2004年をふりかえる

2004年12月 31日 (金) 1:38
今年も残すところ今日一日。23日からはじまった休み、なにをしようか、ずごく楽しみにして、あれもしよう、これもしようって、メモしていたけど、結局は机の上、まわりに積み上げられた資料の山を整理するので終わってしまった。しかたがないよなあ、と思う。9月以降土日休めたのは、わずかなもの、こんだけ資料がたまるのも無理がない。
整理もほぼ終わり、やっと一息というところだ。
ということで、ちょっと人並みに今年の回顧。
今年は、ぎっくり腰からはじまった。信じられないことなのだが、元日くしゃみをして、ぎっくりになり、そのまま寝たきりおやじになってしまった。そしてオスマンだよ、正月早々、ローラバランスのテーブルを盗まれて、とんでもない目にあった。なかなかハードな日々だった。こんなスタートだったから、あきらめがついたというか、たいへんな年になるという覚悟はできたかもしれない。
1月は30日の桜木町閉鎖ということで、野毛に入り浸っていたような気がする。しかしあの日はとんでもない混雑だった。あの日の野毛はすごい人出だった。でも結局あれは断末魔みたいなもんだった。いま桜木町がなくなり、野毛もずいぶん寂しくなった。
『虚業成れり』を出版、おもいのほか書評でとりあげられた。結局は自分にとっての最大の夢であった重版には届かなかったが、いいものを書けた、そして読んでもらったという満足感があったのは確か。いま自分がもっているネタはいくつかあるのだが、神さんの話で重版できないということは、もう他では無理。なんかあきらめがついたような気がした。あとは、好きなこと、書きたいことを、どう本にしていくかということになるだろう。そして呼び屋として、これからも生きていこう、そんな決意が固まったこと、これも自分にとっては大きな意義があった。あれから吹っ切れたような気がする。そんな意味でも区切りになった本の刊行だった。

5.チラシ校正

2004年12月 28日 (火) 12:30
12月23日 原宿にて
カバチッタのチラシは、遊び心もあり、斬新なデザインで評判が良かった。今回は小屋も変わるし、イメージも変わってくるので、あえて別なデザイナーの人に頼んだ。今回は尾形まどかさんにお願いした。彼女は、レ・クザンや、今年のフール祭のチラシをつくった方で、サーカスやクラウンのことをとてもわかってくれているデザイナーで、カバレットも見てもらっているし、そんな雰囲気はつかんでくれるはずで、一緒にやりたいと前々から思っていた。
本来であれば、11月には出来上がっていなければならないのに、こっちが愚図愚図していたものだから、かなりマキでお願いすることになった。
クリスマス返上で、ずいぶん無理をしてもらったのだが、いいものができたゾ!
昭和30年代のレトロな感じで、元グランドキャバレーという空間をいかしたものというオーダーを出したのだが、実際にデザインを見たら、それにぴったり、今回のコンセプト通りのものに仕上がった。
こういうのが上がってくると、やる気が湧いてくる。

4 ジャグラー森田の演技

2004年12月 28日 (火) 0:43
12月18日 東村沢入サーカス学校にて
ACCの代表西田が、校長をつとめる東村のサーカス学校の後期終了発表会を見る。去年初めて見て、大道芸ではなく、サーカスで、やっていこうとしている芸人さんが確実に育っているなという実感を持ったのだが、今回はさらにみんな技量をあげている。すぐにでもカバレットでやってもらいたい若い芸人さんが何人かいた。今回はジャグラーの森田智博君に出演してもらう。森田君は今年のジャパン・ジャグリングフェスティバルの個人の部の優勝者。出演してもらおうと思ったのは、「あいつほんとうにすごいセンスを持っているし、練習の鬼だし、いい芸人になるし、カバレットに出たら、また大きな刺激になるはずだ」という西田の話を聞いて、出てもらうと決めた。そのつもりで彼の演技を見ていたのだが、とにかく去年とはくらべものにならないし、ビデオで見た今年の夏の公演の時とも違うし、格段の進歩で腕をあげている。ステージで勝負できる、本格的なジャグラーが誕生する、そんな予感がした。
公演後森田君とちょっと話す。彼は他の出演者の顔ぶれを知って、こんなすごい人たちと一緒にやるんですか、とびっくりしていたが、かなり心に期するものがあるなという、ある心構えを感じた。
今回は大熊さんの音楽で、やってもらうわけだが、大熊さんの音楽とガチンコするなかで、彼の演技がまた変わるかもしれない、それがとても楽しみだ。

3 出演者決定

2004年12月 28日 (火) 0:36
12月××日
大熊さんからメール。交渉してもらったヨロ昆撫さんが出演をOKしてくれという。これは楽しみだ。3回目のカバチッタが終わった後、みんなで打ち上げをしたとき、次回やるときはこの人も誘いましょうよと、大熊さんがビデオを持ってきて、初めて見たのだが、これがめちゃ面白かった。着流しでラップを歌うそばで、若いお姉さんのダンサーが踊っている。なんともアンバランス、ミスマッチ、カバレットらしくていい。
ダメじゃん小出から推薦があった、寒空はだかさんに連絡。浅草的な大衆路線も入れるような泥臭いものがしたいという話を小出にしていたのだが、彼からそれにぴったりの芸人さんということで紹介を受けた。寒空さんも快諾してくれた。この話をしたら大熊さんたちも良く知っているという。これに江戸和妻の藤山さんが入り、面白いものが出来そう予感がしてくる。

チラシ校了

2004年12月 28日 (火) 0:18
朝8時起床。次女と朝散歩。今日が三日目。娘からすれば冬休みぐらいもっと寝かせろといいたいところなのだろうが、とりあえず付き合ってくれている。ふだんジョギングしているところも、ゆっくり歩くとそれなりに発見がある。昨日は冨岡総合公園が、かつて横浜航空隊があり、いまでも格納庫があるという看板を見つけ、どこにあるのだろうといろいろ探し、機動隊の中にあることが分かった。15年以上住んでいるのに気がつかなかった。
14時原宿のデザイン事務所に行くことになっている。その前に神奈川県立図書館に寄り、長谷川濬の作品が掲載されている雑誌をチェックすることに。去年の今頃、「虚業成れリ」の作業が終わり、最初にやったこと、それは長谷川濬の作品が掲載されている「作文」のコピーをするために、ここに来たことだった。あの時コピーしたものが不鮮明で見えないところがあったので、その箇所を確かめる。1時間ほどですみ、歩いて横浜駅へ。
今日の日経に漂流民について書いた記事が出ているはずなので、駅の売店で購入。文化欄を見たら、載っているはずのページには、84才の現役のアワビ採りのおじいちゃんの記事。愕然とする。編集の人間からなんの連絡もなかったから、昨日メールでいろんな人に案内を出したのに・・・。なかには買った人もいるんじゃないかなあ。恥ずかしい・・・。それにしてもどうなったのだろう。もしかして急遽ボツ?
ちょっとへこんだまま、原宿へ。休みとはいえ、この3ヶ月ぐらい休日はほとんど家にいなかったので、いろいろやることが多く、結構へばり気味。そのせいもあったのか、電車のなかで爆睡。「せい家」でラーメンを食べて、原宿の事務所へ。
チラシの色稿を見る、いいんじゃない、予算の関係で紙がペラペラなのだが、それが逆にいい雰囲気、レトロぽい感じを出している。色の感じもいい、文字だけをチェック。年の瀬にずいぶん急かせてしまったが、いいものができた。ありがたい。仕上がりは11日。

2 打合せ

2004年12月 28日 (火) 0:18
12月13日 スタジオエッグスにて
会場の下見を終えて、プロデューサーとして、こんなショーにしたいという自分なりの大まかなコンセプトを、メンバーに流した上で、とりあえずパフォーマーたちで打合せをしようということになった。大熊さんとは、この話が終わったあと、相談することにする。大熊さんなりのイメージがあると思うし、そのまえにパフォーマーのなかで、どんなものをつくるのかということを話し合うことになった。
前回に下見には参加できなかったダメじゃんも、ソロライブを5日後に控えていたのだが、出席、三雲、こうじ、VJが集まる。あの小屋にあったものをやりたい、それはある意味でノスタルジックなイメージで、日活の無国籍アクション映画のような世界ということで、おおまかなコンセプトを提出したのだが、いまいちわかりにくいようだった。
いろいろ話をすすめていくなかで、昭和30年代(キネマ倶楽部の前身であるグランドキャバレーができたころ)のキャバレーという時空間を設定して、それをフレームにしていこうということになる。
つまりダメじゃん、三雲、こうじが、キャバレーの従業員になり、サロクも女給、あるいは山本光洋と神山が演じようとしているバーテンも、ここのキャバレーの働き人になるわけで、ここのショーで、藤山さんなり、寒空さん、森田君はそのまま芸人として、自分の番組を演じるわけだ。この30年代のイメージについていろんなアイディアが出される。まだみんな生まれていないのだが、どこかで知っているノスタルジックな世界、それをVJが映像として演出する、そんな流れで、やっていこうということになる。
多少酒の勢いもあったが、従業員が演じるコントのようなものを、VJが映像にし、当日流すというアイディアも出された。
クラブチッタのライブハウス版とはちがう、別なカバレットができる予感。

カバキネチラシ入稿

2004年12月 25日 (土) 0:29
午前中は、久し振りに家でゆっくり片づけ物。会社もそうだが、家のものも少し整理しないといけない。一段落ついたところで、昨日会社からもってきた、スゥエーデンのサークールというサーカスグループの新作ビデオをゆっくりみることにする。セットして気づいたのは、これは前にも見たプロモーションビデオ。がっくりくる。会社でみることにする。
14時次女の中学校で、吹奏楽のクリスマスコンサートをみる。今年はコンクールも文化祭も見えていないので、演奏は初めてみる。いちごのかぶりものして楽しそうに演奏していた。
終わってからまっすぐ会社へ。デザイナーさんに確認すると、まだ少し時間がかかるという。サークールのビデオをじっくり鑑賞。音楽もいいし、若いエネルギーがあって、かつてベルリンで見たゴッシュの時と同じようなものを感じた。これはいけるのではないだろうか。
19時過ぎに会社をでて、原宿のデザイン事務所へ。今回のチラシは会場の東京キネマ倶楽部の雰囲気そのままのレトロな感じがとてもいい。表と裏の原稿を校正。いくつか直しをして、21時すぎに事務所をでる。品川でまえから行きたいと思っていたラーメン横町「品川麺達」に寄ったら、どこも長蛇の列。そろそろほとぼりもさめたと思ったのだが、そうは問屋がというところだろう。しかたなくそのまま帰宅。

仕事納め

2004年12月 22日 (水) 0:16
8時すぎにだれともなく起床。東村ではそんなにいびきをかかなかったようだが、昨日はやはりかなりかいていたようだ。コーヒーをごちそうになり、みんなで部屋をでる。先生と自分は浅草線で上野まで。三人としばしの別れ。10時のスカイライナーに乗ろうと思ったのだが、9時20分発に乗れた。10時半すぎにチェックイン。カウンターに入る前に量りがあったので、昨日から話題になっている先生の荷物をはかる。先生は19キロといってきかないのだが、やはり23キロあった。先生は腑に落ちないようだが、このくらいのオーバーであれば問題ないだろう。最近はチェックが厳しくカウンターには入れない。問題はなく朝飯を食べて、11時半ころゲートイン。次回は3月20日ころの来日になる。
スカイライナーを使って、事務所へ戻る。途中福岡に向かう大野と出くわす。良いお年をと言って、別れる。事務所の大掃除はほぼ完了していた。自分はすぐにカバキネの仮チラシをもって、下北沢へ。木村万里さんプロデュースのコントライブにちらしの折り込みをさせてもらう。
久し振りの折り込みだが、今回は枚数も少なく30分くらいで完了。事務所に戻ったのは17時前。
辻君が悪戦苦闘しながらひとり自分の机まわりの片づけ。カバキネのチラシの原稿がでそろったので、整理してデータとしてデザイナーさんへおくる。明日の入稿に立ち会うことになった。
18時事務所をでる。明日から休みといってもチラシのことがあるので、2、3度事務所にはでなくてはいけない。

忘年会

2004年12月 21日 (火) 17:03
10時出社、明日予約を入れていた歯医者に行けなくなったので、急遽午前中一番で治療を受けることに。大熊さんから写真が送られてきたので、デザイナーさんにすぐに転送。なんとか24日に入稿できるといいのだが、とにかくそのつもりでやらないと。明日カバキネのチラシの折り込みがあるので、400部コピー。それを終えて、昼飯を食べてから、明日の大掃除にさきがけ、自分の担当である窓拭きをやってしまう。
窓拭きのあとは、自分の机まわりの整理。今年の仕事のファイリングを終えて、あとはごみ箱行き。
藤山さんにカバキネのチラシ原稿をFAX。すぐに了解をもらう。
先生の旦那さんの来日のための書類を作成して、先生に渡す。
18時20分会社を出て、新宿の忘年会場へ。今回は身内中心。2次会まで出た後、先生、大野、大須賀、大森の5人で無理やりタクシーに乗って、大野のマンションへ。
先生以外はざこ寝。前回東村であまりいびきをかかなかったということで、隔離されなかったのだが・・・
2時前に就寝。

サーカス学校発表会

2004年12月 20日 (月) 17:15
公演名 沢入サーカス学校の発表会
会場   旧沢入小学校体育館
日時   2004年12月18日(土)午後2時開演(終演午後4時)
出演   沢入サーカス学校生徒
      ゲスト U&I (アメリカ)

確実にみんな実力をつけている、そんなことが実感できた公演だった。昨年の大雪公演では、みんな一生懸命やっているなあ、というその熱気がビンビン伝わってきて、ビデオを撮りながら、なんどもウルウルきてしまったものだが、今年は一生懸命さだけでなく、余裕というものをひとりひとりの演技から感じた。それは舞台慣れしてきたことから来るのだと思う。サーカス学校にはこのところ公演依頼が続いているが、そうした公演をこなすなかで、舞台で演技するという気持ちのゆとりみたいなものが、出てきているのだと思う。舞台で演じる顔になっている、これも実はサーカスのなかでは必要なのだが、こうしたことを自然に学びとった成果だろう。
それとかなりの演目は、出来上がっていることにも驚かされた。男女のハンドトゥーハンド、一輪車、コミックアクロ、アクロバットダンス、ジャグリングなどはもう立派な演目になっている。こんどカバレットにでてもらう森田君のジャグリングは、ちょっとしたミスはあったものの、夏の公演の時から比べて(ビデオでしか見ていないのだが)格段の進歩をとげている。ひろみの自転車やイスのバランスも、十分サーカスで通じるであろう。ヘブンアーティストのライセンスを今年とったチイとジェンのコンビも、もう少し短くした方がもっとインパクトを与えることができると思うが、コミック芸とアクロバットをミックスした見応えのある演技だった。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2004年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ