里芋と鶏肉のピリ辛煮

2009年12月08日(火) 9時14分

本日のでこ定食、今日は
・里芋と鶏肉のピリ辛煮
・キャベツの胡麻和え
・もやしの玉子焼き
です。

日差しが暖かい京都です。
そんな今日のごはんは、
ほっくり里芋を中華風の煮ものにしました。
豆板醤の辛みでごはんがすすみます。
キャベツはシャキシャキ、プチプチ胡麻との食感を
楽しんでください。
もやしは玉子とじ風、シンプル塩胡椒味で。


最近、頭の中をある曲がぐるぐるぐ〜るとまわっています。

それは、あがた森魚さんの
「最后のダンスステップ(昭和柔侠伝の唄)」。

♪踊ろうか〜
♪踊りましょう〜〜

ぐるぐるぐ〜るぐる。

理由はわかっています。
先日のライブで、加藤みきおさんのパフォーマンスを見たから。
あのパフォーマンスは忘れられません。

そしてあがた森魚さんといえば
「赤色エレジー」の印象は強烈で
今でも歌詞が浮かびますが
それ以外はあまり知りませんでした。が
今回この曲をきっかけにCDを聞いています。
とっても良いです。

CDはもちろん以前から(ざ)の所有していたものです。
(ざ)のCD棚は、ドラ▽もんポケットのようです。
あれ聞きたいな、と思えば不思議に出てきます。
当たり前ですがCDだけに限ります。
「どこでもドア」だけでも出てこないかしら。
(え)