。いままでのカバレットシリーズとはちょっと雰囲気の変わったいい感じのショーになったと思う。スタッフさんたちも面白いよねといってくれる。良かった・・・・
大熊さんたちは浅草で公演があるというので、いそいで帰り支度。16時半ぐらいに撤収。
今日はそのまま帰宅。
久しぶりに家で三崎の刺身を食べながら一杯やる。すっかり気持ちよくなり、そのまま就寝。なんぼ寝ても眠い。

カバレットカフェリハ

2006年07月 28日 (金) 11:52
10時出社。ルスツの現場から電話、またひとり病院にいったとの報告。深刻な事態ではないようなのだが、なにせこのところ連日の病院通い。気になる。昨日撮影してきた「つく舞」のダビング。机の上に山積みされているDVDを少しずつ見ながら整理。秋に呼ぶグループの成田からの貸し切りバスの手配、スペースワールド組の帰りのバスの手配をしておく。
16時半カバレットカフェに出演するジャルーカとエイスケと西荻窪駅で落ちあい、近くのスタジオでリハ中のジンタらムータと合流。最初に大熊さんが用意した曲を聞いてもらう。二組ともちと違うかという感じだったが、振りをつけながら、動きのイメージが少し湧いてきたようだ。今晩練習するために録音しながら、一度動きと合わせてみる。もちろんすぐにぴったりするわけはなく、どこかで違和感ぐらい感じてもらった方がいい。それがこのカバレットの良さでもある。最初は緊張していたこともあったのかもしれないが、だんだん生音で演じる楽しさみたいなものが実感されてきたようだ。18時半にとりあえず稽古終了。西荻に詳しいあこぷーの知っている洋食屋で食事。しかし男ふたりの食欲は見事なもんである。ほれぼれしてきた。三人と駅で別れて、帰宅。
「となりのトトロ」を途中から次女とふたりで見る。トトロはやはりいい。トトロが出てくるシーンでは、ふたりともはまって大笑い。今日もなにもする気がせず、テレビを見たあと、風呂に入って缶ビールを飲んで就寝。やたら眠いんだよなあ、ここんとこ。

つく舞観覧

2006年07月 27日 (木) 11:23
また暑い日。ここのところ疲れているのかもしれないが、電車でも本を読む気がおこらずただひたすら寝ている。昨日近所の人を起こさなかったバチがあたったのか、今日は自分が寝過ごして泉岳寺までいってしまう。アートタイムスを60通近くメール便で発送。明日のカバレットのリハの件で、出演者に電話連絡。代々木の駅前の中華屋でレバニラ定食を食べて、竜ヶ崎に向けて出発。思ったほど遠くない。上野からだと1時間強。15時すぎに竜ヶ崎着。駅前を歩く。縁日の屋台が延々と商店街に続いている。真昼のケダルサのなかで、屋台も畳んだまま。これも祭の雰囲気なのかも。つく舞会場はすぐに見つかるかと、たかを括り、誰に聞くでもなく炎天下の町を歩き続ける。30分ぐらい歩いて諦める。ちいさな図書館で地図を見て、だいだいの雰囲気がつかめる。行きたかったところのひとつ歴史民俗資料館の場所が分かったので、そこを訪ねる。かなりしっかりしたつく舞の資料が展示されていた。しかし驚いたのは竜ヶ崎が仙台藩の飛び地だったということ。縁があったわけだ。ここの学芸員さんの話によるとつく舞は、たぶん18時か18時半から始まるのではということ。天気とかにもよるらしい。17時すぎにつく舞通りへ。かなりの人出。テレビカメラも結構入っている。ラッシャー板前がテレ朝の夕方のニュースの取材で来ていた。日がすこしおちかけたところでやっと行列が登場。時計を見ると18時を少し回っていた。内容についてはいずれ詳しく書くが、やはり来てよかった。
駅まで商店街を通っていったらとにかく一体どれだけ人が湧いてきたのというくらいのすごい人出、屋台も活気ついている。なんか久しぶりにお祭という感じ。いいものである。若い人が多い。なにかが起こるそんな予感がする祭のムードなんて久しぶりに味わう。19時41分発の電車で帰宅の途へ。22時すぎには帰宅。しかしよく歩いたので疲れた。

夏が来たかな?

2006年07月 26日 (水) 11:00
朝起きて外を見ると青空がひろがっているではないか。もしかして7月になって初めて見る青空かもしれない。やっと夏が来たのかな。九州・四国は梅雨明けらしい。ということはスペースワールド組は、ハードスケジュールに加えて暑さと湿気との闘いにもなるわけだ。
立ち寄りして午後2時半すぎに出社。汗でシャツがびしょびょし。また着替えが必要になる。契約書翻訳の続き。やっと完成までたどりつく。久々に堅いロシア語の翻訳となった。となると査証申請にはあとクライアントさんとの契約書が必要。クライアントさんに催促の電話。
アートライフを発送する準備。18時退社。今日は気功の日。ほぼ一ヶ月ぶりだけに身体に効く。帰りは電車で熟睡。向かえの席に近所の人がやはり熟睡していたのが目に入る。上大岡で乗り換えるとき声をかけようと思ったのだが、かけそびれる。なんか悪いことをした感じ。
奥さんが購入した韓国映画「王の男」の英語字幕版のDVDを見る。とにかく主演の男優3人がめちゃすごい。英語の字幕が読みづらく、詳細なストーリーをもっと知りたい気もしたが、もう一回見れはわかるかも。チュルタギの場面は結構重要なのだが、たぶん演じているのは、キムデギュンではないだろう。跳び方が違っていたように思える。風呂に入ってアートタイムス発送準備の続きを終えて、2時就寝。

アートタイムス発刊パーティー

2006年07月 25日 (火) 15:52
7時すぎに目が覚める。時間がもたないので神宮のあたりを散歩することに。いまボリショイサーカスをしている東京体育館のまわりを40分ぐらい散歩。ちょうど団員たちがバスで到着するところだった。驚いたのは体育館のまわりにホームレスの人たちのテントが立っていたこと。コンビニで朝飯を買って、ニューヨークカフェでコーヒーを買って会社に戻る。やりかけていた契約書の翻訳を続ける。
11時すぎに来客。昨日の契約書の件で打合せをしたうえで、調印。やあしっかりしたところである。契約書のなかで訂正事項を指摘するとそのばで修正、修正のサイン。帰ってからもこの契約書の翻訳。いろいろと勉強になる契約書である。
今日は万里で、アートタイムスの発刊パーティー。編集長のY君とデザイナーのT君、それにいつも自分の本を装丁してくれるNさん、デスクの大野、Uさんらでわやわやがいがい。とても楽しい飲み会になった。いつものように「波の上」に流れる。
とにかくこのアートタイムスをあちこちに配り、宣伝していきたい。そして次は第二号をつくりたい。多分最終で帰宅。

久しぶりの会社

2006年07月 24日 (月) 11:04
いくら寝ても寝たりない気がする。少し寝坊。10時すぎに出社。パソコンを設置してメールのチェック。11時前に来社予定のお客さんを出迎えにでる。秋の企画の契約について細かい話。契約書は明日締結することに。14時ヒルズでカバレットカフェの打合せ。ほぼ3週間留守にしていたので、これについては何もできていない。考えてみれば今週末の公演である。16時前に会社に戻り、久しぶりに全員そろっての打合せ。
19時半小出君と光洋ちゃんが来社、その足で近くの飲み屋へ。いつも案内をもらってずっといけないでいたKさんの店。なかなか感じがいいし、食べ物も美味しい。残念なことに8月11日で閉店するという。ならばもう少し早くにくれば良かった。京急の終電に間に合わず。今日はともかく眠いし、国電で帰るのはちと危険。会社にとまりこむことに。24時すぎにいつものように寝袋にくるまって就寝。

続・北九州篇5 地獄のロード終了

2006年07月 23日 (日) 17:06
天気予報は一日雨だったのだが、外を見ると雨は降っていない。もたないだろうが。テレビを見ると熊本あたりはすごいことになっている。いよいよ出張も今日で終わり、シャワーを浴びてから荷物の整理。スーツケースを宅急便で送っているのだが、結構な荷物だ。11時半すぎにスペースワールド入り。今日でしばらくいないということで現場の方からいくつかウクライナ人に確認してもらいたい事項を聞く。サーカスショーが終わって楽屋でみんなに別れを告げる。電車で小倉に出て、前に小出君からうまいと聞いたラーメン屋でラーメンを食べ、喜久屋書店でブラブラしたあとバスで北九州空港へ。バスでは爆睡。自分のいびきで目が覚める。30分遅れで離陸。ここでも爆睡。ほぼ意識を失っていた。20時すぎに帰宅。昨日送ったスーツケースも届いていた。とにかく疲れた。風呂入って24時前に就寝。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ