「肥満はテロを上回る脅威」、国際健康会議が報告

February 25 [Mon], 2008, 19:49
【2月25日 AFP】世界各国の政府は「テロとの戦い」には大きな関心を持っているが、肥満など生活習慣病で亡くなる人は、テロの犠牲者を数百万人上回っているという。

 オーストラリアのシドニーで13日まで開催中の年次会議「オックスフォード・ヘルス・アライアンス・サミット(Oxford Health Alliance Summit)」は第5回を迎える。学会、政界、経済界、法曹界、経済学者、都市計画の専門家らが集まり、変化を推進するための議論を行っている。

 会議では、死亡要因となる貧しい食生活や喫煙、運動不足などの克服が、まん延しつつある慢性疾患と対峙(たいじ)する上で最優先すべきことだといった意見が、法律や健康問題の専門家からあげられた。

 米国の法学教授ローレンス・ゴスティン(Lawrence Gostin)氏は、世界的なテロが脅威であることは間違いないが、肥満や2型糖尿病、喫煙関連の疾患のほうがよほど危険だと指摘する。同氏は取材に対し、「米国同時多発テロ以降、次から次へと新たな脅威に多大な注意を払っている間に、肥満は静かにまん延し、世界中で数百万人が死亡している。それにはほとんど関心を向けず、ごくわずかな資金しか投入してこなかった」と語った。

 会議ではまた、伝染病は各国政府の大きな関心を集め、メディアでも取り上げられる一方、全世界の死亡要因のうち約60%は心肺疾患や糖尿病、がんによるものだとの指摘もあった。

 オックスフォード・ヘルス・アライアンスのStig Pramming事務局長は「重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ、エイズ(HIV/AIDS)の発生や再発は、テロ、生物テロ、気候変動などと同様、衝撃的で動揺も大きいが、医療制度や経済を追い詰めるものは、予防可能な慢性疾患だ」と述べた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2355881/2678115

P R
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像イタチ マサムネ
» メタボにかわるデブの蔑称を考えようぜ (2008年02月22日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:debu_blog
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
標準体型のデブマニア。
デブ嫌いではない。
むしろデブたたきをするガリが嫌い。
健康体型でいきましょう。