ダメじゃん小出「負け犬の遠吠え」第14回

2006年05月 31日 (水) 14:04
公演タイトル ダメじゃん小出「負け犬の遠吠え」第14回
作・演出・出演 ダメじゃん小出(ゲスト: 22日(木)立川笑志・23日(金)山本光洋・24日(土)パントマイムプロレスリング)
日時: 6月22日(木)19:30,23日(金)14:00/19:30,24日(土) 13:00/18:00
会場: 浅草・木馬亭(東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線・つくばエクスプレス浅草駅下車)
料金: 前売¥2,500- / 当日¥3,000-
予約方法: [チケットぴあ]
0570‐02‐9966(Pコード 369‐092)
0570‐02‐9988(オペレーター対応)
お問合せ: スタジオエッグス03−5773−9709

[チラシより]
借金天国 痴呆自治体、基地害あって一利なし。
お役所は、談合入札情報萌れ〜!
革命を前に後にメイド国家、司法は民に丸投げ裁判員。
事なかれ主義、後継者選び2006年問題。
ダメじゃん小出が演芸場で、世相を蹴りあい圧し合い泥仕合。

今回は内幸町を離れ、浅草での「負け犬」公演。しかも日替わりゲスト付というおまけがついている。小出の芸風を考えると、木馬亭のような小屋が合っているような気がするので、とても楽しみだ。いつもの「負け犬」より、ずっと肩の力を抜いた、ビシッとストレート勝負のライブになるのではないだろうか?

リアルジャグリング

2006年05月 31日 (水) 13:42
公演タイトル 2006年リアルジャグリング
出演 KAZUHO, 矢部亮,桔梗ブラザーズ,進藤一宏,青木康明,森田智博
日時 2006年6月10日(土)15時・18時半の2回公演(開場は30分前)
会場 こまばエミナース
入場料 大人3500円・高校生以下2500円(当日は500円増し)
問い合わせ・入場券取り扱い http://www.studioloop.com

今年はほとんど目玉のなかった4月のヨコハマ大道芸で、唯一光彩をはなっていたのが、「ジャグリングはアートだ」だった。国内で活躍する若きジャグラーたちの競演は実に見応えがあった。あらためて日本のジャグリングのレベルの高さを知った。ただ技術的なことだけでなく、表現するというところでもかなりのレベルまできていると思う。特に桔梗ブラザーズのパスは華やかさもあり、そのまま世界の舞台で通じると思った。
ということで、今回のこのリアルジャグリングも、そうした日本のジャグリングのエッセンスが見れるのではないかと思う。

『玩具狂想曲』

2006年05月 31日 (水) 13:21
公演タイトル 『玩具狂想曲』
作・演出・出演 KAMIYAMA
日時 2006年6月12日(月)・13日(火)午後7時半開演(会場午後7時)
会場 シアターΧ(JR両国駅西口下車左手に徒歩3分)
入場料 前売り 2500円  当日 2800円
問い合わせ・チケット取り扱い ACC 03-3403-0561
ネットでの申し込みも受け付けています。
http://www.accircus.com  info@accircus.com   

チラシより
「パントマイムの鬼才、KAMIYAMAが21世紀のこども社会の食卓に狂気と想念の、ごたまぜランチを投げ出す”新編狂想曲”の一夜。」
KAMIYAMAの作り出す舞台は、パントマイムと枠ではくくりきれない、不思議なテーストをもっている。幻想的な雰囲気のなかにかもし出される異次元の世界が出現するのだ。いまストリートでも演じている「カリガリ」は、東京国際フール祭でつくった作品がベースになっている。ソロステージはそれ以来今回が2回目のチャレンジになるが、今回は玩具という、KAMIYAMAワールドには最もふさわしい「モノ」を相手にするのが楽しみ。どんなステージをつくってくれるのか、とても期待している。

5月も終わり

2006年05月 31日 (水) 11:00
今日で5月も終わりである。早いものだ。昨日査証申請したので、なんとなく気持ちに余裕ができたような気もする。ということでこのために中断していたことにとりかかる。メンバーリストを作成、来月12日・13日に公演がある神山一朗の公演の案内などをプログに書き込む。
あといまケツカッチンなのは、漂流民の会の会報。原稿を整理して、大野にメールで送る。
確か今日までタシケントにいるはずのローマに電話。あと2時間後にはタシケントを出るというグットタイミング。ひとつ急ぎでだしてもらわないといけない資料があるので、その手配を依頼。
来月からの自分のスケジュールをつくってみる。7月と9月が大変そうだ。北海道、九州を何度か行き来することになりそうだ。
18時に退社。

やっと一息

2006年05月 30日 (火) 10:33
ここ3日間ほど、ずっとかかりきりになっていた7月に来日するメンバーの査証申請の日。家から真っ直ぐ品川の東京入管へ。このところずっと空いていたのだが、珍しく40分ほど待たされる。そんなに件数があったのではなく、ひとりの受付でなにかトラブルがあったらしくここで30分ぐらいつまずいてしまったようだ。なんなく書類は受理される。しかし今回はいろいろあった。なんかホットする。ダメだしがでないことを祈るのみである。
天気もいいし、風も気持ちいい。ちょっと気持ちに余裕ができる。品川駅前の本屋を探索、欲しい本はまったくない。野方ホープでラーメンを食べてから出社。
秋の企画の件で、最終的なゴーをもらう。これでこっちも一段落。もうひとつインド絡みのイベントの見積もりを提出するように言われたので、これもすぐに作成してメールで送る。
7月に来日するメンバーのリストを作成、キエフに送り、チケットを予約してもらうようにメールでお願い。こんなピーカンなのに予報は雨、夕方遠くで雷鳴。傘もないし、雨に濡れるのも嫌なので、18時すぎに退社。結局雨は降らず。

俺には向いていないかも

2006年05月 29日 (月) 13:58
今日はしばらく歩いていなかったコースを通って富岡に出る。昨日ジョギング中に、ひとつ困ったことの解決法が浮かぶ。酒飲むばかりが能じゃない。でなんとなくさわやかな気持ちで出社。
金曜日にあらかた準備していた査証書類だが、ひとり急遽変更になったので、また書類つくりから始まる。昼過ぎにやっと完成。昼飯を食べたあと、まずは自分の目でチェック。情けないことに一件目の書類からミスを見つける。またこれで書類の作り直し。落ち着いてやっているつもりなのだが、やはり自分には向いていないのかもしれない。そうはいってもやらないといけないし・・・。とりあえず新宿の病院へ。2カ月ぶりの検査、数値はたいしてかわっていない。また病院から戻って、こんどは同僚にチェックしてもらう。根本的なことを指摘される。また作り直し。いったい俺は何をやっているのだろうと、本当に情けなくなってくる。なんとかかんとか書類が完成したのは、18時すぎ。結局今日はこれで一日が終わったようなものだ。
結構へこんでで帰宅の途へ。

異変発生

2006年05月 26日 (金) 12:06
めざましを見ていたら、ラスベガスのシルクドゥ・ソレイユの新しい番組の紹介をしていた。今度は意表をついて全編ビートルズナンバーという作品。すごい著作権料だろうなあ。やはり目先を変えていかないということなのだろうが、豊富な資金があるからなんでもチャレンジできるということだろう。
10時出社。携帯を忘れる。携帯で連絡をとらないといけない人には、その旨メッセージを入れておく。とにかく火曜日に行こうと思っている査証申請の書類つくりに終日かかってしまう。いくつかの書類は月曜まわしになったが、帰るころにはなんとかメドがつく。
今日は、久々に神楽坂のそば屋「ちくま」へ。また懲りずにカザフで買ってきたそばの実を渡す。そばじゃなくて、おかゆをつくるといいのではないかと思うのだが、ちくまの旦那だったらなんとかするだろう。
23時すぎに引き揚げる。最終の一本前の電車で帰宅。携帯を見たら、ウクライナから何度も着信。メールを見たら、ちょっとした異変が・・・。といっても仕方ない。なんとなく暗い週末になりそう。

時間との闘い

2006年05月 25日 (木) 10:52
昨日の打合せでアーティストに問い合わせしなくてはならないことが、いくつか出てきたので、メールで問い合わせ。とにかく来週火曜日に申請に行くためには時間がない。なんとか今週中に書類をそろえないと。昨日決まったアーティストもいるので、その資料を一式とりよせないといけない、またしても綱渡りになりそうだ。
秋にプレゼンしている企画の番組を、こちらで構成したDVDを再度見る。いい番組になっているのではないだろうか。見積もりと企画書を作成して、DVDと一緒に送る。
もうひとつ気になることは、ローマからFAXが来てないこと、タシケントに電話。いまこれからアスタナに帰るアーティストを送りに国境にいるのであとからもう一度電話してくれとのこと。声がかなり深刻だった。夏の企画の見積もりを作成して、これはメールで送付しておく。
夕方再度ローマに電話、アーティストは無事に国境を越えたらしい。FAXがきていないというとびっくりしていた。いまからタシケントに戻るので、また送り直すとのこと。
いよいよ査証申請の書類の整理に入る。そろそろ帰ろうかと思ったところで、ローマのFAXが届く。これの訳文を作成。20時すぎに帰社。
夜中キエフのサーシャから電話、こっちが送ったメールが届いていないので、なにが必要なのかわからないという。もう一度メールを再送する。

プロジェクトスタート

2006年05月 24日 (水) 10:37
9時前に目が覚める。結構寝たかもしれない。窓を開けると、今日はピーカン、素晴らしい青空が広がる。気持ちがいいので、掃除機をかけることに。コーヒーを飲みながらメールを開くと、キエフから待っていたメールが届いていた。今日の会議にこれを持っていくことができる。
サーカス学校の先生の契約書を11時までにFAXするようにという指示がきて、それを作成。今日の会議用に見積もりを作り直す。
13時すぎに会社を出て、大森のホテルへ。少し腹が減ってきたので、ホテルの前のラーメン屋でラーメンを食べる。ちょっと昨日から食い過ぎかもしれない。
14時から、7月から始まるショーの制作会議。うちの会社としては初めてのこのショーにかかわることになる。照明、音楽、衣装、映像、舞台道具、振付などのスタッフさんが集まる。大体の中味が見えてきた。サーカスとの絡み合いのところで、問題点も明らかになった。17時すぎに終了。外に出てびっくり、あれだけ晴れていたのに大雨。昨日帰っていないのが幸いして、傘はあるのでよかったが、それにしてもびっくり。今日はこのまま直帰。上大岡に途中下車して、本屋をのぞく。マクベインの87分署シリーズの最後の作品が並んでいた。いままずずっと付き合ってきたシリーズだけに、最後の作品という帯を見ただけで、胸がキューンとする。もしかしたら奥さんが買っている可能性もあるので、買うのはやめておく。
帰宅するときには雨はさらに勢いを増す。傘さしてもあまり意味がないくらい濡れネズミになる。
元AFAの社員インの人が、「アートタイムス」のために1万円のカンパを送ってくれた。ありがたい。

山手線をまた一周

2006年05月 23日 (火) 10:03
ほとんど終日査証申請の準備に追われる。
見積もりのチェックがたいへん、エクセルをうまくつかえないのが致命的、最終的には電卓をたたくことに。これでずいぶん時間がとられてしまう。
15時某テレビ局でプロデューサーと1時間ほど打合せ。ちょっといま考えていることがあるのだが、少しは興味をもってくれたみたいだ。
会社に戻って、秋に提案している企画の映像をもう一度見て、番組を構成してみる。
今日は代々木の中華屋さんで打ち上げ。去年2月公演した「シルクール」の裏方をしていた女の子が、東京に遊びに来ているので、彼女も参加。驚いたのは彼女ロシア語ができること。そして今回東京に来るまで、スゥエーデンから車で、バルト三国、ウクライナ、グルジア、中央アジア、ロシアをへて、ハバロフスクからサハリンに出て、サハリンから根室に入るというとんでもないコースで来たことがわかり、これまたびっくり。日本が22番目の国だという。そんな話しも聞いたもんだから、紹興酒のピッチが速くなり、京急の最終に間に合わない時間になる。品川から京浜東北線でなんとか間に合う電車に乗る。ふと気づいたらもう御徒町、またやってしまった。しかたないから山手線を一周して、代々木に戻り、吉そばでまたそばを食べ、会社にたどりつく。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ