終わったかな

2013年04月 20日 (土) 23:25
昨日というか今日の朝まで原稿を書いていたのだが、年をとるとそれでも7時半ぐらいには目が覚めてしまう。野鳥観察公園の鳥たちが気になるので、4月とは思えない寒さの中走る。ずいぶん鳥たちは減っている。キンクロハジロとカルガモしかいなのだが、キンクロはずいぶん減っていると思う。
この鳥たちはさかんに羽根をひろげていた
今年初めてツバメを見る。もうそういう時期である。
だからつつじもきれいに咲き始めている。
ボストンマラソンでテロをしたチェチェン人がつかまったという、「USA、USA」と叫ぶアメリカの群衆の姿を見ると反吐がでそうになる。
今日からヨコハマ大道芸、最悪かもしれないな。明日も雨が降り、寒くなるという。
昨日書いた原稿をおそるおそる見る。いいじゃないか!ブラッシュをかけてとりあえずフィニシュ。あと何度か読み返さないといけないと思うが、なんとか終わったかな。
アートタイムズ用の原稿はあるが、これが一区切りつけたので、作家生活ももう少しだ。連載読み物もたぶんあと3カ月というところだ。
ほんとうによくずっと書いていたものだと思う、我ながら感心。
それにしてもほんとうに寒い一日である。

あん

2013年04月 20日 (土) 23:09
書名 「あん」
著者 ドリアン助川 出版社 ポプラ社 出版年 2013

表題のあんは、あんこの餡。自分はそんな甘党ではないが、ほんとうにたまにあんこものが食べたくなる時がある。たまに口にいれると、甘みだけではすまないなにかあたっかいものがあるような気がする、それは懐かしさだったり、なにかいとおしいもの。この小説にはそんないとおしい、だきしめたくなるような味わいがある。甘さを引き出すために塩味が大事だというのはこの小説のなかでも言われていることだが、ここでは元ハンセン病の老婦がその役割をつとめているといえるかもしれない。
生きるということのいとおしさを、つらさを、だからこそ人と共に生きるということの大事さを教えてくれる、とてもしみじみとした本であった。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ