【DEEP】3・29リングが壊れる!?超重量級のトップを決める、メガトンGPが遂に開催

February 08 [Fri], 2008, 19:43

2月8日(金)東京・六本木のスポーツバー「ブレーンバスター」にて、3月29日(土)東京・新宿FACEで開催されるDEEP事務局主催『DEEPメガトンGP2008』の記者会見が行われた。

 今大会では、DEEPの名物である超重量級(無差別)のトーナメントを行い、新設のDEEPメガトン級(無差別)初代王者が誕生する。

 トーナメントは3月大会で一回戦、5月24日(土)新宿FACE大会で二回戦、8月2日(日)新宿FACE大会で準決勝、決勝の3大会に渡るものになる。出場選手は16名で、どの選手も「相撲や柔道経験者(佐伯代表)」だという。

 この日の会見には出場する7選手と、選手に負けない体重を誇る4名(合計体重は392kg!)のDEEPメガトンGP実行委員が出席。会見場所のランチ特別メニュー、カレーのメガトン盛り(700円)を出席者全員が食べながら会見はスタートした。

 まず、実行委員を務めるDEEP・佐伯繁代表は「今までDEEP本戦のオープニングで大きな選手を意識したカードを何試合か組んだところ、一発KO決着が多かったりとお客さんのウケがよかった。強さだけじゃなく、(超重量級の)選手しか見せられないファイトスタイルで誰が一番かを決めたい。世界にはたくさん大きな選手がいるが、それとは違ったものを見せられたら」と大会への意気込みを語る。

 次に実行委員長を務める市野川昌也氏(元チームMEGATON代表)は「子供の頃から自分の周りにはデブがいました。デブには、平気で嘘をついたりと、欠点が多い人がたくさんいます。今回そういったデブの人を集める大会を開催するということで、管理しきれるのか凄く不安です。しかし、面白い企画だなと思い、委員長を受けることにしました。強い弱いだけじゃなく、この大会で世界に通用するファイターを出していければいい」とあいさつ。

 続いて、実行委員の残り2名も「酒とお米で作った体で、昭和に近いドロドロした試合を見せてほしい」(サンデージャポンの一宮章一レポーター)、「何で自分がこの場にいるのかわかりませんが(苦笑)、8月の決勝まで夏痩せしないように、生活習慣病にも気をつけながら生きていられるように(実行委員として)頑張りたい」(格闘技の橋本宗洋記者)と、コメントした。

 なお、試合はスタミナに関して問題が多い選手ばかりなので3分2Rのインターバル3分で行われる。チャンピオンには、メガトン級のチャンピオンベルト(どんなウェストにでも合う伸びるベルトを使用)を贈呈。当日リングに華を添えるラウンドガールもメガトン級の女性を2名用意しているという。

http://gbring.com/sokuho/news/2008_02/0208_deep.htm

  • URL:https://yaplog.jp/debu_blog/archive/39
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像イタチ マサムネ
» メタボにかわるデブの蔑称を考えようぜ (2008年02月22日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:debu_blog
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
標準体型のデブマニア。
デブ嫌いではない。
むしろデブたたきをするガリが嫌い。
健康体型でいきましょう。