奥さん出張中

2016年02月 16日 (火) 7:34
昨日から奥さんが仕事で出張中。昨日はつくってもらったカレーの夕食。今日は娘より早く家を出なくてはいけない。
5時に起きて、カレーの残りを食べて家を6時過ぎに出る。戸締りは娘にまかせる。
犬山から乗ろうと思ったバスにわずかのタイミングで乗れず、約束より20分ほど遅れてリトル着。2時間ほど打ち合わせ。
昼飯は名古屋駅地下街で味噌煮込みうどん。帰りの新幹線のなかで持ってきたDVD「ビックアメリカン」を見る。携帯にメール。送った書類の住所が不完全だという連絡が入ったという。ここでビデオ鑑賞はやめて、ネットをつかってメールを送り、住所の確認。先方は起きていたようですぐにメールが入る。先に送った住所の一部が間違っていたという。フェデックスに電話、今日中に正しい住所をメールで送ることを伝える。ワイファイ持ってきて良かった。
18時過ぎに横浜着。娘と日ノ出町で待ち合わせて、いつも行く李さんの台所へ。娘の胃腸の調子がいまひとつというので、いつものサムギョプサルではなく、サムギョタンにする。これは胃にやさしいでしょ。
20時半帰宅。メールをチェック。住所のアパートの棟が間違っていたようだ。すぐにフェデックスにメールする。新幹線で途中までだった映画の続きを見る。アルトマンにしては淡々とした映画だった。前にみた同じくポール・ニューマン主演の「カルテット」と同じような味わいかも。あとでネットで見たらこの映画はベルリン映画祭で作品賞をとなっている。自分にとって面白かったのはこの映画の主人公が「ワイルド・ウェストショー」をつくったバッファローーヒルであったこと。ショーの一部も描かれている。この映画は主人公と当時のアメリカ大統領ニクソンが重ね合っているということだが、自分には神彰とかぶって見えてきた。神彰最大の失敗作「大西部サーカス」もこうしたワイルド・ウェストショーが頭にあったのかもしれない、独りよがりなところ、オペラ歌手にいれあげるビルの姿は、有吉佐和子という売れっ子作家に惚れた神とかぶってくる。単なる偶然なのだろうが、興行師として成功したバッファローーヒルという男の虚像をつくりあげた人々の姿までかぶってくる。その意味ではとても面白い映画だった。神さんの懐刀のひとり康芳夫さんはこの映画を見ているのだろうか?見たらどんな感想をもつのか興味がある。
明日も早起きしないといけないので、24時前に就寝。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2016年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ