ルスツ編1 誕生祝い

2010年08月 27日 (金) 9:44
ジョギングを終えて桜道の近くでストレッチをしていると、こっちの方を携帯で写真を撮っているお嬢さんが。そんなに俺ってカッコいいのかと思っていたら、桜の木でなにか物音が。リスだった。良かったピースなんてしなくて。それにしても桜道でリスを見るなんて初めて。そこまで降りてくるようになったかということか。1時間前に羽田に到着。早すぎたかと思ったら、夏休み最後の週末ということでか、どこもかしこも長蛇の列。早めに来て、良かった。13時千歳着。そんな思ったほど涼しくない。今年は北海道も暑かったらしいからなあ。二回目の途中からショーを見る。相変わらずいい反応。終わってみんなと挨拶。どうも今日は俺の誕生日祝いを口実にみんな集まるらしい。持ってきたギャラを支払った後、いつものようにかかしへ。昨日はトゥイチーの誕生日ということで、かかしでみんな一杯やったらしい。連ちゃんということでみんな疲れているみたい。型通りの誕生日のお祝いのスピーチ、そして女性3人からプレゼントをもらう。今日はチャミソルにしたのだが、結構回ってしまった。昨日休肝日ということもあったのかもしれない。ベットにバタンキュー。

おれ にんげんたち

2010年08月 27日 (金) 0:43
書名 「おれ にんげんたち」
著者 岡本武司 出版社 ナカニシヤ出版  出版年 2004

先日読んだ「渡りの足跡」の中でこの本のことがでており、気になりすぐに購入した。やはり読んでよかった。黒澤明が不遇時代にソ連が金を出し、ソ連でロケした「デルス・ウザラー」の原作となったアニセニエフの本に魅せられたジャーナリストが新聞社退社後、極東にわたり、まさにジャーナリストらしく丹念に取材し、さらにはロシア語も学び、デルスが実在したのかどうか、さらにはアルセニエフが描いたデルスと実在のデルスの間にあるものはと迫っていく。その情熱にまず圧倒される。デルスに魅せられ、アルセニエフに魅せられた著者が追いかけていくなか、ふたりの人間が非常に魅力的に蘇ってくる。圧巻は最終章。アルセニエフが革命後たどる悲惨な道のり、さらにそれに巻き込まれ彼の死後もスターリン制の犠牲になる二番目の妻や子供の道のりをたどり、一番目の別れた妻の子どもが、デルスと過ごした二ヶ月ばかりのことを回想した記録で締めるのだが、この回想記が限りなく美しい。デルスもアルセニエフもこの息子の回想録の中で、さらに美しく蘇る。悲惨なアルセニエフ一家の悲劇を知ったあとだけに、なにか救われたような気持ちになる。
長谷川濬は最晩年訳しつづけていたのがアルセニエフだった。何故か、ずっと気になっていたのだが、この本を読んで少しヒントを得たような気がする。著者と濬さんを会わせたかったなあ。
この著は実は未完成のものだったのをかつての新聞社仲間がまとめて本に仕上げたもの。本になって良かったとつくづく思う。いい本である。



クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ