12/5(木)ロケットストーブ作りワークショップ

2013年12月01日(日) 9時16分
ロケットストーブ作りワークショップ
@でこ姉妹舎(滋賀県東近江市)

〆切延長!!12月1日までにご予約を!
お待ちしてます♪

12/5(木)12:00〜
1800円(保険料込み)
※参加費5名以上で開催

講師: 星野隆護さん(アストグリーン代表)

持ち物: 軍手(すべり止めのイボのついた厚手のもの)
(ロケットストーブ作りの材料と工具はこちらでご用意します)

持ち運びのできるコンパクトなロケットストーブを作って、作ったストーブでパンを焼いてみます。

星野さんが実際にストーブを作る横で、教わりながら参加者みんなでストーブを1つ作ります。
ワークショップの最後に、つくったストーブの競り(2500円からスタート)を開催します。

お申し込み:
お名前と参加人数、電話番号を11/30までにお伝えねがいます。
0748-43-0370(でこ姉妹舎)
dekosimaisha@yahoo.co.jp


でこ市

2013年11月20日(水) 11時07分
本日11/20は、「でこ市」。
12時ごろから、でこ姉妹舎でミニマーケットを開きます。
sankhara(サンカーラ)さんのお手軽ヘアカット!
自然農ゆたかマンの野菜販売&包丁研ぎ!
残照遺影撮影!
でこ姉妹舎の古本&フリマ、もちろん安心食材あります!



※明日11/21(木)は、仕入れのため臨時休業いたします。

12/5(木)ロケットストーブ作りワークショップ

2013年11月11日(月) 10時03分
ロケットストーブ作りワークショップ
@でこ姉妹舎(滋賀県東近江市)

12/5(木)12:00〜
1800円(保険料込み)
※参加費5名以上で開催

講師: 星野隆護さん(アストグリーン代表)

持ち物: 軍手(すべり止めのイボのついた厚手のもの)
(ロケットストーブ作りの材料と工具はこちらでご用意します)

持ち運びのできるコンパクトなロケットストーブを作ります。

星野さんが実際にストーブを作る横で、教わりながら参加者みんなでストーブを1つ作ります。作ったストーブでパンを焼いてみます。ワークショップの最後に、つくったストーブの「競り」を開催します。

お申し込み:
お名前と参加人数、電話番号を11/30までにお伝えねがいます。
0748-43-0370(でこ姉妹舎)
dekosimaisha@yahoo.co.jp

10月14日「モジモジ先生と話そう!」

2012年09月19日(水) 8時00分
モジモジさんと話そう@でこ姉妹舎
〜がれきの広域処理と放射性物質のこと、みんなで考えてみませんか

10月14日(日)
13:30開場 14:00開始
料金 300円
(お飲み物など、別途ご注文いただけます)


北九州市でついに本焼却が開始された、震災がれき。
反対する市民、不安に思う市民の声を
まったく聞こうともせず広域処理が進められています。

震災がれきには放射性物質ばかりでなく、ヒ素、PCB、アスベストなどの
有害物質も含まれているおそれがあります。

放射性物質は閉じ込めて厳重に管理されることが原則で
本来は移動も焼却もしてはいけないものです。

莫大な費用をかけて運び、
市民や作業員の健康被害、農海産物や焼却施設の汚染が懸念される
危険な焼却をして有害物質をばらまくことが
ほんとうに被災地の支援になるのでしょうか。


大阪市でも11月に試験焼却が予定されています。
京都にとっても大問題です。
でこ姉妹舎でつかう食材も、安心して購入できるものが
どんどん減っていきます。

ほんとうにこのままでいいのでしょうか。
子どもたちの健やかな成長のために
大人たちの健康でおだやかな生活のために
私たちはいま、何をすべきでしょうか。
なにが間違っていて、どこがおかしくなっているのか。

そんなことを、大阪市の広域処理の説明会で熱弁をふるってくださった
モン=モジモジさんをお迎えして
一緒に考えていきたいと思います。


※必ずご予約をお願いいたします。

dekosimaisha凸yahoo.co.jp(凸を@に変更ください)
075-313-4843

キャンセルは二日前までにお願いします


お子様連れも歓迎です。
託児はありませんが、スタッフができるだけ協力させていただきます。

7/22「内部被ばくを生き抜く」上映会&お話会を終えて

2012年07月25日(水) 14時15分
7月22日(日)
「内部被ばくを生き抜く」上映&お話会
無事に盛会にて終了しました。

ご来場いただいたみなさま、お話しいただいたお二方
ありがとうございました。

なにかと不手際があったかと思いますが
あの場にいらしたみなさまに助けられ
ほんとうにおかげさまでなごやかに、充実した会になったかなと思います。


上映後、福島から自主避難されたかたのお話を聞かせていただき
全員で輪になって、自由に会話する時間をもちました。

震災の直後、原発が爆発したときもなにも情報がなく
外に並んで給水を待っていたこと。
西に避難すると決め、家財道具を処分し
もうここには戻らないと、誰も見送る人の無い夜行バスに乗って号泣したこと。
そんな思いをしてやっと避難したのに、避難した先々でがれきを燃やそうとしている。
放射能が追いかけてくる恐怖と悲しみ。

1歳にもみたない小さな子を抱いて、
今まで築いた生活のすべてを捨てさせられひとりで見知らぬ土地に来たこと。

ときには涙でつまりながら語られるそんな声を
息をのむように聞いていました。


その後の自由な交流では、
福島の子どもたちの健康被害の様子を聞いたり
(ツイッターやネットで見ていた被害がやはり深刻であることを改めて知りました)
放射能をめぐる分断、福島ではとても辛い状況であること。
また京都や関西の人でも、少しでも被ばくを防ぎたいと考えているのに
全く無関心な人との会話の成り立たなさをどうすればいいか、という声。

今回のような会も、単発ではあちこちであるけれども
あまり継続していない感じがする、もっと続けていくことが大事なのでは
という声もありました。

そしてやはり、どうにかしたい、なんとかできることはないか、と考えている人が
つながって大きな力にしたい、という思いを共有しました。

お客さんそれぞれにチラシや情報を持ってきてくださったりもしました。
その中の一つ、フォトジャーナリストの小原一真さん の写真展のご案内です。

7/30〜8/12 写真展「Beyond Fukushima -福島の彼方に」@ギャラリー Little house
[福島第一原発、収束作業員は過酷な事故現場でなぜ働いているのか。そして、どのような想いを持っているのか。]



また、全国・世界中からたくさん集まったはずの義援金はどうなったのか、という話も出ました。
実に不透明で、疑問だらけです。
これは募金をした側がしっかり問いただし明らかにしていかなければならないと思いました。

仙台から京都に避難してきたかたも、また東北出身というかたも来場くださって、ほんとうに切実な声がたくさんありました。

つらくきびしい体験を、人前で話すことはきっと負担になることと思います。
でも伝えなければ、と自分を奮い立たせてお話くださった福島の方に、心から感謝します。
お話をするのは年配の方ばかりの場が多く、今回は若い人がたくさんいてよかったとおっしゃっていました。
そして元気のある若い人たちに、どうか声をあげ立ち上がってほしいとも。

ほんとうに、ひとりでも多くの人に現状を知ってもらい、考えるきっかけにしてほしい。
そして具体的にひとつでも動いてみてくれたらいいなと思います。


署名をする。もちろん選挙には必ず行く、しっかり調べて。
情報を集める。共有する。勉強会や講演会に出向く。会話をする。
デモや抗議に行ってみる。
変だなわからないなあと思うことを役所や議員に聞いてみる。
自治体や政府にメールしたりFAXしたり電話したり。
わたしは今、そんなことをしています。出来る範囲で。

役所や自治体に電話したりするのは
電話嫌いの私にはすごくハードルが高いのですが
イキナリ抗議するのではなく、どうなってるんですか?と聞いてみることにしています。
それでもきついときは、FAXで。

今はインターネットで調べれば電話番号もメールアドレスも
ぱぱっとでてきて、市長にも知事にも総理にも意見が送れます。
さてそれをどれだけ見てくれてるかはまあ、甚だ疑問ですが
黙ってるよりはマシ。
自分が住んでる国のことなんだから
気になることは率直に言えばいいのですよね。
また言わないとなにも変わらない。

いままで長い間、わたしはほんとうに無知でした。
知ろうともしなかった。
世界で何が起こっているのか、なにも。
なにをしても償うことはもうできない。
せめてなにかしなければ、と、じたばたしているばかりです。



上映会の話から随分それてしまいましたが・・・

また、こんな機会を継続して持っていきたいと思っています。

なにができるのか、多くの方と思いを交換し共有して
考えていきたいと思います。


この日お話していただいたかたの、脱原発Tシャツプロジェクトはコチラ
誰でも着やすいデザインで、きれいな色が揃ってます!ぜひ!

ひと箱フリマにご来場ありがとうございました

2012年04月01日(日) 20時59分
日曜日はひと箱フリマ@でこ姉妹舎、
ご来場いただきありがとうございました。


米粉パン専門店「八十八(はとや)」さんのドーナツ
インディーズTシャツ「モラトリム」、
エンゲルスガール、
古キモノ、手作り品、雑貨いろいろ、
洋服、アクセサリー、古本・CDはいっぱい、
プチパーソナルカラー診断などなど
出店者の皆さまもたいへん個性的で楽しかったです!
ありがとうございました。

寒さのせいか人通りも少なく、いろいろ反省点もありますが
また開催したいと思ってます。
その時はまたよろしくお願いいたします!




ブッククロッシングジャパン関西2011

2011年04月05日(火) 8時10分
ブッククロッシングジャパン関西2011@でこ姉妹舎
〜集まれ!本と古都わが街のアーティストたち

2011年4月24日(日)13:30〜17:00
【参加費】500円 (ドリンク付)*当日、入口受付にてお支払い下さい


ブッククロッシング・ジャパンの関西初のゾーンイベントです。

ブッククロッシングとは
・・・読み終わった本にID番号を付けて世界中に旅をさせようという活動。
ブッククロッシングのサイトで本を登録し、その本を誰かに手渡したり、
ゾーンと呼ばれる本の立ち寄り所や町なかに置いてみたり。
サイトに登録した本のID番号により
誰かの手から手へと渡っていく本の旅路を辿ることができます。 


今回は、でこ姉妹舎と縁をつないでもらっている
さまざまな方々にご協力をいただき盛りだくさんの内容となっております!

【願い事を形にするメヘンディアート・ライブ】14:00〜15:00
ヘナアート・アーティストの田中愛子さんによるライブアートを行います。
田中さんは京都のカフェで開催されているFtime+ワークショップの
講師でもあります。いつもお世話になってます。
希望者には願いを込めた施描もOK、素敵な雑貨も販売します。
        http://aiko-tanaka.net/

【体験型イベントT】カタリベコーナー 15:00〜16:00
   みんなで好きな本を持ち寄って語り合いましょう!

【体験型イベントU】(終日)
  ・ブッククロッシングの紹介と体

  ・「一箱古本市」→限定5箱(満箱になりました)、店内でやります。
    *一箱古本市って何?って方は
         → http://sbs.yanesen.org/hitohako/about

【展示・販売ブース】
  ・モラトリム http://moratorim.shop-pro.jp/
    音楽や本、アニメ、アートなど、店長が好きなモチーフをシンプルな
    ロゴTシャツにして、ロックTシャツを制作・販売しています。
    今回のイベントのポスターはモラトリム店長制作!ありがとう!

  ・モダンアンテナ http://www.modern-antenna.jp 
    着物を1つのファッションとして楽しめるようにと
    オリジナルの着物や帯、和装小物を製作・販売しています。
    見るだけでもうっとりチャーミングな着物。
    素敵な小物ひとつ持つだけでも気分が

  ・パン工房八十八(はとや)http://blog.goo.ne.jp/8108-komeko
    米粉を使ったもっちり美味しいパンと焼き菓子。
    ご近所のパン屋さんなのです。当日限定パンもあるかも

  ・でこ姉妹舎 http://deko.michikusa.jp/
    特製の薫り高いコーヒー豆を販売します

《主 催》ブッククロッシング・ジャパン
      http://www.bookcrossing.jp/

※なお当日の参加費は東日本大震災の義援金として全額寄付させていただきます。

「梅津和時、演歌を吹く。」

2010年04月04日(日) 10時44分
いよいよ本日!!

「梅津和時、演歌を吹く。木管無伴奏ソロ。」
時間:開場14:00/開演15:00
料金:前売3000円/当日3200円(+飲食代)

桜満開!!
美しく晴れた京都です。
たくさんのお運び、お待ちしております!!

11/21「虹色の時」

2009年10月18日(日) 23時30分
みっち。presents
【虹色の時】
〜普通にある夢のような時間〜

11/21(土)
開場:16:30   開演:17:30
料金:2500円(1drink込み)

出演:
みっち。(歌と踊りとピアニカ)
加藤みきお(パントマイム他)
瀬戸一成(トランペット他)
田島隆(ギターとタンバリン)

かえるさんソロライブ

2009年03月17日(火) 18時46分
ほぼ月一回の、でこ姉妹舎のライブイベント。
多彩なミュージシャンの方々にご出演いただき、
また商店街やご近所のご理解ご協力をいただき
毎回、すばらしい演奏とたのしい時間をお届けしています。

次回は
かえるさんソロライブです!

4月18日(土)16:00開場16:30開演
         1500円+飲食代

かえるさん(a.k.a細馬宏通)とは・・・

報われないのに夢見がちな歌詞とメロディを携えて
さまざまな編成での音楽活動を行っている。
構成メンバーの人数により、名称が
 「かえる目」(4人)
 「かえる科」(3人)
 「かえる属」(2人)
 「かえるさん」(1人)
 と変化し、アレンジも激変する。

2009年3月に、かえる目2ndアルバム「惑星」を発売。
オンラインストア Lilmag にて先行発売中!

この「惑星」、ただいま店内で絶賛ヘビーローテーション中。
(え)は、このCDが流れていると耳がそっちにもっていかれてしまい
コトバを使うパソコン作業などはできなくなります。
でも料理なら、気持ちが高揚して作業がたいへん楽しくなります。

そんな「かえるさん」ソロライブは(え)も初体験。
ぜひぜひ、ご一緒にこの体験を共有してください。
ご予約ご来場、心よりお待ちしております。
詳細はコチラ
(え)