ヨコハマ大道芸事務所へ

2006年01月 31日 (火) 11:22
10時出社。まずは昨日全部できなかったビデオのダビング。なかなかうまくいかない。二回やり直し。
インド日誌をアップするが、これも最終日の分がなかなかうまくいかずこちらは3回書き直し。なにやっているのだろう。
マジシャンのIからメール。彼らしいメール。モンテカルロの公演を終えたビンゴのイーゴリからもメール。モンテカルロでは、王妃よりビンゴが賞をもらい、演出のイリーナは特別に今回の特別ガラショーでの演出で、賞をもらったとのこと。良かった。モンテカルロのビデオはあとで送ってくれるというので楽しみ。
時間を見計らって、昨日FAXを入れていたカンパニーに電話。FAXで返事するように言っていたのだが、返事がないので、電話するのが早いと思ってのこと。だいたいわかった。
15時半すぎ会社を出て、みなとみらい線をつかい、馬車道まで。ヨコハマ大道芸の事務所を訪ねる。立派だよという話しは聞いていたが、たいしたもの。窓から港が一望できる。なにせ日本郵船ビルという由緒あるビルなので雰囲気がいい。Oさんにトイレが立派と聞いたので、帰りにトイレに寄る。快適なトイレ。今日はこのまま家に直帰。

一週間ぶりに出社

2006年01月 30日 (月) 11:12
昨日はよく寝た。しかし暖かいよなあ、デリーよりも暖かいかもしれない。10時出社。特に大きなことは起こっていないようだ。朝打合せ、とりあえずインドの報告をする。
出張精算はちょっとあとまわしにして、ひとまずデリーで世話になった人たちにメールを出し、成田を出る時に世話になったFさんに電話。
午後Kからメールの返事。なんでも日曜日は風邪で調子が悪かったらしい。確かに土曜も風邪をひいたかもしれないって言っていた。今日はずいぶん良くなったとのこと。
撮ってきたビデオをダビング。
秋に提出している企画の件で、スポンサーさんから質問。カンパニー側に問い合わせしなくてはならない。電話だと説明がたいへんなので質問事項をFAXで流す。ただうまく流れないので、自宅に電話、FAXに切り換えるように指示。さあどんな返事がくるのか?
今日は気功の日。いいタイミングで予約を入れていた。すっかり気持ち良くなる。

インド編9 帰国

2006年01月 29日 (日) 11:27
ほとんど満席だったので、あまりゆっくりは寝れなかったが、とりあえずは熟睡したのかなあどいう感じで日本時間6時すぎに目を覚ます。簡単な朝食をとり、「夜のピクニック」を最後まで読む。こういう青春ものっていいよなあ。ちょっとうるうるするところもあった。
予定より1時間遅れて、9時すぎに到着。相変わらず荷物は一番最後に出てきた。家に電話、「寒いかと聞くと」、それほどでもないという。リムジンでYCATまで。ほとんど寝ていた。トランクを転がしながら12時半帰宅。まだ家の回りには雪が残っていた。
今回はカレーがほとんどだったが、気にならなかった。とはいえ帰ってからはやはり日本そば。ビールとキムチ、そして日本そばを食べ、あとは横になってマラソンを見る。

インド編8 大道芸プレゼンテーション

2006年01月 28日 (土) 10:18
今日が一番大事な日かもしれない。シャリポーワに住む芸人たちがデモンストレーションしてくれることになっている。どのくらいの芸が見れるのかまったくわからないのだが、いよいよ念願のインドの大道芸が生で見れるというのでテンションも自ずと上がる。6時半起床、荷物をまとめチェックアウト。一日借り切ってあるアンバダサーが待っていてくれた。7時45分すぎホテルを出て、シャリポーワへ。今日もKの雇ったカメラマンが入る。彼らの到着を待つまで、すっかりなじみになったミルクティーを飲む。たっぷりのミルクとつぶした生姜をミックスしたこのティーにもすっかりはまってしまった。朝も早いのに路上アイロン屋さんが手際よくアイロンをかけている。カメラマンが到着し、アンバダサーから自分がおりるシーンを撮る。そしていよいよデモンストレーションの時間ということで、町外れにある学校の中庭へ向かう。すでに何組かの芸人たちがスタンバイしている。最初はジャグリングの演技。そして福岡のアジア祭にも出たことがあるというパーカションとダンフ、アクロバット、火吹きと続く。いやあ全然ちがうテーストの大道芸だ。背筋がぞくぞくしてくる。土の芸能ともいうのだろうか、大道芸の匂いが漂ってくる。場所を変えながら、空中芸、綱渡りなども見せてもらう。約1時間半のデモンストレーションに完璧にまいる。しかしすごい人だ。ほとんどが子供、芸人さんや先生らしき人が追い払うのだが、意にも介さず寄ってくる。カメラマンは位置どりがたいへんそうだった。
自分もカメラを持っているから子供たちから次々に質問攻め。「マイネーム?」、「オオシマ」と答えると、「フロムホエア?」、「ジャパン」と答えるとそれで会話は終わり、要は写真を撮ってもらいたいのだ。これはどこにいっても同じパターンだった。人なつこいのだが、しつこい。決して嫌ではなかったけど・・・。

インド編7 デリー最後の夜

2006年01月 27日 (金) 10:16
今日はKが契約しているカメラマンが入る日。撮影の一日である。9時すぎに朝食を食べ、9時半にホテル出発。クラクションの音、意味もなく集まっている人だかり、騒音が少しずつなじんできている。10時過ぎIの事務所に到着。ここでまずは自分のインタビュー。英語で答えろと言われたらどうしようと思っていたが、日本語でいいというのでホットする。30分ぐらいで撮影終了。このあと予定ではIのインタビューなのだが、どうも急用が入り遅れているらしい。パソコンでIから見るように言われたビデオを見る。どうもIのボスはなかなかの有名人らしい。カメラマンを雇っているKはイライラする。次の撮影地に向かうことにする。オールドデリーにあるマジックショップでマジシャンのIが待っている、ここまでの道中が、相変わらずインドである。とにかくすごい人と車と騒音。例の三輪車タクシーに4人乗り込む。秩序なんてない、なんでもあり、自分の生命は自分で守れ、そんなエネルギーを感じる。でも人がいいところもある。我先にと突っ走り、追い抜き、車線変更と無茶苦茶やっているのだが、どこかで軽くブレーキーをかけていたり、スピードをゆるめていたりと、気を使っていないようで、気をつかっている。結構いい奴たちなのである。
目的地に着き、Iと合流、ベジタリアンレストランでカレー定食。相変わらずカレーは美味い。韓国とインドは飯が美味いからいい。
マジックショップ到着。ここでまた撮影。しかしこのマジックショップというか卸屋、なかなかユニークな道具をつくっている。サーカス学校の福ちゃんにぴったり。輸入品ではなくほとんどインド製という。ワンセット購入。Iとの絡みの撮影が長い、ちょっと退屈する。しかしここの家もなかなか面白い。日が沈む頃にラストショット。
またIの事務所に向かう。ここはもう3回目なのだが、飾られてある絵をよく見たら、信西古楽図と同じの構図のスケッチがある。サーカスのシルクロードというテーマは自分にとっては、最初にサーカスを調べはじめたときに抱いていた夢。古本屋を歩き、本を買いまくり、図書館で調べたときのことが思い出される。

インド編6 ドライデー

2006年01月 26日 (木) 13:30
6時、いつものようにコーランの音は確かに聞こえたが、そのままベットの中。結局9時前に起床。しかしデリーに来てから、良く寝ている。9時半朝食をとる。カウンターに、ドライデーというプレートが出ているので、これがなにかKに聞いてみると、今日はアルコールは出さない日だという。今日はナショナルホリデー、どうも独立記念日のような日らしく、店も全部休み、仕事にならない日だとは聞いていたが、酒も飲めないのかとちょっとびっくり。
今日は休みでスケジュール的には空けてある一日、マジシャンのIにだけ会うことになっているが、時間は特に決めていない。部屋でしばしインドレポートの作成。
15時すぎに部屋を出て、三輪車タクシーで地下鉄の駅に向かうが、どうも運転手道がよくわからないらしい。やっと人に聞きながら到着するものの違う駅。Kはフィフティーンで合意したのに、運転手はフィフティーと答えたつもり。しばらくKはやりあうが、結局50払う。しかし駅は違う駅で乗り換えしなくてはならない。祝日ということで道は、ずいぶん空いている。15時半シャリポーワ駅に到着。迎えにきたIと落ちあい、彼の家へ。まずは昨日見せてもらった彼の舞台図面をもとに、実際どうするのかゆっくり話しを聞く。多少わかった気がするが、肝心な部分はやはりシークレット、当然であろう。そのあとビデオを見せてもらう。他でどうしているのか気になるので、じっくり見入る。彼のロープマジックを紹介するBBC制作のドキュンタリーの一部は日テレの番組で放映されている。その完全版を見せてもらう。しっかりとしたドキュメンタリーで、おもにシャリポーワのコロニーに焦点をあてている。屋上で彼の別なトリックを見せてもらう。

インド編5 七変化の男

2006年01月 25日 (水) 13:27
コーランの音で目覚めることもなく、9時前までぐっすり寝る。酒もそんなに飲んでないし、疲れなのだろうか。疲れといっても人の多さとやかましさからくるものかもしれない。
朝食をKととり、今日のスケジュールの確認。部屋でちょっと仕事をしたあと、11時すぎにIの事務所へ徒歩で向かう。ホテルを出てすぐに象2頭と出くわす。Kは夢中なって写真をとる。Kはカメラ二台ぶらさげているから、歩いていると回りから写真を撮ってくれとせがまれる。そしてまた人だかり。この調子だからなかなか進まない。歩いていくと間に合わないということで、3輪車タクシーに乗る。
Iの事務所には、Jも来ていた。4人でランチをとりながら打合せ。途中シャリポーワのコロニーのボスがやってきたり、アクロバットをしているというおじいちゃんが来たりとにぎやかである。Kが旅行会社に行くというので同行する。コロニーのボスも帰るということで、一緒に事務所を出て、外で写真撮影。この時一緒にいた男からタバコをすすめられる。もらうときに彼の目を見たら、目がぐるぐる回っている。びっくりしていたら写真をとりだして自分に見せる。なんとこの男、いつか見たいと思っていた芸人のひとり、七変化の男だった。土曜日のデモンストレーションの時にパフォーマンスが見れるといいのだが。
旅行代理店で、カルカッタ行きの電車のキャンセル料を払う。
Iの事務所に戻ると、マジシャンのIも到着。日本で公演する場合の舞台の条件をいろいろ打合せ。だいぶ問題点が明らかになってきた。
このあとIの事務所が抱えるアーティストのビデオを見せてもらう。やはりインドは広い、全然知らないパフォーマンスがいろいろあるもんだ。特に興味をひいたのは、2002年のエジンバラで公演した、シャリポーワコロニーの大道芸人たちによる特別番組。実に面白かった。

インド編4 子供たちとサーカスへ 

2006年01月 24日 (火) 13:21
6時、またコーランの音で目が覚める。そのまままた寝る。9時すぎに朝食。今日はパンケーキとヨーグルトがある。Kと今日のスケジュールの打合せ。まずはインドでパフォーマーのコーディネイトをしているI氏の事務所に行くことにする。
明日のタクシーの手配をKがフロントでしている時、ホテルの真ん前でバイク二台が衝突する。二日間見てて、よく事故が起こらないものだと思っていたら、やっぱりだ。あれだけの車の量、追い越し、車線変更など、むちゃくちゃだもんなあ。見ていた通行人がすぐに集まり、怪我した二人を自転車タクシーに乗せ、数分後にはまるで何事もなかったかのようになっていた。
セントラル広場の近くにあるので、歩いても30分ぐらい、最初は歩こうとしたが、約束の時間に遅れるということで、三輪車のタクシーで。最初にこの料金の交渉をしないといけない。Kはなれたもの。11時すぎに事務所で打合せ。Iはなかなかクレーバーな感じのする青年だ。また会っていろいろ資料を見せてもらうことにする。パソコンがあるので、ここでニフティーのサーバーに接続して、会社にカルカッタ行きがキャンセルになったこと、Kの携帯番号を教えるためにメールを送る。Kが白黒フィルムを買わないといけないというので、Iの部下の青年の案内で、マーケットへ。しかしどこもかしこもすごい人、そしてとにかくよく声をかけられる。3軒の店をまわってやっと見つけ、地下鉄の駅まで案内され、サーカスへ。この地下鉄が新しく、駅も立派。ただ改札前でセキュリティーチェックを受けないといけない。コインのようなものを買い、それを改札のスイカのようなところに接触させ、入場する。
Kの携帯に電話、明日予定していたオートバイサーカスの公演がキャンセルになったという。明日は6時半に出て、4時間のドライブをしてこれを見る予定だったが、残念。まあしかたがない。ただこれを楽しみにしていたKはかなりがっかりしていた。

インド編3 デリーの芸人コロニー

2006年01月 23日 (月) 21:23
6時バカでかいコーランらしき音で目が覚める。どうも近くにお寺があるようだ。トイレに行って、またひと寝入り。
7時半朝食。レストランに日本人の女性がふたりいた。ちょっとだけ話す。カレーとナンの朝食。8時ホテル出発。今日はKがプロデュースしているドキュメンタリー映画の撮影の日ということで、カメラマン2人が同行。今日はインドの高級車アンバダサーを一日借りているようだ。早速Kがこの車に乗り込むところから撮影が始まる。かなり寒い。今回はカルカッタにも行くということで、夏仕様を中心にしたのだが、この寒さにはびっくり。昨日空港からホテルへ来る時も、びっくりしたが、とにかく車のクラクションがすごい、そしてまた人も。8時半デリーの大道芸人たちのコロニーとなっているシャリポーワに到着。今回の大きな目的であるインディアンロープのマジシャンI、それと彼をサポートしているJが迎えに来てくれた。そしていよいよシャリポーワのコロニーに足を踏み入れる。Kから少しは話しを聞かされていたが、しかしすごいスラム街である。ここにはおよそ350世帯の家族が住んでいるということだが、狭い路地に石造りの家が立ち並び、熊や猿がそのままいたり、路地のところにはたくさんの人が食事をつくっていたり、食器を洗っていたりしている。この中にあるIの家の屋上へ。今日はここをステージにして特別にIがショーを見せてくれることに。屋上から見るスラム街の光景もすごい。屋上では洗濯物が干してあったり、毛布にくるまって寝ている人もいるし、子供たちが遊んでいたりもする。なにかとんでもないところに足を踏み入れたという感じだ。
Iの準備が整ったところでさっそく、ショーを見せてもらう。大道芸であるからやはりかなりしゃべくりは入るが、やはり見事な手つきである。インド古来の魔術のひとつ、マンゴの木の芸には思わず口あんぐり。そしてインディアンロープ、あっという間の芸なのだが、どうしてふつうのロープがあんな風に硬くなり、そしてあっという間にもとに戻るのか、わからない。見事なものである。
近くの立ち食い食堂でカレーのランチ、そして土間だけの喫茶店でチャイを飲み、また撮影開始。Iのお父さんも芸を見せてくれる。渋い、いい顔をしたおじいちゃんだ。年はって聞いたら、ちょっと間があって、「50」という答え。嘘だろう。俺より三つも若いの?

インド編2 一日遅れでデリー到着

2006年01月 22日 (日) 21:20
5時すぎに目が覚め、トイレへ。ロビーは、疲れ果てた客が累々と横になっているすさまじい光景にびっくり。思わず写真をとってしまう。床に直接寝ていたから身体が痛い。ただまだ眠いので、また横になる。昨日の話しでは7時半から搭乗開始ということだったので、6時半トイレで顔を洗う。88番ゲートには昨日の顔ぶれがあまりいない。団体のグループの人が、84番に変わったよと教えてくれる。相変わらず何の説明がない。84番ゲートに行くと、11時45分発というサインが出ている。8時には出ないということだ。Fさんに電話して、現況を報告。ただ今日の救いは昨日の職員よりはマシなのが対応にあたっていること。1000円のクーポンをもらう。といってもまともに食べるものはなく、みんなチョコレートやお菓子などを買っている。自分も水とさきいかを購入。10時に出るという案内。まだ信用できない。案の定、ケータリングの搬入が遅れているのでもう少し待ってくれとのこと。昨日の反乱組がかなり激昂して抗議。なんとか11時に搭乗開始となる。結局まる1日のデレイということだ。Fさんから聞いたKの携帯に電話、12時ぐらいに出発するという連絡を入れる。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ