未完の旅路

2006年04月 29日 (土) 18:27
書名 新版「未刊の旅路」第一巻〜第六巻
著者 大塚有章   出版社 三一書房(三一新書) 出版年 1976年

長谷川濬の関係で古本屋で購入してあったもの。著者の大塚有章は、戦前のバリバリの共産党活動家、義兄は河上肇でもある。共産党が警察の弾圧で壊滅状態に追いこめられていた時に、活動資金を得るために大森の銀行を襲撃、大金を得るのに成功はするのだが、いわゆるスパイMらの裏切りにより、密告され、逮捕され、10年以上刑務所に入れられる。出獄したあと満洲に渡り、満映に入社、ここで長谷川と出会うことになる。戦後も中国に残り、毛沢東思想をたたき込まれ、1956年に帰国する。この未完の旅路という書は、生い立ちから中国から帰国するまでを回想した記録である。まさに波瀾の半生に圧倒される。学生の頃読んで感動した荒畑寒村の自叙伝を思い出した。共産主義自体が、すでにいまではないものにも等しいので、ここまで彼がいわゆる主義に殉じている姿は、ピーンとこないところもある。しかし荒畑の自叙伝と同じように、大塚の生きる姿勢にあるピュアーさがビシビシ伝わってくる。昔は、こういう人がいたのだなあとしみじみ思う。
長谷川を書くために読んだ本だったが、読んでよかったと思う。これを執筆中の大塚のもとに長谷川は訪ねている。おそらくここで長谷川は、まっすぐに生きる姿に勇気を得たのではないだろうか。

満足度 4

ゴールデンウィーク前夜

2006年04月 28日 (金) 18:14
やはり昨日飲みすぎてしまったようだ。完璧二日酔い。いよいよ明日からGWがはじまる。ACCは、六本木ヒルズ、北九州リバーウォーク、明治村、リトルワールドという現場がある。それに西田さんがやっているサーカス学校も、京都、埼玉で公演、例年のことだが、実質休みなし。事務所のなかは、ヒルズにもっていく備品の山。
いろいろ夏以降の企画の話しもあるのだが、GWが終わらないと、クライアントさんの方がじっくりと検討できないということはある。とりあえずはGWを終わらせることだ。
サーカス学校の先生の息子さんのビザの件で、今日は成田の入管に電話。やはり期限を一日でも越えて出国するとオーバーステイということになってしまうらしい。しかたがないか。14時出版社に出かけて新たな企画のご相談。興味はしめしてもらったが、いろいろ難しい問題もある。
カザフのローマに連絡をとりたいのだが、携帯はつながらず。滞在先になっているはずのタシケントのお姉さんの家も、また電話通じず。ただメールでこちらが要求していたものは届く。これが手書き、すごいよなあ。
18時に会社をでて、気功の治療。今日の気功はありがたい。すっかり気持ち良くなった。自分は明日、明後日は休めることになった。今日は早く寝て、久々の休みの日を大事につかおう。

野毛

2006年04月 27日 (木) 12:40
8割方体調も戻り、元気に出社。先日3回転ができるようになったとDVDを送ってきたウクライナのロシアンバーチーム、ボエボダにメール。
福田さんから頼まれていた歌声食堂のアコーディオン弾きを探す。はぢめちゃんがいいかと思ったのだが、残念ながらこの日はNG。前回やってもらったMさんに連絡をつける。喜んでとのこと。これで一安心。先生に頼まれた息子さんの査証延長の件に関して、入管に電話。いろいろ事情を説明したがやはり延長はできないこと。先生に電話して結果を伝える。腑に落ちないようだったが、あきらめてはくれた。
18時会社を出て、野毛へ。慶応の学生のY君とデスクの大野の三人で、「アートタイムス」の打合せ。閉店間際に、福田さんも加わる。ヒンズーロープのマジックの件で話しがもりあがる。
いつものように「波の上」へ流れる。日ノ出町から最終に乗って帰宅。

伝統奇術「手妻」呉服座公演

2006年04月 27日 (木) 12:24
公演名 明治村ゴールデンウィーク特別公演 伝統奇術「手妻」呉服座公演
公演期間 5月3日(水)〜5月7日(日)
       13時半・18時半(各回45分公演)
会場 博物館明治村呉服座
出演  東京イリュージョン(藤山新太郎、藤山すみれ、晃太郎、和田奈月ほか)
入場料 当日 高校生以上 1000円 小学・中学生 500円
問い合わせ (0568) 67-0314
http://www.meijimura.com/what's_new/new-210-1.html

江戸の芝居小屋の雰囲気がそのまま残る呉服座で、本物の江戸手妻が見れるということで、昨年大評判になった藤山新太郎率いる東京イリュージョンが、さらにグレードアップしての再演。「水芸」、「蝶のたわむれ」などまさに江戸手妻の至芸を、芝居小屋でじんくりと楽しめるという贅沢な公演です。
去年も見ましたが、この小屋で演ずるのが夢だったという藤山新太郎の熱気が伝わってくる素晴らしい公演でした。この手妻公演とリトルのキューバサーカスを合わせてみるつもりで、遠出する価値は十分あります。

ワールドストリートパフォーマンスフェスティバル

2006年04月 27日 (木) 12:08
公演名 ワールドストリートパフォーマンス
期間  5月2日(火)−5月7日(日)
場所  六本木ヒルズ
問い合わせ 六本木ヒルズインフォメーション 03−6406−6000
出演  キューバ国立サーカス(ロシアンバー・シーソーアクロバット他)、ジュロ(ポールバランスアクロバット)、ユニティ・プロダクション(彫刻パフォーマンス)、キネティックシアター(かたつむり回遊パフォーマンス)、バーバラ村田(マイムダンス)、山本光洋(パントマイム)、UN−PA(ロービングパフォーマンス)他

恒例になったヒルズのパフォーマンス。今年も楽しみ満載。キューバサーカスのメンバー9人による本格的なアクロバットは見応えあり。「レ・クザン」のメンバーのひとりジュロが、高さ9メートルのポールの上でバランスをとるという技を見せてくれるのも楽しみ。ロービングものではキネティック、ユニティも初来日ではないが、いずれも新しいネタを見せてくれることになっている。特にキネティックのミリアムのかたつむりは視覚的にもとても面白そう。
去年の夏カバレットアリーナでも活躍した山本光洋、バーバラ村田もまたヒルズに戻ってきます。さらにはUN−PAのロービングと、今年はフェスティバルという名がついているように、今年はじっくり見れるようになっています。

ゴールデンウィークのお勧め1 キューバサーカス

2006年04月 27日 (木) 11:57
今週からゴールデンウィーク、今年のカレンダーは、これで仕事がなければ、営業努力が足らないと怒鳴られそうな、ばっちりの連休。私も犬山、北九州と現場を回ります。弊社がこの期間にプロデュースしている公演のご案内をします。

公演名 キューバサーカス−カリブの熱風
公演期間  3月18日(土)〜6月18日(土)
        公演時間 平日 11時半・13時半 土日祝 11時・13時・15時
場所   野外博物館リトルワールド野外ホール
問い合わせ リトルワールド 0568−61−6611

いろいろ内輪的には話題になっているキューバサーカス。まだ見ていませんが、見た人たちの話しを聞くと、とても楽しく、いいサーカスとのこと。やっと私も4日に見れることになりました。
リトルでのサーカスでは初めてだと思いますが、ミュージシャン付の生演奏でサーカスが見れるというのが、目玉。うきうきしてくるサーカスってここんところあんまし見てないから、とても楽しみ。近郊の方は、ぜひもので見に行ってください。
なおリトルワールドのサイトで、このサーカスの裏話も紹介されています。これがなかなか面白いとの評判。デラシネ日誌よりも、もっとディープな裏情報満載です。

ひどいぞ、テレ朝の報道

2006年04月 26日 (水) 11:27
今日は体調不良のためお休み。横になってテレビ見るぐらいしかない。朝から耐震偽装問題で逮捕者が出たということで大騒ぎ。テレ朝のニュースでは、逮捕者のひとり、篠塚が早朝散歩に出かけているときにしつこくインタビューをして、彼が怒って「近寄るな!」と怒鳴るシーン、そのあとに姉歯が国会で篠塚からのプレッシャーがあってと答えるシーンを映し出していた。怒鳴られたあとも、執拗に「そのように姉歯さんにもプレッシャーをかけたのですか」と食い下がっていた。この場面は昼、夕方、夜、何度も繰り返し映し出された。これってマスコミの暴力ではないか。だいたい逮捕者がでたからと言って、わざわざ連行されたり、飛行機の中でのようすまで、テレビで報じる必要があるのだろうか?事件を無理やりワイドーショー化する報道のやりかたである。
このあとTBSのニュース23を見ていたら、篠塚容疑者を150日追跡した特集をやっていた。ここでは実に穏やかな表情で、インタビューに答えていた。彼は強く容疑を否認しているらしいが、実際に法律に触れるようなことをしたのかどうかは今後の行方を見るしかないが、テレ朝の報道は、はなから犯人扱い、しかも怒らせるように仕向け、さらには、それをテレビ上で、姉歯の画像とあわせることによって、いかにも彼が姉歯を脅して、偽装させたかのように、映像をつくりあげている。これはマスコミという力を借りた暴力といっていいのではないだろうか。
こうして事件をワイドショー化することにつくり手も、受け手も慣れきっているから、小泉劇場など、という言葉がひとり歩きしあんな総選挙の結果になったのではないだろうか。
なんかむかむかするテレ朝の報道であった。

姫路

2006年04月 25日 (火) 15:55
いつもより早く家をでて、8時50分発ののぞみに乗車。本を開くも、2ページも読まないうちに深い眠りの世界へ。豊橋で目が覚める。11時40分姫路着。タクシーでサファリパークへ。秋のサーカスについての打合せ。一番心配だったアンカーをどこにとるかについては、現場をみながら打合せ、いいとこにアンカーをとれる場所を見つける。これで一度下見にこさせてたらほぼ問題ないだろう。ちょっとほっとする。3時間ほど打合せをして、昼食を食べて戻る。途中野毛の福田さんから電話、何事か思ったら来年のヨコハマ大道芸の打ち上げの締めで歌う歌についてひとくさり。しっかりワンフレーズ聞かせてもらった。2日前に終わったばかりで、来年の打ち上げの、しかもそこで歌う歌の話しだなんて、相変わらずである。16時2分発のひかりに乗車。行きの時とちがって読書に集中する。20時半前に帰宅。

歩け、歩け

2006年04月 24日 (月) 15:39
昨日は結構飲んだようで、少し寝坊。いつもより30分ほど遅れて家をでる。遅れているから品川からそのまま都営線で行こうとも思ったのだが、いつも通り山手線で行くことにする。渋谷に着いて、高田馬場で線路に異常がでたので運転を見合わせるというアナウンス。そんなかからんだろう、あと一駅だしと思い坐っていたら、しばらくかかりそうという。地下鉄の振替輸送をするかと思ったら、長蛇の列。しかたないので歩くことに。30分かかって会社到着。ネットでみたら結構たいへんなことになっているらしい。まだ復旧の見込みがたっていないという。線路故障ということだが、最近「金曜日」で読んだJR線の線路についての記事を思い出す。儲けばかり考えて安全対策がすっかりおろそかになっているということだ。尼崎の事故の反省がまったくされていないということだ。
サーカス学校の先生から電話が来て、長話。息子さんのビザが延長できないかということだが、難しいだろうと言っておく。タシケントのナージャに電話、進行状況を伝え、不足している書類の催促。旦那のマラトもでる。「こんにちわ」と日本語、会話帳を買って勉強しているらしい。
六本木に来るキューバの荷物が着いたのだが、ロシアンバーがないという。またしてもキューバ問題。26日の便で来るということらしいが、来ないと困るので、プッシュをかけてもらうようにする。
19時前に退社。

雨のヨコハマ大道芸

2006年04月 23日 (日) 12:19
天気予報では曇り時々雨の予報。いまにも雨が降りそうだが、家を出る時はまだなんとかもっている感じ。図書館に本を返して、野毛坂、本通りと歩いて、吉田町を通って会場へ。いくら雨の予報とはいえ、野毛は例年から比べたら、ずいぶん人が少ないと思う。馬車道も人は少ないけど・・・。問題児クレーパッチは、今日は野毛ということでいない。一回目のステージは12時45分から、また少し構成を変えてきたが、またしても音響でトラブル。ちょっとバタバタするところもあったが、落ち着いてきた。たぶん投げ銭もかなり集まったのではないか。昨日の小学4年生がパフォーマンスをするというので、本部前で見る。初々しいのだが、しっかりしている演技だった。
急いでジャグリングはアートのステージ会場のラウンドマークに向かう。ちょうど始まったところ。最初はサーカス学校の森田君。貫祿がでてきたというのはオーバーかもしれないが、ずいぶん良くなってきている。一緒に見た西田さんも安心したようす。
すぐに会場にもどらないということで外にでたらかなり本格的な雨降りになっている。馬車道のステージはほとんどキャンセル。サーカス学校のステージに行くと、本人たちに任されているという。この頃はずいぶん小降りになったということで、決行することに。お客さんは少なかったが、あつしもひろみも力一杯演技できたことで、満足感があったのではないだろうか。投げ銭も札が多かった。荷物を車に積んで、打ち上げ会場へ。
いつもの「叶や」の打ち上げとはちがって、今回はバンカードホールというお洒落な空間。なじみの芸人さんたちも次々に集まってくる。
光洋、三雲、小出、手塚、神山、こうじで桜木町駅前の居酒屋で二次会。12時すぎに電車がなくなるというので、お開き。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ