辛いことばかりの2月も終わり

2005年02月 28日 (月) 10:29
結局金曜日、土曜日と風邪で寝込んでしまった。次女がお勧めの柚子茶を飲んでだいぶ楽になった。土曜日長女の第一志望校の発表があり、無事合格といううれしいニュースがあった。滑り止めで受けたところが落ちた時にはどうなるかと思ったが、あれで奮起したのが良かったようだ。ここ一番のプレッシャーに弱かったのだが、見事に逆転勝利ということだ。
10時出社。打合せ。4月の公演をめざして、いろいろ動いていたサーカスをどうするかについて話し合い。状況的にはかなりキツイ。最終判断を近日中に下さないといけないだろう。
しかし2月は、ACCにとっては、辛いことばかりが続いた。ふってわいたような案件の処理について、そしてこのサーカスをめぐって、ずいぶんとシリアスな状況が続いた。じっと堪えるそんな感じの月だった。明日から3月、現場の仕事が動き出す、心機一転攻勢にでたいものだ。
サーカス学校の野毛公演に出演するオーリャの査証書類を作成、速達で送る。
野毛に出演するゲストのビデオをダビング、野毛に送る。
17時ボリショイに出演中の芸人さんが来社。ドームの公演も、6日で終わり。いろいろ打合せをしたあと、千駄ヶ谷駅前の居酒屋で、送別会もかねて一杯。ふたりともずいぶん飲んでいた。じゃあこんどはモスクワでということになったのだが、帰り際3月8日が国際婦人デーだから、また会おうということになってしまう。
23時すぎに帰宅。

風邪気味

2005年02月 24日 (木) 12:55
今日は大野が、名古屋出張、西田が東村、辻君が自宅で作業ということで、大森君とふたり。今日でとりあえず長女の受験が終わるというわけでもないのだが、いままで風邪になっちゃいけないというプレッシャーがとれたせいもあるのか、なんとなく鼻くずぐず、くしゃみ連発と、風邪の初期症状。ちょっとヤバイ感じ。
16時過ぎに会社を出て、野毛へ。18時から打合せのため、万里放題亭へ。20時ごろ打合せを終えて、「波の上」へ。外はめちゃ寒い、雪もちらほら。今日は早く帰ろうと思ったのに、結局終電に乗れず、タクシーで帰宅。身体が熱っぽい。そのまま布団に転がり込む。

続々日本のなかのロシア

2005年02月 24日 (木) 12:18
書名  「続々日本のなかのロシア−ロシア文化と交流史跡を訪ねる」
著者  長塚英雄&「日本とユーラシア」紙編集部編
企画・編集 ユーラシア研究所・ブックレット編集委員会
発行 東洋書店(ユーラシア・ブックレット 75)
定価 600円(+税)      発行年 2005

ちょっとだけ関わった本の紹介。ロシアをはじめユーラシアに関し、さまざまな視点からとらえ、しかも手軽に読めるように編集したブックレットのシリーズのひとつ。石巻若宮丸漂流民の会の編集で発行した「初めて世界一周した日本人」もこのシリーズのひとつだった。
この「日本のなかのロシア」はなかなか評判がいいようで、これが3冊目となる。日本に残るロシア人や、ロシアに関係する日本人、ロシアに関するさまざまな史跡を紹介しているのだが、地図や連絡先なども書かれてあり、情報誌のような仕立てになっているのが、なんともありがたい。今回も、松井須磨子、福島安正、ラッセルなど21の事例が紹介されている。ちなみに私は、玉井喜作を担当している。3冊となると、かなりマニアックな、というかロシア関係の専門家向けかなというものが、含まれているが、これを探りあて、また現地に赴き、取材した長塚氏はじめ、編集委員会の情熱には頭がさがる。
日本とロシアの交流史に関心のある人には、必須のガイドブックといえよう。
 

13.本番一日完全ドキュメント 4

2005年02月 23日 (水) 13:48
休憩中に顔見知りの人の反応を聞くと、楽しいですねえとみんな面白がっている手応えは感じる。ロービングをしていたサロクが、ステージにあがり、いよいよ後半のはじまり。イギリスから特別参加してくれた三人のバンドさんが、客席から登場。一曲演奏したあと、ステージで、三雲君とやりとり。これがおかしかった。リハの時は、ここを端折っていたのだが、本番になると、三雲の本領発揮。ちぐはぐなやりとりが絶品だった。
後半はほとんど天井桟敷から見ることに。携帯に電話。藤山さんの後見の人から、空調を切るように確認。小屋の人に再度お願い。ヨロ昆撫さんがはじまってからの客席の反応がおかしかった。どう反応したらいいものか、そんなとまどいが感じられる。14日のリハの時に、VJにリクエストが出ていた映像も、3曲目にスクリーンに映し出される。
いよいよトリの藤山さんの番。ぞくぞくしたのは大熊さんの音楽。リハとはまったく違う曲で、藤山さんの芸風と合った曲を最初はソロ、二匹目の蝶が出たところで、アルトサックスとのデュオで、見事に盛り上げてくれた。さすがである。
21時ちょいすぎに終演。帰りエレベーターしか利用できないということを確認。客だしがかなりたいへんそうだが、しかたがない。
帰りは受付に立つ。ボリショイのアンドレイが、楽しかった、ほんとうに楽しいショーだったとマジ顔で感想を言ってくれる。森田君のジャグリングが良かったという。
予想通り、ロビーはかなりの混雑。みんながはけるのに時間がかかる。ある程度はけたところで、片づけに。

13.本番一日完全ドキュメント 3

2005年02月 23日 (水) 12:37
ゲネの前に、椅子も並べようということで、手の空いている人間が全員かかって、椅子並べ。200席をつくることをまず第一条件にする。下手側のサブステージが、結構死角になってしまう。なんとかギリチョンで200席を並べる。これとかぶるかたちで、Tさんの巻きでお願いしますという合図で、ゲネ開始。3人の従業員のコントのあと、オープニングのバンドさんの登場シーンから始める。バンドさんの曲のところでは、端折ってもらう。森田君に演技のあと、明かりのことを確認、まだまぶしいという。Tさんに報告。途中受付をのぞいてみると、結構人が群がっている。今日は受付のふたりとシルヴプレのHさんは着物姿、いい雰囲気だ。
サンタさんの使いの人が音源のMDを持ってきてくれる。18時開場ということなのだが、狭いロビーには、もうかなりの人が待っている。ボリショイサーカスに出演中のアンドレイから電話、何時に来ればいいかというので、18時半ごろにしてくれと答えておく。
途中何度も受付の方から、開場の時間がすぎたので、いつになるのか聞いてくる。受付に行くと、エレベーターの前のスペースがない状態、しかもリハの音がバンバン入ってくる。ヤバイよなあ。
なんとかエンディングの紹介のところと、ビデオの紹介を合わせ、ダンスを踊るところまでやって、ゲネは終了。踊りに関しては、藤山さんが、圧倒的に動きがいいし、表情もいい。最後の椅子の並べ替えと、大熊さんの片づけを待って、およそ20分押しで、開場へ。
お客さんが次々に客席におりてくる。開場と同時に、半分くらいの椅子は埋まってしまう。
顔見知りの人と簡単に挨拶。受付はフォーマルな格好をということで、三雲君が持ってきた派手めの燕尾服を着せられる。でも下がジーンズだからなあ・・・。
心配していた雨も雪もとりあえずは降っていないとのこと。これで雨でも降っていたら、入れ込みの時にかなりパニくっていたかもしれない。

13.本番一日完全ドキュメント 2

2005年02月 23日 (水) 11:37
場当たりが始まる前に、エアーポケットのように時間が空く。この間をぬって、当日配布するプログラム、アンケートの折り込みのもとになるものをつくってしまう。ついでに弁当を食べる。
VJの持ってきたビデオプロジェクターは、7階から投影することになったのだがフォーカスが甘くなるという。6階に持ってこれないという相談を受ける。そうすると指定席2席分をつぶさなくてはならない。ちょうど2席余分に配置できたので、最悪これでもお客さんに迷惑をかけずに、対応はできる。これについては、VJのやりやすい方でやってもらうしかない。今日流す予定のサンタ引越センターの音源が、VJのところに届いていなかったことも判明。至急サンタさんに連絡、音源を客入れ前まで持ってきてもらうようにする。
13時半すぎから音と絡みのあるはだかさん、森田君、藤山さんの場当たり。はだかさんは、昨日バンドさんとリハをやっているので、問題なし。森田君も14日のリハで一回合わせているのだが、ボールの演技に移ったときの、音きっかけでミス。もう一度やり直し。この時は照明さんも明かりをつくってくれていたのだが、両袖の照明が目に入るようだ。あとでチェックを入れてもらう。14時すぎから藤山さんの場当たり。一回さらっと流してもらう。手順の件で、ひともめしたが、藤山さんの方で対応策を準備してきてくれたので、これもなんとかクリアー。藤山さんの音が心配だったのだが、これについては藤山さんが、これでやるしかないでしょうととりあえず、OK。
これが終わって、タイムスケジュール的には、45分ぐらいの押し。

復活!

2005年02月 23日 (水) 11:10
昨日の気功が効いたようで、ほとんど体調が戻る。カバレットの反響が少しずつ伝わってくる。永六輔さんが公演翌日のラジオで、カバレットキネマについて感想を言っていたらしい。どんな内容だったのだろう、ちょっと気になる。
カバレット制作ノートをプロログでアップする。
春で仕込んでいる件で、スケジュールを確認しなくてはならない芸人が何人かいる。メールや電話で確認。キエフの先生のところにも電話。
アレグリアに出演中のジェーニャから電話、最初だれだかわからなかった。いま福岡にいるという。4月には名古屋ということだから、リトルで一回会おうということになる。それとキエフからも電話、向こうは自分のことを知っているようなのだが、最後まで誰かわからなかった。
18時半から久しぶりのサーカス文化の会の例会。今日は西田のスウェーデンのサーカス、「シルコール」を現地で見てきた報告。このサーカス、なんとか日本でやりたいものだ。それを可能するためには何が必要なのか、ここはじっくり考え、行動しなければならない。
22時すぎ帰宅。

13.公演当日完全ドキュメント 1

2005年02月 22日 (火) 15:36
2月18日
朝10時から仕込みということで、9時45分すぎに鴬谷駅に到着。会社の同僚が、10時の鴬谷の駅は、ラブホテル帰りのアベックでラッシュアワーになっているという話を聞いていたので、北口で降りて、ラブホテル街を通って現場へ。ラッシュアワーなんていうのはとんでもない、ヨタ話。3組のカップルと会っただけ。
会場にはすでに、照明、音響、小屋の人が到着して、準備を始めている。今日は楽屋まわりをしてもらうOと一緒に楽屋の割り振り。7階の楽屋はパフォーマーに、舞台下の5階の楽屋はバンドさん、下手袖を藤山さんに入ってもらうことにする。照明の仕込みが、まず今日の前半戦の大きな山場。5人かかりで仕込みに入る。Oはケータリングの買い出しと、楽屋の準備。とりあえず手が空いている、Tと一緒に、6階の指定席つくりの準備。テーブルを7階から下ろすのが、結構大変。全部で18台のテーブルを6階までおろす。そのあと、椅子を手すり沿いに並べてみる。32席つくらなければならないのだが、最初並べた感じでは、もっとたくさん並べられそうな気がして、ニンマリしたのだが、テーブルを入れていくと、34席がやっと。
11時すぎに、ジャグリングの森田君が早くも到着。仕込みの合間を見て、下のフロアーで練習に勤しむ。12時前に次々に出演者が到着。それぞれ楽屋へ案内する。これが結構いい運動になるというか、しんどい。

少し復活

2005年02月 22日 (火) 11:04
昨日に比べたら、ずいぶん体調が良くなった。10時出社、今日は朝から仕事モード。今日中に提出しなくてはならない、見積もりを作成、メールでクライアントに送る。3月のパーティに出演させる芸人さんとの覚書も作成、メールで送る。同じく3月のイベントについて芸人さんと交わす覚書を作成、FAXで送付。
昼過ぎに軽く打合せ。しばらくボソボソと動いていた春の案件が、いろいろ具体的になってきたようだ。3月に入ると、いろいろと仕事が待っているということだ。
カバキネについての感想がネットで、ちらほら出ているようだ。好意的な意見が多いが、こまかいところで、参考になる指摘も多々ある。
モスクワのA君から久しぶりにメール。ずっと気になっていたソクーロフの「太陽」を映画館で見た感想だった。通勤途中、「論拠と事実」を読んでいたら、ソクーロフのこの映画に関するインタビューが出ていて、見たいよなあと思っていたところ。A君の感想を読んでいたら、やはり見たいと思いが強くなった。昭和天皇をイッセイ尾形が演じているわけだが、果たして日本で公開されるのだろうか?いずれにせよA君の感想は、デラシネでも紹介したい。
査証関係の書類を作成したあと、両国の気功へ。どれだけこの日が待ち遠しかったことか。
見てもらったら、身体が頸だけでなく、腰、背中とガチガチになっているという。いつもより念入りに治療してもらう。すっかり気持ちよくなって、ずっと寝ていた。ずいぶんと身体が軽くなった。これで元通りに戻るだろう。
21時すぎに帰宅。 

まだボッーと状態

2005年02月 21日 (月) 10:25
カバキネが終わって、19日・20日の二日間はほとんど死んでいた。ちょうど家のパソコンも修理中だったので、自分の部屋にもほとんどいかず居間でテレビをずっと見ていた。しかしまだ疲れがとれたわけでもなく、なんとなくボッーとした一日になった。大野も風邪で休み。手帳にはやらなければならないことをたくさん書いてあるのだが、なかなか手につかず。
昼過ぎパソコンが直って来る。53000円とられた。いい金だよなあ。今後のことがあるので、データーをいったん会社の共有にぶちこんで、そのあとCDに保存。
ずっと待っているキルギスからのビデオがなかなか来ない、インボイスナンバーを教えてくれとずっと連絡をとっているのだが、メールで、番号は156だよと知らせてくる。こんな番号じゃ調べようがない、ほんとうに困ったものである。そういえばメールに2月22日おめでとうなんて書いてあった。何の日なのかと思ったら、どうも男性の日らしい。そんなことはどうでもいいのに。もう一度メール。
カバキネ出演者にお疲れさまメール。また頸の痛みがひどくなってくる。しばらくつけていなかった湿布薬を何度も塗り付ける。
今日は18時すぎに退散。家に帰ったら長女が、近所のチビという猫が死んだという。3、4日前飼われている家の玄関口でずっと寝ているのを見ただけに、ついに来るものが来たかという感じ。あんまり驚かないねえって、長女は少し拍子抜けした様子。よく行っていた病院で、人間の年にすれば120才とかいわれたらしいから、大往生ってやつだろう。
パソコンを設置、モニターを交換したので、画面がめちゃめちゃきれい。久々にパソコンが戻ったということで、遅くまで、原稿書き。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2005年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ