名古屋ライブ情報

2010年05月 13日 (木) 14:28
私の大好きな三人のアーティストが、何故か立て続けに名古屋でライブをすることになりました。
名古屋の皆さん、三人とも知らなくても、私が保証します。騙されたと思って見に行ってください。

まずダメじゃん小出。いつもは名古屋では、秋に大須演芸場で公演するのが定番になっていますが、今年はライブハウスでの公演にチャレンジ。
名古屋も市長がいろいろと話題をつくってくれているので、名古屋ローカルのネタ存分に楽しめるのではないかと思いますよ。
■ダメじゃん小出「五月革迷」Vol.2
■日程:5月14日(金)開演19:00(開場18:00)
■会場:名古屋今池 得三 TOKUZO
    名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F 052-733-3709
■入場料:前売り2500円 当日3000円
■問い合わせ:TOKUZO 052-733-3709

二人目は、なんと同じ会場で翌日ライブをするアルルカン洋菓子店。
道化師として唄を歌いつづける素敵なデュオです。ボーカルをしている明川哲也は、かつて「叫ぶ詩人の会」のリーダ、ドリアン助川として活躍していました。
メンバーの不祥事があって、グループは解散。いろいろ試行錯誤を重ねながら、たどりついたのが道化師。道化師に扮し、道化の唄を歌いつづけます。
生きる勇気を与えてくれるのですが、それが薄っぺらではなく、深みをもったメッセージとなっています。名古屋では初のライブとなります。
名古屋でニアミスするダメじゃん小出とアルルカン洋菓子店、現在秘かにジョントでライブをする計画が進んでいます。たぶん来年1月ごろにできるかと・・・
■アルルカン洋菓子店ライブ 
■日程:5月15日(土曜日)開演19:00(開場18:00)
■会場:名古屋今池 得三 TOKUZO
■入場料:前売り2500円 当日3000円
■問い合わせ:TOKUZO 052-733-3709

三人目は、山本光洋。名古屋で二年前にソロライブを大成功させた光洋が帰って来ます。
時間がもう少し遅ければ、いまリトルやモンキーで仕事しているロシア人たちに見てもらいたかった、日本マイム界の至宝です。
■日程:2010年5月22日(土)17:00開演(16:30開場)
■会場:テレピアホール
■入場料:3.500円(全席指定・税込)
■チケットぴあ特電(各日10時〜18時) TEL052-320-9977(オペレーター対応)

曲芸お伽草子展

2009年10月 22日 (木) 14:19
画家高須賀優さんのサーカスをテーマにした個展がまた開かれます。高須賀さんは、いままでもサーカスやクラウンをテーマに個展をなんども開いています。ブリキの缶に描いたという作品展は見逃し、悔しい思いをしていたのですが、今回は見れそう。高須賀さんのサーカスの絵の特徴は、なによりも包むような柔らかさと優しさがしみ通っているところ。形や色彩とかそんなこむずかしいことは、どうでもいい、サーカスの世界を実際に手触りのあるものにしてしまうところに、高須賀さんの絵の世界があります。ぜひ高須賀サーカスの世界を体感してください。

高須賀優『曲芸お伽草子展』
期間 2009年10月26日(月)〜31日(土) 11:30am〜19:00(最終日16:00終了)
会場 小野画廊 
    東京都中央区銀座3-14-2 白鳥ビル1F 03-3545-0203

ダメじゃん小出、横浜・名古屋でライブ

2009年09月 20日 (日) 17:13
今回『昼下がりの冗事』にも初見参するダメじゃん小出が、横浜と名古屋で、おなじみのライブを行います。選挙も終わり民主党政権になったということで、なにかと話題盛りだくさんの政局、さらには横浜も名古屋も開港博やらドラゴンズなどネタには不自由なし、これをダメじゃん小出がどう料理するのか、楽しみ、楽しみ・・・
鳩山の物真似はすでにマスターしたのか?
◎横浜公演
公演名『ダメじゃん小出の黒く塗れ! vol.9』
日時 9月25日(金)午後7時開演
会場 横浜にぎわい座のげシャーレ(地下小ホール)
入場料 1500円(自由席・定員制)
チケット申込み・問い合わせ 横浜にぎわい座 045-231-2515
◎名古屋公演
公演名『糞みそ煮込み時事砲弾 其ノ四』
日時 10月2日(金)午後7時開演
会場 大須演芸場
入場料 前売り2000円(当日2500円)
お申し込み・問い合わせ TNB企画 090-1789-2277(田辺) メール d-j-k@max.odn.ne.jp
FAX 052-361-8118(TNB企画)

昼下がりの冗事Vol.3

2009年09月 20日 (日) 16:42
暑い夏はお休みしていた「昼下がりの冗事」。いよいよ活動開始です。
大阪から駆けつけてくれている「らっぱらぱん」や梅田和佐の常連に加えて、今回は初見参が3組、マジックあり、映像あり、しゃべくりありのバラエティー色が強い公演となりました。きっと楽しんでいただけると思います。
公演名 「昼下がりの冗事 Vol.3」
日時 2009年9月27日(日)正午12時開演(開演 午前11時30分)
場所 渋谷 O-nest
東京都渋谷区円山町2-3 シブヤO-West 6階(1階はコンビニampm)電話:03-3462-4420
前売り:2000円 / 当日:2300円
(いずれも1ドリンク付き)
問い合わせ・申し込み先 ACC 電話:03-3403-0561 info@accircus.com
出演者
ダメじゃん小出、梅田和佐、らっぱらぱん、チーズ、EIJI、藤山晃太郎、VJコミックカット

琵琶法師 山鹿良之

2009年07月 09日 (木) 0:24
長編記録映画 「琵琶法師 山鹿良之」
監督 青池憲司  1992年度作品 80分 
上映日 8月6日(木)・8日(土) 18時30分開場(上映前に青池監督の挨拶あり)19時30分上映
会場   野方区民ホール
前売り 1000円 (当日 1200円)
前売りはFAXまたはメールで受付
定員は248席
お問い合わせ 琵琶法師山鹿良之上映実行委員会
電話&FAX 050-3577-4906
biwa-houshi@nifty.com
http://biwa-houshi.cocolog-nifty.com/blog/

これは自分としては必見の映画。最近読んで大変刺激を受けた兵藤裕巳『琵琶法師』には、新書なのにDVD付だったのだが、このDVDが山鹿良之演じる「俊徳丸」の一部であった。説経節が大好きで、小栗判官が大好きで、二代目若松若太夫のプロデュースをし、若太夫に小栗全段をやってもらおうなんて野心をもっていた自分にとって、この山鹿の琵琶説経はまさにずっと見たかったものだった。若太夫の説経節は明治以降できた芸能で、洗練されたものであることがよくわかった。琵琶という楽器のインターナショナル性とでもいうのだろうか、語り物の伴奏音楽の原点の音色に圧倒される。若太夫の説経節は、語りというよりは節回しが中心になっている、より浪曲に近い。だが山鹿の説経節は語りなのである。徹頭徹尾語りの芸だった。新書のおまけなので20数分のDVDだったのだが、これはもっと見たいと真底思った。そこにこの記録映画の上映会である。ありがたい。
うれしいことにこの映画では「小栗」を演じるのがたっぷりとみれるという。
これは勝手な推測ではあるのだが、一遍上人が遍歴していた時代、寺社や河原で琵琶を片手に演奏していたその語りのスタイルは、山鹿がそのまま継いでいるのではないだろうか。その意味で原説経とも言えるかもしれない。期待度200%の映画である。

物売り口上(タンカバイ)の魂

2009年06月 29日 (月) 12:49
毎年浅草のほおづき市の頃、木馬亭でとても楽しくまた興味深い(勉強にもなる)大道芸を見せてくれる浅草雑芸団の皆さんが、今年は、最後のタンカバイ師北園忠治氏をゲストに迎え「伝説のバナちゃん節」を披露します。浅草雑芸団の母胎となった坂野比呂志大道芸塾の指導者坂野比呂志が亡くなって20周年ということもあって、坂野の18番ともいえるタンカバイの魅力を伝えようというのが今回のみどころ。現役のバナナ売り口上師を佐賀から呼んでくるというところに、その意気込み、心意気を感じます。これは絶対に見逃せない公演なのに、自分は大阪出張と重なり、見れず。残念!でも大道芸の魂ともいえる本物のタンカバイを是非多くの方にみてもらいたいと思います。主催者の方のお話だと金曜日はかなり混み合っているが、日曜の公演はまだ余裕があるとのことです。 

2009年7月3日(金)・5日(日) 18:30開演(開場18:00)
会場・浅草木馬亭 TEL03-3844-6293
木戸銭・2,500円(前売り・予約2,000円)

●特別企画●
北園忠治が語る「香具師(テキヤ)とタンカバイ」の世界
2009年7月4日(土)13:30〜
会場・浅草公会堂 集会室
入場無料(千円程度の資料代をご用意ください)
問合せ&予約 TEL&FAX03-3388-4348(カミジマ)まで

http://www.k4.dion.ne.jp/~daiajia/

マン オン ワイヤー

2009年03月 11日 (水) 16:34
観覧雑記帳でも熱く紹介した、「マン オン ワイヤー」は、4月11日まで公開されています。
土曜日だけ、完全予約制になっているので、ご注意を。
絶対に見逃さないでください。

作品名 「美しき逃避行T マン オン ワイヤー」
2008年イギリス・英語・カラー・95分・原題「MAN ON WIRE」
監督:ジェームズ・マーシュ(『キング罪の王』)
製作:ディスカバリー・フィルムズ、BBCほか 出演:フィリップ・プティ
会場   メゾンエルメス10階 ル・ステュディオ
上映時間 11時・14時・17時
入場無料
お問い合わせ 03-3569-3300
完全予約制なので、必ず電話してください。

「部落の文化・伝統芸能の夕べ 門付芸舞の宇宙…祝福と予祝」

2009年02月 25日 (水) 17:02
「部落の文化・伝統芸能の夕べ 門付芸舞の宇宙…祝福と予祝」
と き 3月6日(金)午後5時〜8時30分(4時30分開場)
ところ 明治大学駿河台・リバティタワー1階リバティーホール
出演者 一部 浅草雑芸団・阿波木偶箱廻しを復活する会
     二部 小沢昭一・川元祥一
資料代 1〇〇〇円(定員五〇〇人・予約無し)
主 催 アソシエ21(日本社会文化研究会)、現代史研究会、ちきゅう座

「買った本、読んだ本」で紹介した『阿波のでこまわし』の著者辻本一英さんらが中心になって全国で公演活動をしている「阿波木偶箱廻しを復活する会』の公演が見れます!なかなかない機会だと思います。しかも、しかもなんと共演するのは、大好きな浅草雑芸団。これは必見でしょう。

三原文講演会

2009年02月 24日 (火) 11:11
昨年、衝撃を受けた書『日本人登場』の作者三原さんが上京し、成蹊大学で講演します。「海を渡ったサーカス芸人」については、三原さんが第一人者、彼女には海外で芸を披露していた芸人さんたちの姿、顔、そして芸までもはっきりと捉えられています。それが凄い!それだけ海外に何度も足を運び、きっちりと調査してきたからです。詳しい案内は下記に記した通りです。三原さんからのお願いがありまして、携帯電話の電源は必ず切った上でご入場ください、よろしくお願いします。
残念ながら私は聴きに行けないのですが、行ったかた、ぜひ感想などをお聞かせください。

成蹊大学文学部講演会
名刺大写真と演劇資料に見る幕末明治の舞台芸人たち:
世界の興行ネットワークのなかで

三原文氏(著述業・前大阪大谷大学文学部教授)
日時:2月28日(土)15:00-17:00
(講演終了後、質疑応答)
場所:成蹊大学3号館102教室

『日本人登場 西洋劇場で演じられた江戸の見世物』(松柏社、二〇〇八年)で、幕末から明治期にかけて海を渡った日本の芸能が西洋の人々の目にいかに鮮やかに映じたかを綿密な調査で明らかにした三原文氏に、最新の研究の成果について視覚資料をまじえながらお話しいただきます。
講演者:三原文(みはらあや)。一九七八年、大阪外国語大学外国語学部英語学科卒業、一九八一年、大阪大学大学院文学研究科修了(芸術学・演劇学)。一九八二年から富山にて国際演劇の制作現場を経た後、富山女子短期大学、大阪大学、大阪大谷大学にて研究職。国内外での研究発表及び論文多数。
芸能・演劇研究者だけでなく、芸能あるいは文化の国際交流に興味のある一般および学生のみなさんのご来聴を歓迎いたします。とくに予約などは必要ありませんので、直接会場にお越し下さい。
主催:成蹊大学文学部
連絡先:日比野啓(成蹊大学文学部)
0422-37-3652/hibino@fh.seikei.ac.jp

サーカスの世界への誘い

2009年01月 16日 (金) 15:04
明日(17日)午後6時からNHKBSで「サーカスの世界への誘い」という番組が放映されます。これはNHK福岡放送局が毎年行っている朗読番組なのですが、今回は朗読と映像、パフォーマンス(山本光洋が出演)のコラボレーションでお送りするとのことです。
クマのイチオシ
東映映画「鯨と斗う男」鮎川上映会決定!

「鯨と斗う男」上映プロジェクト

ロケ地鮎川での上映会決定!
高倉健が主演し、60年以上前の鮎川や石巻の活気がいきいきと描かれているこの映画を、ぜひ皆で一緒に見ましょう!

2019年11月30日(土)
牡鹿半島ビジターセンター


「石巻学」第4号!

「石巻学」Vol.4 石巻にはいつも音楽があった

2019年7月10日発売!
3号刊行から約2年。今回は音楽の街石巻の間口の広さと奥深さをたっぷりと味わってもらう一冊となりました。



アートタイムズ最新号!

アートタイムズ11号
『タキエさんがいた!』

デラシネ通信社 / 2014年4月25日発売
ドイツの肝っ玉母さん
ルジチカ多喜枝の生き方

ちょっと信じられないような、愛と豪快さに満ちた人生!


2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クマ
読者になる
しばらくコメントとトラックバックはお休みします。
メールフォーム
タイトル

内容
最新コメント
アイコン画像クマ
サーカス学会募集 (2019年06月16日)
アイコン画像多聞
サーカス学会募集 (2019年06月15日)
アイコン画像ちはる
寒い一日 (2017年11月19日)
アイコン画像ちはる
ポルトガルサーカス (2017年11月14日)
アイコン画像0machi
阿修羅に会って (2017年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
デラシネ通信
デラシネ通信 最新記事

石巻若宮丸漂流民の会
桑野塾
雑誌「アートタイムズ」

月別アーカイブ